格安SIM

ワイモバイルとデュアルSIMを組み合わせる場合に最強の格安SIMはどこ?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

本記事ではワイモバイルと相性の良いデュアルSIMの組み合わせ、ワイモバイルと組み合わせるものを選ぶ際の注意点について解説していきます。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料
  • UQモバイル・・・3,278円/20GB、10分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

ワイモバイルとのデュアルSIM最強の組み合わせ

ではここから具体的にワイモバイルと組み合わせるおすすめのSIMを紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイル
料金 〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜無制限:3,278円
通話オプション 15分以内無料:1,100円(音声アプリ)
※専用アプリ利用時はオプションなしで国内通話無料
eSIM対応

新たなキャリアとして楽天が出している楽天モバイル。料金は段階制で、20GBを超えるとそれ以上はずっと定額で容量の制限がありません。

以前は新キャリアということでエリアが狭く繋がりにくいといった悪い評判がかなり目立っていましたが、現在はかなり改善されています。

もちろんまだ大手キャリアに繋がりにくい部分はありますが、楽天が繋がらない時はY!mobileを利用すればOK。

ワイモバイルの4GBと楽天モバイルを組み合われば、月4,356円でデータ無制限で使えるようになります。

また楽天モバイルは有料オプションなしで国内通話が無料となるため、楽天モバイルは通話用、ワイモバイルはデータ通信用として使い分けるのもありでしょう。

楽天モバイルの公式サイト

IIJmio

IIJmio
料金 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通話オプション 5分以内無料:500円
10分以内無料:700円
かけ放題:1,400円
eSIM

コストを重視するならIIJmioがおすすめ。上記の通り料金が他社と比較してかなり安いです。

IIJmioはMVNO(キャリアから回線を借りて通信サービスを提供)の格安SIMなので平日昼に速度が低下するといったデメリットがあるものの、デュアルSIMなら時間帯によってワイモバイルと使い分けることができるので、ストレスなく使うことができるでしょう。

IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細、評判・口コミをチェック!

mineo

mineo
料金 【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
(1.5Mbpsの通信が無制限となるオプションあり)
【マイそく】
スーパーライト(最大32kbps)・・・250円
ライト(最大300kbps)・・・660円
スタンダード(最大1.5Mbps)・・・990円
プレミアム(最大3Mbps)・・・2,200円
通話オプション 10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
eSIM

mineoにはパケット放題Plusという、データ消費がない低速モード時でも最大1.5Mbpsで利用できるオプションがあります(5GB以内のプランは月額385円、10GB以上のプランは月額無料)。

1.5Mbpsあれば、SNS、音楽ストリーミングは問題なく使えますし、Youtube等の動画も標準画質であれば視聴することができる速度。

高速通信が必要な時はワイモバイル、低速で十分な時はmineoと使い分けることで安く大容量使うことができます。

またマイそくプランとワイモバイルを組み合わせるのもあり。

マイそくは最大通信速度が制限される代わりに安く無制限で使うことができるプランですが、月〜金の12時代は速度が32kbpsに制限されるというデメリットがあります。

ただデュアルSIMとして使うのであれば、その時間帯にワイモバイルを使うことができます。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

povo2.0

povo2.0
料金 0GB:0円
3GB:990円
20GB:2,700円
通話オプション 5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
eSIM対応

povo2.0は基本料金が0円で、使いたいタイミングで容量を追加(トッピング)して使うタイプの格安SIM。

メインをワイモバイルで使い、あくまで何かあった時の予備回線として持ちたいのであれば、基本料金が0円のpovo2.0がベストでしょう。

ただし、180日間トッピングなしだと利用停止となる可能性がある点は注意が必要です。

povo2.0の公式サイト

povo2.0の詳細、評判・口コミをチェック!

ワイモバイルの特徴、メリット・デメリット

ここからは簡単にワイモバイルの特徴、デュアルSIMを選ぶ上で重要となるワイモバイルのメリットやデメリットを紹介していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランやキャンペーンまとめ。口コミ、評判も紹介。割引適用できるかどうかが大きな分かれ目!
テレビでのCMだけでなく、街中でもショップを見かけるY!mobile(ワイモバイル)。 キャリアのソフトバンクと同じ会社が運営している格安スマホなので、同じショップでも扱われています。 今回はそのY!mobileについて特徴や料金、他社比較...

ワイモバイルの概要

  ワイモバイル
基本料金 4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
割引 ソフトバンク光セット割:最大1,650円
家族割:1,100円(2回線目以降)
PayPayカード割:187円
割引後料金 4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
通話定額オプション 10分以内:880円
かけ放題:1,980円
対応SIM 物理SIMまたはeSIM

4GB・20GB・30GBの3つの容量から選ぶことができる

ワイモバイルの料金プランは4GB・20GB・30GBの3つ。

基本料金は大手キャリアと比較すると安いものの、他の格安SIMに比べると高いです。

ただワイモバイルでは後述する光回線とのセット割や家族割を適用することで、かなり料金が割引されます。

割引により格安SIM並の料金で利用できる

ワイモバイルには光回線とのセット割と家族割があり、該当している場合はいずれかの割引が適用され月額料金が安くなります(両方対象の場合はより割引額が大きい光回線セット割が適用)。

  • 光回線(ソフトバンク光)とのセット割・・・Sプラン△月1,100円、M/Lプラン△月1,650円
  • 家族割・・・2回線目以降が△月1,100円

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルのメリットを挙げると以下の通り。

  • 通信速度が速く、安定している
  • サポートが充実している
  • ソフトバンク光とのセット割を適用するとMVNOの格安SIM並の料金となる

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルはかなり回線品質が優秀。

ソフトバンクほどではないものの、通信速度はMVNOの格安SIMに比べて速く、回線が混雑する時間帯(平日昼など)でも極端な速度低下がなく、快適に使うことができます。

また料金もソフトバンク光とのセット割を適用すると他社格安SIM並の料金となる為、大手キャリアと格安SIMのいいとこどりの携帯電話です。

スポンサーリンク

ワイモバイルのデメリット

ワイモバイルのデメリットは以下の2点。

  • 割引が適用できないと料金が高い
  • 最大30GBまでのプランしかない

ワイモバイルの料金は、光回線のセット割や家族割が適用できないとかなり高め。

以下はワイモバイルの基本料金と楽天モバイルの料金の比較表です。

  ワイモバイル 楽天モバイル
 3〜4GB 4GB:2,365円 3GB:1,078円
20GB 20GB:4,015円 20GB:2,178円
30GB〜 30GB:5,115円 無制限:3,278円

かなり料金差があります。

またワイモバイルは最大でも30GBまでとなっており、キャリアのように大容量を使うことができないというデメリットもあります。

デュアルSIMを選ぶ上でのポイント、注意点

ではここからは、デュアルSIMで併用する他のSIMを選ぶ上でのポイント、注意点を紹介していきます。

ソフトバンク回線以外を選ぶ

ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用します。

デュアルSIMでもう片方にもソフトバンクの回線を使った格安SIMを選んでしまうと、同じ回線での組み合わせとなってしまう為、通信障害が起きた時、ソフトバンクが繋がらない場所でどちらも使えなくなってしまいます。

せっかくデュアルSIMにするのですから、回線は異なるもの(ドコモ、au、楽天)から選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

2つのSIMのうち、どちらかはeSIMを選ぶこと

iPhoneはXS・XR以降の端末であればデュアルSIMに対応していますが、物理SIM2枚で組み合わせることはできず、一つはeSIMにしなければなりません

またAndroidでも一部の端末は物理SIM2枚を組み合わせることができますが、eSIMを組みわせる必要がある端末が多いです。

格安SIMよってはeSIMに対応していないところもある為、組み合わせ次第でワイモバイルはeSIMを利用する必要があります。

iPhone12の場合、ワイモバイルと組み合わせて使えない格安SIMがあるので注意

MVNOの格安SIMをiPhoneで利用する場合、「APN設定用の構成プロファイル」をダウンロードする必要がありません。

ただiPhoneではこの構成プロファイルが一つしかダウンロードできない為、MVNOの格安SIM2つを組み合わせてデュアルSIMとして利用することはできません。

サブブランドであるワイモバイルの場合は、基本的には構成プロファイルのダウンロードは必要ないのでMVNOの格安SIM(mineoやIIjmio)と組み合わせることも可能です。

ただiPhone12またはiPhone12miniの場合は構成プロファイルのダウンロードが必要である為、MVNOの格安SIMと組み合わせることができません。

この場合は組み合わせるものをキャリア(楽天モバイル含む)やキャリアのオンライン格安プラン(ahamoLINEMOpovo2.0)を選ぶようにしましょう。

参考:ワイモバイル回線の通信設定

SIMロックは解除しておく

ワイモバイルで購入した端末を使っている場合はSIMロックされていないか注意が必要です。

現在使っている端末の購入が2021年5月12日以降であればSIMロックがかかっていませんが、それ以前に購入した端末の場合はSIMロックがかかっている可能性があります。

SIMロックがかかっているとそのままでは高回線のSIMが使えない為、あらかじめ解除しておくようにしましょう。現在は条件なしで解除できるようになっています。

ワイモバイルのSIMロック解除はこちら→https://www.ymobile.jp/support/process/unlock_procedure/

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました