格安SIM

携帯の電話番号を変更する方法やデメリット、注意点まとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

2006年からMNPという電話番号の変更無しで他社に乗り換えることができるサービスが始まり、携帯電話の番号を変える人はかなり少なくなりました。

ただ様々な理由から番号を変更する人は一定数います。

そこで本記事では携帯電話の番号を変更する方法や、変更によるデメリット・注意点について解説していきます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

携帯の電話番号を変更する方法

まずは形態の電話番号を変更する方法からみていきましょう。

一部の携帯電話会社では電話番号の変更が可能

以下の携帯電話会社を使っている場合は契約したまま携帯の電話番号を変更することが可能です。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • Y!mobile
  • LINEMO

ドコモとauはショップのみ、ソフトバンクとY!mobile、LINEMOはショップもしくはマイページから申し込みできます。

格安SIMなどは解約して新規契約が必要

以下のような大手キャリアのオンライン専用プラン(LINEMO除く)、格安SIMなどを使っている場合は契約した状態のまま電話番号を変更することができません。

  • ahamo
  • povo2.0
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル
  • 各格安SIM(IIJmio,mineo、nuroモバイルなど)

その為、もし電話番号を変更したい場合には一旦解約し、別途希望の会社で新規契約して新たに番号を取得する必要があります。

スポンサーリンク

携帯の電話番号を変更するデメリット、注意点

電話番号の変更は迷惑電話の防止、人間関係のリセットといったメリットがある反面、様々なデメリットや注意しなければいけない点があるのも注意が必要です。

家族・友人・会社などに電話番号変更の連絡が必要

電話番号を変更しても引き続き連絡をとる必要がある人には、自分の電話番号が変わった旨を知らせる必要があります。

家族、友人、仕事関係の人だけでなく、会社にも変更の連絡(会社によっては書類で提出)しましょう。

電話番号を変えてしまうと相手側から連絡を取ることができなくなる為、漏れがないように注意してください。

LINEの電話番号変更手続きが必要

LINEでは電話番号変更手続きが必要です。電話番号を変更しても、LINEのアカウントはそのまま使うことができ、もちろん友達リストやトーク履歴なども消えません。

電話番号の変更手続きをしないまま使い続けることもできなくはないですが、変更前の電話番号が再利用された時に、その電話番号を使ってLINEアカウントの登録をされると、自分のLINEのアカウントが消えてしまいます。

なお解約した電話番号は早いと3ヶ月程度で再利用されます。

スポンサーリンク

登録しているサービスの情報修正が必要

クレジットカードやショッピングサイトなど、携帯電話の電話番号で登録しているサービスは電話番号変更の手続きが必要です。

電話番号による二段階認証を使っているサービスを利用している場合は特に注意が必要

電話番号を変更してしまうとサイトへのログインができなくなる為、電話番号変更前に二段階認証を外すか、電話番号以外の方法に変更しておく必要があります。

変更時に手数料が発生

ドコモ、au、ソフトバンクなどは解約せずに電話番号の変更が可能ですが、ショップでの電話番号変更は以下の手数料が発生します。

  • ドコモ・・・ショップのみ:3,850円
  • au・・・ショップのみ:3,850円
  • ソフトバンク・・・ショップ:3,850円、オンライン:無料
  • Y!mobile・・・ショップ:3,850円、オンライン:無料
  • LINEMO・・・オンラインのみ:無料

ドコモとauはショップでしか電話番号の変更ができない為、手数料が必ず発生する形となります。

MNPの恩恵を受けられない

格安SIMなどで電話番号を変更する為には一旦解約した後、新規契約という形で契約する必要があります。

ただ新規契約はMNP(番号そのまま乗り換え)に比べるとキャンペーンに恵まれていません。

例にあげると以下の通りです。

  • LINEMO・・・PayPayポイントプレゼント(MNP:10,000円分、新規契約3,000円分)
  • 楽天モバイル・・・楽天ポイントプレゼント(MNP:6,000円分、新規契約2,000円分)
  • UQモバイル・・・au Pay残高プレゼント(MNP:10,000円分、新規契約3,000円分)
  • ドコモ、au、ソフトバンク・・・MNPは端末代大幅割引あり

スポンサーリンク

同じキャリアメールのアドレスを使い続けることができなくなる

電話番号を変更するとキャリアメールも一旦リセットされる為、同じものを使うことができなくなります。

現在はMNPで他社に乗り換える場合でも同じキャリアメールを使い続けることができる「キャリアメール持ち運び」サービスがありますが、解約・新規契約となるのでこちらも使うことができません。

もしキャリアメールを使っているなら知人等へ変更の連絡や、アカウント登録で使っている場合はアドレス変更の手続きが必要です。

MMSや留守電がリセットされる

MMSのデータや留守電は解約もしくは電話番号変更に伴いリセットされて消えます。

もし必要なら事前にバックアップが必要です。

電話番号に紐づいた有料コンテンツが自動解約となる

spモード認証、au ID認証、My softbank認証などを使って踏力している有料コンテンツは電話番号変更や解約時に自動で解約されます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

携帯の電話番号を変更しても問題なく使い続けることができるもの

以下のものについては携帯の電話番号を変更しても引き続き利用可能です。

  • スマホ本体に保存されているもの(写真や音楽など)
  • Apple ID及びApple IDに紐づいたサービス・アプリ(Apple Store経由)
  • Googleアカウント及びアカウントに紐づいたサービス・アプリ(Google Play経由)
  • その他、電話番号に紐づいていないサービス

スマホ本体に保存されているものは言わずもがなですね。

iPhoneユーザーはApple ID、AndroidユーザーはGoogleアカウント利用して各ストア(Apple Store、Google Play)でアプリなどを購入・ダウンロードをしているかと思いますが、これらは引き続き利用可能です。

ただしいずれも登録している電話番号の変更手続きは行いましょう。

また他にもWebページ経由で登録したサイト、アプリ経由で登録したサイトなども電話番号はあくまで情報として登録しているだけなので電話番号が変わっても変わらず使い続けることができます。

スポンサーリンク

まとめ

携帯電話の電話番号を変える最大のデメリットは「面倒であること」。

色々な人に連絡したり、登録しているサービスの情報を変更したりと、正直言って手間はかなり多いです。

ただ漏れがあると必要な連絡が届かなくなってしまったり、サイトにログインできなくなったり、連絡がつかないことで強制退会となるなど様々な不具合が生じる恐れがあるので、慎重に一つずつ対応していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました