格安SIM

20GBのスマホプラン、実際どれくらい使える?おすすめの格安SIMも紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

格安SIMなどで、20GB程度のプランをメインとしているところは多いです。

小容量のプランと比較して1GBあたりのコスパも良いので、乗換え等を検討している人もいるでしょう。

ただそこで気になるのが、実際20GBってどれくらい使えるのかということ。余り過ぎないか、逆に足りないか、使う前までは少し心配ですよね。

そこで本記事では20GBのスマホプランで具体的にどれくらいのことができるのかを紹介していきます。

mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

20GBのおすすめ格安SIM

20GBプランは多くの格安SIMでありますが、おすすめは以下の3つです。。

  容量・料金 特徴
LINEMO 20GB:2,728円 ・通信速度が格安SIMの中でもトップクラス
・最大4ヶ月間実質無料
楽天モバイル 20GB:2,178円
無制限:3,278円
・容量無制限は3大キャリアを除くと唯一
・エリア拡大、パートナー回線も無制限OKに改善
・料金・通信速度のバランスならNo.1
mineo 20GB(高速通信)
+
無制限(最大1.5mbps)
:2,178円
・パケット放題Plusで低速モードの通信速度がUP
・動画視聴も可、安く使いたいなら最適

通信速度が速く特典も充実しているLINEMO、料金・通信速度のバランスが最も優れている楽天モバイル、無制限に使える低速モードが速い(動画視聴も可能)mineoなど自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

LINEMOの公式サイト

LINEMOの詳細、評判・口コミをチェック!

20GBって実際どれくらい使える?

やはり気になるのは20GBって実際どれくらい使えるのかという点ですよね。

そこでここでは、各ネットサービス別に必要なデータ容量や20GBでできる範囲を紹介していきます。

LINEやメールなどの通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
メール  約5KB/回 約20万回 約400万回
LINEトーク 約2KB/回 約50万回 約1000万回
LINEスタンプ 5〜10KB/1回 10万〜20万回 200万〜400万回
LINE(写真) 0.1〜0.5MB/1回 2,000〜1万回 4万〜200万回
LINE(音声通話) 約0.3MB/分 約55時間 約1,100時間
LINE(ビデオ通話) 約5MB/分 約3.3時間 約66時間

テキストのみの場合は通信量がほとんどかからない為、容量を全く気にせず使うことができます。またLINEスタンプについても必要なデータ通信量はわずかです。

写真を送付する場合は、写真のデータ量にもよりますがそこそこ消費します。とは言っても基本的には1GBも使いませんね。

通話については音声のみであればデータ消費量は少ない為、毎日1時間通話しても1GBも消費しません。

一方でビデオ通話となると3.3時間で1GBでも消費。毎日1時間ビデオ通話すると10GB消費することになってしまいます。

Webページ閲覧時の通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
Webページ 0.3〜2MB 500〜3,000ページ 1〜6万ページ
ニュースサイト 0.3MB程度 3,000ページ程度 6万ページ程度

Webページは画像の量などにとって大きく異る為、通信量は大きく異なります。

ただテキストメインのニュースサイトであればデータ消費量は少なく、20GBあれば6万ページ見ることができる計算となり、基本的には容量を気にする必要はありません

スポンサーリンク

TwitterやインスタなどのSNS

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
Twitter
(タイムライン閲覧)
20MB/5分 約4時間 約80時間
インスタ
(タイムライン閲覧)
70MB/5分 約1.1時間 約22時間
インスタ
(ストーリー)
35MB/5分 約2.4時間 約48時間
インスタ
(インスタライブ)
30MB/5分 約2.8時間 約56時間

Twitterに比べ、画像・動画がメインのインスタはデータ消費量が大きいです。

1時間タイムラインを見ているだけでもおよそ1GBの消費、毎日1時間使うとインスタだけで1ヶ月たたずに20GBを消費することになる為、意外とSNSの利用は注意が必要です。

インスタライブはタイムラインを見る場合に比べてデータ消費量は少ないものの、ライブはつい長時間見てしまいがちなのでやはり注意が必要です。

Instagram(インスタグラム)のデータ通信量の目安はどのくらい?ギガの節約方法や通信量を無料にするサービス紹介
Instagramは、画像の投稿を主体としたソーシャル・ネットワーキング・サービスで、高画質な画像を世界中のユーザーと共有することができます。 主要なSNSとして世界的に有名なFacebookが運営していることから、Facebookとの連携...

音楽を聞く場合の通信量(ストリーミング時)

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
音楽
(低音質)
約1MB/曲 約1,000曲 約20,000曲
音楽
(標準音質)
約4MB/曲 約250曲 約5,000曲
音楽
(高音質)
約6MB/曲 約170曲 約3,400曲

音楽はそこまで大きな容量を必要とせず、標準音質で1時間聞いても50MB(0.05GB)程度で済みます。

毎日2時間音楽を聞いても3GB程度で済みます。

ただ、もし同じ曲を頻繁に聞くのであればダウンロードした上で聞いた方が良いでしょう。

Spotify(スポティファイ)のデータ通信量は意外に多い?音質ごとの目安や必要な通信速度、節約方法を紹介
Spotify(スポティファイ)は配信曲数4000万曲以上の音楽ストリーミングサービス。 運営はスウェーデンの企業ですが、無料で音楽が聴き放題とあって2019年現在、2億3,200万人ものユーザーを抱える人気サービスとなっています。 そんな...

スポンサーリンク

Youtubeの通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
低画質
240p
約15MB/5分 約5.5時間 約110時間
標準画質
360p
約30MB/5分 約2.8時間 約165時間
標準画質
480p
約50MB/5分 約1.7時間 約100時間
高画質
720p
約90MB/5分 約1時間 約20時間
高画質
1080p
約170MB/5分 約0.5時間 約10時間

Youtubeで画質を自動設定している状態でスマホのモバイルデータ通信を利用すると、画質は360pもしくは480pとなる場合が多いです。

その為、20GBあると100〜165時間見ることができる計算になります。

1日3〜4時間は見ることができますね。

Youtube(ユーチューブ)の通信量はどのくらい?画質ごとの目安やギガを節約する方法
Googleが提供する世界最大の動画共有サービス「Youtube」では、世界中のユーザーが投稿した動画を閲覧することができます。 動画に夢中になっていて気付いたら何時間も経っていた、なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。 Youtu...

Amazonプライムビデオ・Netflix・U-NEXTの通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
Amazonプライム
中画質
約0.6GB/1時間 約1.7時間 約33時間
Amazonプライム
高画質
約1.8GB/1時間 約0.55時間 約11時間
Netflix
低画質
約0.3GB/1時間 約3.3時間 約66時間
Netflix
中画質
約0.7GB/1時間 約1.4時間 約28時間
U-NEXT
低画質
約0.2GB/1時間 約4.5時間 約90時間
U-NEXT
高画質
約2GB/1時間 約0.5時間 約10時間

動画配信サービスはデータ容量の消費が大きく、長時間見ると20GBもあっという間に使い切ってしまうおそれがあります。

月1〜2本程度の映画視聴に留めるか、光回線などを利用して視聴するのが無難です。

Amazonプライムビデオの通信量は高画質だと1時間で約6GB!!外出先でのストリーミング再生は控えた方が良いかも。
Amazonプライムビデオは月額500円、年会費4,900円(税込)で動画が見放題の大人気サービスです。 月額990円のNetflixや1,026円のHuluと比べても安いので、利用してるという方も多いのではないでしょうか。 ただ、動画を見...

ZoomやSkypeなどのテレビ会議・テレワークの通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
ZOOM 約0.3GB/1時間 約3.3時間 約66時間
Skype 約0.3GB/1時間 約3.3時間 約66時間

ZOOMなどのテレビ会議はデータ消費量が比較的大きい為、スマホのテザリングを使ってテレワークをする場合には注意が必要です。

たとえば毎日2時間×20日間のテレビ会議をするとそれだけで12GBの消費、データ消費はテレビ会議だけではないでしょうから、20GBでは足りないということになりかねません。

テレワークで大注目のZoom(ズーム)とは?使い方や料金、通信量、セキュリティに関するまとめ
Zoom(ズーム)とは、テレワーク(在宅勤務)の拡大で急速に利用者が増加している、ビデオ・WEB会議提供サービスです。 SkypeやChatworkは知っているけれど、Zoomはよく知らない…なんて人でも、明日から急にテレワークが始まって仕...

スポンサーリンク

漫画アプリ、電子書籍の通信量

  通信量 1GBあたり 20GBあたり
漫画アプリ 5〜10MB/1話 100〜200話 2,000〜4,000話
Kindle
(小説)
5〜20MB/1冊 50〜200冊 1,000〜4,000話
Kindle
(漫画)
50〜150MB/1冊 7〜20冊 130〜400冊
Kindle
(雑誌)
50〜300MB/1冊 3〜20冊 60〜400冊

本は白黒なのかフルカラーなのかによってデータ消費量は大きく異なりますが、基本的に大きな消費量が必要です。

漫画は読みやすくついどんどん読んでしまう為、知らないうちに大容量使ってしまうことも。時間あたりのデータ消費量は1番と言ってもいいかもしれません。

アプリダウンロード・バックグラウンド更新の通信量

アプリのダウンロードやバックグラウンド更新はアプリの種類によって異なる為、一概には言えませんがかなり大きな容量を消費する可能性があります。

特にバックグラウンド更新は注意が必要。設定で自動にしていると、知らないうちに大きな容量が消費されてしまうことになる為、20GBプランの場合にはバックグラウンド更新をOFFにしておくことを推奨します。

ギガが減る理由は?消費が異常に早い時はアプリやアップデートの設定を要確認!
「動画を見すぎてギガが減る」「WiFiが使えないからギガが減る」という感じで、最近よく聞くようになった「ギガが減る」という言葉。 「ギガが減る」は「通信量の残量」が減るという意味で、最近若者を中心に使われることが増えてきた表現です。 通信量...

20GBプランの実際の使用感

ここまで各サービスごとで20GBあるとどれくらい使うことができるのかを紹介してきましたが、一つだけで20GB使うなんてことはありませんから、中々使い勝手がわかりませんよね。

そこでここでは複数のサービスを実際に使ってみた場合の使用感について紹介します。

自宅に光回線がある場合は比較的余裕

自宅に光回線があれば、20GBは自宅以外で過ごす場合だけで使うことができます。

私の場合に最も使うことが多いのは、通勤時間(往復2時間×20日)で、ついで休日の外出時といったところです。

なおフリーWiFiはセキュリティの面から不安なので使いません。

基本的な使用用途は以下の通り。

  • Youtube・・・推定8GB(40時間)
  • SNS・・・推定3GB(5時間)
  • ニュースサイト・Web検索など・・・推定3GB
  • 音楽・・・推定1GB
  • LINEなど・・・推定1GB
  • その他・・・推定1GB

これでだいたい17GB。20GBだとそこまで気にせず使っても足りなくはなりません。もちろんあくまで一例でありもっと頻繁に使う人だと足りなくなりますが。

動画配信サービス(U-NEXT)は基本的に外出時は使わない、もしくは光回線を使ってダウンロードしたものしか視聴しません。

自宅に光回線があると動画や漫画、音楽のダウンロードができるのでデータの消費をしなくて済むのが大きいです。

自宅に光回線がないと意識的に節約が必要

通信をそれほど行わないゲームやLINEのやり取り、ニュースサイトを見るといったデータ消費量が少ないことをメインとして使う場合であれば良いのですが、動画や漫画などを利用する場合だと光回線なしではかなり意識的に節約する必要がでます。

  • Youtube・・・推定8GB(40時間)
  • SNS・・・推定6GB(10時間)
  • ニュースサイト・Web検索など・・・推定3GB
  • 音楽・・・推定1GB
  • LINEなど・・・推定1GB
  • その他・・・推定1GB

これで20GBです。

動画配信サービスを20GBだけで使うのは正直厳しいですね。

もちろんあくまでこれは使い方の一例であり、人によっては20GBでもかなり余るという人もいるでしょう。

スポンサーリンク

動画配信サービスや漫画を使うなら光回線が合ったほうが良い

スマホの20GBプランと光回線を組み合わせれば容量をほとんどの人は容量を気にすることなく使うことができます。

しかし自宅に光回線がない人の場合、データ消費量が大きい動画配信サービスや漫画、SNSを頻繁に利用することは正直厳しいです。

カフェ等のフリーWiFiを利用すれば容量を節約することができますが、動画配信サービスや漫画をダウンロードできるだけの通信速度はでません。

よって、自宅でも動画を見たい、SNSを毎日1時間使いたい、漫画を読みたいとなったら光回線が合った方が良いでしょう。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大63,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大94,000円のキャッシュバック
【2024年版徹底比較】光回線のおすすめ・選び方は?料金・キャッシュバック・セット割からわかるおすすめランキングや初心者でもわかる失敗しない選び方をまとめて紹介
光回線サービスは現在、非常に多くの種類があります。その為、いざ光回線を契約しようと思っても、どれを選べば良いのかわからなくて困ってしまう人は少なくないでしょう。 そこで本記事では、光回線の簡単な選び方及び、選ぶべきおすすめの光回線について紹...

20GBでも足りない場合はどうすれば良い?

自宅に光回線があるものの外出先での利用が多い人や、自宅に光回線がないけど動画を見る人だと20GBでも足りないというケースは少なくないでしょう。

そこでここでは、20GBで足りない場合にできることを紹介します。

動画視聴(Youtube)がメインならmineoの節約モードを利用

mineoは通常の高速通信モードと、データ消費が0となる節約モードを切り替えながら使うことができます。

さらに「パケット放題Plus」のオプションに加入すると節約モード時でも通信速度は最大1.5Mbps。標準画質の動画であれば十分快適に視聴できます。

10GB、20GBのプランであれば無料で使えるため、20GBで足りないという人にとってはかなり使い勝手が良いでしょう。

mineoの公式サイト

楽天モバイルなら3,278円で無制限

楽天モバイルは段階料金制となっており、20GBを超えると料金が1段階アップし3,278円となります(20GB以内は2,178円)。

ただそれ以降はずっと定額。データ無制限が3,278円というのはトップクラスの安さです。

楽天モバイルの公式サイト

全然足りない場合はキャリアのスマホもしくはモバイルWiFi

もし20GBでは全然足りないというのであれば、もっともっと大容量を使える方法にしなければなりません。

一つはキャリアのスマホを使うこと。ドコモ・au・ソフトバンクいずれにしても、容量無制限のプランがあります。料金がかなり高いという大きなデメリットがありますが。

もうひとつがモバイルWiFiを使うという方法。WiMAXZEUS WiFiなどがあげられます。

月50GBが3,000円程度、100GB〜無制限が4,000円弱で使うことができる為、キャリアのスマホを持つより安く大容量を使うことができます。

〈PickUp〉おすすめモバイルWiFi

  料金 通信
速度
エリア
楽天モバイル
無制限
3,278円
GMOとくとく
BB WiMAX

無制限
4,334円
ZEUS WiFi
100GB
3,212円〜

Point

【2024最新比較】モバイルWiFiのおすすめランキング、用途によって通信速度・料金・容量からベストを選ぼう
外出先でも安く大容量を使うことができるモバイルWiFiは非常に有用で、スマホ代を抑えたい人やPC・タブレットを頻繁に使う人にとっても非常に有用です。 本記事では、料金・エリア・通信速度・容量・口コミなどから多角的に比較・評価し、用途・目的別...

まとめ:20GBでも人によっては足りない可能性あり

20GBと聞くとかなり大容量だと感じる人もいるかもしれませんが、実際に使ってみるとかなり節約しなければ足りないと気づくことになるかもしれません。

以前は数GBで足りたスマホの容量も、サービスの多様化によってデータ容量を消費する機会が非常に増えましたからね。

ただコスパとしては20GB程度のプランで契約することが現在のベスト。足りない場合はモバイルWiFiや光回線を利用するなどを検討しましょう。

タイトルとURLをコピーしました