格安SIM

楽天モバイルとpovo2.0の併用はどう?料金やメリット、やり方を解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

料金が安い楽天モバイルはかなりおすすめな格安SIMですが、通信エリアの観点から使おうか迷っている人は少なくないでしょう。

そんな人におすすめしたいのが楽天モバイルとpovo2.0を併用する方法です。

iPhoneはXS・XRシリーズ以降からデュアルSIM(一つのスマホで2つのSIMが使える)に対応していますし、Androidスマホも多くがデュアルSIMに対応しています。

大手キャリアを使うよりもかなり通信費を抑えることができますし、他の格安SIMよりも通信速度が速く快適に使えるのでぜひメリットを確認し検討してみてください。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0を併用するメリット

では具体的に楽天モバイルとpovo2.0を併用するメリットを紹介します。

月額1,078円〜で電話番号が2つ持てる

  楽天モバイル povo2.0
料金 【段階料金制】
〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
基本料金0円
【トッピング】
使い放題:330円(24時間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)

楽天モバイルは段階料金制で月3GB以内に抑えれば1,078円で利用が可能。

一方でpovo2.0は基本料金が0円。使いたい分の容量を購入(トッピング)して使う形をとり、トッピングせずに使うことも可能。

よってこの2つを併用した場合、2つの電話番号を月1,078円〜で持つことができます。

通話料がかからない

楽天モバイルは専用アプリ(Rakuten Link)を利用することで国内通話が無料となります。

たとえばpovo2.0で通話かけ放題をつけると月額1,650円。

併用して通話は楽天モバイルを使えば、povo2.0でかけ放題をつけるよりもスマホ代が安くなります。

楽天モバイルの公式サイト

楽天回線が繋がらない時にpovo2.0の回線を使うことができる

楽天モバイルはサービス開始当初に比べるとエリアは格段に広くなったし、パートナー回線の利用上限もなくなった(以前は5GB)ので繋がりやすさ・使い勝手は格段に良くなっています。

しかし3大キャリアの回線に比べるとまだ繋がりにくい場所があるのも事実。特に屋内、地下などで電波が弱くなるところがあります。

しかしpovo2.0を併用していれば、楽天モバイルが繋がりにくい場所でpovo2.0の回線に切り替えて使うことができるので問題なし。

povo2.0は使いたいタイミングでトッピングすればOK、必要なければトッピングしなければ良いので、いざという時の予備としては最適です。

povo2.0の公式サイト

楽天モバイルの料金が上がる直前でpovo2.0回線に切り替えると安く使える

楽天モバイルでは20GB以内に抑えると2,178円ですが、20GBを超えると1,100円上がり3,278円になります。

20GBを大きく超えるならそのまま楽天モバイルを使い続けても問題ありませんが、少しだけ足りない・月が変わるまでわずかという時は注意が必要。

楽天モバイルには低速モードや速度制限がなく、常にデータ容量は消費、意図せず料金の段階が上がってしまう可能性がある為です。

しかしpovo2.0と併用していれば問題なし。楽天モバイルの料金が上がる前にpovo2.0の回線に切り替えることで楽天モバイルの料金アップを防ぐことができます。

またpovo2.0は24時間データ使い放題が330円、1GB追加が390円、3GB追加が990円なので、少しだ使うなら楽天モバイルで段階が上がるよりも料金を安く抑えることが可能です。

両方の特典を利用できる

楽天モバイルには以下の特典があります。

  • 楽天市場でのお買い物がポイント+4倍
  • MNPで13,000ポイントプレゼント
  • 新規契約で2,000ポイントプレゼント
  • 対象製品購入で最大12,000ポイント還元
  • 楽天カードの街での利用がポイント2倍
  • 楽天カード同時申し込みで最大14,000ポイント

特に楽天市場で買い物した際のポイント倍率UPはかなりメリットが大きく、10,000円の買い物をするだけでも400円分のポイントがもらえる為、楽天モバイル自体の実質料金はかなり安くなります。

またpovo2.0では、データ増量キャンペーン、1GBトッピング実質無料、トッピング購入で最大10,000円還元といったキャンペーンが行われています。

併用することで、どちらのキャンペーンも利用できますからうまく使えばかなりお得になるでしょう。

両方のエンタメコンテンツを利用できる

楽天モバイルでは以下のエンタメが利用可能です。

  • NBA LEAGUE・・・無料
  • パ・リーグSpecial・・・無料
  • Rakuten MAGAZINE・・・90日無料
  • Rakuten music・・・90日無料
  • Rakuten TV・・・3ヶ月無料
  • Youtube Premium・・・3ヶ月無料

一方でpovo2.0では以下のエンタメが利用可能

  • DAZN・・・7日間で925円、DAZN利用時のデータ通信も使い放題
  • smash・・・24時間で220円、smash利用時のデータ通信も使い放題

併用することで、これらもお得に利用できます。

スポンサーリンク

楽天モバイルもしくはpovo2.0を単体で使う場合のデメリット

このように楽天モバイルとpovo2.0の併用はかなりメリットがあります。 

2つのSIMを契約してもpovo2.0の基本料金が0円なのでスマホ代が高くなることもなく、デメリットと言えば2つのSIMを契約する必要がある面倒さ程度でしょう。

逆にどちらか単体で使うと以下のデメリットがあります。

楽天モバイルは3大キャリアに比べて繋がりにくい場所がある

楽天モバイルはサービス開始当初に比べるとエリアは格段に広くなったし、パートナー回線の利用上限もなくなった(以前は5GB)ので繋がりやすさ・使い勝手は格段に良くなっています。

しかし3大キャリアの回線に比べるとまだ繋がりにくい場所があるのも事実。特に屋内、地下などが弱いです。

楽天モバイル単体だと、人によっては繋がらない・電波が弱いといったことでストレスを感じてしまう機会が多かれ少なかれあるかもしれません。

povo2.0は3GBを超えると割高、通話料も有料

povo2.0は3GBなら990円と比較的安いですが、20GBのトッピングは2,700円。楽天モバイルが2,178円で使えると割高です。

さらに20GB以上使うとなるとさらに割高(60GBで6,490円、150GBで12,980円)なので、大容量を使いたい人にとって向いていません。

また楽天モバイルのように通話料が無料といった特典もなく、通話定額は5分以内が550円、かけ放題が1,650円となる為、楽天モバイルと比較するとコスパはよくありません。

2つを組み合わせることでデメリットを補える

楽天モバイルとpovo2.0を併用することで、双方のデメリットを補えるという利点があります。

楽天モバイルの繋がりにくさをpovo2.0でフォロー、povo2.0をサブ回線とすることで基本的には安い楽天モバイル。

この2つを組み合わせて使うことのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0をデュアルSIMで使う場合の注意点

楽天モバイルとpovo2.0をデュアルSIMで併用する場合、いくつか注意しなければいけない点があります。

楽天モバイルとpovo2.0のいずれかはeSIMを利用する

iPhoneではXS/XR以降の端末がデュアルSIMに対応していますが、物理SIM2つを組み合わせて使うことはできません。

いずれか一つはeSIMである必要がある為、楽天モバイルとpovo2.0のどちらかはeSIMで契約する必要があります。

なお、iPhone13以降の場合はeSIM2つで利用することもできます。

iPhoneの種類 物理SIM
+
物理SIM
物理SIM
+
eSIM
eSIM
+
eSIM 
iPhone15 Pro
Phone15
×
iPhone14 Pro
Phone14
×
iPhone SE(第3世代) ×
iPhone13 Pro
iPhone13
iPhone13 mini
×
iPhone12 Pro
iPhone12
iPhone12 mini
× ×
iPhone SE(第3世代) × ×
iPhone11 Pro
iPhone11
× ×
iPhoneXS × ×
iPhoneXR × ×
iPhoneX以前 × × ×

楽天モバイルのデータ容量はこまめにチェックが必要

楽天モバイルには一定容使った場合の通知や制限をかける機能がありません。

その為、料金の段階をあげない為にはmy楽天モバイルアプリでこまめにチェックして管理する必要があります。

スポンサーリンク

povo2.0は180日以内に有料トッピングが必要

povo2.0は180日間トッピングがない、もしくは通話料の合計額が660円を超えていない場合、利用停止となります。

楽天モバイルと併用、そして予備としてpovo2.0を使う場合、楽天モバイルが問題なく使えているとpovo2.0を一切使わなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

最後の有料トッピングの有効期限の翌日(有料トッピングのご購入がない場合、povo2.0のSIMを有効化した日)から180日の間、有料トッピングのご購入がない場合※、順次利用停止させていただきます。

povo2.0ご利用にあたっての確認事項/ ご契約にあたっての確認事項|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン【公式】povo2.0
ご利用・ご契約にあたっての確認事項説明ページです。基本料0円から始めるpovo2.0。au回線のスマホプランだから速度もエリアも品質も安定!eSIM対応、期間縛りなし、事務手数料なし、データ使い放題もトッピングが選べて、5Gにも対応!乗り換えにおススメ!

おすすめはスマホ2台持ちよりデュアルSIM

楽天モバイルとpovo2.0を併用する方法は1台のスマホでSIMを2枚利用する方法以外に、以前使っていたスマホを活用してスマホ2台持ちにする方法もあります。

ただおすすめはデュアルSIM。

スマホ2台持ちは荷物が増える、充電管理が増えるといった面倒さがあり、実際に持ってみると結局メインの1台しか持ち歩かなくなり、いざ使いたい時に使えなくなる為です。

デュアルSIMなら1台だけでOK。かなり使い勝手が違います。

ただスマホ2台持ちにもスマホのバッテリーが切れてももう1台が使える、LINEアカウントを2つ持てると言ったメリットがある為、希望に合わせてどちらの使い方を選ぶか決めると良いでしょう。

楽天モバイルとpovo2.0のデュアルSIM設定方法

デュアルSIMの設定は初めて行う場合だと不安に感じるかもしれませんが、実際やってみるとそれほど難しいものではありません。

簡単な流れをまとめると以下の通り(iPhoneの場合)。

  • 1つ目のSIMを設定(SIM挿入またはeSIMプロファイルダウンロード)
  • 2つ目のSIMを設定(SIM挿入またはeSIMプロファイルダウンロード)
  • デフォルトの回線を設定(電話発信、モバイルデータ通信)

詳細は以下の記事で解説しています。

iPhoneをデュアルSIMで使う方法や注意点、おすすめ組み合わせ。格安SIM2つが使えない場合もあるので注意が必要
2種類のSIMを1台で利用できる「デュアルSIM」ですが、iPhoneで使う場合は注意が必要。組み合わせによっては利用できないケースがあるからです。 本記事ではiPhoneでデュアルSIMを使う場合の条件、注意点やおすすめの組み合わせについ...

スポンサーリンク

まとめ

2つのSIMを併用することは一見ハードルが高そうですが、難しさはなくメリットが大きいのでおすすめです。

特に今回紹介した楽天モバイルとpovo2.0の組み合わせはお互いのデメリットを補う上で良い組み合わせなので、ぜひ活用してみてください。

楽天モバイルとセットでデュアルSIMを使う場合に最強の組み合わせはどこ?
デュアルSIMはスマホ1台で電話番号を2つ持つことができること以外にも、片方の弱点を補うことができるというメリットがあります。 本記事では楽天モバイルをメインで持っている人、または今後持つ人の為に、デュアルSIMとして組み合わせるおすすめの...
格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました