格安SIM

ahamoにして後悔、最悪と感じてしまうポイントまとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ドコモのオンライン専用格安プランであるahamoは、料金が安くドコモブランドで安心して使えるという点で非常に人気があり、満足度も高いブランドの一つです。

ahamoはドコモと違う部分がいくつかある為、注意しなければいけない点があるのも事実。

本記事ではahamoにして後悔するポイントを解説していますので、これからahamoへの乗り換えを検討している人はぜひチェックしてみてください。

ドコモのirumoとahamoの違いをチェック、どちらを選ぶべき?
ドコモには無制限プランのeximo以外にirumoとahamoがあります。 本記事ではこの2つのプランについて、選び方や違いの解説をしていますので、参考にしてみてください。 ドコモのirumoとahamoの選び方 ではまずさっそくirumo...
ahamo(アハモ)がデメリットだらけと言われる理由は?それって本当?
ドコモのオンライン専用プランであるahamoですが、ネットなどで調べると「デメリットだらけ」「デメリットしかない」といった文言が見受けられます。 ただ本当にahamoはデメリットだらけなのでしょうか? ahamo(アハモ)は本当にデメリット...
〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

ahamoにして後悔するポイント

ahamoにして後悔するポイントは以下の通り。ここでは以下の項目について詳しく解説していきます。

  • 容量が20GB・100GBの2つしかない
  • 家族割・光回線セット割がない
  • ショップでのサポートが有料
  • 問い合わせがチャットのみ
  • 家族間通話が有料
  • 他社格安SIMより高い
  • 留守電・転送電話・キャッチホンが使えない
  • データの繰越ができない
  • 制限時速度の1Mbpsが思ったよりも遅い
  • キャリアメールの提供がない
  • ドコモの端末割引が使えない

容量が20GBか100GBしか選ぶことができない

プラン容量月額料金
基本プラン20GB2,970円
大盛りオプション利用100GB4,950円

ahamoでは基本プランの20GB、大盛りオプション利用時の100GBの2つからしか選ぶことができません。

毎月10GB以下の小容量しか使わない人だと基本プランでももったいないですし、逆に100GB以上のヘビーユーザーだと容量が足りないです。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで最大12,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

家族割、光回線セット割がなくドコモより月額料金が高くなってしまうケースも

 ドコモahamo

 

 基本料金

【eximo】
〜1GB:4,565円
〜3GB:5,665円
無制限:7,315円
【irumo】
 0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(※5分以内無料定額通話付き)
割引家族割・光回線セット割・
dカード支払割他
なし
割引後料金
(※)
【eximo】
〜1GB:2,178円
〜3GB:3,278円
無制限:4,928円
【irumo】
 0.5GB:550円
3GB:880円
6GB:1,540円
9GB:2,090円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(※5分以内無料定額通話付き)

※:家族割3人以上、ドコモ光とのセット割、dカード支払い割を適用

ドコモとahamoの料金を比較すると、基本料金なら間違いなくahamoの方が安くてお得です。

ただ毎月3GBしか使わないというのであれば、逆にドコモのirumoを利用した方がスマホ代は安くすみます。

また大容量ユーザーもドコモ光とのセット割、家族割を適用されるとahamoの大盛りオプションより安くなります。

ahamoにすることで逆にスマホ代が高くなってしまうケースもあるので注意が必要です。

irumoの公式サイト

ドコモショップでのサポートが有料

オンライン専用プランとして開始したahamoですが、現在はドコモショップでも申し込みや契約後の各種手続きなどをサポートして貰うことができます。

ただサポートは有料となっており、1回につき3,300円かかってしまいます。また有料サポート時もスマホの操作自体は利用者が行わなければなりません。

問い合わせがチャットのみ

ahamoの問い合わせは電話に対応しておらず、チャットのみ(AIチャット・有人チャット)。

AIチャットでは解決できないことが多く、一方で有人チャットは混み合って繋がりにくいことが多いですし、内容によっては文章だとうまく伝えられないこともあるので、サポート重視の人にとってはむいてないかもしれません。

家族間通話も有料

家族にドコモ・ahamoユーザーがいても、ahamoからかける場合は家族間通話が有料です(ドコモからahamoにかける場合は無料)。

ahamoは元々5分以内の通話が無料となるので短い電話しかしないのであれば問題ありません。

ただ5分以上の通話をよくするならば、かけ放題の有料オプション(月1,100円)を追加する必要があり、基本料金とあわせるとスマホ代が月4,000円かかることになります。

他社格安SIMより高い

ahamoの20GBで2,970円というのは大手キャリアの基本料金に比べるとかなり安いですが、他の格安SIMに比べると以下の通り高いです。

 容量:料金
ahamo
(5分以内の通話無料)
20GB:2,970円
100GB:4,950円
楽天モバイル
(国内通話無料)
3GB:1,078円
20GB:2,178円
無制限:3,278円
LINEMO3GB:990円
20GB:2,728円
IIJmio2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
mineo1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大12,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

留守番電話・転送電話・キャッチホンが使えない

ahamoでは留守番電話や転送電話、キャッチホンを使うことができません(有料オプションもなし)。

なお他の格安SIMだと有料オプションで使えることがほとんどです。

もしこれらの機能を使う必要があるなら、特にahamoは避けるべきでしょう。

 留守電等の料金
ahamo留守電:利用不可
転送電話:利用不可
キャッチホン:利用不可
楽天モバイル留守電:無料
転送電話:無料
キャッチホン:無料
LINEMO留守電・転送セット:220円
キャッチホン:利用不可
IIJmio留守電:319円
転送電話:無料
キャッチホン:220円
mineo留守電:319円
転送電話:無料
キャッチホン:220円

データの繰越ができない

データ繰越ができれば月ごとで使うデータ容量に差があっても問題なく使えるし、余裕を持って貯めておけば月末に使いすぎて速度が制限される可能性がかなり下がります。

しかしahamoではデータ繰り越しができないため、その月々で使い切らなけらばならないし、多めに使った月は月末に速度が制限されてしまうので多少の不便さがあります。

 データ繰越
ahamo不可
楽天モバイル対象外
(段階料金制の為)
LINEMO不可
IIJmio翌月末まで可
mineo翌月末まで可

制限時速度の1Mbpsが思ったよりも遅い

ahamoは20GBもしくは100GBのデータ容量を使い切った後でも、最大1Mbpsで通信可能です。

1Mbpsという速度はLINEはもちろん、SNSや標準画質での動画視聴もできる速度。他社の制限時速度である128kbpsや300kbpsに比べて使い勝手はかなり良いです。

ただストレスなく使えるかといえばそんなことないのも事実。SNSは画像の表示が遅いし、動画も見れるとは言え画質は悪いですし、読み込みまで少し時間がかかってしまいます。

20GBでは足りないけど使い切っても1Mbpsで通信できるからと過剰に期待すると後悔するかもしれません。

キャリアメールの提供がない

ahamoにはキャリアメールの提供がなく、ドコモのアドレス(@docomo.ne.jp)は使えません。

現在はahamoに限らずメール持ち運びサービスにより、他社に乗り換えても同じメールアドレスを使い続けることが可能ですが、このサービスを利用する場合は月330円かかってしまいます。

端末割引(5G WELCOME割、オンライン限定機種購入割引)が使えない

ドコモでは、eximoプラン契約と同時にスマホを購入することで、機種代金が5,500円〜22,000円割引される5G WELCOM割や端末購入割引があります。

また家電量販店では特典でさらに割引が上乗せされることもあります。

しかしahamoでは端末購入割引が基本的にはない為、機種購入時は割引なしで購入することになります。

※22歳以下かつMNPの場合は一部端末で割引適用あり

なおahamoでもドコモオンラインショップで機種を購入すれば、2年後に返却する残価設定型プログラム「いつでもカエドキプログラム」を利用することは可能です。

ahamoのメリットもあらためて確認

このように様々な後悔するかもしれない要因があるahamoですが、だからといっておすすめできないわけではありません。

むしろahamoは格安SIMも含めた多くの携帯電話の中で、かなりおすすめ上位。その理由を紹介します。

ahamoの公式サイト

安いのに通信速度が速くて快適に使うことができる

ahamoは他の格安SIMに比べてかなり通信速度・通信の安定性が優秀。

通信速度は100Mbpsとドコモと同じ速度がでますし、格安SIMにありがちな昼に速度が低下するということもありません。

他の格安SIMと料金だけを比べると多少高いですが、通信品質の優秀さを考えればかなりコスパは良いと言えるでしょう。

Q、ahamoの通信速度はどのくらいですか?

A、ドコモのプレミアムプランと同じ速度になります。

引用:https://faq.ahamo.com/faq/show/1528?category_id=40&site_domain=default

引用:https://faq.ahamo.com/faq/show/1528?

5分以内の通話料が無料

ahamoは2,970円の基本プランの中に、20GB分のデータ通信容量と5分以内の通話定額が含まれています。

5分以内の通話定額は他社だと安いところでも550円ほど。それも含まれて2,970円なので、元々通話定額を利用しようと思っていた人にとってはむしろ安く使うことができます。

有料でもショップのサポートが受けられる

多くの格安SIMはショップ自体がなく、サポートはすべてオンラインです。

一方ahamoはサポートを受けることが可能。

3,300円かかってしまうとは言え、携帯ショップでのサポートはそう頻繁に利用するものではないですし、いざという時にサポートを受けることができるというのはメリットの一つです。

初期費用がかからず、初月料金も日割り

大手キャリアや格安SIMの多くは契約時に手数料として3,300円程度かかります。

しかしahamoは契約手数料はなく、初月料金も日割りとなります。

速度制限時でも動画視聴が可能な速度がでる

ahamoは速度制限時でも最大1Mbpsでの通信が可能。Youtubeも標準画質なら見ることができます。

もちろん通常時に比べるとかなり遅いし、使っていてストレスを感じないわけではありません。

ただ他社の128kbpsm、300kbpsに比べると使うことができる幅は多く、十分我慢できるレベルです。

テザリングが無制限

auやソフトバンクの無制限プランでは、テザリングは月30GBまでという制限があります。

しかしahamoは大盛りオプション利用時(100GB)でも特に制限なし。

パソコンやタブレットなどを頻繁に使う人でも安心して使うことができます。

ahamoの公式サイト

まとめ

ahamoは通信速度は速く、それでいて速い、大容量使うことも可能となっており、他の格安SIMに比べて総合的に見るとかなり優れています。

ただ今回紹介したようにデメリットと言える面も少なからずあり、少ないながらも契約して後悔する人もいます。

ですのでこれからahamoを利用しようかどうか悩んでいる人は、あらためて後悔するポイントを把握し、自分にとって問題があるかないか確かめると良いでしょう。

  • 容量が20GB・100GBの2つしかない
  • 家族割・光回線セット割がない
  • ショップでのサポートが有料
  • 問い合わせがチャットのみ
  • 家族間通話が有料
  • 他社格安SIMより高い
  • 留守電・転送電話・キャッチホンが使えない
  • データの繰越ができない
  • 制限時速度の1Mbpsが思ったよりも遅い
  • キャリアメールの提供がない
  • ドコモの端末割引が使えない
ahamoは速い?遅い?時間帯別の通信速度測定結果や他社との速度比較まとめ
ドコモのオンライン専用ブランドであるahamoは、料金が安いだけでなく他の格安SIMに比べて通信速度が速いと評判です。 本記事では実際にahamoの通信速度について調査した結果、及び他社との比較を掲載していますので、気になる方はぜひチェック...
ahamo大盛りオプションのメリット、デメリット、注意点を解説。100GBで4,950円はお得?
ドコモのオンライ専用プランであるahamoには「20GB+5分以内の定額通話」という一つのプランしかありません。 しかしオプションである「ahamo大盛り」により、合計100GBまで使うことも可能となっています。 本記事ではそのahamo大...
タイトルとURLをコピーしました