格安SIM

楽天モバイルとセットでデュアルSIMを使う場合に最強の組み合わせはどこ?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

デュアルSIMはスマホ1台で電話番号を2つ持つことができること以外にも、片方の弱点を補うことができるというメリットがあります。

本記事では楽天モバイルをメインで持っている人、または今後持つ人の為に、デュアルSIMとして組み合わせるおすすめのSIMを紹介していきます。

【2024最新比較】人気格安SIMのおすすめまとめ、料金・通信速度・サービスから自分にあったものを選ぼう
毎月の固定費を下げる為におすすめなのが格安SIMの利用。人によっては変わらないデータ通信量で5千円以上安くすることができます。 ただ、一言で格安SIMのといっても様々なサービスがありますし、通信速度の面で不安だという人も多いでしょう。 そこ...
LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンも他にはないお得度!
現在のキャンペーン

  • ミニプラン(3GB)契約で最大10,940PayPayポイント
  • スマホプラン(20GB)契約で最大20,000PayPayポイント
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

楽天モバイルの概要、強い点、弱い点

まずは簡単に楽天モバイルの概要、そしてデュアルSIMを選ぶ上で重要となる楽天モバイルの強い点や弱い点を確認していきましょう。

楽天モバイルを徹底解説。料金やキャンペーンやエリア、通話料無料の内容や当初からの変更点もチェック
docomoやau、Softbankに次ぐ第4のキャリアでありながら、非常に安い料金で使うことができる楽天モバイル。 今回はそんな「楽天モバイル」について、解説していきます。 サービス開始当初に比べて、かなり変わった点も多いので、ぜひチェッ...

楽天モバイルの概要

  楽天モバイル
容量  無制限
料金 〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
通話料 無料
※専用アプリ利用時
通話定額 15分以内:1,100円
※標準アプリ利用時
制限時
最大速度
なし
対応SIM 物理SIMまたはeSIM
留守電 無料
割込通話 無料
キャリア
メール
無料
(@rakumail.jp)
特典
キャンペーン
楽天ポイント還元

楽天モバイルは第4のキャリアとして2020年から正式にサービスが開始されました。

プランは一つのみですが、段階料金制となっており使ったデータ容量に応じて料金が変動します。

小容量帯の価格も安いですが、無制限に使っても最大3,278円という3大キャリアの半額以下の基本料金で使えるというメリットもあります。

また楽天Linkという専用アプリを使えば通話料が無料、契約時に楽天ポイント還元特典がある、楽天市場で買い物する際のポイント倍率があがるなど、かなりコスパが優れた携帯電話会社です。

サービス開始当初こそエリアが狭く繋がりにくいといった問題点がありましたが、現在はかなり解消されて繋がりやすくなったとともに、楽天回線エリア外に繋がるパートナー回線も無制限で使えるっようになった(以前は月5GBまで)ので、使い勝手はかなり向上しています。

楽天モバイルの強い点

楽天モバイルの強い点はなんと言ってもコスパの良さです。

  • データ無制限で3,278円
  • 国内通話が無料
  • 楽天市場で買い物する際のポイント還元率アップ

MVNOの格安SIM(3大キャリアから回線を借りて通信サービスを提供している携帯電話会社)にも劣りません。

無制限でメイン回線として使うには、かなりおすすめできると言えるでしょう。

楽天モバイルの弱い点

一方で楽天モバイルが弱い点は2つ。

  • 電波
  • 無料通話の品質

サービス開始当初に比べるとかなり改善されたものの、新キャリアであるが故に3大キャリアに比べると基地局が少なく、特に建物内や地下で圏外もしくは電波が弱くなることがあります。

また楽天モバイルの無料通話は楽天Linkというアプリからかけることで利用できます。

電話の発着信は自分の電話番号でOS標準アプリと変わらず使うことができますが、OS標準アプリ利用時と違いインターネット回線を利用した通話の為、通話品質が劣ります。

楽天Link(Rakuten Link)とは?できることやメリット・デメリットまとめ。iPhoneで使えないって本当?
安い月額料金に加え、エリア拡大、パートナー回線の利用上限廃止など使い勝手の向上に伴い着実に回線数を増やしている楽天モバイル。 その楽天モバイルのメリットの一つとして挙げられるのが「国内通話無料」です。他の3大キャリアでかけ放題をつけると月1...
格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

デュアルSIMを選ぶ上での重要な点

ではここからは、楽天モバイルとデュアルSIMで併用する他のSIMを選ぶ場合の注意点を紹介していきます。

弱点を補えることができることがが重要

デュアルSIMにすることで電話番号を2つ持つことができ、プライベート用や仕事用などで使い分けることができるというメリットがあります。

ただせっかくデュアルSIMとして持つなら、同じ携帯電話会社ではなく弱点を補うことができるものを選ぶのがおすすめ。

楽天モバイルの場合、特に弱点として大きいのが電波の繋がりやすさです。しかし3大キャリアの回線を使った格安SIMならその弱点を補うことができます。

2つのSIMのうち、どちらかはeSIMを選ぶこと

iPhoneはXS・XR以降の端末であればデュアルSIMに対応していますが、物理SIM2枚で組み合わせることはできず、一つはeSIMにしなければなりません

またAndroidでも一部の端末は物理SIM2枚を組み合わせることができますが、eSIMを組みわせる必要がある端末が多いです。

格安SIMよってはeSIMに対応していないところもある為、組み合わせ次第で楽天モバイルではeSIMを利用する必要があります。

スポンサーリンク

楽天モバイルとデュアルSIM最強の組み合わせ

ではここから具体的に楽天モバイルと組み合わせるおすすめのSIMを紹介します。

LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン)

LINEMO
料金 ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
通話オプション 5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
eSIM対応
  • ミニプラン・スマホプランいずれの場合もPayPayポイント大幅還元
  • 5分以内通話定額7ヶ月間無料
  • 回線品質◎、時間帯による速度制限もなし

3GBプランが990円と安く、ソフトバンクのオンライン専用プランだけあって電波も◎。

楽天モバイルが遅い・繋がらないといった時の予備として利用するなら最適です。

LINEMOはキャンペーンも充実しており、月額料金以上にコスパが良い点も最もおすすめできる点です。

LINEMOの公式サイト

LINEMOの詳細、評判・口コミをチェック!

ahamo(ドコモのオンライン専用プラン)

ahamo
料金 20GB:2,970円
通話オプション 5分以内無料:0円
かけ放題:1,100円
eSIM対応
  • 回線品質◎、時間帯による速度制限もなし
  • 5分以内の通話が無料

ドコモが出している格安プランであるahamo。通信速度、繋がりやすさともにトップクラスです。

プランは20GBの一つしかありませんが、5分以内の通話が無料となるので、楽天モバイル以外の回線を使う機会が多い人、高品質の通話をしたい人におすすめです。

また、楽天モバイルは3GB以内(1.078円)におさえて、データ通信のメイン回線にahamoを使うというのもありでしょう。

ahamoの公式サイト

ahamoの詳細、評判・口コミをチェック!

mineo(通話専用にはおすすめ)

mineo
料金 【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【マイそく】
スーパーライト(最大32kbps)・・・250円
ライト(最大300kbps)・・・660円
スタンダード(最大1.5Mbps)・・・990円
プレミアム(最大3Mbps)・・・2,200円
通話オプション 10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
eSIM

もし音声通話専用のSIMとして持ちたいなら、mineoがおすすめです。

マイそくスーパーライトはデータ通信がほぼできない代わりに月250円で利用でき、通話定額(10分以内)と組み合わせても800円しかかかりません。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

IIJmio(2GBが850円、5GBが990円)

IIJmio
料金 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通話オプション 5分以内無料:500円
10分以内無料:700円
かけ放題:1,400円
eSIM

2GBが850円、5GBが990円とLINEMOなど他の格安SIMよりもさらに安いのがIIJmio。

通信速度はLINEMOなどに比べると遅く、平日昼に速度が低下するといったデメリットがあるものの、デュアルSIMで楽天モバイルの予備として持つなら十分なはず。

コスト重視の人におすすめです。

IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細、評判・口コミをチェック!

まとめ

以前に比べて回線品質もかなり良くなった楽天モバイルですが、大手キャリアに比べるとまだ多少繋がりにくい場所、速度が遅くなる機会は多いです。

ただデュアルSIMとして組み合わせればそのデメリットを補うことが可能。

組み合わせるSIMにもよりますが、2つのSIMをあわせても無制限で4,000円で済みますから、デュアルSIMはかなりおすすめです。

  • LINEMO・・・3GBが990円、回線品質◯
  • ahamo・・・20GB+5分以内の通話量無料で2,970円、回線品質◯
  • mineo・・・音声通話用に最適
  • IIJmio・・・5GBが990円と安さ◎あ
タイトルとURLをコピーしました