ガジェット

iPhone SE(第3世代)はやめた方がいい?後悔する理由5選

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

iPhoneの中で小型、かつ安いモデルであるiPhone SEは非常に人気がある端末です。

ただデメリットとなりうる要素も少なくない為、あらかじめ知っておかなければいけない点、考えておかなければいけない点があります。

本記事ではiPhone SE(第3世代)について特徴や買って後悔する人、逆におすすめできる人について解説していきます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

iPhone SE(第3世代)の特徴

iPhoneSE

まずは簡単にiPhone SE(第3世代)の特徴をあらためて確認していきましょう。

スペックは優秀、iPhone13と同じチップを搭載

iPhone SE(第3世代)で使われているチップはiPhone13と同じA15 Bionicで5G回線にも対応しています。

最新のiPhone 15に比べれば劣るものの、スマートフォンとしては十分優秀と言えるスペックです。

廉価版と言ってもやはりiPhone。ストレスなくサクサク動いてくれます。

ホームボタン、指紋認証あり

現在発売されているiPhoneの中で唯一ホームボタンがあり、指紋認証(Touch ID)ができるのがiPhone SE(第3世代)。

Face IDがマスク時の解除にも対応してくれたことで多少使い勝手は良くなったものの、わざわざカメラを顔に向ける必要なく、認証エラーもFace IDに比べて少ない指紋認証は使い勝手が良いです。

スポンサーリンク

画面サイズは4.7インチと小さいが代わりに重量が軽い

iPhone SE(第3世代)の画面サイズは4.7インチ。iPhone14や15は6.1インチですからかなり小さいです。

Androidスマホと比較しても、現在の主流は6.1インチ〜6.7インチなので、かなり小さいスマホだと言えるでしょう。

ただその分重量が軽くなっています。

iPhone SE(第3世代)の重量は144g。最新のiPhone15は171g、最も重いiPhone 15Pro MAXは221gなので差は大きいです。

実際に持っていてもiPhone SEはかなり軽く、長時間持って操作しても全く苦になりません。

シングルカメラ

iPhoneSEカメラ

iPhone SE(第3世代)のカメラはシングルカメラです。

カメラ自体の性能は悪くなく、十分綺麗な写真を取れるし、4K動画の撮影もできます。

ただデュアルカメラ、トリプルカメラの他のiPhoneに比べると望遠・広角撮影ができない、ナイトモードがない、ポートレートモードのクオリティが悪い、ポートレートモードは人以外に対応していないなど、手ぶれ補正が弱いなど、劣っている部分が多々あるのは事実です。

またインカメラも他のiPhoneシリーズが1200万画素であるのに対し、iPhone SE(第3世代)700万画素しかありません。

スポンサーリンク

iPhone SE(第3世代)で後悔するパターン

上記の特徴を持つiPhone SE(第3世代)。使い勝手が良く気に入る人も多い反面、逆に買って後悔する人も少なくありません。

ここではよくあある後悔するパターンをみていきましょう。

画面が小さく使いにくい

4.7インチという画面の大きさは他のiPhoneシリーズだけでなく、Androidスマホに比べても小さいサイズ。

サイズの小ささは軽い・持ちやすいというメリットを得られる代わりに、画面が見にくかったり、使いにくくなるデメリットを持っています。

特に動画を見たり、漫画を読んだり、ゲームをする場合だと画面が小さいことがストレスになる可能性が高いです。

バッテリーの持ちが良くない

iPhone SE(第3世代)のバッテリー容量は2,018mAhで、iPhone14の3279mAhやiPhone15の3,349mAhに比べると3分の2以下。

ビデオ再生時間を比較しても、iPhone14や15が20時間であるのに対し、iPhone SE(第3世代)は15時間と4分の3。

スマホを使う頻度によっては、1日持たないことも少なくありません。

スポンサーリンク

カメラ性能が悪い

iPhone SE(第3世代)はシングルカメラとなっており、カメラ性能も悪く、他のiPhoneでは使える以下の機能が使うこともできません。

  • 望遠、超広角カメラ
  • ナイトモード
  • 人以外を対象としたポートレートモード
  • シネマティックモード

Androidのミドルモデルですらデュアルカメラやトリプルカメラを採用、性能面でもiPhone SEより優秀であるものが多い中、カメラ面で劣っていることで後悔するケースは少なくないでしょう。

見た目の古臭さ

現在発売されているiPhoneシリーズの中ではホームボタンが残っているiPhone SE(第3世代)のみ。

SEシリーズを除くと、ホームボタンがあるのは2017年に発売されたiPhone8までです。

見た目を気にしない人は全く問題ないですし、個人的にSEのデザインは気に入っているのですが、人によってはホームボタンがあることにより古臭く感じてしまったり、一目で廉価版のiPhone SE3とぱっとわかってしまうことをマイナスと感じてしまう人もいるようです。

早々に型落ちとなるリスクも

iPhone SE(第3世代)は2022年の3月に発売されおり、すでに2年近く経っています。

一つ前の第2世代の発売日は2020年の4月ですから、同様のスパンで考えると2024年中に新しく第4世代が発売されるかもしれません。

海外サイトのMac Rumorによると第4世代の発売は2025年春とされています。

実際の発売日は未定ですが、1年程度で第3世代はSEシリーズの中で型落ち品となってしまうかもしれません。

ただし型落ちになったからといって第3世代のスペックは十分高く、現時点でApple Storeから発売されているのでOSのサポート期間もまだまだあり、長く使うことはできます。

iPhone SE(第3世代)をやめた方がいい人

ではここからは具体的にiPhone SE(第3世代)をやめた方がいい人についてまとめていきます。

スマホで綺麗な写真、動画の撮影をしたい人

スマホで綺麗な写真や動画を撮影したのであれば、カメラ性能の低いiPhone SEはあまり向いていません。

iPhone13は、新品で95,800円、中古であれば70,000円〜80,000円。ちょっと高くなってしまいますが、こちらの方が後悔なく使えるでしょう。

またiPhoneにこだわらない、Androidでもよいのであれば、iPhone SEと同程度の価格でカメラ性能が優れているものも揃っています。

ゲームをよくする人、漫画を読む人、動画をよく見る人

iPhone SEの画面サイズは、ゲームをよくしたり漫画を読む、動画を見るといったエンタメ消費は向いていません。

流石に小さすぎて、ゲームの操作はしにくいですし、漫画は文字が小さくなってかなり読みにくい、動画も見にくく使っていてストレスが溜まります。

こういった用途はたまにしか使わないのであれば我慢できるかもしれませんが、メインとして使うのであればもっと画面サイズが大きいスマホをおすすめします。

スポンサーリンク

1日でスマホを使う頻度が多い人

スマホを使う頻度が多いと、iPhone SEのバッテリーでは1日もちません。

モバイルバッテリーを常に持ち歩久野で充バッテリーが持たなくても良いというのであれば問題ありませんが、何度も充電するのが面倒だと感じるのであればよりバッテリー持ちが良い他のスマホをおすすめします。

iPhone SE(第3世代)がおすすめな人

もちろんiPhone SE(第3世代)は悪いことばかりではなく、たくさんのメリットもある良い端末です。

そこでおすすめな人も紹介していきましょう。

軽さ、持ちやすさを重視する人

iPhone SEのそしてサイズが小さいことによる軽さ、持ちやすさは大きなメリット。

持っていて疲れを感じないし、片手操作も楽にできます。

軽さ・持ちやすさを重視する人にとってiPhone SEはかなり使いやすいスマホとなるでしょう。

iPhoneがほしいけど安く手に入れたい人

現在Apple Storeで発売されているiPhoneシリーズの中で、SEを除くと最も安くてもiPhone13の95,800円。

最新のiPhone15に至っては124,800円もします。

一方でiPhone SE(第3世代)であれば62,800円で購入可能。iPhoneが欲しいけど安く手に入れたい人にとってありがたい端末です。

スポンサーリンク

サブ端末として使う人

2台目のスマホとなど、サブ機として持つiPhoneならiPhone SE(第3世代)は最適。

あくまでサブ機ならば価格、サイズ感、スペック面でかなり優秀。わざわざ高い他のiPhoneを購入する必要はないでしょう。

iPadと併用する人

iPhone SE(第3世代)は画面が小さく、ゲーム・漫画・動画視聴といったエンタメ消費には使いにくといったデメリットがあります。

ただこれらの用途はiPadで行うのであれば、問題なくなります。

エンタメ消費はなど画面が大きい方が良い用途はiPad、逆に小さい方が良い用途はSEと使い分ければ、かなり使い勝手が良いです。

ただし、カメラはiPadも悪い為、カメラ性能を気にしない人に限られます。

子供用

子供用、特に小学生以下の子供にiPhoneを持たせるならSEが最適です。

他のシリーズは子供だとサイズが大きいですし、何より持ち歩かせるには高価すぎます。

用途としても画面サイズ、カメラ性能にこだわる必要はそこまでないでしょう。

なおiPhoneでは「ファミリー共有」、「ペアレンタルコントロール」により、位置情報を確認したり、アプリのダウンロードや閲覧サイトなどの制限を行うことができる機能が標準で備わっています。

まとめ

iPhone SE(第3世代)はiPhoneシリーズの中で特に安く、買いやすい端末です。

ただ画面が小さかったり、カメラ性能が悪いことで買った後で後悔したなんて話も少なからず聞きます。

ですので、購入前にはあらかじめ自分が使いたい用途を考え、本当に自分に適しているか確認するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました