格安SIM

ドコモのirumo(イルモ)のデメリットを解説、おすすめする人・しない人はどんな人?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ドコモのライトユーザー向けプランである「irumo」。

これまでキャリアは小容量のプランがかなり割高で、3GB程度でも3〜4,000円かかっていましたが、irumoではそれに比べるとかなり安い料金で使えるようになりました。

ただいくつかデメリットもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

ドコモのirumoとは

ドコモ「irumo」
月額
料金
0.5GB 550円
3GB 880円〜2,167円
6GB 1,540円〜2,827円
9GB 2,090円〜3,377円
ドコモ光セット割
home 5Gセット割
△1,100円/月
(0.5GBプランは)
みんなドコモ割 なし
dカード支払い割 △187円/月
家族間通話 有料(22円/30秒)
通話
定額
5分以内無料 880円/月
かけ放題 1,980円/月
データ繰り越し 不可
テザリング 無料
キャリアメール
(@docomo.ne.jp)
月330円
事務
手数料
オンライン 0円
店頭 3,850円
制限時速度 最大300kbps
(0.5GBプランは最大128kbps)
支払い方法 クレジットカード
口座振替
  • 4つのデータ容量から選べるプラン
  • 光回線セット割、dカード支払い割で基本料金から最大1,287円割引
  • 家族間通話は有料
  • データ繰り越し機能なし
  • キャリアメールが有料

irumoの公式サイト

ドコモ「irumo」のデメリット

では具体的に、irumoのデメリットを見ていきましょう。

割引の適用(特に光回線セット割)をしないと高い

  irumo ahamo 楽天
モバイル
LINEMO IIJmio
基本料金 割引後
〜0.5GB 【0.5GB】
550円
【0.5GB】
550円
【20GB】
2,970円
【3GB】
968〜
1,078円
【3GB】
990円
【2GB】
850円
〜2GB 【3GB】
2,167円
【3GB】
880円
〜3GB 【5GB】
990円
〜5GB 【6GB】
2,827円
【6GB】
1,540円
【20GB】
2,068〜
2,178円
【20GB】
2,728円
〜6GB 【10GB】
1,500円
〜9GB 【9GB】
3,377円
【9GB】
2,090円
〜10GB
〜20GB 【20GB】
2,000円
〜100GB 【100GB】
4,950円
【無制限】
3,168〜
3,278円
 
無制限

irumoはauやソフトバンクのライトプランと比べると比較的安い料金で使うことができます。

しかし、キャリアのオンライン格安ブランドや、新キャリアの楽天モバイル、その他格安SIMなどに比べると高いです。

特にドコモ光もしくはhome 5Gの割引(△1,100円/月)を利用できない場合は、他社と比較しても料金差が大きい為、基本的にはこれらとの併用が前提です。

0.5GBプランは通信速度が遅い(最大3Mbps)

0.5GBプランについては、割引関係なく誰でも月550円で使えるプランです。ただ、このプランには以下の制約があるので注意が必要。

  • 通信速度が最大3Mbps(他プランの速度は50〜200Mbpsなのでかなり遅い)
  • データ容量を使い切った場合の制限時速度が最大128kbps(他プランは300kbps)
  • みんなドコモ割のカウント対象外(他プランは割引はないが回線数としてカウント)

0.5GBプランは音声通話メインで使う人向けのプランで、データ容量が少ないだけでなく通信速度も遅いです。

また550円と基本料金は安い0.5GBプランですが、ドコモは通話定額オプションが高いという点に注意が必要。通話定額をつけて使うなら、他社を使った方が合計の料金が安く済みます。

スマホを通話のみで使うキャリア、格安SIMのおすすめ最安プランはどれ?シニア、キッズ、ビジネス向けのおすすめも紹介
子どもに持たせるためや、タブレットなどと2台持ちにしたいといった理由から、スマホを通話のみで利用したいといったケースは少なからずあるでしょう。 しかし、携帯会社のプランは複雑でどのプランで契約すればいいのかわかりにくいですよね。 今回は、通...

スポンサーリンク

eximoやahamoに比べて回線混雑時に速度が制限されやすい

通常時はirumoでも他のドコモのプラン(eximoやahamo)と同じ通信速度でデータ通信の利用ができます。

しかし、回線が混雑した場合にはirumoから優先的に速度の制限が行われているとされています。

平日昼12時台や、人が混雑している場所では速度低下が起きやすい可能性があるというのも、irumoのデメリットの一つです。

当社設備内でネットワークの混雑時に「eximo」「ahamo」等の他の料金プランよりも先に通信速度の制限(通信制御)を実施するため、通信速度が遅くなる場合(例えば動画視聴ではご利用の通信環境により画質が低下する場合)があります。

引用:irumo公式

家族間通話が有料

irumoはファミリーグループへの加入はできるものの、家族間の通話は有料(22円/30秒)。

家族間での通話が多い場合は通話定額に加入する必要があります。

なおeximoなら家族間通話は無料(irumoを使っている家族へ発信する場合も無料)、ahamoは基本料金に5分以内無料の通話定額が含まれています。

通話定額オプションが高い

irumoの通話定額オプションは5分以内無料が880円、かけ放題が1,980円です。

これに対し、ahamoは基本料金に通話定額が含まれている為、5分以内無料は0円、かけ放題が1,100円で利用できます。

他にも楽天モバイルはオプションなしで国内通話がかけ放題、他の格安SIMも5分以内無料が500円程度。

irumoは通話定額オプションも高いです。

音声通話専用として利用できる0.5GBプランを利用する場合、家族での通話が多い場合などはこの通話定額オプションも含めて検討しましょう。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

データ繰り越しができない

サブブランドや格安SIMなどで利用できる余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができる「データ繰り越し機能」は、irumoでは利用不可。

その月ごとで、余ったデータ容量は消滅します。

余らせすぎない、逆に使いすぎない為にもデータ通信量の管理は他社を使う場合よりも細かく行う必要があるでしょう。

キャリアメールが有料(月330円)

ドコモのもう一つのプランであるeximo(データ無制限プラン)はキャリアメールが無料で利用できますが、irumoキャリアメールを利用する為には月額330円の「ドコモメールオプション」に申し込まなければなりません。

家族間通話が有料になったことも含め、以前のライトプランであるギガライトに比べると料金が下がった分、使えなくなったことが増えたことには注意が必要です。

端末割引が対象外となる場合がある

ドコモには、5G WELCOM割という端末購入時に割引もしくはポイント還元が受けられる特典があります。

ただ端末によっては「22歳以下もしくはeximoを契約」という条件がついています。

23歳以上のユーザーがirumoで契約する場合だと、この特典を受けられない場合があるということです。

また家電量販店での特典条件もeximo契約が条件となっている場合が少なくありません。

スポンサーリンク

店舗で契約すると事務手数料が3,850円かかる

irumoはオンラインで契約すれば事務手数料が0円で契約できますが、店舗(ドコモショップや家電量販店など)で契約する場合だと事務手数料に3,850円かかってしまいます。

家電量販店ではオンラインで契約するよりもお得なキャンペーン(端末割引やポイント還元など)が行われている場合もありますが、事務手数料も含めてどちらがお得になるかを考える必要があります。

irumoの公式サイト

ドコモ「irumo」のメリットは?どんな人におすすめ?

もちろん、irumoはデメリットだけではありません。

たとえばirumoのメリットは以下の通り。

  • 通信速度が速く、安定性も高い
  • 5G回線にもつながりやすい
  • セット割で安い料金で使える
  • 家族割のカウント対象、家族でeximoを使っているユーザーの料金が安くなる

混雑時はeximo・ahamoは優先的に速度が制限されるとされていますが、そこまで極端な速度低下はあまりありませんし、通常時の速度はキャリアなだけあって高速・安定。

快適性は高いです。

格安SIMに比べると高いとは言え、ドコモの快適な通信、そしてキャリアの安心感を考えるとコスパは悪くないでしょう。

irumoの公式サイト

まとめ

irumoは3大キャリアの中で比較すると、ライトユーザーが最も安く使えるプランです。

ただ現在はドコモ、au、ソフトバンク以外にも、様々な格安SIMがあります。

ずっと前からドコモを使っているからと言って安易に継続せず、一度自分に合ったものを探してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました