インターネット全般

1ヶ月で5GBってどれくらい使える?格安SIMの5GBプランを選ぶ人は要チェック

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

格安SIMのIIJmioは5GBが990円で使えます。他の格安SIMでも1,000円台で使えるところがいくつかあり、この容量であれば通信費はかなり抑えられるでしょう。

ただ気になるのは5GBってどれくらい使えるのかという点ですね。比較的少ない容量だからこそ、あっという間に制限されてしまうのを避ける為、あらかじめ把握しておきましょう。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料
  • UQモバイル・・・3,278円/20GB、10分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

思ってる以上にすぐなくなる?5GBで使えるネットサービス

5GBでできることを簡単にまとめると、以下の通りになります。

  • Webページ閲覧・・・1〜2万ページ
  • LINEトーク・・・約200万回
  • LINE音声通話・・・約270時間
  • LINEビデオ通話・・・約16時間
  • SNS(Twitter閲覧)・・・約20時間
  • SNS(インスタ閲覧)・・・約5.5時間
  • 音楽ストリーミング再生(標準音質)・・・約1,250曲
  • Youtube(標準画質480p)・・・約8.5時間
  • Youtube(高画質720p)・・・約5時間
  • U-NEXT(高画質)・・・約2.5時間
  • Zoom会議・・・約15時間
  • 漫画アプリ・・・約500話

LINEのトークや音声通話であれば通信量が少ないのでそこまで気にする必要はありません。

しかし動画視聴やSNSの中でも特に画像の多いインスタは想像以上に通信量を消費する為。5GB程度しかないのであれば利用は控えた方が良いレベルです。

たとえば毎日1時間インスタを見るだけで、1週間もたたずに容量を使い切ることになります。

スポンサーリンク

5GBプランを利用する場合に気をつける点、足りない場合の対処法

5GBプランを何も考えずに使ってしまうと、あっというまに容量はなくなってしまうので注意しなければなりません。

ここでは、5GBプランを利用する場合に気をつける点、足りない場合の対処法を紹介していきます。

動画は自動画質ではなく低画質に設定するなど、少ない容量に設定する

5GBという小容量プランなら、自宅のネットやフリーWiFiに接続していない状態での動画視聴、長時間のインスタ閲覧などはおすすめできません。

ただそうはいっても使う場合はあるでしょう。その場合は極力容量を消費しないモードに設定することが大切です。

  • Youtubeは低画質に設定
  • Twitterやインスタは節約モードに設定
  • 音楽は低音質に設定

Youtubeなどの動画サービスは「自動画質」に設定すると容量消費の激しい高画質で流れてしまう場合が多いです。容量の消費を抑える為にも、画質を低画質に設定した上で視聴するなどとにかく節約できる状態にしましょう。

こまめの容量チェックをこころがける

どの格安SIMでもアプリやマイページから現在のデータ使用量を確認することができます。

使い方にある程度気をつけていても、思った以上にデータ量を消費してしまっていることは多々ある為、容量のチェックはこまめに行い使いすぎていないかをチェックするようにしましょう。

もっと容量の多いプランがある格安SIMに変更(思ったより料金は上がらない)

IIJmioは5GBプランが990円であるのに対し、10GBプランは1,500円と500円の差しかありません。さらに言えば15GBプランでも1,800円、20GBプランでも2,000円です。

mineoは10GBが1,958円とIIJmioよりも高いですが、最大1.5Mbps(標準画質の動画視聴ができる速度)での通信はデータ消費なしで利用できます(パケット放題Plus)。

もし5GBで足りなくて毎回容量を追加しているというのであれば間違いなくプラン変更、もしくは格安SIM自体を変えた方が良いですし、そうでなくても容量が少なすぎてストレスが大きいなら変えてしまうというのも一つの手でしょう。

IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細、評判・口コミをチェック!

mineoのパケット放題Plusを利用する

mineoはパケット放題Plusというオプションがあります。アプリで低速モードに切り替えると、通信速度が最大1.5Mbpsに制限される代わりにデータ消費がなくなるという機能が使えるオプションです。

低速モードと言っても動画視聴やSNSも利用できるレベル。安く大容量使いたい人にはもってこいのサービスです。

このオプションは1GB・5GBがプランで月385円、10GB・20GBプランは無料で利用することができます。

mineoのパケット放題Plusの特徴を解説。使い方からメリット・デメリット、使い勝手、他社との比較も紹介
格安SIMの中で人気が高いmineo。その人気の理由にデータ消費なしで動画も見れる「パケット放題Plus」があります。 本記事ではそのパケット放題Plusについて、特徴やメリット・デメリット、使い勝手等を詳しく解説していきます。 関連記事 ...

スポンサーリンク

mineoのマイそくを利用する

mineoのマイそくは、通信速度が以下のように制限される代わりにデータ通信が使い放題となるプランです。

  最大通信速度 月額料金
スタンダード 1.5Mbps 990円
プレミアム 3Mbps 2,200円
ライト 300kbps 660円

現在5GBプランを1,000円程度で使っているならば、マイそくのスタンダード(月990円)を利用するというのも一つの手でしょう。

通信速度はたしかに遅いものの、動画視聴やSNSは利用できる速度ですし、容量を気にする必要もなくなります。

ただしマイそくは月から金の12時台、3日で10GBを超えた場合の翌日に32kbpsに制限されるという点に注意しなければいけません。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

mineoのマイそくって何?プランの特徴や料金、パケット放題Plusとの違い、メリット・デメリットを解説
他の格安SIMにはないサービスを数多く提供しているmineoですが、その中でも比較的人気度の高いサービスが「マイそく」。 安い料金でデータ使い放題となることでSNS上での評判も良く、人によってはかなり使い勝手が良いサービスです。 本記事では...

5GBでできることの詳細

ここでは、各ネットサービス別に必要なデータ容量や5GBでできる範囲を紹介していきます。

LINEやメールなどの通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
メール  約5KB/回 約20万回 約100万回
LINEトーク 約2KB/回 約50万回 約250万回
LINEスタンプ 5〜10KB/1回 10万〜20万回 50万〜100万回
LINE(写真) 0.1〜0.5MB/1回 2,000〜1万回 1万〜50万回
LINE(音声通話) 約0.3MB/分 約55時間 約275時間
LINE(ビデオ通話) 約5MB/分 約3.3時間 約16時間

テキストのみの場合は通信量がほとんどかからない為、容量を全く気にせず使うことができます。またLINEスタンプについても必要なデータ通信量はわずかです。

写真を送付する場合は、写真のデータ量にもよりますがそこそこ消費します。

通話については音声のみであればデータ消費量は少ない為、毎日1時間通話しても1GBも消費しません。

一方でビデオ通話となると3.3時間で1GBでも消費。毎日1時間ビデオ通話すると半月で5GB消費することになってしまいます。

Webページ閲覧時の通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
Webページ 0.3〜2MB 500〜3,000ページ 1〜2万ページ
ニュースサイト 0.3MB程度 3,000ページ程度 1.5万ページ程度

Webページは画像の量などにとって大きく異る為、通信量は大きく異なります。

ただテキストメインのニュースサイトであればデータ消費量は少なく、5GBあれば1万ページ以上見ることができる計算となり、基本的にはそこまで容量を気にする必要はありません

TwitterやインスタなどのSNS

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
Twitter
(タイムライン閲覧)
20MB/5分 約4時間 約20時間
インスタ
(タイムライン閲覧)
70MB/5分 約1.1時間 約5.5時間
インスタ
(ストーリー)
35MB/5分 約2.4時間 約12時間
インスタ
(インスタライブ)
30MB/5分 約2.8時間 約14時間

Twitterに比べ、画像・動画がメインのインスタはデータ消費量が大きいです。

1時間タイムラインを見ているだけでもおよそ1GBの消費、毎日1時間使うとインスタだけで1週間たたずに5GBを消費することになる為、意外とSNSの利用は注意が必要です。

インスタライブはタイムラインを見る場合に比べてデータ消費量は少ないものの、ライブはつい長時間見てしまいがちなのでやはり注意が必要です。

Instagram(インスタグラム)のデータ通信量の目安はどのくらい?ギガの節約方法や通信量を無料にするサービス紹介
Instagramは、画像の投稿を主体としたソーシャル・ネットワーキング・サービスで、高画質な画像を世界中のユーザーと共有することができます。 主要なSNSとして世界的に有名なFacebookが運営していることから、Facebookとの連携...

音楽を聞く場合の通信量(ストリーミング時)

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
音楽
(低音質)
約1MB/曲 約1,000曲 約5,000曲
音楽
(標準音質)
約4MB/曲 約250曲 約1,000曲
音楽
(高音質)
約6MB/曲 約170曲 約850曲

音楽はそこまで大きな容量を必要とせず、標準音質で1時間聞いても50MB(0.05GB)程度で済みます。

毎日2時間音楽を聞いても3GB程度で済みます。

ただ、もし同じ曲を頻繁に聞くのであればダウンロードした上で聞いた方が良いでしょう。

Spotify(スポティファイ)のデータ通信量は意外に多い?音質ごとの目安や必要な通信速度、節約方法を紹介
Spotify(スポティファイ)は配信曲数4000万曲以上の音楽ストリーミングサービス。 運営はスウェーデンの企業ですが、無料で音楽が聴き放題とあって2019年現在、2億3,200万人ものユーザーを抱える人気サービスとなっています。 そんな...

スポンサーリンク

Youtubeの通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
低画質
240p
約15MB/5分 約5.5時間 約27時間
標準画質
360p
約30MB/5分 約2.8時間 約14時間
標準画質
480p
約50MB/5分 約1.7時間 約8.5時間
高画質
720p
約90MB/5分 約1時間 約5時間
高画質
1080p
約170MB/5分 約0.5時間 約2.5時間

Youtubeで画質を自動設定している状態でスマホのモバイルデータ通信を利用すると、画質は480pとなる場合が多いです。

その為、5GBだと8時間程度しか見ることができません。

Youtubeを使う場合はできるだけ画質を下げるようにしましょう。

Youtube(ユーチューブ)の通信量はどのくらい?画質ごとの目安やギガを節約する方法
Googleが提供する世界最大の動画共有サービス「Youtube」では、世界中のユーザーが投稿した動画を閲覧することができます。 動画に夢中になっていて気付いたら何時間も経っていた、なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。 Youtu...

Amazonプライムビデオ・Netflix・U-NEXTの通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
Amazonプライム
中画質
約0.6GB/1時間 約1.7時間 約8.5時間
Amazonプライム
高画質
約1.8GB/1時間 約0.55時間 約2.7時間
Netflix
低画質
約0.3GB/1時間 約3.3時間 約16時間
Netflix
中画質
約0.7GB/1時間 約1.4時間 約7時間
U-NEXT
低画質
約0.2GB/1時間 約4.5時間 約22時間
U-NEXT
高画質
約2GB/1時間 約0.5時間 約2.5時間

動画配信サービスはデータ容量の消費が大きく、長時間見ると5GBもあっという間に使い切ってしまうおそれがあります。

Amazonプライムビデオの通信量は高画質だと1時間で約6GB!!外出先でのストリーミング再生は控えた方が良いかも。
Amazonプライムビデオは月額500円、年会費4,900円(税込)で動画が見放題の大人気サービスです。 月額990円のNetflixや1,026円のHuluと比べても安いので、利用してるという方も多いのではないでしょうか。 ただ、動画を見...

ZoomやSkypeなどのテレビ会議・テレワークの通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
ZOOM 約0.3GB/1時間 約3.3時間 約16時間
Skype 約0.3GB/1時間 約3.3時間 約16時間

ZOOMなどのテレビ会議はデータ消費量が比較的大きい為、スマホのテザリングを使ってテレワークをする場合には注意が必要です。

思った以上にデータ容量が激しく頻繁に利用するなら5GBでは全然足りません。

テレワークで大注目のZoom(ズーム)とは?使い方や料金、通信量、セキュリティに関するまとめ
Zoom(ズーム)とは、テレワーク(在宅勤務)の拡大で急速に利用者が増加している、ビデオ・WEB会議提供サービスです。 SkypeやChatworkは知っているけれど、Zoomはよく知らない…なんて人でも、明日から急にテレワークが始まって仕...

スポンサーリンク

漫画アプリ、電子書籍の通信量

  通信量 1GBあたり 5GBあたり
漫画アプリ 5〜10MB/1話 100〜200話 500〜1,000話
Kindle
(小説)
5〜20MB/1冊 50〜200冊 250〜1,000話
Kindle
(漫画)
50〜150MB/1冊 7〜20冊 35〜100冊
Kindle
(雑誌)
50〜300MB/1冊 3〜20冊 15〜100冊

本は白黒なのかフルカラーなのかによってデータ消費量は大きく異なりますが、基本的に大きな消費量が必要です。

漫画は読みやすくついどんどん読んでしまう為、知らないうちに大容量使ってしまうことも。時間あたりのデータ消費量は1番と言ってもいいかもしれません。

アプリダウンロード・バックグラウンド更新の通信量

アプリのダウンロードやバックグラウンド更新はアプリの種類によって異なる為、一概には言えませんがかなり大きな容量を消費する可能性があります。

特にバックグラウンド更新は注意が必要。設定で自動にしていると、知らないうちに大きな容量が消費されてしまうことになる為、5GBプランの場合にはバックグラウンド更新をOFFにしておくことを推奨します。

ギガが減る理由は?消費が異常に早い時はアプリやアップデートの設定を要確認!
「動画を見すぎてギガが減る」「WiFiが使えないからギガが減る」という感じで、最近よく聞くようになった「ギガが減る」という言葉。 「ギガが減る」は「通信量の残量」が減るという意味で、最近若者を中心に使われることが増えてきた表現です。 通信量...

スポンサーリンク

まとめ

LINEのトークや音声通話、Webページ閲覧といったことをメインとして使うのであれば5GBプランでも十分容量は足りるでしょう。

しかし、動画視聴やSNSも使うというのであれば注意が必要。足りない場合はプラン変更や格安SIMの変更も検討してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました