格安SIM

月1GB以内のおすすめ格安SIM、音声通話用として考える場合のおすすめも紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

音声通話用スマホとして持ちたい、データ通信はモバイルWiFiを使うといった理由から月1GB以内で安く使える格安SIMを探している人は少なくないでしょう。

そこで本記事では、1GB前後で安く使い勝手が良いおすすめの格安SIMを紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

月1GB以内のおすすめ格安SIM一覧

  IIJmio mineo nuro
モバイル
povo2.0 参考
ドコモ
料金 2GB:850円
5GB:990円
1GB:1,298円
マイそくライト:660円
1GB:1,870円
(かけ放題込)
1GB:390円
(7日間
0.5GB:550円
通話定額
(かけ放題)
5分以内:500円
10分以内:700円
かけ放題:1,400円
10分以内:550円
かけ放題:1,210円
プランに
含まれる 
10分以内:550円
かけ放題:1,210円
5分以内:880円
かけ放題:1,980円
データ
繰り越し
×

格安SIM(月1GB以内)の選び方

まずは月1GB以内で使う場合に注意すべき点や選び方を確認していきましょう。

キャリアの場合は1GB使うと安くても2,000円以上なのでNG

  ドコモ au ソフトバンク
基本料金
(1GB)
4,565円 3,465円 3,278円
割引後(※1)料金
(1GB)
2,178円 2,178円 2,178円

※1:家族割(3回線以上)、光回線セット割等の割引を全て適用した場合

キャリアの場合だと、1GB以内でも3,000円以上、家族割などフルで割引を適用できたとしても2,000円以上かかります。

一方で格安SIMであれば3GBが1,000円以下、1GB以内であれば数百円で利用できます。さらに通話定額オプションも格安SIMの方が安いです。

キャリアは回線品質(通信速度や通信安定性)が優れているというメリットがありますが、月1GB以内であればほぼ関係なし。単に高くなってしまうだけのキャリアは避けるべきでしょう。

なおドコモでは音声通話メイン用に0.5GBプランが550円でできるプランができました。ただこのプランも基本的には結局割高になってしまうのでおすすめしてません(詳細は下記記事)

ドコモの「irumo」0.5GBプランは通話専用プランとしてどう?格安SIMと比較してメリット・デメリットを確認
ドコモのではあらたに音声通話をメインとしたデータ容量0.5GBプランが設定されました。 本記事ではこのプランについて、本当に音声通話用に持つメリットはあるのか、他社と比較して料金はどうなのかについて詳しく解説していきます。 関連記事 格安S...

基本料金だけでなく、通話オプションの料金もチェック

通話定額オプションを利用する場合、プランの基本料金だけでなく通話定額オプションの料金も合わせてチェックしましょう。

格安SIMによって、意外とこのオプションの料金が異なります。

スポンサーリンク

月2GB・3GBのプランや、低速データ使い放題プランにも視野を広げる

月1GBのプランを探している場合でも、月2GBや3GBがある他社のプランも一応チェックしておくと良いです。

例えば格安SIMの1GBプランを例に挙げるとmineoが1,298円です。一方、IIJmioは最低プランが2GBとなっていますが、料金は月850円です。

mineoと比較すると容量が多いにもかかわらず安いです。

これならば、IIJmioの2GBを使った方が良いですね。

またmineoのマイそくプラン、ライトコースを使うというのもおすすめ。

通信速度が最大300kbpsに制限される代わりにデータが使い放題となるコースで、月660円で利用できます。

この速度だと動画視聴等はできませんが、LINEのトークや通話はできますし、Twitter程度なら遅いながらなんとか利用できます。

元々1GB以内だと動画視聴はしないでしょうから、必要十分な速度で1GBプランを選ぶよりも安くすみます。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

3GB〜5GBの小容量プランで選ぶべきスマホは?キャリア・格安SIMから選ぶべきものを紹介
スマホユーザー全体の4分の1はデータ容量が3〜5GBのプランで契約しているとされています。 そこで、本記事では小容量ユーザー向けにおすすめのスマホを紹介していきます。現在ドコモ等のキャリアを使っている人は格段に料金が安くなる可能性があるので...
mineoのマイそくって何?プランの特徴や料金、パケット放題Plusとの違い、メリット・デメリットを解説
他の格安SIMにはないサービスを数多く提供しているmineoですが、その中でも比較的人気度の高いサービスが「マイそく」。 安い料金でデータ使い放題となることでSNS上での評判も良く、人によってはかなり使い勝手が良いサービスです。 本記事では...

月1GB以内のおすすめ格安SIM詳細

ではここからは具体的におすすめの格安SIMを紹介していきます。

  IIJmio mineo nuro
モバイル
povo2.0
料金 2GB:850円
5GB:990円
1GB:1,298円
マイそくライト:660円
1GB:1,870円
(かけ放題込)
1GB:390円
(7日間)
通話定額
(かけ放題)
5分以内:500円
10分以内:700円
かけ放題:1,400円
10分以内:550円
かけ放題:1,210円
プランに
含まれる 
5分以内:550円
かけ放題:1,210円
データ
繰り越し
×

IIJmio

IIJmio
料金 2GB:850円
5GB:990円
通話定額
(かけ放題)
5分以内:500円
10分以内:700円
かけ放題:1,400円
データ繰り越し
公式 IIJmio

IIJmioは最低容量のプランが2GBとなっており、1GB以内のプランを望むユーザーには選べるものがないと思ってしまうかもしれません。

しかしIIJmioは2GBプランが850円。他社で1GB使うよりも安く使うことができます。

また通話定額オプションも安い為、「2GBの+5分以内かけ放題」の組み合わせが1,350円で利用できるというのも大きなメリットです。

IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細、評判・口コミをチェック!

mineo

mineo
料金 1GB:1,298円
マイそくライト:660円
通話定額
(かけ放題)
10分以内:550円
かけ放題:1,210円
データ繰り越し ◯(マイそくは除く)
公式 mineo

mineoは1GBプランが1,298円と他社と比較して高い為、このプランの利用はおすすめできません。

mineoでおすすめしたいのはマイそくプランのライトコース。

このプラン・コースは通信速度が最大300kbpsに制限される代わりに、データ通信が使い放題となる代わりというもの。
LINEのトークや音声通話などをメインの用途で考えてるなら十分です。

元々1GB以内ということで通信速度が求められる使い方をしないでしょうから、月660円ということも考えれば最適な人が多いでしょう。

またmineoは通話定額オプションが特別安いというのも大きなメリット。「マイそくライト+10分以内かけ放題」を組み合わせても1,210円で使うことができます。

ただし、マイそくは月から金の昼12時台が32kbpsに制限される点、3日で10GBを超えると翌日制限される点には注意が必要です。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

nuroモバイル

nuroモバイルトップ用

nuroモバイル
料金 1GB:1,870円
(かけ放題込)
通話定額
(かけ放題)
プランに
含まれる 
データ繰り越し
公式 nuroモバイル

nuroモバイルは通常プランだと3GBからしか選ぶことができませんが、音声通話を主とするユーザー向けに「データ通信1GB+かけ放題」が1,870円で利用できるプランがあります。

mineoの「マイそくライト+かけ放題」が1,870円でまったく同じ料金ですから、低速使い放題と高速で1GBのどちらが良いかで選ぶと良いでしょう。

ただし5分以内・10分以内といった一定時間以内の通話定額にすることはできない為、それで十分な場合はこれまで紹介したものから選ぶのがおすすめです。

nuroモバイルの公式サイト

nuroモバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

povo2.0

povo2.0
料金 1GB:390円
(有効期限:7日間)
通話定額
(かけ放題)
5分以内:550円
かけ放題:1,210円
データ繰り越し
公式 povo2.0

povo2.0は、基本料金が0円で自分が使いたい容量や通話定額オプションをトッピングすることができるタイプの格安SIM。

そして1GBが390円で追加することができます。

1GBトッピングの有効期限は7日間となっている為、1ヶ月間でちょくちょく使いたいという場合にはおすすめできませんが、必要な時が限定されているのであれば有効的に使えるかもしれません。

povo2.0の公式サイト

povo2.0の詳細、評判・口コミをチェック!

目的別のおすすめ格安SIM

ではここからは目的別におすすめの格安SIMを紹介していきます。

音声通話をメインとして考える場合

音声通話をメインとして考えているのであればおすすめはmineoの「マイそくライト+通話定額オプション」の組み合わせ。

以下の通り、かなり安く使うことができます。

  • マイそくライト+10分以内かけ放題・・・1,210円
  • マイそくライト+かけ放題・・・1,870円

ただし、マイそくライトはデータ通信が使い放題である反面、最大通信速度が300kbps以内(LINEの音声通話程度であれば問題なくできるレベル、動画視聴は不可)であること、月〜金の12時台はさらに速度が制限されてしまうことに注意しなければなりません。

もしそれがNGというのであれば、以下の組み合わせがおすすめとなります。

  • IIJmio(2GB+5分以内かけ放題)・・・1,350円
  • IIJmio(2GB+10分以内かけ放題)・・・1,550円
  • nuroモバイル(1GB+かけ放題)・・・1,870円

音声通話もそれほど使わない場合

もし音声通話をそれほど使わず、通話定額オプションを利用しないというのであれば容量別におすすめは以下の通りとなります。

  • 0.5GB・・ドコモ(550円)
  • 1〜2GB・・・IIJmio(850円)
  • 低速データ通信使い放題・・・mineo(660円)

まとめ

キャリアだと1GB以内という超小容量でも3,000円以上かかります。

しかし格安SIMであれば数百円。3分の1以下です。

各社選べる容量が異なっていたり、通話定額オプションの料金が異なったり、mineoのようにデータ通信が使い放題になる代わりに低速状態となるものがあったりと様々。

自分の使いたい容量、用途にあわせて使いやすいものを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました