格安SIM

楽天モバイルとイオンモバイルはどっちがおすすめ?容量別料金や通話料、キャンペーンなどを徹底比較

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

格安SIMの中でも特にコスパの良い楽天モバイルとイオンモバイル。

本記事では、この2つについて比較し、どちらがおすすめなのかを解説していきます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルとイオンモバイル、どっちがおすすめ?

楽天モバイルとイオンモバイルにはそれぞれの良さがあり、人によっておすすめできるものが異なります。

ここでは、重視する項目別におすすめを解説していきます。

安さで選ぶ場合は使う容量で判断

楽天モバイルとイオンモバイルは格安SIMの中でもトップクラスの安さですが、この2つを比較した場合は容量ごとで安く使うことができるものが異なります。

なお下記の容量は月額料金だけでなく、通話料(楽天モバイルは無料)、キャンペーン・特典を考慮した上で決定しています。

  • 〜3GB:楽天モバイル
  • 4〜10GB:イオンモバイル
  • 11GB〜無制限:楽天モバイル

4〜10GB以内ならイオンモバイル、3GB以内もしくは11GB以上使うなら楽天モバイルとなります。

楽天市場をよく使うなら楽天モバイル

楽天モバイルを契約すると、楽天市場での楽天ポイント還元率が4倍になります。

たとえば2万円買い物すれば、契約していない場合に比べて800円分のポイントが貰えるということです。

その為、楽天市場を利用する人にとってはさらに安くなるのが楽天モバイル。購入額次第では実質0円やむしろプラスになることもあるので、楽天市場をよく利用するなら楽天モバイルを選びましょう。

楽天モバイルの公式サイト

通信速度・エリアの広さに違いあり

  楽天モバイル イオンモバイル
通信速度
エリアの広さ

通信速度は環境・場所によってかなり違いがでるものの、新キャリアとして自社回線で通信サービスを提供している楽天モバイルの方が優れている傾向にあります(イオンモバイルは回線を借りてサービスを提供)。

一方でエリアは3大キャリアと同一エリアが利用できるのでイオンモバイル方が優れています。

ただ楽天モバイルは電波改善の為に基地局増設を進めていて繋がりやすさがかなり改善されたとともに、屋内や地下などで繋がりやすい周波数帯(プラチナバンド)が割り当てられた為、今後も見据えて回線品質全体で選ぶのであれば個人的には楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルとイオンモバイルを徹底比較

  楽天モバイル イオンモバイル
基本料金 【段階料金制】
〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1.518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
通話料 標準アプリ:22円/30秒
専用アプリ:0円
11円/30秒
通話定額オプション 15分以内:1,100円
※標準アプリ利用時
5分以内:550円
10分以内:935円
時間制限なし:1,650円
通信速度
エリア
キャンペーン
特典
楽天ポイント還元 WAONポイント還元
(MNPかつ端末購入時)

月額料金

  楽天モバイル
(使った容量に応じて変動)
イオンモバイル
0.5GB 1,078円 803円
1GB 858円
2GB 968円
3GB 1,078円
4GB 2,178円 1,188円
5GB 1,298円
6GB 1,408円
7GB 1,518円
8GB 1,628円
9GB 1,738円
10GB 1,848円
20GB 1,958円
30GB 3,278円 3,058円
40GB 3,980円
50GB 4,158円
40GB〜
無制限

大容量は楽天モバイルが安い

楽天モバイルは段階料金制となっており、使ったデータ容量に応じて毎月の料金が変動します。

料金は他社格安SIMと比較しても安いですが、特に大容量使う場合のコスパが非常に良いです。

ただイオンモバイルのように容量ごとで細かく料金が分かれていない為、たとえば5GBしか使わなくても20GB使った時と同じ料金がかかります。

中途半端な容量しか使わない人にとっては損してしまいます。

楽天モバイルの公式サイト

細かく好きな容量を選ぶことができるイオンモバイル

イオンモバイルはかなり細かく容量が分かれている為、自分にあった容量を選びやすいというのが大きなメリット。

加えて月額料金も、30GB以内であれば楽天モバイルよりも安く使うことができます。

イオンモバイルの公式サイトはこちら

コスパは通話料、特典も含めて検討が必要

月額料金だけで見ると、30GB以内ならイオンモバイル、30GBを超えるなら楽天モバイルの方が安く使うことができます。

ただコスパを考えるなら月額料金のみならず、通話料や特典も考慮する必要があります。

通話料や特典の比較は下記で行っていますが、それらは楽天モバイルの方が優れている為、その点を考慮すると容量ごとで以下のように選ぶのがおすすめです。

  • 〜3GB:楽天モバイル
  • 4〜10GB:イオンモバイル
  • 11GB〜無制限:楽天モバイル

通話料、通話定額オプション

  楽天モバイル  イオンモバイル
通話料 標準アプリ:22円/30秒
専用アプリ:0円
11円/30秒
通話定額オプション 15分以内:1,100円
※標準アプリ利用時
5分以内:550円
10分以内:935円
時間制限なし:1,650円

楽天は国内通話が無料

楽天モバイルはRakuten Linkという専用アプリから電話を発信することで、国内通話が無料となる大きなメリットがあります。

専用アプリからの通話といっても、相手側がそのアプリを使っている必要はなく、楽天モバイル以外の携帯でもOK。標準アプリ利用時と基本的に違いはありません。

一点デメリットとして挙げられるのが、通話品質です。Rakuten Link利用時の通話はデータ通信を利用する為、通常の音声通話と比較すると品質が落ちます。

ただ落ちると言っても、電波が悪い時や回線が混雑している時に多少途切れたりする程度に普通に使う分には問題ありません。

楽天モバイルの公式サイト

通話定額オプション

楽天モバイルは通話定額オプションを利用することで、Rakuten Linkではなく標準アプリを利用して電話をかける場合でも15分以内であれば通話料がかからなくなります。

一方でイオンモバイルは楽天モバイルのように専用アプリで国内通話が無料となる特典がないもの、5分以内、10分以内、かけ放題という3つの通話定額オプションが用意されています。

通信速度

イオンに限らずキャリアの回線を借りて通信サービスを提供している格安SIMは、回線枠が限られている関係から通信速度が遅い傾向にあります。

特に回線が混雑する平日昼休みの時間帯や夕方は顕著です。

それに対して楽天モバイルは新キャリアとして自社回線で通信サービスを提供。3大キャリアほどではありませんが、格安SIMの中では速度が優れています。

通信速度は使っている環境、エリアなどによって大きく変動するので一概には言えませんが、通信速度で選ぶなら楽天モバイルということです。

スポンサーリンク

エリア・繋がりやすさ

エリアの広さ・繋がりやすさに関してはイオンモバイルが優勢。イオンモバイルはエリアは3大キャリアの回線と同じなので、地下などでも繋がりやすいです。

それに対して楽天モバイルは数値上(人口カバー率99.9%)は高いものの、基地局の多さ、そして使っている周波数帯の関係から、他のキャリアなら繋がる場所で楽天モバイルは繋がらないということがあります。

よって繋がりやすさで選ぶならイオンモバイルです。

ただ楽天モバイルは電波改善の為に基地局増設を進めていて繋がりやすさがかなり改善されたとともに、屋内や地下などで繋がりやすい周波数帯(プラチナバンド)が割り当てられた為、今後もさらに改善されていく見込みです。

特典、キャンペーン

楽天モバイル、イオンモバイルのキャンペーンを見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルを利用することでは、契約することで様々な特典・キャンペーンを受けることができ、楽天ポイントを貰うことができます。

  • 端末購入で最大12,000ポイント
  • 他社乗り換えで6,000ポイント
  • 新規申し込みで2,000ポイント
  • 楽天市場のポイント還元率が+4倍
  • Youtube Premium3ヶ月無料
  • 15分通話かけ放題1ヶ月無料

個人的に特に大きいのが楽天市場のポイント還元率がアップする点。

1万円分買い物すれば400円分のポイントを多く貰える為、楽天モバイル自体が実質678円〜使えることになります。
2万6,000円分買い物すれば実質無料(3GB以内の場合)となります。

契約時に貰えるポイント分も考えると、イオンモバイルの方が数百円安い程度ならば楽天モバイルの方が実質的には安く使うことができます。

楽天モバイルの公式サイト

イオンモバイル

イオンモバイルで行われているキャンペーンは以下の通りです。

  • MNP+指定端末購入で10,000waonポイント
  • MNP+イオンカード支払いで2,000ポイント

イオンモバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルのメリット・デメリット

ではここからは楽天モバイルのメリット、デメリットを解説します。

楽天モバイルのメリット

まずはメリットから。

コスパが良い

月額料金の安さに加え、通話料無料、楽天ポイント還元など非常にコスパが良いのが楽天モバイル

無制限に使っても3,278円、通話料は無料というのは他の格安SIMと比較しても抜群の安さです。

さらに楽天市場でのポイント還元率アップによって買物額次第では楽天モバイル自体の料金が実質0円になる人もいます。

データ容量が無制限

格安SIMは20GBがデータ容量の最大となっているか、50GBなど大容量が使える場合は料金がかなり高くなってしまうところがほとんど。

無制限で使えるのは自社回線で提供しているキャリアのみです。

新キャリアである楽天モバイルもデータ無制限で使うことができ、それでいて安く使えるというのは、多いな魅力だと言えるでしょう。

大容量使うなら楽天モバイル一択です。

格安SIMの中では通信速度が速い

3大キャリアやサブブランドには及ばないものの、格安SIMという枠組みで見ると通信速度が速いです。

また格安SIMにありがちな回線が混雑する時間帯(平日12時台など)での極端な速度低下も少ないです。

スポンサーリンク

楽天モバイルのデメリット

続いて楽天モバイルのデメリットです。

地下などで繋がりにくい

楽天モバイルはサービス開始当初に比べて基地局が大幅に増え、さらにパートナー回線の利用上限が廃止されたことでエリアはかなり拡大、人口カバー率も99.9%を超えてエリア面でも心配なく使えるようになっています。

ただまだ地下などは他に比べる多少繋がりというのが正直な感想。

楽天モバイルでも屋内や地下などで繋がりやすい周波数帯(プラチナバンド)が割り当てられた為、今後さらに改善されていくことに期待です。

3GB超〜10GB以内しか使わないユーザーはもったいない

楽天モバイルでは3GBを超えると20GBまでが一律2,178円。

細かい容量を選べるイオンモバイルと比較して、中途半端な容量なのに楽天モバイルを選んでしまうと無駄に高くなってしまいます。

楽天モバイルの公式サイト

イオンのメリット・デメリット

続いてイオンモバイルのメリット、デメリットを解説します。

イオンモバイルのメリット

まずはイオンモバイルのメリットです。

月額料金が安い上、細かい容量を選ぶことができ

イオンモバイルは他社としても月額料金が非常に安いです。

さらに容量は0.5GBを最小とし、1GBから10GBは1GB刻み、10GBから50GBは10GB刻みで自分にあったものを選ぶことができます。

選べる容量が15種類もあるのは、イオンモバイルだからこそです。

どこでも繋がりやすい

イオンモバイルはドコモ、au回線のSIMから選ぶことが可能です。

イオンモバイルのようなMVNO(大手キャリアから回線を借りて通信サービスを提供)の格安SIMは、回線枠の都合から速度が遅いというデメリットがあるのの、使えるエリア、繋がりやすさは大元のキャリアと変わりありません。

いずれのキャリアのSIMを選ぶにしろ、エリアは広く、楽天モバイルが弱い地下や建物の中でも圏外になることはほぼありません。

イオンモバイルのデメリット

続いてデメリットです。

通信速度が遅い(特に回線が混雑する時間帯)

MVNOの中で特別遅いというわけではありませんがキャリアに比べると通信速度はどうしても遅いです。

特に利用者が増える時間帯(12時から13時、18時から19時であることが多いが他の時間帯でもある)は極端に遅くなってしまうこともあり、その点は快適性という観点でかなり大きなデメリットでしょう。

大容量使うなら楽天モバイルの方が安い

楽天モバイルなら20GBを超えた後はいくら使っても一律3,278円。しかも通話料は無料です。

一方でイオンモバイルは30GBは3,058円で通話料は発生、40GBプランは3,980円と月額料金自体が楽天モバイルよりも高いです。

大容量使うなら楽天モバイルの方がおすすめでしょう。

イオンモバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルとイオンモバイルの併用ってどう?

iPhoneを含めデュアルSIMに対応したスマホが増えたことで、2つのSIMを併用することが楽になりました。

そして楽天モバイルとイオンモバイルの併用で使うことを考えている人もいるでしょう。

この組み合わせで併用する点について、目的別に評価した結果は以下の通りです。

目的 楽天モバイル イオンモバイル 評価
楽天が圏外の時の
サブとして
メイン サブ
プライベート用と
仕事用の使い分け
プライベート用 仕事用

イオンモバイルは小容量帯が安く細かくい容量を選択できます。逆に楽天モバイルは大容量帯が安いかつ通話料が無料です。

この2つを組み合わせて使うなら、楽天モバイルをメインとして通話やデータ通信用として利用しながら、楽天モバイルが繋がりにくい時にイオンモバイルに切り替えて使うのがおすすめです。

この使い方なら楽天モバイルが3,278円(無制限)、イオンモバイルが858円(2GB)であわせて4,136円で運用できます。

もしイオンモバイルの容量が多ければ翌月から少なくし、逆に容量が少なければ翌月から多くするなど柔軟に変えることができるのもこの2つを組み合わせるメリットだと言えるでしょう。

まとめ

楽天モバイルとイオンモバイル。どちらもそれぞれに長所があり、人気のある格安SIMです。

自分の用途・目的に合わせて、自分にあったものを選びうようにしましょう。

【2024最新比較】人気格安SIMのおすすめまとめ、料金・通信速度・サービスから自分にあったものを選ぼう
毎月の固定費を下げる為におすすめなのが格安SIMの利用。人によっては変わらないデータ通信量で5千円以上安くすることができます。 ただ、一言で格安SIMのといっても様々なサービスがありますし、通信速度の面で不安だという人も多いでしょう。 そこ...
格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました