格安SIM

povoからの乗り換え(MNP)でおすすめの格安SIM

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

本記事では、povoからの乗り換えにおすすめの格安SIM、選ぶ際の注意点を解説します。

料金、キャンペーン、通信速度から自分にあったものを選んでみてください。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

povoからの乗り換え(MNP)でおすすめの格安SIM

LINEMOからの乗り換えにおすすめの格安SIMは以下の5つ。

  おすすめ理由
楽天モバイル ・大容量(無制限)使えて料金も安い
・国内通話無料
・特典・キャンペーンが◎
LINEMO ・ソフトバンクのオンラインブランドで高速
・MNP特典◎
ahamo ・ドコモと同じ回線で高速・安定
・大容量(100GB)プランもあり
IIJmio ・5GBで990円、20GBで2,000円という安さ
・MNPなら端末購入割引あり
mineo ・最大1.5Mbpsの通信が使い放題
・通話定額が安い
Y!mobile ・ソフトバンクのサブブランドで高速
・MNP特典◎、端末購入割引もあり
・光回線セット割・親子割で月額料金割引

それぞれ詳しく解説していきます。

楽天モバイル

  楽天モバイル povo
料金 〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 国内通話無料 5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典 MNPで13,000ポイント
端末購入でポイント還元
楽天市場のポイント倍率UP
こんな人におすすめ

  • スマホ代を下げたい
  • 大容量を安く使いたい
  • 他の楽天サービスをよく利用する

povoからの乗り換えで最もおすすめしたいのが楽天モバイル。

月額料金は20GBの料金がpovoよりも安く、無制限に使っても3,278円。

また3GBまでの料金を見るとpovoよりわずかに高いものの、楽天モバイルは国内通話が無料となったり、楽天市場でのポイント還元率が+4倍10,000円買い物すると400ポイント多くもらえる)となる特典がある為、実質的には安くなります。

またMNPでの乗り換えだと、キャンペーンにより楽天ポイントが13,000ポイント貰えるのも大きなメリットです。

また楽天モバイルはサービス開始当初はエリアが狭く繋がりにくいといった問題点がありましたが、現在は回線品質が大幅改善。パートナー回線利用時のデータ容量上限も5GBから無制限となり、使い勝手はかなり向上したのでおすすめです。

楽天モバイルの公式サイト

LINEMO

  LINEMO povo
料金 3GB:990円
20GB:2,728円
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典 MNPで最大10,000ポイント
5分以内通話定額7ヶ月無料
LINEのデータ消費ゼロ
こんな人におすすめ

  • 通信速度重視
  • LINEをよく使う人

ソフトバンクのオンライン専用ブランドであるLINEMOは、通信速度が格安SIMの中で速く、安定しているのが大きな魅力。

povoとは料金がほぼ同じであるものの、MNP特典でお得になりますし、povoだと制限時の速度が128kbpsであるのに対し、LINEMOは最大1Mbps(3GBプランは300kbps)なので、遅いながらも標準画質の動画視聴なども可能といったメリットがあります。

またLINEMOはLINEでののトーク・音声通話・ビデオ通話などのデータ消費がゼロなので、よくLINEを使う人におすすめです。

LINEMOの公式サイト

ahamo

  ahamo povo
料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 5分以内無料:0円
かけ放題:1,100円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典
こんな人におすすめ

  • 通信速度重視
  • 通話定額を使いたい
  • 20GBでは足りない

ドコモのオンライン専用プランであるahamoは、基本プランに通話定額(5分以内の通話無料)が含まれている為、povoで通話定額オプションをつけるよりも安く使うことができます。

また回線はメインブランドのドコモ(eximo)と同じである為、通信速度が速いというメリットがある為、通信速度を重視する人におすすめです。

またahamoはデータ容量を100GBに増やせるオプションがあるのも大きなポイント。

povoだと60GBのトッピングで6,490円かかりますから、大容量使うならahamoの方が圧倒的に安く使うことができます。

ahamoの公式サイト

IIJmio

  IIJmio povo
料金 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 5分以内無料:500円
10分以内無料:700円
かけ放題:1,400円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典 MNPで端末大幅割引
通話定額6ヶ月間410円割引
こんな人におすすめ

  • スマホ代をとにかく安くしたい人
  • 小容量ユーザー

IIJmioはドコモ・auのMVNO(回線を借りて通信サービスを提供)格安SIM。

MVNOは通信速度がキャリアに比べて通信速度が遅いというデメリットがありますが、代わりに月額料金が安い(特にIIJmioは安い)というメリットがあります。

上記表を見てわかる通り、povoよりも安く使えますから、スマホ代重視の人に特におすすめです。

IIJmioの公式サイト

mineo

  mineo povo
料金 1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
(1.5Mbpsの通信が無制限
となるオプションあり)
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典 どのコースでも
最大6ヶ月間990円
こんな人におすすめ

  • 多少遅くてもいいから大容量使いたい
  • 小容量ユーザー

ドコモ・au・ソフトバンクのMVNO(回線を借りて通信サービスを提供)格安SIMであるmineoにはパケット放題Plusという、データ消費がない低速モード時でも最大1.5Mbpsで利用できるオプションがあります(5GB以内のプランは月額385円、10GB以上のプランは月額無料)。

1.5Mbpsあれば、SNS、音楽ストリーミングは問題なく使えますし、Youtube等の動画も標準画質であれば視聴することができる速度。

高速通信と低速通信をいうまく使い分ければ、かなりやすく大容量を使うことができます。

mineoの公式サイト

Y!mobile

  Y!mobile povo
料金 【基本料金】
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
【割引適用時(※1)】
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
【トッピング方式】
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
通話 10分以内無料:880円
かけ放題:1,980円
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
特典 MNPで10,000ポイント
親子割で12ヶ月間お得
データ増量オプション6ヶ月無料

※1:ソフトバンク光セット割または家族割、PayPayカード割適用時

こんな人におすすめ

  • 光回線を利用中・利用予定の人
  • 親子で使う人

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、ソフトバンク光とのセット利用でpovoよりも安く使うことが可能。

サブブランドなので通信速度も速く、余ったデータ容量の繰越が可能である、親子割があるなどの特典がある為、光回線を使うならY!mobileが圧倒的におすすめです。

現在ソフトバンク光以外の光回線を使っていない人はソフトバンク光に乗り換える必要がありますが、ソフトバンク光への乗り換えは高額キャッシュバックや工事費無料、解約違約金補助といった特典も受けられるので、あわせて乗り換えると2重にお得です。

Y!mobileの公式サイト

povoから乗り換え(MNP)する際に注意すべき点

ここからは、povoから乗り換え(MNP)する際の注意点を紹介します。

au、UQモバイルへの乗り換えだとMNP特典が使えない

povoと同じ系列のau、UQモバイルへの乗り換えはMNPの特典が使えない点に注意が必要。

たとえばauは他社から乗り換えると10,000円分のauPayキャッシュバックがありますが、povoからの乗り換えは対象外です。

その為、MNPによる特典を活かすなら同じ系列以外の通信会社へ乗り換えた方がお得です。

残ったデータ容量は乗り換えと同時に無くなる

povoは一旦トッピングしたデータ容量が余っていたとしても、乗り換えてしまうとなくなります。

その為、povoからの乗り換えはデータ容量がなくなってからが基本。

MNPの場合は回線切替の手続きを行った日からとなる為、ある程度の日程調整は可能です。SIMが到着したからといってすぐ回線切替手続きをするのではなく、期限を考慮しデータ容量がなくなってから手続きを行うようにしましょう。

なお楽天モバイル以外は契約月の料金が日割りとなる為、月初・月末などを気にする必要はありません。

スポンサーリンク

一部の格安SIMでは乗り換え・契約事務手数料が発生

povo転出による手数料はかかりませんが、乗り換え先の格安SIMによっては契約時に手数料が契約事務手数料がかかります。

  契約事務手数料
楽天モバイル 無料
LINEMO 無料
ahamo 無料
IIJmio 3,300円
mineo 3,300円
Y!mobile オンラインで契約:無料
店頭で契約:3,850円

一部の格安SIMではMNP予約番号の取得が必要

MNPワンストップに対応している会社へ乗り換える場合、povoで事前にMNP予約番号を取得する必要がありません(乗り換え先で契約にすすむだけでOK)。

しかし対応していないところへ乗り換える場合、povoで事前にMNP予約番号を取得しておく必要があります。

MNP予約番号の有効期限は15日間となっていますが、格安SIMの場合は予約番号の有効期限まで5〜10日あることが条件となっているところもあるので、取得後は早めに申し込むようにしましょう。

  MNP予約番号取得
楽天モバイル 不要
LINEMO 不要
ahamo 不要
IIJmio 必要
mineo 不要
Y!mobile 不要

povoから乗り換え(MNP)する場合の流れ

povoから他社へ乗り換える場合の流れを簡単に解説すると以下の通りです。

  1. MNP番号の取得(必要な場合)
  2. 乗り換え先で契約
  3. SIM・端末の到着(数日から1週間)、esimの場合は即日
  4. 設定(APN設定など)
  5. 回線切替・開通手続き
  6. 各社で必要なアプリのダウンロード

以下の記事で、povoから楽天モバイルへの乗り換え方法について詳しく書いているので確認してみてください。

povo2.0から楽天モバイルへのMNP乗り換え方法、後悔しない為のメリット・デメリット
サービス開始当初に比べ、回線品質(エリアや速度)が向上し、さらにパートナー回線の容量上限廃止になりかなり使い勝手が良くなった楽天モバイル。 20GBで2,178円、無制限で3,278円とpovo2.0よりも安くなる為、乗り換えを検討している...

povoから他社格安SIMに乗り換えるメリット

ここでは、povoから他社格安SIMに乗り換えるメリットについて解説します。

スマホ代が安くなる

povoの料金は3GBで990円、20GBで2,700円。

高いわけではないですし、好きなタイミングでトッピングできるというメリットはあるものの、以下の通りもっと安く使える格安SIMがあります。

  〜5GB 〜20GB 〜無制限
povo 3GB:990円 20GB:2,700円 60GB:6,490円
150GB:12,980円
楽天モバイル 3GB:1,078円 20GB:2,178円 無制限:3,278円
LINEMO 3GB:990円 20GB:2,728円
ahamo 20GB:2,970円 100GB:4,950円
IIJmio 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
Y!mobile
(セット割適用後)
4GB:1,078円 20GB:2,178円 30GB:3,278円

スポンサーリンク

20GB以上使うことが可能

povoでは大容量のトッピングをすることで月に20GB以上使うことも可能ですが、60GBで6,490円とかなり割高。実質的には月20GBまでとなっています。

一方、他社であれば20GBを超える大容量を安く使うことが可能です。

20GBでは足りずにトッピングして料金が高くなってしまっているなら、乗り換えすべきでしょう。

データ繰越ができるようになる

povoはトッピングしたデータ容量に有効期限があり、3GBや20GBだと30日間しか使えませn。

しかし他の格安SIMであれば、翌月への繰越ができるようになる為、毎月料金を変えずに多少の柔軟性を持って容量を使うことができます。

  データ繰越可否
楽天モバイル 段階料金制なのでなし
LINEMO 不可
ahamo 不可
IIJmio
mineo
Y!mobile

電話転送・留守番電話・キャッチホンが使える

povoでは留守番電話・キャッチホン・転送電話の利用ができません(有料オプションもなし)。

一方他社であれば、有料の場合が多いですが利用可能です。

  電話転送 留守番電話 キャッチホン
povo 利用不可
楽天モバイル 無料 無料 無料
LINEMO セットで月220円 利用不可 
ahamo 利用不可 
IIJmio  無料 月330円 月220円 
mineo  無料 月319円 月220円 
Y!mobile  無料 無料 月220円 
格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました