格安SIM

ドコモのirumoとahamoの違いをチェック、どちらを選ぶべき?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ドコモには無制限プランのeximo以外にirumoとahamoがあります。

本記事ではこの2つのプランについて、選び方や違いの解説をしていますので、参考にしてみてください。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

ドコモのirumoとahamoの選び方

ではまずさっそくirumoとahamoの選び方を解説していきましょう。

STEP1:ドコモ光もしくはドコモ home 5Gを使っているかどうか

まず重要となるのが、ドコモ光(光回線)やドコモ home 5Gを使っているかどうか。

もし使っていないなら、ahamoがおすすめとなります。

ahamoは上述した回線とのセット割は関係なく安い料金で使うことができますが、irumoの場合はセット割が適用できないとahamoに比べてかなり高い料金になってしまう為です。

ahamoの公式サイト

STEP2:使うデータ容量で選択

ドコモ光やドコモ home 5Gを使っている場合は月に使うデータ容量で選択します。

  • 3GB→irumo
  • 6GB→irumo
  • 9GB→STEP3へ
  • 9GB超→ahamo

6GB超、9GB以内の場合はSTEP3の通話頻度で選びましょう。

irumoの公式サイト

STEP3:通話頻度で選択

  • irumo(9GB)・・・2,090円
  • ahamo(20GB+5分以内通話定額)・・・2,970円

もし通話をよくするなら通話定額オプションに加入する必要がありますが、irumoの9GBプランに5分以内の通話定額オプションをつけると2,970円(基本料金2,090円+通話定額880円)かかります。

これならば、全く同じ料金で使うことができるahamoを選んだ方がお得でしょう。

一方、通話はそこまでしないというならirumo。ahamoは通話定額を外すことができない為、使わなくても2,970円かかるますからirumoの方が安く使えます。

ahamoの公式サイト

例外1:通話専用ならirumo

irumoには0.5GBの通話専用プラン(550円)がある為、もし通話専用としてスマホを持つならirumoがおすすめです。

5分以内の通話定額オプション(880円)をつけても1,430円で利用できます。

irumoの公式サイト

例外2:留守電・キャッチホンを使うならirumo

ahamoでは留守電やキャッチホンを使うことができません(有料オプション自体なし)。

一方でirumoは有料オプションとして留守電(月330円)やキャッチホン(月220円)が利用できます。

irumoの公式サイト

例外3:海外でも使いたいならahamo

ahamoは月20GBで以内の範囲であれば海外でも手続きなし、追加料金なしで使うことができます。

一方でirumoは海外での利用にオプション料金がかかり、かつ1日で980円と高いです。

海外で使うことも想定するならば、圧倒的にahamoがおすすめです。

ahamoの公式サイト

irumoとahamoの比較表

  irumo ahamo
月額料金  0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(5分以内通話定額込)
割引後料金
(以下を適用)
0.5GB:550円
3GB:880円
6GB:1,540円
9GB:2,090円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(5分以内通話定額込)
ドコモ光
セット割
△1,100円
(0.5GBプランはなし)
なし
家族割 なし
(0.5GBプランはなし)
なし
dカード
支払い
△187円
(0.5GBプランはなし)
なし
通話定額 5分以内:880円
かけ放題:1,980円
5分以内:0円
かけ放題:1,100円
家族間通話 有料 有料
通信速度 受信:4.9Gbps
送信:1.1Gbps
(0.5GBプランは送受信3Mbps)
受信:4.9Gbps
送信:1.1Gbps
繋がりやすさ
(混雑時に速度低下の可能性)
制限時
最大通信速度
300kbps
(0.5GBプランは128kbps)
1Mbps
データ繰越 不可 不可
留守電  月330円 利用不可
キャッチホン 月220円 利用不可
データチャージ 1GB:1,100円 1GB:550円
海外利用 有料オプション 無料
(申し込み不要)
月額料金
支払方法
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

irumoとahamoの違いを解説

前述した表について、irumoとahamoの違いをより詳しく解説していきます。

容量・月額料金:コスパはahmoが優れている

  irumo ahamo
月額料金  0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(5分以内通話定額込)

irumoは4つのプランがある為、20GB以上しか選ぶことができないahamoに比べて自分にあった容量を選ぶことができます。

ただコスパが良いのはahamo。ahamoは20GBに5分以内の通話定額が含まれて2,970円となっており、irumoの6GBと同程度の料金です。

ahamoの公式サイト

割引内容及び割引後料金:irumoは割引で安くなる

irumoはドコモ光(光回線)もしくはドコモ home 5G(ホームルーター)とのセット割で△1,100円/月、dカード支払割で△187円/月の割引を受けられます。

一方でahamoでは適用される割引がありません。

  irumo ahamo
割引後料金
(以下を適用)
0.5GB:550円
3GB:880円
6GB:1,540円
9GB:2,090円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
(5分以内通話定額込)

irumoは割引を適用することによって、他社格安SIMと比較しても遜色ない安い料金で利用できるようになります。

この場合であれば月10GB以内しか使わないユーザーにとって容量が無駄になるahamoよりもirumoの方が向いていると言えるでしょう。

ahamoの公式サイト

家族割・家族間通話:irumo、ahamoともになしだが回線カウントあり

家族割はirumo、ahamoともにありません。

ただ回線数としてはカウントされる為、eximoや旧プランのギガプラン(ギガホプレミア、ギガライト)を使っている家族は家族割が適用されます。

またirumo、ahamoともに家族間通話も有料ですが、eximoや旧プランのギガプラン(ギガホプレミア、ギガライト)ユーザーがirumoやahamoを使っている家族に通話する場合は無料です。

なお、ahamoはプラン自体に通話定額が含まれている為、家族に限らず誰にでも5分以内の通話であれば無料となります(5分を超えた場合は30秒で22円)。

回線品質:回線混雑時に差がある

  irumo ahamo
通信速度 受信:4.9Gbps
送信:1.1Gbps
(0.5GBプランは送受信3Mbps)
受信:4.9Gbps
送信:1.1Gbps
繋がりやすさ
(混雑時に速度低下の可能性)

通信速度はirumoもahamoも基本的には同じですが、回線混雑時に差がでます。

以下はirumo公式サイトに記されている注意事項です。

当社設備内でネットワークの混雑時に「eximo」「ahamo」等の他の料金プランよりも先に通信速度の制限(通信制御)を実施するため、通信速度が遅くなる場合(例えば動画視聴ではご利用の通信環境により画質が低下する場合)があります。
引用:https://irumo.docomo.ne.jp/plan/index.html

回線混雑時にはirumoがahamoよりも優先的に速度制限(通信制御)されます。

あくまで回線混雑時に限った話で通常時は十分速いですし、混雑する時間帯(平日昼など)に格安SIMのように極端に速度が低下するようなこともないのでそこまで気にする必要はありませんが、2つを比べたらahamoの方が優れていると言えます。

なお、irumoの0.5GBプランは最大通信速度が3Mbpsとかなり遅い速度に制限されます。

とは言え3MbpsあればLINE、SNS、標準画質の動画視聴となっており、0.5GBという小容量のプランであることを考えれば問題はないでしょう。

制限時速度:ahamoは制限後も1Mbpsで通信可能

  irumo ahamo
制限時
最大通信速度
300kbps
(0.5GBプランは128kbps)
1Mbps

irumoは容量を使い切った後の通信速度が300kbpsですが、ahamoは1Mbpsで通信可能。

1Mbpsは標準画質でYoutubeを視聴することも可能な速度で、Web閲覧やSNSのも遅さを感じるものの使うことができます。

通信速度1Mbpsってどれくらい使えるの?できること、できないことの目安を解説
スマホを使っている以上切り離せない「通信制限」。 契約している容量以上を使用すると低速になってしまうシステムですが、その通信制限時の速度にも種類があります。 多くのサービスでは通常の制限時の速度は128kbpsですが、たとえばドコモだとギガ...

データ繰越:どちらも不可

サブブランドや格安SIMの場合は余った容量を翌月に繰り越すことができますが、irumoとahamoはどちらもできません。

留守電、キャッチホン:ahamoは利用不可

留守電やキャッチホンはirumoでは有料オプションとして用意されており、必要な場合には使うことができます。

しかしahamoでは利用できません。有料のオプションとしてつけることもできないので、必要な場合はahamoを選ぶのを避けなければなりません。

海外利用:ahamoは無料で申込みも不要

  irumo ahamo
海外利用 有料オプション 無料
(申し込み不要)

ahamoは海外でも事前の手続き、申込み不要で20GBの範囲内でそのまま使うことが可能です。

一方でirumoは有料オプションの「世界そのままギガ」に申し込む必要があります。

なお世界そのままギガでは、下記料金がかかる上、プランのデータ量が消費されます

利用期間 料金
1時間 200円
24時間 980円
2日間 1,780円
3日間 2,480円

まとめ:最も重要なのはドコモ光を使っているかどうか

基本的にはirumoはドコモ光(もしくはドコモ home 5G)を使っている人向けのプラン。

使っていない人は△1,100円の割引を受けられない為、割引が関係ないahamoを使うことがおすすめとなります。

他にも細かい差はある為、本記事を参考に自分にあっている方を選んでみてください。

ahamoなら格安SIMでも高速・安定!!

ドコモのオンライン専用プランahamoが人気の理由

  • 「20GB+5分以内通話定額」がたった2,970円
  • 格安SIM並の安さなのに通信速度は速く、回線混雑時の速度低下なし
  • 大盛りオプション(+80GBで1,980円)で大容量通信も可能
現在のキャンペーン

  • dポイントプレゼント
  • 対象アプリ(Netflix、Disney+など)利用で20%ポイント還元

\申し込みはこちら/
ahamoの公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました