格安SIM

povo2.0から楽天モバイルへのMNP乗り換え方法、後悔しない為のメリット・デメリット

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

サービス開始当初に比べ、回線品質(エリアや速度)が向上し、さらにパートナー回線の容量上限廃止になりかなり使い勝手が良くなった楽天モバイル。

20GBで2,178円、無制限で3,278円とpovo2.0よりも安くなる為、乗り換えを検討している人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、povo2.0から楽天モバイルの乗り換え方法や、MNPで後悔しない為のメリット・デメリットを解説していきます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

  1. 楽天モバイルのMNP特典
  2. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え、事前準備項目
  3. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え手順(端末購入ありの場合)
    1. MNP予約番号の取得は不要(MNPワンストップに対応している為)
    2. 楽天モバイルで申し込み(オンライン)
    3. 端末到着後に回線切替
    4. 必須アプリのダウンロード
  4. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え手順(端末購入なしの場合)
    1. 使っている端末が使えるかを確認(SIMロック、動作保証端末)
    2. MNP予約番号の取得は不要(MNPワンストップに対応している為)
    3. 楽天モバイルで申し込み(オンライン)
    4. 必須アプリのダウンロード
    5. 回線切替、開通手続き
  5. povo2.0から楽天モバイルに乗り換えるメリット
    1. スマホ代が安くなる
    2. トッピングの手間がなくなる
    3. 通話料がかからなくなる
    4. 留守電、割り込み通話が使える
    5. 乗り換え手数料が無料
    6. 乗り換えにより楽天ポイントが貰える
    7. 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  6. povo2.0から楽天モバイルに乗り換えるデメリット
    1. 通信速度が遅くなったり、繋がりにくくなる
    2. 3GB以内しか使わないならpovo2.0の方が安い
    3. 0円運用ができない
  7. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えタイミングは?
    1. 料金を下げたいならできるだけ早く
    2. 端末を買い替えたい時
    3. トッピングがなくなったタイミング
  8. 楽天モバイルとpovo2.0の違いを比較
  9. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えをおすすめする人
    1. スマホ代を下げたい人
    2. 20GB以上使いたい人
    3. 楽天市場をよく使う人
  10. povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えをおすすめしない人、後悔する可能性がある人
    1. 通信速度へのこだわりが大きい人
    2. サブ機の為に回線を契約している人
  11. まとめ

楽天モバイルのMNP特典

楽天モバイルはMNPにより他社から乗り換えることで、現在以下の特典(楽天ポイント還元)を受けられます。

  • SIMのみ契約でも他社乗り換え、初めての申し込みで6,000ポイント
  • 対象製品購入、他社乗り換え、初めての申し込みで最大12,000ポイント

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え、事前準備項目

まずは以下の点を

  • SIMの種類を決める
  • 購入する製品を決める(購入できる商品を公式サイトでチェック)
  • オプションを決める

SIMはSIMカードとeSIMから選択可能。SIMカードは物理SIMとも呼ばれる端末に挿して使う従来からあるタイプで、eSIMは端末自体にあらかじめ組まれているSIMに情報を読み込ませて使えるタイプのもの。

eSIMは端末によっては使えないことがあるものの、iPhoneだとXR以降(12〜15、SE第2・3世代など)で使うことができますし、物理SIMのようにSIMが届くのを待つ必要がなく即日で使えて、設定も簡単なので個人的にはおすすめです。

iPhone SEで楽天のeSIMが使えるか試してみた、設定や手続きを解説
楽天モバイルのeSIMはiPhoneSEでも利用可能。試しにやってみた結果をレビューしていきたいと思います。 なお、今回はmineoと楽天のeSIMでiPhoneSEのDSDV(2回線同時待受)にもトライしていますので、ぜひ参考にしてくださ...

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え手順(端末購入ありの場合)

まずはpovo2.0から乗り換える際に端末も合わせて購入する場合の手順です。

MNP予約番号の取得は不要(MNPワンストップに対応している為)

楽天モバイルはMNPワンストップに対応しており、povo2.0を使っている人が乗り換える場合にはpovo2.0でわざわざMNP予約番号を取得する必要がありません。

特に事前準備することなく、そのまま楽天モバイルの公式サイトにすすみ、申込み手続きを行えばOKです。

楽天モバイルで申し込み(オンライン)

契約の流れは以下の通りです。

  1. 楽天モバイルの公式サイトから申し込みをクリック
  2. プラン・・・プランを選択するをクリック(プランは一つだけ)
  3. オプションサービス・・・必要なオプションを選択
  4. SIMタイプ・・・SIMカードかeSIMを選択
  5. 製品選択・・・希望の製品を製品
  6. 本人確認書類のアップロード
  7. 電話番号の選択・・・他社から乗り換え(MNP)を選択
  8. 申し込み履歴・・・「電話番号の引き継ぎ(MNP)申請をする」をクリック
  9. 届け先情報、支払い情報の入力
  10. 完了

申し込み自体は簡単で、特に難しいことなく最後まで進められるはずです。

端末到着後に回線切替

端末を購入した場合、混雑具合にもよりますが審査完了後2日〜5日程度で端末が届きます。

SIMカードを利用する場合

SIMカードを選んだ場合、SIMカード自体が合わせて送られてきます。購入した端末に挿した状態ではない為、まずは自分で挿入しましょう。

その後は以下の手続きで開通手続きを行ってください。

  1. my 楽天モバイルにログインし申し込み番号をタップ(スマホ、パソコンどちらでもOK)
  2. 「転入を開始する」をタップ
  3. 「MNPを開始する」をタップ
  4. 切り替え完了

切り替えが完了し楽天モバイルが開通するタイミングで転入元のpovo2.0は使えなくなります。povo2.0の解約手続きは不要です(自動で解約)。

なお、楽天モバイルで購入した製品についてはAPN設定が不要なので、開通手続きが完了すればすぐ使えるようになります。

eSIMを利用する場合

eSIMを選択した場合は以下の手続きで進めます。なおeSIMを利用する為にはデータをダウンロードする為にWiFiが必要となります。

  1. 新しい端末をWiFiにつなげる
  2. my 楽天モバイルアプリをインストール
  3. アプリから申し込み番号をタップ
  4. MNP転入を開始するをタップ
  5. eSIM開通手続きに進むをタップ
  6. モバイル通信プランをインストール
  7. 回線が繋がるか確認

必須アプリのダウンロード

楽天モバイルを利用する上で、以下の2つのアプリは必須。

  • my楽天モバイル(契約プラン、料金、データ利用状況の確認)
  • RakutenLink(無料通話、無料SMS)

必ずダンロードしておきましょう。

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換え手順(端末購入なしの場合)

続いて端末の購入をせず、今使っている端末を使い続ける場合の手順です。

使っている端末が使えるかを確認(SIMロック、動作保証端末)

auやUQモバイルで購入したものをそのままpovo2.0でも使い続けている場合、2021年10月1日以降であればSIMロックがかかっていませんが、それ以前に購入した端末の場合はSIMロックがかかっている可能性があります。

SIMロックがかかっているとそのままでは楽天モバイルが使えない為、あらかじめ解除しておくようにしましょう。現在は条件なしで解除できるようになっています。

auのSIMロック解除はこちら→https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

また端末が楽天モバイルの動作保証端末かどうかもチェックしておきましょう(iPhoneであれば大丈夫)。以下の流れで進むと確認できます。

楽天の公式サイト→プラン・製品→SIM→ご利用製品の対応確認

動作保証外の端末であっても使えないわけではありませんが、APN設定が必要となったり、一部機能がせ制限される場合があります。

MNP予約番号の取得は不要(MNPワンストップに対応している為)

先程も紹介した通り、楽天モバイルはMNPワンストップに対応しており、povo2.0を使っている人が乗り換える場合にはpovo2.0でわざわざMNP予約番号を取得する必要がありません

特に事前準備することなく、そのまま楽天モバイルの公式サイトにすすみ、申込み手続きを行えばOKです。

楽天モバイルで申し込み(オンライン)

端末を購入しない場合の申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 楽天モバイルの公式サイトから申し込みをクリック
  2. プラン・・・プランを選択するをクリック(プランは一つだけ)
  3. オプションサービス・・・必要なオプションを選択
  4. SIMタイプ・・・SIMカードかeSIMを選択
  5. 製品選択・・・選択せずに進める
  6. 本人確認書類のアップロード
  7. 電話番号の選択・・・他社から乗り換え(MNP)を選択
  8. 申し込み履歴・・・「電話番号の引き継ぎ(MNP)申請をする」をクリック
  9. 届け先情報、支払い情報の入力
  10. 完了

製品を選択しなければ、SIMのみの契約となります。

必須アプリのダウンロード

同じ端末を使い続けるのであれば、以下の必須アプリは開通前にダウンロードしておくと良いでしょう。

特にmy楽天モバイルは開通手続き時にあった方が良いです。

  • my楽天モバイル(契約プラン、料金、データ利用状況の確認)
  • RakutenLink(無料通話、無料SMS)

回線切替、開通手続き

手持ちの製品を使う場合の回線切替は以下の通りです。

SIMカードを利用する場合

SIMカードを選択すると、製品は手元にあってもSIMカードの到着を待たなければなりません。2日から5日程度で送られてきます。

SIMカードが届き次第、以下の手順で開通手続きを進めましょう。

  1. SIMカードを入れ替える
  2. my 楽天モバイルアプリで申し込み番号をタップ(スマホ、パソコンどちらでもOK)
  3. 「転入を開始する」をタップ
  4. 「MNPを開始する」をタップ
  5. 切り替え完了

切り替えが完了し楽天モバイルが開通するタイミングで転入元のpovo2.0は使えなくなります。povo2.0の解約手続きは不要です(自動で解約)。

eSIMを利用する場合

eSIMを選択した場合、カードや端末の郵送を待つ必要がないので審査完了次第すぐに開通手続きに進むことができます。

申し込みの時間帯にもよりますが、即日もしくは翌日での開通が可能です。

手続きは以下の通りです。

  1. 端末をWiFiにつなげる
  2. my 楽天モバイルアプリをインストール
  3. アプリから申し込み番号をタップ
  4. MNP転入を開始するをタップ
  5. eSIM開通手続きに進むをタップ
  6. モバイル通信プランをインストール
  7. 回線が繋がるか確認

繋がらない場合はAPN設定

もしSIMカードを入れる、もしくはeSIMでの設定を完了しても繋がらない場合はAPNの設定が必要である可能性が高いです。

特に楽天回線動作保証外の端末の場合は必要である可能性が高いです。

以下のサイトを確認し、APN設定の必要有無、必要があれば設定を進めてください。

他社で利用していた製品でAPN設定をしたい | お客様サポート | 楽天モバイル
旧FREETELをご利用中の方はこちらのページをご確認ください楽天モバイルで購入された製品など、楽天回線対応製品をご利用の場合、初期設定の...

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルに乗り換えるメリット

個人的にはpovo2.0から楽天モバイルへの乗り換えはかなりおすすめ。メリットを解説します。

スマホ代が安くなる

  楽天モバイル povo2.0
料金 〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
(通話料無料)
基本料0円
【トッピング】
使い放題:330円(24時間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)

povo2.0は基本料0円で使いたいデータ容量をトッピングするシステムですが、20GBだと有効期限1ヶ月で2,700円。

楽天モバイルであれば同様の容量が2,178円で使うことができます。

また楽天モバイルは20GB以上を超えるとあとは無制限で3,278円。

povo2.0でもトッピングを買い増したり、60GB(6,490円)、150GB(12,980円)のものを購入すれば20GB以上使うことができるものの割高なので楽天モバイルに乗り換えることで、かなり安くなるでしょう。

また3GBプランは基本料金でみると88円だけpovo2.0の方が安いものの、後述する通話料無料、楽天ポイント還元率アップなども含めるとトータルは楽天モバイルの方が安くなるケースが多いです。

トッピングの手間がなくなる

povo2.0は3GBのトッピングだけはオートチャージ(データ容量がなくなったタイミング自動購入)機能が使えるものの、それ以外のトッピングはなくなるたびにアプリで購入手続きをしなければなりません。

一方で楽天モバイルにはその手間がないのはもちろん、毎月使った容量に応じて料金が変わるので、あまり使わなかった月の料金が自動で安くなってくれます。

通話料がかからなくなる

楽天モバイルは通話料も無料です。

一方でpovo2.0は5分以内かけ放題が550円、通話かけ放題が1,650円かかります。

留守電、割り込み通話が使える

povo2.0では留守電、割り込み通話が使えません。有料オプション自体もありません。

一方で楽天モバイルは留守電、割り込み通話が無料で利用できるようになっています。

乗り換え手数料が無料

楽天モバイルには事務手数料などがなく、端末代などを除くと手数料がかかりません。

乗り換えにより楽天ポイントが貰える

楽天モバイルにMNPで乗り換えると、少なくとも6,000ポイントがもらえます。

3GB以内の料金が1,078円であると、実質5ヶ月間は無料で使えるということになります。

楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイルを契約するだけで、楽天市場でのポイント倍率が+4倍となります。

月10,000円買い物すれば、貰えるポイントが400ポイント増えるわけです。

もし月25,000円買い物すれば1,000ポイント増。楽天モバイルの料金はほぼまかなえます。

【最新】楽天モバイル利用で楽天ポイントはどれだけ貯まる?アップする倍率やメリット、損益分岐点を解説
楽天モバイルはスマホ自体の料金が安いだけでなく、楽天市場で買い物する際に獲得できるポイントが増えるというメリットがあります。 実はこれにより、楽天モバイルの利用料金以上にポイントが増えるケースもある為、毎月一定金額以上を使う場合はたとえ楽天...

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルに乗り換えるデメリット

デメリットも確認していきましょう。

通信速度が遅くなったり、繋がりにくくなる

povo2.0と楽天モバイルを比較すると、通信品質が優れているのはpovo2.0。

速度は時間帯、場所によって大きく代わりますが、auのオンライン専用プランであるpovo2.0の回線は3大キャリアを除くとエリア・通信速度がかなり優れています。

楽天モバイルはサービス開始当初に比べて基地局が大幅に増え、さらにパートナー回線の利用上限が廃止されたことでエリアはかなり拡大、人口カバー率も99.9%を超えてエリア面でも心配なく使えるようになっています。

ただ基地局の多さ、そして使っている周波数帯の関係から、povo2.0なら繋がる場所で楽天モバイルは繋がらないということがあります。

楽天モバイルでも動画視聴などは全く問題なくできるのでそこまで心配する必要はありませんが、人によっては速度が遅くなったと不満を感じる可能性があります。

楽天モバイルはサービス開始当初に比べて基地局が大幅に増え、さらにパートナー回線の利用上限が廃止されたことでエリアはかなり拡大、人口カバー率も99.9%を超えてエリア面でも心配なく使えるようになっています。

ただ楽天モバイルでも屋内や地下などで繋がりやすい周波数帯(プラチナバンド)が割り当てられた為、今後さらに改善されていく見込みです。

3GB以内しか使わないならpovo2.0の方が安い

povo2.0は3GBトッピングの料金が990円。それに対し、楽天モバイルを3GB以内で使うと1,078円。

通話はしない、楽天市場で買い物はしないというのであればpovo2.0の方が安くつかえます。

0円運用ができない

povo2.0は基本料金が0円。トッピングしなければお金がかかりませんから、予備の回線として持つことができます。

一方で楽天モバイルは最低でも1,078円。サービス開始当初はデータ容量が1GB以内であれば0円でしたが、今は3GB以内までの料金に統一されています。

よって、サブ回線として使う頻度が少ない、全く使わない月があるという場合ではpovo2.0の方が向いているでしょう。

ただしpovo2.0で180日間で有料トッピングの購入がない(もしくは通話料・SMS通信料で660円を超えていない)場合は契約解除となる可能性があるので注意が必要です。

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えタイミングは?

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えタイミングについて紹介します

料金を下げたいならできるだけ早く

あまり使わないサブ回線として持つ場合を除いては、基本的に楽天モバイルはpovo2.0よりも安いです。

その為、もしスマホ代を安くしたいなら早ければ早いほうが良いでしょう。

端末を買い替えたい時

一つ言うなら端末を買い替えたい時がタイミングでしょう。

楽天モバイルに乗り換えるタイミングでスマホを購入すればポイントがより多く貰えます。

新しいiPhoneがほしい時に合わせて乗りかえれば、普通に購入するよりも実質料金は安くなります。

トッピングがなくなったタイミング

povo2.0のトッピングは余っていたからと返金されるわけではない為、使い切れることを見込んで楽天モバイルの契約をした方が良いでしょう。

特に60GB、150GBなど有効期限が長い大容量のプランを購入している場合は、使い切ってからにしないとかなり無駄することになります。

楽天モバイルとpovo2.0の違いを比較

楽天モバイルとpovo2.0の違いを表した比較表です。

  楽天モバイル povo2.0
容量  無制限 都度購入
料金 〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
【トッピング】
使い放題:330円(24時間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)
通話料 無料
※専用アプリ利用時
30秒22円
通話定額 15分以内:1,100円
※標準アプリ利用時
5分以内:550円
制限なし:1,650円
制限時
最大速度
なし 128Kbps
留守電 無料 利用不可
割込通話 無料 利用不可
キャリア
メール
無料
(@rakumail.jp)
なし
月額料金
支払方法
クレジットカード
口座振替
クレジットカード

スポンサーリンク

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えをおすすめする人

具体的にpovo2.0から楽天モバイルへの乗り換えをおすすめする人を解説していきます。

スマホ代を下げたい人

povo2.0で毎月20GB以上のトッピングしている人、3GBトッピングでも通話定額トッピング利用している人は楽天モバイルに乗り換えた方が安くなります。

20GBまで使っても2,178円、無制限で3,278円というのは他の格安SIMに比べてもトップクラスに安い料金です。

20GB以上使いたい人

povo2.0で20GB以上使う為には20GBのトッピングを2回する(5,400円)か、60GBをトッピングする(6,490円)かです。

いずれにしろ、容量の割に割高。

一方で楽天モバイルなら無制限で3,278円というのは他の格安SIMに比べてもトップクラスに安い料金となっていあmす。

楽天市場をよく使う人

楽天市場をよく使う人にとって、楽天モバイルの利用は必須。楽天モバイルを利用することで、ポイント倍率が4倍も増えるからです。

4倍ということは1万円の購入で400ポイント、2万円の購入で800ポイント多くなるわけで、その分楽天モバイルの実質料金は下がります。

ちなみに26,950円使えば獲得ポイントは1,078ポイント、楽天モバイルは実質0円で使えることになります。

楽天モバイルの公式サイト

povo2.0から楽天モバイルへの乗り換えをおすすめしない人、後悔する可能性がある人

逆に下記の人は乗り換えによって後悔するかもしれません。、

通信速度へのこだわりが大きい人

平均的な通信速度は現状では楽天モバイルよりもpovo2.0の方が速いです。

用途の都合で通信速度は速ければ速いほうが良いという人にとっ楽天モバイルに乗り換えると不都合を感じる可能性があります。

やはり速度面は3大キャリア・サブブランド、それぞれのオンライン専用格安プランが優れています。

サブ機の為に回線を契約している人

povo2.0はトッピングをしなけば月の料金は0円です。

そして使いたい時に使いたい分だけ容量を追加すれば良いので、サブ機としてかなり安く運用することができます。

一方で楽天は最低でも3GB以内1,078円。

楽天市場の買い物によるポイント還元という恩恵を受けられるのなら別ですが、基本的にサブ機ならpovo2.0の方が向いているでしょう。

まとめ

サービス開始の楽天モバイルの口コミはかなり悪かったし、自分で使っていても楽天回線にはほぼ繋がらずパートナー回線はすぐ上限オーバー。

正直使い勝手がかなり悪かったですし、当サイトでもおすすめしていなかったです。

ただ現在は大幅に改善され心配なく使うことができます。良い口コミも多数見れます。

実際、顧客満足度でも楽天モバイルは1位です。ほとんどの人は満足できるでしょう。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました