光回線

【市販ルーターはNG?】ソフトバンク光のIPv6とは?申し込み手続きや光BBユニットの必要性、メリット・デメリットまとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ソフトバンク光の申し込み時に「IPv6」や「光BBユニット」という言葉を聞いて何だかよく分からないという人もいるかもしれません。

本記事では、IPv6とは何かや、光BBユニットは必要ないのか、市販のルータでもいいのかといった疑問に沿って解説していきます。

ソフトバンク光の申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大90,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大93,000円のキャッシュバック

IPv6とは?

IPv6について、ソフトバンク光の公式HPでは次のように紹介されています。

「IPv6」とは、Internet Protocol Version 6の略で、インターネットプロトコルの次世代規格です。「アイピーブイ6」または「アイピーバージョン6」と読みます。

(引用:SoftBank光公式HP)

プロトコルとは、コンピュータ同士がやり取りする際に使う言語や約束のようなもの。

すべての通信機器にIPアドレスが振られることで、機器とネットの正確なやり取りが日々実行されています。

以前から使われてきたIPv4のIPアドレスのうち欧州に割り当てられた分はすでに枯渇したとされており、世界的にIPv6への移行が推奨されている状態です。

スポンサーリンク

IPv6とIPv4との最も大きな違いは、IPアドレスの数

IPv4とIPv6の大きな違いは、持てるIPアドレスの数。

IPv4上で割り当てられるIPアドレスの上限は、2の32乗です。

2×2×…2==4,294,967,296となり、約43億個のアドレスを持つことができます。

43憶個というとかなり膨大な数のように思えますが、日本人でもスマホや携帯、パソコン、ゲーム、ネットに繋がる家電などを何かしら1人1台以上持っている場合がほとんどと考えると、そう多い数字ではありません。

ちなみに、IPv6は2の128乗で340兆の1兆倍のさらに1兆倍なので、ほぼ無限大です。

なお、IPv6を使うことでよりセキュリティが強固になるとする意見もありますが、IPv6を使うことで危険になる部分もあるため、一概には言えないというのが正直なところでしょう。

(参考:日本ネットワークインフォメーションセンター)

高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4とは?

高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4」とは、SoftBank光で採用されている高速通信方式で、NTTのフレッツ光では「v6プラス」といった名称が付けられています。

「IPv6 IPoE IPv4」とは、IPv6方式とIPv4方式の両方にIPoE方式でアクセスできる通信方法のことです。

IPoE方式やPPPoE方式について以下で詳しく解説していきます。

IPv4によるPPPoE方式ではIPv6サイトへのアクセスができず回線も混雑する

IPv4によるPPPoE方式ではIPv6サイトへのアクセスができず回線も混雑

「高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4」を分かりやすく捉えるために、従来のPPPoE方式とIPoE方式を道路や交通量に例えて考えてみましょう。

PPPoE方式はトンネル方式とも呼ばれ、サイトにアクセスするためには道路幅が少なく狭いトンネルを必ず通ったうえで通信しなければいけません。

さらに出口(NAT)では通行許可証を見せたうえでサイトにアクセスする必要があります。
(※:NATはグローバルIPとプライベートIPを変換する箇所)

IPv4のPPPoE方式は、道路幅や出口での混雑により、渋滞(回線混雑)が起こりやすいうえに、IPv6のサイトにアクセスできないという問題が出てくるわけです。

対して、IPpE方式は道路幅も広く出口での確認も必要ないため速い通信が可能になり、通信(通行)がスムーズとなります。

回線混雑やIPv4とIPv6サイト両方のアクセスならIPv6 IPoE+IPv4方式がベスト

ただ、IPv4とIPv6のサイト両方にIPoE方式でアクセスするためには、IPv6に対応した機器やルータ、IPoE接続の設定が必要です。

IPv6の対応機器をルータを持っていても、PPoE方式でしか通信できなければ回線の混雑から逃れられにわけですから、サイト閲覧速度が遅いままというのは不便ですよね。

そこで、IPv4とIPv6の両方のへのアクセスを可能にしたうえで、回線速度の速い通信をする方法としてソフトバンク光で用意されているのが、「高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4」契約と、IPv6対応ルータである「光BBユニット」です。

スポンサーリンク

ソフトバンク光のIPv6を使う為には?

ソフトバンク光をただ契約しただけでは、PPPoE方式の接続しかできません。

IPv6とIPv4によるIPoE通信をするには、「高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4」契約をして、IPv6対応のルータ「光BBユニット」のレンタルを申し込みましょう。

ソフトバンク光のIPv6には光BBユニットが必要。市販ルータでは勿体ない

(引用:Yahoo!BBジャパン)

SoftBank光でIPv6接続をするためには、IPv6対応の機器やルータが必要です。

重要なのは、IPv6に対応したルータなら何でも良いわけではないということ。

SoftBank光の「高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4」は、IPv4 over IPv6通信をするためにSoftBankが開発した技術です。

SoftBankの技術を使ってIPv4 over IPv6通信をするためには、特定のシステムを書き込んである機器(光BBユニット)を使わなければいけません

市販ルータを使ってもPPPoE接続では回線混雑に巻き込まれたり、特定のサイトにしかアクセスができなかったするなど意味がないため注意してください。

(参考:SoftBank公式HP)

IPv6の切り替えに手続きは必要?

契約の仕方によって、IPv6への切り替え手続き内容は変わってきます。

  手続き 光BB
ユニット
工事
ソフトバンク光
新規契約
(回線未工事)
ソフトバンク光
フレッツからの転用
×
(対象型番の
場合)
×
Yahoo! BB 光
with フレッツ
/Yahoo! BB 光
フレッツコース
不要 ×

SoftBank光を新規で契約した場合

SoftBank光を新規契約する時は、まず最初に回線工事が必要です。

工事が完了してすぐはIPv6通信ができないことがあるため、IPv4回線が開通して1週間程度経過してからIPv6による通信に切り替えるようにしましょう。

スポンサーリンク

SoftBank光に転用した場合

NTT東日本/西日本からSoftBank光に転用した場合、工事の必要は特にありません。

レンタルした光BBユニットを接続した状態で、SoftBankの指定サイトにアクセスしてIPv6接続ができているか確認してみましょう。

IPv6で接続できていれば、下図のような表示が出るはずです。

(引用:SoftBank光接続確認ページ)

光BBユニットを接続したにも関わらずIPv4接続になっている場合はホームゲートウェイや光BBユニットの設定変更が必要になります。

  1. 光BBユニットの電源を外す
  2. ホームゲートウェイのLANポート1とパソコン(電源OFF)をLANケーブルで接続
  3. 電源をONにして「web設定」ページにアクセス
  4. ブラウザのURL欄に「http://ntt.setup/」もしくは「192.168.1.1」を入力
  5. パスワード設定(初回アクセス時に設定済なら不要)
  6. ユーザ名にuser、先ほど設定したパスワードを入力
  7. メニュー>「詳細設定」>「IPv6パケットフィルタ」設定を選択
  8. 「無効」を選択>「設定」をクリック
  9. 電源をオフにして光BBユニットを接続後電源を入れる

【光BBユニットの設定確認】

  1. セットアップページ(http://172.16.255.254/)へアクセス
  2. IDとパスワードにuserを入力してOKをクリック
  3. IPv6設定を「有効」にして「設定を保存する」をクリック
  4. 再起動して、光BBユニットを再起動する

これでも接続できない時は、チャットサポートに問い合わせましょう。

チャットサポート
・年中無休
・10:00 ~ 19:00

Yahoo! BB 光with フレッツ/Yahoo! BB 光フレッツコースの場合

Yahoo!BBの光 wirh フレッツ/Yahoo!BB 光 フレッツコースでWi-Fiマルチパックを契約しており、光BBユニット契約ができていれば、その時点で高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4接続は可能です。

Yahooo!BB ADSLサービスを利用している場合、IPv6通信ができるのは、ホワイトステーションだけなので気を付けてください。

(参考:参考「ホワイトステーション」)

スポンサーリンク

光BBユニットに掛かるレンタル料金やメリット・デメリット

光BBユニット機器の購入はできず、高速ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4接続をするにはレンタル契約するしかありません。

光BBユニットのレンタル費用や、利用するメリット・デメリットについて確認していきます。

光BBユニット利用にかかる費用

光BBユニット

(引用:SoftBank公式「Wi-Fiマルチパック」)

光BBユニットのレンタル費用は、毎月513円です。

また、光BBユニットをWi-Fiルータとしても使う場合、Wi-Fiマルチパック(1,089円/月)への加入も必要に。

光BBユニットを利用することで使えるSoftBankの光電話を契約するとさらに513円/月追加となり、合計2,115円の負担が生じてしまいます。

ただ、「光BBユニットレンタル・WiFiマルチパック・光電話」の3つのオプションがセットになった「オプションパック」は月550円となっているので、基本的にはこちらを契約するようにしましょう。

項目 費用 合計
光BBユニット
レンタル
513円/月 2,115円/月
⇒550円/月
Wi-Fi
マルチパック
1,089円/月
光電話 513円/月

 

光BBユニットを使うメリット

光BBユニットをレンタルして使うメリットは以下の通りです。

  • IPv4で通信するよりも1.5倍以上の速さで通信できるから
  • IEEE802.11ac/aでの通信ができるから

一つずつ確認していきます。

IPv4で通信するよりも1.5倍以上の速さで通信できる

IPv6で通信すると、IPv4で通信する1.5倍以上の速さでの通信が可能です。

NTT東日本/西日本のフレッツ光からSoftBank光に転用したとしても、契約先がソフトバンクになっただけでフレッツ網の回線混雑を解消することにはなりません。

SoftBank光で回線速度の遅さが気になる人は、ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4接続を検討してみてください。

ネットの回線速度が夜に遅いと感じる原因や対策方法。特にマンションやアパートの人は注意が必要。
昼間は問題なくネットができるのに、夜になると回線速度が遅くなると感じている人少なくないでしょう。 ネットを使いたい時間帯に限って、ページが固まってしまったり読み込むのに時間が掛かったりするとイライラしてしまいますよね。 そこで本記事では通信...

ネットの回線速度が夜に遅いと感じる原因や対策方法。特にマンションやアパートの人は注意が必要。

IEEE802.11ac/aでの速い通信ができるから

光BBユニットで型番E-WMTA2.3をレンタルしていれば、通信速度の速いIEEE802.11ac/aによる通信が可能となります。

速度の遅さはルータの通信規格に原因がある場合もあるので、通信環境を改善したい人はルータの通信規格の確認をしてみましょう。

もちろん、光BBユニットで無線LANを使うには、別途「Wi-Fiマルチパック」の申し込みが必要となります。

(引用:「Wi-Fiマルチパック」)

市販ルーターを間違えて買ってしまっても使い道はある?

SoftBank光を契約する時に光BBユニットではなく、市販ルータを先に買ってしまっていた場合は、Wi-Fiマルチパックを契約せずに光BBユニットだけを契約するという方法があります。

無線LANとして使えばWi-Fiマルチパックオプションの料金が掛からない

Wi-Fiマルチパックオプションを契約すると光BBユニットの契約は必須ですが、逆の場合Wi-Fiマルチパックオプションは必ずしも契約しなくても構いません。

したがって、光BBユニットだけをレンタルし、手持ちのルータを接続させれば無線LANとして活用することができます

HGW(ONU)-光BBユニット-市販ルータの順で接続しましょう。

Wi-Fi干渉を防ぐために光BBユニットのWi-Fiは切っておくこと

光BBユニットのWi-Fi機能を停止させない限り、光BBユニットのWi-Fiとルータの無線LANが干渉して電波同士のぶつかり合いが起きてしまいます。

正常な通信をするためにも、光BBユニットWi-Fi機能は設定画面からオフにしておいてください。

スポンサーリンク

ソフトバンク光を契約するなら光BBユニットのレンタルは必須

ハイブリッド IPv6 IPoE IPv4の詳細や光BBユニットのレンタルの有無、レンタル費用について見てきました。

IPv6接続自体は光BBユニットが無くても可能ではありますが、回線混雑無くIPoE方式で通信したい場合には必須となってきます。

タイトルとURLをコピーしました