光回線

奈良県のおすすめ光回線ランキング、光回線が使えない地域での対策も紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

この記事では奈良県で使える光回線について、おすすめのものを紹介しています。

奈良県に住んでいる、または引っ越す予定の人はぜひチェックしてみてください。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大63,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大105,000円のキャッシュバック

奈良県で光回線を使うことができるエリア

奈良県は全域にわたって光回線が行き渡っており、基本的にはどの市町村でも使うことが可能です。

ただしそれは絶対ではなく、山間部などで一部使えない場合もあるので、心配な場合は下記の「フレッツ光エリア検索」で提供エリアかどうか確認してください。

エリア検索:NTT西日本

なおauひかりは関西地方がエリア外となっており、奈良県でも利用はできません。ただし代わりにeo光がauやUQモバイルのセット割対象で使うことができる光回線となっています。

ドコモの新料金プラン「irumo」

  • 3GB、6GB、9GBから選べるドコモの少容量プラン「irumo
  • キャリアなのに料金が他社サブブランド並み
  • ドコモ光とのセット割でさらにお得、格安SIMよりも安くなる。
  • 格安SIMでは不安という人はドコモ一択
プラン 基本料金 割引後
3GB 2,167円 880円
6GB 2,827円 1,540円
9GB 3,377円 2,090円

docomo(irumo)の公式

奈良県で使えるおすすめ光回線ランキング(ケース別)

光回線に絶対的にこれが良いというものはなく、様々なケースごとでおすすめが変わります。

ここでは、各ケース別のおすすめ光回線をランキング形式で紹介していきます。

  • スマホのセット割で選ぶ
  • 安さで選ぶ
  • 光コラボの中から選ぶ
  • 通信速度から選ぶ

スマホのセット割で選ぶ場合

光回線を選ぶ上で、まず重視すべきがスマホとのセット割。ドコモとドコモ光など、特定のスマホと光回線をセットで使うことでスマホ代が割引されます。

割引額も大きい上、家族で複数回線利用している場合はそれぞれに適用される為、通信費全体で見るとかなり安く使えることになります。

各スマホと対象光回線は以下の通りです。

スマホ 光回線 1回線あたりの
割引額
ドコモ 【光コラボ】
ドコモ光
550円〜
1,100円
ソフトバンク 【光コラボ】
ソフトバンク光
【光コラボ以外】
NURO光
550円〜
1,100円
Y!mobile 【光コラボ】
ソフトバンク光
1,100円〜
1,650円
au 【光コラボ】
ビッグローブ光
So-net光プラス
【光コラボ以外】
eo光
550円〜
1,100円
 UQモバイル 638円〜
1,100円

ドコモ・ソフトバンク・Y!mobileはそれぞれ対応の光回線を使う

ドコモを使っているなら光回線はドコモ光、ソフトバンク・Y!mobileを使っているならソフトバンク光を使うことをおすすめします。

どちらも高額キャッシュバック、工事費無料など特典も優れており、コスパとしても良い光回線となっています。

マンション等の集合住宅では設備が導入済みの光回線しか使うことができませんが、ドコモ光・ソフトバンク光ともにフレッツ光の回線を利用している光コラボの為、ほとんどのマンションで使うことができます。

ただ稀にeoひかりしか使えないマンションもあります。

なおその場合はスマホ自体をauやUQモバイルなどセット割が適用できるものや、スマホ代が元々安い格安SIMに乗り換えてしまうことを推奨します。

ドコモ光に申し込む

ソフトバンク光に申し込む

au・UQモバイルユーザーはどの光回線を使うべき?

auやUQモバイルは多くの光回線が対象となっています。その中でおすすめ順は以下の通りです(。

  1. eo光
  2. ビッグローブ光(光コラボ)
  3. So-net光プラス(So-net光プラス)

eo光は月額料金の割引など特典がお得で、そもそも月額料金自体も他社と比較して安い光回線です。

そして何より、オリコン顧客満足度では関西地方No1を毎年とっているくらい、「通信速度が速い」「サポートが充実している」など非常に評判の良いので最もおすすめします。

ただし、マンションがeoひかりに対応していないなどフレッツ光や光コラボしか使えない場合もあります。またeo光は利用できるがメゾンタイプという戸建て同様の料金体系になってしまうなんてケースもあります。

その場合はビッグローブ光がおすすめです。

So-net光プラスも光コラボですが、ビッグローブ光の方が月額料金が安いのでお得に使うことができます。

eo光に申し込む

ビッグローブ光に申し込む

安さで選ぶ場合

ahamo、LINEMO、povo2.0といったキャリアのオンライン専用プランや格安SIMを使っている場合は光回線の安さで選ぶのがおすすめです。

ただ安さで選ぶと言っても、月額料金やキャッシュバック、工事費用、違約金負担(他社から乗り換える場合)をトータルで考えると良いでしょう。

おすすめは以下の通りです。

  1. eo光
  2. ソフトバンク光(光コラボ)またはビッグローブ光(光コラボ)
  3. おてがる光
  月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
キャッシュ
バック
工事費 違約金
補助
eo光 5,448円 2,700円〜
5,448円
最大5,000円
(1年間料金
大幅割引あり)
実質無料 最大
60,000円
ソフトバンク光
(光コラボ)
5,720円 4,180円 37,000円 実質無料 最大
100,000円
ビッグローブ光
(光コラボ)
5,478円 4,378円 最大
63,000円
16,500円〜 なし
おてがる光
(光コラボ)
4,708円 3,608円 なし 実質無料 なし
NURO光 
5,200円 5,200円
(※2)
43,000円 実質無料 最大
60,000円

※1:マンションタイプで最も標準的な料金プラン(タイプによって料金変動あり)
※2:NURO光対応マンションは2,750円〜利用可能であるが導入されている場合が少ない為、戸建てタイプの導入を想定

個人的におすすめなのはeoひかり。

キャッシュバックこそ少ないものの、月額料金が安く、1年目は割引があるので月2,380円、さらに工事費は無料で違約金補助もあるコスパが優れた光回線です。

通信速度がやサポート面でも評判が良いのも一つのポイントです。

ただ、eoひかりをマンションで使う場合は注意が必要。設備が導入されていない場合は「メゾンタイプ」という扱いで戸建て同様の料金になる為、他社のマンションタイプよりも高くついてしまいます。
またマンションタイプでも建物によっては月額料金が高いところもあります。

各マンションでの料金は公式のエリア検索で確認できる為、気になる方はチェックしてみてください。(エリア検索はこちら

eo光が使えない、使えるけど自分が住んでいるマンションあと高くなるという場合はソフトバンク光やビッグローブ光がおすすめとなります。乗り換えに伴う違約金がある場合はソフトバンク光、違約金がない場合はビッグローブ光を選ぶのが良いでしょう。

ただし、今後同じ回線を乗り換えることなく使っていく予定ならばおてがる光もおすすめです。キャッシュバックがない代わりに月額料金が500円〜800円安い為、5年以上使うのであればトータルでは安くなります。

NURO光は月額料金が安く、キャッシュバックも多いので戸建てで導入するのはおすすめできますが、マンションの場合は対応している場合が少ないです。

戸建てタイプで導入することはできるものの、マンションタイプ同士で他社と比較すると高くついてしまうのが難点です。

eo光に申し込む

ソフトバンク光に申し込む

eo光のマンションタイプ・メゾンタイプを詳しく解説、料金や工事費、通信速度、キャンペーン詳細まとめ
eo光をマンションで使う場合の料金は、光コラボ等の他の光回線と異なり少し複雑。 というのもeo光マンションの料金は、住んでいる住宅次第で大きく異なってしまう為です。加えて、キャンペーンや通信速度等にも違いがあります。 そこで本記事ではeo光...

光コラボ(NTT回線)から選ぶ場合

NTT回線しか導入されていない「フレッツ光対応マンション」に住んでいる場合、フレッツ光の回線しか繋がって以内エリアに住んでいる場合は光コラボからしか選ぶことができません。

光コラボから選ぶ場合、基本はスマホのセット割(キャリアやサブブランドのスマホを使っている場合)で、格安SIMなどを使っている場合は月額料金やキャッシュバックを含めてトータルで安い光回線を使いましょう。

スマホ 光コラボ
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光
Y!mobile
au ビッグローブ光
 UQモバイル
その他
(格安SIM等)
ソフトバンク光
または
ビッグローブ光

通信速度で選ぶ場合

通信速度で選ぶ場合のおすすめは以下の通りです。

  1. eo光
  2. NURO光
  3. ドコモ光

通信速度はエリア、回線状況、建物の配線方式によって同じ光回線でも大きく異なってしまうので、必ず速いと言える光回線は言えません(速いという評判があっても自分が使ってみると思ったような速度がでない場合もある)。

ただ全体的にはeo光、NURO光は光コラボに比べると通信速度が速い傾向にあります。

eo光は通信速度が速いと評判が良い光回線である上、必要ならば最大通信速度が5Gbps(戸建て月5,960円)、10Gbps(戸建て月6,530円)を選択することもできます。ちなみに通常プランや光コラボの最大通信速度は1Gbpsです。

NURO光は通信速度が売りの光回線で、最大通信速度が2Gbps(他社は1Gbps)となっている為、こちらも通信速度を求めるのであればおすすめできるでしょう。

eo光に申し込む

NURO光に申し込む

ただし、マンションタイプの場合は配線方式によって通信速度がどうしても遅くなってしまう場合がある点には注意してください。

マンションの配線方式がVDSL(電話線)の場合、最大通信速度は100Mbps(実測30〜70Mbps)となります。

戸建てのように全てを光ファイバーで繋ぐ場合は1Gbps(実測200〜500Mbps)なので、10分の1程度とかなり遅いですが、建物の配線の都合上なのでこれはどの光回線をいれても同じです。

とは言え、最大通信速度が100Mbpsであっても高画質の動画視聴やWebページ閲覧、SNS、ZOOM会議など基本的な用途は全く問題ありません。

光回線をマンションで利用する場合に確認すること、やるべきことまとめ。
光回線をマンションで利用するなら、まずは回線が引き込まれているかを確認するところから始まります。 マンションのインターネット配線方式は様々、管理の仕方も様々です。 配線方式や契約内容によっては工事ができなかったり、遅い速度での通信になったり...

※奈良県では使うことができない主要光回線

以下の光回線は奈良県がエリア外となっている為、使うことができません。

  • auひかり(関西・東海地方がエリア外)
  • コミュファ光(東海のみ)
  • メガエッグ(中国地方)
  • Pikara光(四国のみ)
  • BBIQ光(九州のみ)

auひかりは関西・東海地方がエリア外となっている為、使うことができません。

奈良県で使えるおすすめ光回線ランキング(詳細)

ここでは上記で紹介した光回線について詳細を記載していきます。

eoひかり

eo光トップ用

eo光
回線種類
電力系回線
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 5,448円
マンション 2,700円〜5,448円
工事費用 実質無料
最大キャッシュバック 5,000円
(月額料金が1年間毎月最大4,150円割引)
違約金補助 最大6万円
申し込み先 eo光

auやUQモバイルがスマホセット割の対象となるeo光関西電力のグループ会社が運営している光回線で、連続で関西地方の光回線満足度ランキング1位をとっているくらい評判の良い光回線です

キャシュバックこそ少ないものの、1年間の月額料金割引が大きく、さらに月額料金も安いのでコスパも非常に良いですし、必要なら通常より速い通信速度のプラン(5ギガプラン・10ギガプラン)を選ぶこともできます。

ただしマンションで使う場合には注意が必要、設備が導入されていないマンションの場合、戸建てタイプ同様の料金となってしまうので他社と比較すると高くついてしまいます。

マンションでの利用を検討している場合は、まず公式のエリア検索を行って自分のマンションでの料金を確認してください(エリア検索はこちら)。

eo光に申し込む

eo光の詳細、評判・口コミをチェック!

ビッグローブ光(光コラボ)

ビッグローブ光

ビッグローブ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 5,478円
マンション 4,378円
工事費用 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
最大キャッシュバック 63,000円
違約金補助 なし
申し込み先 ビッグローブ光

au、UQモバイルとセット割が適用できるのがビッグローブ光

工事費が無料とならないもののキャッシュバックが最大63,000円と光コラボの中では特に高額なのが魅力です。

エリアは広く・対応マンションも多いので、利用しやすい光回線の一つとなっています。

ビッグローブ光に申し込む

ビッグローブ光の詳細、評判・口コミをチェック!

ソフトバンク光(光コラボ)

ソフトバンク光トップ用

ソフトバンク光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ ソフトバンク・Y!mobile
月額料金
戸建 5,720円
マンション 4,180円
工事費用 実質無料
キャッシュバック 37,000円
違約金補助 最大10万円
申し込み先 ソフトバンク光

ソフトバンク、Y!mobileがセット割の対象となっているソフトバンク光

高額なキャッシュバック、工事費無料など光コラボの中でもコスパが良く、さらに違約金補助が全額となっている為、他社から乗り換える際も余計なお金がかかりません。

ソフトバンク光に申し込む

ソフトバンク光の詳細、評判・口コミをチェック!

ドコモ光(光コラボ)

ドコモ光トップ用

ドコモ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ ドコモ
月額料金
戸建 5,720円
マンション 4,400円
工事費用 無料
キャッシュバック 最大65,000円
違約金補助 10,000円キャッシュバック
申し込み先 ドコモ光

ドコモ光は加入するオプションによってキャッシュバックを10,000円〜65,000円もらうことができます。

ただキャッシュバックを多く貰う為にはオプション加入が必要な点に注意が必要です。

特典金額 適用条件
65,000円 Lemino+ひかりTV+DAZN for docomo
35,000円 ひかりTV+DAZN for docomo
18,000円 ひかりTV
15,000円 DAZN for docomo
またはスカパー!
(1,800円以上の商品)
12,000円 dTVまたはdアニメストア
10,000円 なし

光コラボの中ではユーザー数1位、ドコモが運営しているだけあって安心感もあり評判も良いおすすめの光回線です。

ドコモがセット割となっているので、ドコモユーザーはドコモ光を選ぶのがベストでしょう。

ドコモ光に申し込む

ドコモ光の詳細、評判・口コミをチェック!

Check

  • docomoの新料金プラン「irumo」は格安SIM並みの安さ
  • ドコモ光とのセット割で抜群に安くなるので光回線ユーザーは要チェック。

docomo(irumo)の公式

おてがる光(光コラボ)

おてがる光

おてがる光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ なし
月額料金
戸建 4,708円
マンション 3,608円
工事費用 実質無料
キャッシュバック なし
違約金補助 なし
申し込み先 おてがる光

おてがる光にはキャッシュバックもありません。

しかし代わりに月額料金が他社に比べてかなり安い(月7〜800円程度)というメリットがあります。

月700円の差が2年間使い続ければそれだけで約17,000円。4年間使い続ければ34,000円です。

基本的に光回線はスマホとのセット割で選ぶべきですが、格安SIMやahamoなどのキャリアオンライン専用プランを使っている(または今後使う場合)はセット割を気にする必要がないので、このおてがる光もおすすめです。

おてがる光に申し込む

おてがる光の詳細、評判・口コミをチェック!

NURO光

NURO光トップ用

NURO光
回線種類
独自
セット割スマホ ソフトバンク、NUROモバイル
月額料金
戸建 5,200円
マンション 2,750円〜
工事費用 実質無料
キャッシュバック 45,000円
違約金補助 最大20,000円
申し込み先 NURO光

ソフトバンクとセット割が適用できるのがNURO光(Y!mobileはセット割適用外)

月額料金が安くキャッシュバックも多い光回線で、回線速度も他社が最大1GbpsであるのにNURO光は2Gbpsとより高速で通信できることも売りの一つです。

ただし、NURO光はエリアが限定的なので注意が必要。奈良県内でも導入できないケースは多いです。

特にマンションタイプは一見すると料金が非常に安く魅力的ですが、NURO光を導入しているマンション自体がかなり少ないのでなかなか利用することができません。

なおNURO光のエリア内であればマンションでも戸建てタイプで利用することは可能です。

NURO光に申し込む

NURO光の詳細、評判・口コミをチェック!

奈良県で光回線を選ぶ場合の注意点

奈良県で光回線を利用する場合、以下の点は注意しましょう。

エリア・マンション対応可否で使える光回線は限定される場合がある

上述していますが、光回線はなんでも使えるわけではなくエリア内であること、マンションの場合はその光回線に対応していることが条件となります。

鳴らしなどの主要都市であれば奈良県がエリア内となっている光回線は概ね使うことができますが、地域によっては光コラボしか使うことができない場合もあります。

あらかじめ、どの光回線が使えるのか確認しておきましょう。

光回線自体が通っていない地域もある

山間部や離島など、地域によっては光回線自体がなく使えないという場合があります。

フレッツ光・光コラボの回線は全国対応ではあり最も使える範囲は広いですが、ドコモなどのスマホ並みにエリアを網羅しているわけではありません。

そういった地域の場合、モバイルWiFiやホームルーター、ケーブルテレビのインターネット回線を利用する必要があります(詳細は次項)。

光回線を使うことができない場合の対処法

光回線自体が使えないエリアに住んでいる場合、以下の方法でインターネットを使うことができます。

ホームルーターを利用する

ホームルーターはスマホ同様にモバイル通信を利用した、自宅用のインターネット回線です。

工事不要で電源に挿すだけで利用可能、スマホが使えるエリアであれば基本的に使える為、光回線がない地域でも使うことができます。

おすすめはドコモ home5G

ドコモのエリアと同じで使える地域が幅広く、またホームールーターは光回線に比べて遅いと言われているものの、このドコモhome5Gは平均100〜200Mbpsと光回線に見劣りしない速度が出てくれる為、ストレスなく利用できます。

ドコモhome5G(GMO)の公式サイト

ドコモ home5Gの詳細、口コミをチェック!

【2024年最新】ホームルーター・置くだけWiFiランキング。速度や料金、スマホとのセット割を徹底解説。
通信費を抑えるために家でWiFiを使いたいけど、固定回線をひくのは面倒、固定回線をひく工事ができない…という人におすすめなのがホームルーター。 しかし、工事不要のモバイルルーターにはいくつか種類があるため、調べれば調べるほど、どれを選べばい...

モバイルWiFiを利用する

モバイルWiFiはホームルーター同様、モバイル通信を利用します。その為、光回線が使えない地域でも利用することができます。

100GBなどの大容量が光回線よりも安く利用できますし、持ち運びも可能。スマホを最小容量のプランにすることで通信費全体の節約にもなります。

ただし通信速度は光回線に比べると遅いです。

Web閲覧、Youtubeや動画配信サービスでの視聴、インスタ等のSNSであれば問題なく利用できますが、オンラインゲームをする場合や同時に複数の人数で利用する場合は速度の面で不満がでてしまうかもしれません。

〈PickUp〉おすすめモバイルWiFi

  料金 通信
速度
エリア
楽天モバイル
無制限
3,278円
GMOとくとく
BB WiMAX

無制限
4,334円
ZEUS WiFi
100GB
3,212円〜

Point

ケーブルテレビの回線を利用する

ケーブルテレビ(CATV)を利用するというのも一つの手です。光回線の導入ができなくてもケーブルテレビであれば可能という場合があります。

ただ光回線ほどの速度はでないという点に注意が必要です。

ADSLを利用

光回線が使えない場合の最終手段に、ADSLがあります。ADSLは光回線が登場する以前に普及していた、電話回線を使用するインターネットサービスです。

つまり、光回線が整備されていない地域でも、固定の電話回線を使うことさえできれば、ADSLでのネットを利用できます。

ADSLの提供は2023年1月末で提供終了しています。

ただ提供終了はフレッツ光が提供されているエリアに限定されており、フレッツ光がエリア外の地域であれば利用可能です。

ADSLは光回線に比べて通信速度がかなり遅く不便ではありますが、光回線が使えない地域では代替案になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

奈良のほとんどの地域では光回線の利用が可能ですが、まだ光回線がない地域も少なからずあります。

また奈良市等大きな都市であっても、住んでいるマンション次第でeo光が使えない場合もあります。

まずは自分が住んでいる地域等で使える光回線をチェック(各公式サイトで確認可能)した上で、自分に合った回線を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました