格安SIM

楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」ではau回線(パートナー)が無制限に使える!旧プラン楽天アンリミットⅦとの違いを詳しく解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルは2023年6月から新プランとして「Rakuten最強プラン」が出され、従来までの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」はなくなりました。

本記事では新プランになったことでの変更点、どういったメリットがあるか、デメリットはあるかについて解説しています。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのプラン名が「Rakuten最強プラン」に変更、旧プランからは自動移行

これまでの楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」という名称でしたが、2023年6月1日より「Rakuten最強プラン」という名称に変わりました。

楽天モバイルのプランは段階料金制のプラン1つだけですので、新規で楽天モバイルを申し込んだ場合は自動的にこのプランを利用することになります。

また、旧プランを契約していた人は自動的にこのプランへの移行されています。特に必要な手続きはありません。

詳細は後述していますが、料金などに変更はありませんし、改悪する部分はないので心配はありません。

楽天モバイルの公式サイト

新プラン「Rakuten最強プラン」と旧プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の違い

では具体的に新プランと旧プランでどんな違いがあるかを確認していきましょう。

パートナー回線(au回線)のデータ容量制限が無制限に(以前は5GBのまで)

旧プラン(Rakuten UN-LIMIT Ⅶ)では、楽天回線利用時のデータ容量は無制限であるものの、パートナー回線利用時のデータ容量は5GBまで、それを超えると最大1Mbpsと制限されるプランとなっていました。

しかし新プラン(Rakuten最強プラン)では、5GBの制限が撤廃。

パートナー回線(au回線)利用時でもデータ容量に制限がなくなり、楽天回線が行き届いていないエリアであっても無制限利用が可能と変更になりました。

スポンサーリンク

パートナー回線(au回線)のエリア拡大

東京23区や名古屋市、大阪市は楽天回線が当初からパートナー回線エリアから除外されていましたが、6月1日以降順次、一部の繁華街がエリアとなっていきます。

また使える回線はauのプラチナバンド(800MHz帯)の為、これまで楽天モバイルが繋がりにくかった屋内での繋がりやすさに改善が期待できます。

データ無制限エリアの拡大

楽天エリア

パートナー回線のデータ容量上限撤廃、パートナー回線のエリア拡大により、データ無制限エリアの人口カバー率は98.4%から99.9%に上がります。

すなわち、日本のほとんどのエリアで楽天モバイルは無制限に使えるようになるということです。

パートナー回線のデータ容量制限に関するサービスの廃止

パートナー回線(au回線)の上限が撤廃されたことにより、パートナー回線に関する以下のサービスが廃止されます。

  • データチャージ(1GB660円)
  • データ残容量通知
  • データ高速モード

いずれもパートナー回線に上限があった為のサービスで、上限がなくなったことで意味がなくなったので廃止されました。

楽天モバイルの公式サイト

Rakuten最強プランになっても変わらない点

一方で、以下の点は新プランになっても変わりません。

月額料金

データ使用量 料金
〜3GB 1,078円
3〜20GB 2,178円
 20GB〜無制限 3,278円

月額料金は据え置きで安いまま。20GBを超えるとどれだけ使っても3,278円です。

データ無制限プランがあるのはキャリアのみですが、ドコモ・au・ソフトバンクの無制限プランは7,000円以上。楽天モバイルならその半分以下の料金で使うことができます。

スポンサーリンク

通話料、通話定額オプション

楽天モバイル(OS標準アプリ)の通話料は30秒につき22円。通話定額オプションは15分以内が1,100円です。

専用アプリの「RakutenLink」から発信すると通話定額オプションを利用していなくても通話料は無料となります。

RakutenLinkアプリはデータ通信を利用した音声通話の為、標準アプリに比べると若干音質が悪くなる傾向にあります。

ただ、発着信自体は標準アプリと変わらず通話相手には自分の電話番号が表示される(受け取る側はRakutenLink利用だとわからない)し、SMSの送信・留守電再生も可能。

基本料金の安さに並ぶ楽天モバイルの大きなメリットの一つです。

楽天ポイント還元キャンペーン

楽天モバイルでは様々な形で楽天ポイントを還元してくれるキャンペーンが行われていますが、このキャンペーンも特別変更ありません。

  • 楽天市場での買い物によるポイントが最大3倍アップ
  • 回線契約で3,000ポイント
  • 端末購入で最大24,000ポイント
  • 家族・友人を楽天モバイルに紹介すると1人につき7,000ポイント
  • 楽天モバイル2回線目以降の申し込みで3,000ポイント

楽天市場の買い物で3倍のポイントアップは大きいです。毎月36,000円使うと獲得できるポイントは1,080ポイント増、楽天モバイルの3GBまでの料金がまかえてしまいますからね。

ただし、これらのキャンペーンは今後変更の予定が有る点は注意しましょう。

スポンサーリンク

海外向けサービス

楽天モバイルは海外でも2GBまで無料で利用することが可能です(新プランでも変更なし)。

またデータチャージ、データ残容量通知、データ高速モードの3つのサービスはパートナー回線のデータ容量上限撤廃により国内利用は廃止されましたが、海外利用時は継続して利用できます。

  • データチャージ・・・1GB500円
  • データ残容量通知・・・400MB、0MB到達時
  • データ高速モード・・・アプリより設定可

楽天モバイルの公式サイト

Rakuten最強プランの注意点

新プランにより楽天モバイルで改善された点を紹介しましたが、以下の点には注意が必要です。

au回線と全く同じ通信速度がでるわけではない

パートナー回線であるau回線が無制限で使えるようになったというのは大きなメリットですが、通信速度はauスマホを使う場合と全く同じではありません。

楽天モバイルで使えるau回線は一部の周波数帯に限定されており、利用者数に大きく影響されてしまいます。その為、回線に余裕があるauやサブブランドのUQモバイル比べると、回線混雑時は特に速度が低下しやすいです。

通信速度は回線利用状況(時間帯や使用場所)によって大きく影響されるので一概には言えませんが、楽天回線利用時が50〜100Mbpsであるのに対し、パートナー回線利用時は10〜20Mbpsしかでないことが多いです。

また今後、パートナー回線の上限が撤廃されたことにより利用者が増え、現在よりさらに通信速度が遅くなってしまうということも可能性として考えられます。

au回線と全くエリアではない、3大キャリア並の繋がりやすさとはならない

パートナー回線が使えるエリアが拡大したからとは言え、楽天回線が圏外となるエリアが全てau回線に繋がるというわけではありません。

また楽天回線に一応は繋がるけれど電波が弱くて速度が遅いなんてこともありえます。

そもそも人口カバー率というのは「約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出」されています。99.9%とは言え、繋がらない場所は全然ありうるのです。

確かに以前に比べれば繋がりやすさは改善されたでしょう。楽天モバイルの基地局自体、かなり増えていますしね。

ただ3大キャリア並みになったかというとまだそういうわけではないのです。

スポンサーリンク

Rakuten最強プランへの変更はメリットのみ

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」から新プランの「Rakuten最強プラン」に変わったことによる変化は、パートナー回線でのデータ容量上限撤廃とパートナー回線エリアの拡大のみです。

これといったデメリットはなく、メリットのみとなっており、今後楽天モバイルの使い勝手改善に期待できます。

もちろん回線品質という点だけで見れば3大キャリアと比べるとまだまだな部分が多いですが、料金の安さを考えると十分魅力の大きいスマホになったと言えるでしょう。

なおプランの変更は自動で移行されている為、手続き等は不要ですでにパートナー回線でも無制限に使えるようになっています。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

タイトルとURLをコピーしました