格安SIM

20GBは2,000円台が当たり前!20GBプランがある格安SIMを料金・回線品質で徹底比較、おすすめを紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

動画を見たり、SNSを使ったりと色々なネットサービスが利用できるスマホですが、悩ましいのが通信量。

Youtubeを1時間見るだけで、標準画質(480p)でも0.6GB、高画質(720p)なら1GB以上使います。SNSも画像の多いインスタは通信量が多く、1時間で1GB近く使います。

当然月数GB程度では足りるわけもなく、かなり節約して使わなければなりません。

ただ最近の格安SIM(キャリアの格安プランやサブブランドも含めて)は、20GB程度のプランを主流にプランを設定しています(小容量プランもありますが)。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の数GBしか使えないプランよりも安く、非常に安く使えるので非常におすすめです。

本記事では20GB程度使うことができる格安SIMについて、種類や違い、特徴、そしておすすめのものを紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

20GB程度使える格安SIM一覧、及び特徴

20GB程度が使える格安SIMは以下の通りです。ここではそれぞれの大まかな特徴について触れていきます。

 ahamoLINEMOY!mobileUQモバイル楽天モバイル
mineoIIJmio
回線品質
基本料金20GB:2,970円
(5分以内かけ放題込)
20GB:2,728円20GB:4,015円
30GB:5,115円
20GB:3,278円
(10分以内かけ放題込)
〜20GB:2,178円
20GB 〜:3,278円
20GB:2,178円20GB:2,000円
割引等なしなし家族割
光セット割
なしなし家族割なし
割引後
料金
20GB:2,178円〜
30GB:3,278円〜
20GB:2,123円
制限時
速度
1Mbps1Mbps1Mbps1Mbps1.5Mbps200kbps
データ
繰越
×××
留守電×
割込通話××
詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

回線品質はキャリアの格安プラン、サブブランドが優秀

20GBというある程度のデータ容量を使うのであれば、回線品質はやはり気にしたいところ。通信速度はもちろん、時間帯によって遅くならないか、どこでも繋がるかはやはり重要です。

結論から言ってしまえばキャリアの格安プランであるahamoLINEMO、サブブランドのY!mobileUQモバイルは非常に優秀です。

一方でMVNO(キャリアから回線を借りて通信サービスを提供)の格安SIMはそれらに比べると劣ってしまい、また昼休みなど回線が混雑する時間帯に速度が低下する傾向があります。

LINEMOの公式サイト

安さと通信速度のバランスで選ぶなら楽天モバイル

第4のキャリアとして登場した楽天モバイル20GBで2,178円、さらにそれ以上はどれだけ使っても3,278円というキャリアの格安プランやサブブランドよりも安い料金で使うことができます。

さらに通信速度も上記ほどではないにしろそこそこ良好。

サービス開始当初はエリア狭い、繋がらないといった使い勝手の悪さが目立っていましたが、現在は急ピッチの基地局増設に伴いエリアは大幅改善、さらにパートナー回線(au回線)の利用上限も5GBから無制限に変更されかなり快適に使えるようになりました。

楽天モバイルの公式サイト

安さで選ぶならmineo

MVNO(キャリアから回線を借りて通信サービスを提供)の格安SIMは、通信速度が上記に多少劣る代わりに、料金が一段と安くなっているという特徴があります。

その中でも特におすすめはmineo

mineoは20GBが2,178円で使えることに加え、「パケット放題Plus」という容量を消費しない低速モード時の速度が最大1,5mbpsになるオプションが無料で使える為、動画視聴程度であればこの料金で容量を気にせず使うことができます。

mineoの公式サイト

家族割or光回線セット割が利用できるならY!mobileがベスト

Y!mobileの基本料金は他の格安SIMに比べるとかなり高いです(20GBで2,178円)。

しかしY!mobileは「家族で複数回線使った場合の2回線目以降」または「ソフトバンク光とセット割を適用した場合の家族分全回線」が最大1,650円の割引の割引を受けることができるというメリットがあります。

この割引を適用すると20GBで2,178円、30GBで3,278円という安さです。

回線品質が良く、その他のサービスも充実しているので、家族で複数回線使う場合や光回線を使っている場合(ソフトバンク光への乗り換えも視野に)はY!mobileが一番でしょう。

容量を使い切った後もそこそこの速度で通信可能な格安SIM多数

20GB程度のプランでは、データ容量を使い切った後でも最大1Mbpsというそれなりに速い速度での通信が可能なところが多いです。

最大1Mbpsというのは動画を標準画質で見ることができる速度です。これだけの速度がでれば、万が一データ容量を使い切ってもコスパの悪いデータ追加を行う必要がありません。

ただし、LINEMOやY!mobileなど小容量(3GB)プランを選択した場合は制限時の最大通信速度は300kbpsと遅いので注意してください。

mineoは通常だと最大200kbpsに制限されます。しかし「パケット放題Plus」というオプションに加入すると制限時の最大通信速度が最大1.5Mbpsとなります。

20GBプランではこのオプションが無料で使うことができるので、20GB以上使うけどできるだけ通信費を抑えたいという人にはかなりおすすめです。

mineoのパケット放題Plusの特徴を解説。使い方からメリット・デメリット、使い勝手、他社との比較も紹介
格安SIMの中で人気が高いmineo。その人気の理由にデータ消費なしで動画も見れる「パケット放題Plus」があります。 本記事ではそのパケット放題Plusについて、特徴やメリット・デメリット、使い勝手等を詳しく解説していきます。 関連記事 ...

ahamo、LINEMOはデータ繰り越し不可

ahamoLINEMOといったキャリアの格安プランはデータ繰り越しができません。

すなわちもし20GBのうち15GBしか使わなくても、翌月に使えるデータ容量は常に20GBということです。

一方でY!mobileなどのサブブランド、mineoなどのMVNOはできる為、これについてはデメリットであると言えるでしょう。

なお楽天モバイルは使った容量に応じて料金が上がる段階制料金であり、毎月使える容量が決まっているわけではない為、容量繰り越しという考えはありません。

ahamoはデータ繰り越しや容量シェアができない!容量がなくなった時の対処法、データ追加の料金も紹介
ドコモのオンライン専用プランであるahamoは非常に料金が安く、それでいて通信速度が速くて安定しているというかなりおすすめできる格安SIMです。 ただ、データ繰り越しや容量シェアができないことは注意しなければなりません。 関連記事 格安SI...

留守電・割込通話が使えない格安SIMもあるので注意

LINEMOは割込通話が使えず、ahamoに関しては留守電も割込通話も使うことができません。

それ以外の格安SIMは有料オプションであるものの使うことができます。

これらの機能が必要ないのであれば気にすることではありませんが、ビジネス等で必要だと言う場合には注意してください。

20GB使えるおすすめ格安SIM詳細

ここから、先程紹介した各格安SIMの詳細を紹介していきます。

ahamo(ドコモのオンライン専用プラン)

ahamo
料金20GB:2,970円
100GB:4,950円
通話オプション5分以内無料:0円
かけ放題:1,100円
使用回線ドコモ
タイプキャリア
特徴・キャンペーン情報
  • 回線品質◎、混雑する時間帯も快適
  • 端末割引やdポイント還元あり

ドコモが出している格安プランであるahamo。ドコモ回線で回線品質がかなり良いです。

5分以内の通話無料がついていて、3,000円以内で利用することができるのでかなりコスパが良いです。

また80GB追加オプションが非常に安く基本料金の20GBと加えて100GB使えるというのもポイントでしょう。大容量使える格安SIMは他にないので、30GBを以上使うのであれば唯一の候補です。

ahamoの公式サイト

ahamoの詳細、評判・口コミをチェック!

LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン)

LINEMO
料金ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
通話オプション5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
使用回線softbank
タイプキャリア
特徴・キャンペーン情報
  • 回線品質◎、混雑する時間帯も快適
  • スマホプラン契約で最大12,000円分のPayPayポイント
  • ミニプラン契約で、半年間6GBが990円
  • 通話定額オプションが7ヶ月間無料

ソフトバンクが出している格安プランであるLINEMO。ソフトバンク回線を使うので回線品質は問題なし。MVNOタイプの格安SIMに比べて、速度や安定性も高いですし、時間帯による制限もありません。

また他のキャリアタイプの格安SIMに比べて、キャンペーンなどが豊富なのも大きな特徴。特に他社からの乗り換えだとかなりお得です。

LINEMOの公式サイト

LINEMOの詳細、評判・口コミをチェック!

Y!mobile(ソフトバンクのサブブランド)

Y!mobile
基本
料金
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
割引光回線セット割:最大△1,650円(1回線目〜)
家族割:△1,100円(2回線目〜)
PayPayカード割:△187円
割引後
料金
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
通話オプション10分以内無料:880円
かけ放題:1,980円
使用回線softbank
タイプサブブランド
特徴・キャンペーン情報
  • 回線品質◎、混雑する時間帯も快適
  • 端末代割引、1円端末あり
  • データ増量オプション6ヶ月無料

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileMVNOに比べて速度は十分に速く、混雑する時間帯でも極端に遅くなるようなことなく快適に使うことができます。

基本料金は高いのですが、割引を適用すると大幅に割引されるのでかなりお得です。家族みんなで契約する場合、自宅でソフトバンク光を利用している人はぜひ活用をおすすめします。

また、Y!mobileは一番大きいプランが30GBプランとなっていますが、増量オプションを利用することで5GBの追加が550円で可能。合計35GBまで使うこともできます。

Y!mobileの公式サイト

Y!mobileの詳細、評判・口コミをチェック!

UQモバイル(auのサブブランド)

UQモバイル
料金ミニミニプラン(4GB):2,365円
トクトクプラン(15GB):3,465円
コミコミプラン(20GB+通話定額10分):3,278円
割引光回線セット割:△1,100円
家族割::△550円
auPayカード支払割:△187円
(※コミコミプランは割引適用外)
割引後
料金
ミニミニプラン(4GB):1,078円
トクトクプラン(15GB):2,178円
コミコミプラン(20GB+通話定額10分):3,278円
通話オプション10分以内無料:880円
かけ放題:1,980円
使用回線au
タイプサブブランド
特徴・キャンペーン情報
  • 回線品質◎、混雑する時間帯も快適
  • au Pay残高還元、最大10,000円相当
  • 端末代大幅割引
  • データ増量オプション7ヶ月間無料

auのサブブランドであるUQモバイルMVNOに比べて速度は十分に速く、混雑する時間帯でも極端に遅くなるようなことなく快適に使うことができます。

プランが新しくなり、20GBのプランは10分以内の通話かけ放題が込みで3,278円。以前とは違い光回線とのセット割なしでも安く使うことができるので、誰にでもお得です。

UQモバイルの公式サイト

UQモバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

楽天モバイル

楽天モバイル
料金〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜無制限:3,278円
通話オプション15分以内無料:1,100円(標準アプリ)
※専用アプリ利用時はオプションなしで無料
使用回線楽天
タイプキャリア
特徴・キャンペーン情報
  • どれだけネットを使っても最大3,278円
  • 専用アプリ利用で国内通話無料
  • 端末割引あり、iPhoneの実質価格は全キャリア最安
  • MNPで最大12,000円分のポイント還元
  • 楽天市場でのポイント還元率アップ

新たなキャリアとして楽天が出している楽天モバイル。料金は段階制で、20GBを超えるとそれ以上はずっと定額で容量の制限がありません。

またキャンペーンも他社に比べて充実しており、契約とともに端末を購入しようと思っているのであればかなりお得でしょう。

ただ回線があまり良くないという点に注意しなければなりません。3大キャリアに比べると楽天回線は繋がらない場所がちらほらある点は注意が必要です

ですが20GB以上使う場合のコスパは圧倒的No1となっています。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

mineo(パケット放題Plusで使い放題)

mineo
料金【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【マイそく】
スーパーライト(最大32kbps)・・・250円
ライト(最大300kbps)・・・660円
スタンダード(最大1.5Mbps)・・・990円
プレミアム(最大3Mbps)・・・2,200円
通話オプション10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
使用回線docomo、au、softbank
タイプMVNO
特徴・キャンペーン情報
  • パケット放題Plus(月額385円もしくは無料)で容量消費後も1.5Mbpsで通信可
  • 通信速度が制限される代わりに無制限で使えるマイそくは音声専用端末にベスト
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 他社にはない便利なサービスが豊富

mineoはサービス面で非常に優れた格安SIM。

特におすすめなのがパケット放題Plus。10GB以上のプランであれば無料で利用することができ、データ容量を使い切った後や節約モードに切り替えた後も1.5Mbpsで利用できるというサービスです。

1.5Mbpsあれば、SNS、音楽ストリーミングは問題なく使えますし、Youtube等の動画も標準画質であれば視聴することができる速度。毎月そこまで容量に気を使わずに使うことができるので割と便利です。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

IIJmio(20GBを一番安く使える)

IIJmio
料金2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
通話オプション5分以内無料:500円
10分以内無料:700円
かけ放題:1,400円
使用回線docomo、au
タイプMVNO
特徴・キャンペーン情報
  • 格安SIMの中でもトップクラスの安さ
  • 端末代最大35,000円割引
  • 月額料金が6ヶ月間440円割引
  • 通話定額オプションが6ヶ月間410円割引

料金が安いというメリットがあるMVNOの格安SIM。さらにそのMVNOの中でも特に安いのがこのIIJmioです。

回線品質の面ではキャリアタイプ、サブブランドタイプに比べて劣ってしまうのは否めませんが、基本的には動画も快適に見れるくらいの速度はでます(混雑する時間帯にたまに遅くなるくらい)。

キャンペーン等も豊富で、固定回線とのセットで安くなるといったメリットもありますから、とにかく料金重視だという人にはもってこいの格安SIMです。

IIJmioの公式サイト

IIJmioの詳細、評判・口コミをチェック!

まとめ

20GBは各社が主流のプランとして力を入れており、コスパの良いものが揃っています。

それこそキャリアで数GBの小容量プランを選ぶよりはずっとお得です。

ぜひ、自分にあった格安SIMを見つけてお得に快適に使っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました