格安SIM

楽天モバイルとpovo2.0を徹底比較。それぞれのメリット・デメリットや併用する場合について解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルとauの格安プランであるpovo2.0について、本記事ではそれぞれの特徴をおさえ、どちらがおすすめできるかを紹介していきます。

また併用する場合についての注意点についても解説しているのでぜひチェックしてみてください。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで最大12,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0のそれぞれの大まかな特徴・違いとおすすめする人

まず楽天モバイルとpovo2.0の特徴等を解説していきます。

スマホ特徴
楽天モバイル
  • 楽天回線利用で回線品質は3大キャリアに劣る(エリアが狭い)
  • 段階制料金で1,078円〜3,278円
  • 容量無制限
  • 専用アプリ利用で通話料無料
  • 留守電・割込通話利用可
povo2.0
  • au回線利用で高品質
  • 基本料金0円
  • 使いたい時に使いたい容量を追加(トッピング)して利用
  • 1〜150GBのデータ通信トッピングや通話かけ放題トッピング
  • トッピングを使い切った場合は最大128Kbps
  • 留守電の利用可、割込通話不可

安く使いたいなら楽天モバイル

楽天モバイルは安さが非常に魅力的。

使った容量に応じて料金が変動する段階制料金で、3GB以内であれば1,078円、20GB以内であれば2,178円、そして20GB以上はどれだけ使っても3,278円で利用することができます。

通話に関しても専用アプリ(RakutenLink)を利用して電話をかければ無料であり、コスト面では povo2.0のみならず他の格安SIMと比べてもトップクラスの安さであると言えるでしょう

一方でpovo2.0は20GBが2.700円と楽天モバイルよりは高く、さらに容量を使い切ってしまった場合の最大通信速度が128Kbpsで使い物にならないため(ahamoLINEMOは最大1Mbps)、さらなる容量購入が必要となり高くついてしまう可能性があります。

通信が安定しているのはpovo2.0

auの格安プランであるpovo2.0は、エリアはauと同じなので回線自体は優秀でエリアは広く、速度もそこそこ速いです。

一方で楽天モバイルは新しいキャリアとして基地局をどんどん増設しているとはいえ、エリア面では3大キャリアに比べてかなり劣っており、都心部であっても特に地下や建物内では繋がりにくくなる場合があります。

もしあなたがネットを利用する際に繋がらない、遅いといったことでストレスを感じたくないならpovo2.0を選ぶべきでしょう。

LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大15,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0の詳細を比較

ではここからは、楽天モバイルとpovo2.0の詳細を比較していきます。

 楽天モバイルpovo2.0
回線品質
エリア狭い広い
(au回線)
容量 無制限都度購入
料金〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
【トッピング】
使い放題:330円(24時間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)
通話料無料
※専用アプリ利用時
30秒22円
通話定額15分以内:1,100円
※標準アプリ利用時
5分以内:550円
制限なし:1,650円
制限時
最大速度
なし128Kbps
留守電無料利用不可
割込通話無料利用不可
キャリア
メール
無料
(@rakumail.jp)
なし
特典
キャンペーン
端末購入で
楽天ポイント還元
なし
月額料金
支払方法
クレジットカード
口座振替
クレジットカード

プラン・料金

 プラン・容量料金
楽天モバイル
3段階の段階制料金
(〜3GB、〜20GB、
無制限)
〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
povo2.0使いたい容量を
都度購入
【トッピング】
使い放題:330円(24時間)
1GB:390円(7日間)
3GB:990円(30日間)
20GB:2,700円(30日間)
60GB:6,490円(90日間)
150GB:12,980円(180日間)

料金は楽天モバイルがお得。

20GB使っても2,000円程度、20GB以上はどれだけ使っても3,000円ちょっとというのは他の格安SIMと比較してもトップクラスの安さです。

また段階制料金となっているので毎月使うデータ量が変動するユーザーも、損せずに使えるというのは大きなメリットでしょう。

povo2.0は、毎月決まった料金がかかるのではなく、使いたいタイミングで使いたい容量を購入するという形をとります。料金は楽天モバイルほど安くはないものの、全く使わない月は0円で運用することも可能です。

ただ容量を購入する手続きは不要で、かつ使った容量に合わせて料金が変動する楽天モバイルの方が、使い勝手は良いです。

通信品質・エリア

通信品質やエリアはpovo2.0の勝ち。auと同じ回線であるため、エリアの広さは言わずもがなで、田舎や建物内・地下でも繋がります。

一方で楽天モバイルは都心部であっても繋がらない場所が結構あり、特に地下や建物内だと圏外になり使えないことがあります。

基地局増設等で徐々に改善されており、だいぶ口コミも良くなってきたのでさらなる改善に期待です。

通話料・かけ放題

楽天モバイル専用アプリ(RakutenLink)を利用して電話をかけると、他社のスマホにかける場合であっても通話料が一切かかりません。

RakutenLinkはデータ通信を利用した通話であるため、通常の音声通話に比べて音質がわるかったり途切れてしまうというデメリットがあるものの、無料でかけ放題というのは大きなメリットでしょう。

また音声品質をこだわる人向けには、15分以内の通話かけ放題オプションが1,100円で利用することができます。

一方でpovo2.0の通話料は30秒で22円かかります。ただし5分以内のかけ放題が550円。時間制限なしの完全かけ放題が1,650円で利用することも可能です。

制限時最大通信速度

楽天モバイルは段階制料金であり、20GB以上は制限なしで使うことができるの使いすぎによる速度制限は基本的にありません。

一方でpovo2.0は容量を使い切ると3GBプランの場合は最大通史速度が300Kbps、20GBプランの場合は1Mbpsに制限されます。

ただこの数字はなかなか優秀。特に20GBプランの場合は最大1Mbpsでの通信が可能で、SNSやYoutubeの動画も標準画質での視聴が可能なレベルです。

そのため、20GBでは少し足りないという人でも多少遅くなってしまうことに耐えれば十分使うことができるでしょう。

【使い切った後も速い】速度制限中、節約モード中でも最大1Mbpsの速度で使える格安SIM
データ容量を使い切るとデータ通信を使うサービスは全く使えなくなるというのは昔の話。 今は容量を使い切った後でもYoutubeで動画を見ることができるレベルの最大1Mbpsで通信可能な格安SIMもたくさんでています。 ここまで速度がでてくれる...

留守電、割込通話

電源OFF時や圏外時、電話に出られない時に伝言を預かるサービスである留守電は、楽天モバイルだと無料で利用できるようになっています。

一方でpovo2.0は留守電機能を使うことはできません(オプション自体もなし)。

また通話中に他の着信があった時、通話中の電話を保留にして電話にでることができる割込通話も、楽天モバイルでは無料で利用できるものの、povo2.0ではオプションの設定自体がないので使うことができません。

もしビジネス用などでこれらの機能が必要ならpovo2.0は避けときましょう。

キャリアメール

楽天モバイルでは、「@rakumail.jp」というキャリアメールが無料で使えるようになっています。

一方でpovo2.0にはキャリアメールがありません。

しかしメール持ち運びサービスを使うと、現在使っているキャリアメールをpovo2.0でも引き続き利用することができます。

なおメール持ち運びサービスを利用する場合は乗り換え前のスマホで手続きが必要で、月330円かかる有料オプションとなっています。

キャンペーン・特典

楽天モバイルのキャンペーン・特典は様々なタイミングでの「楽天ポイントの還元」です。

  • 楽天市場での買い物によるポイントが4倍アップ
  • 回線契約で2,000ポイント
  • 端末購入で最大12,000ポイント
  • 家族・友人を楽天モバイルに紹介すると1人につき7,000ポイント

楽天市場で頻繁に買い物する人は特にメリットがあり、たとえば毎月10,000円使うと獲得できるポイントは400ポイント増、楽天モバイルの3GBが678円で使えることになります

【最新】楽天モバイル利用で楽天ポイントはどれだけ貯まる?アップする倍率やメリット、損益分岐点を解説
楽天モバイルはスマホ自体の料金が安いだけでなく、楽天市場で買い物する際に獲得できるポイントが増えるというメリットがあります。 実はこれにより、楽天モバイルの利用料金以上にポイントが増えるケースもある為、毎月一定金額以上を使う場合はたとえ楽天...

一方でpovo2.0はそこまで特筆すべきキャンペーンは行われません。

支払い方法

楽天モバイルクレジットカードもしくは口座振替での支払いが可能となっています。

一方、povo2.0はクレジットカードのみで、口座振替での支払いはできません。

あなたはどっちを使うべき?使い方に応じたおすすめのもの

ではここからは、あなたがどっちを使うべきか、使い方に応じたおすすめのものを紹介します。

楽天モバイルがおすすめの人

まずは楽天モバイルをおすすめの人。

料金を安く抑えたい人

まず一番は料金を安く抑えたい人ですね。

楽天モバイルは他の格安SIMと比較しても月額料金が安い上に通話料も無料、さらに端末購入時には楽天ポイント還元、楽天市場での買い物の際の還元率アップなど、コスト面では抜群に優れています。

毎月の通信費を抑えることを優先するのであれば、一番に選びましょう。

大容量のデータ通信を使いたい人

楽天モバイルは20GB以降、3,278円で容量の上限なしで使えます。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアだと無制限プランがありますが料金は7,000円以上。格安SIMは多くても最大30GB程度までです。

povo2.0は容量を使いたいタイミングで購入(トッピング)するタイプであるため、使おうと思えばいくらでも使えます。ただ60GBで6,490円かかってしまうので、現実的ではありません。

基本的にもし20GB以上使うのであれば楽天モバイルを選びましょう、3,000円程度で無制限に使える楽天モバイルは、ヘビーユーザーにとって最もおすすめできるスマホです。

ただし通信品質も求めるから楽天モバイルが嫌だというのであれば100GBが4,950円で使えるahamoがおすすめです。

留守電や割込通話が必要な人

楽天モバイル留守電も割込通話も無料で使うことができます。

一方でpovo2.0は留守電、割込通話は利用できません。

もしビジネス等で利用が必須なら楽天モバイル一択でしょう。

povo2.0がおすすめの人

一方でpovo2.0をおすすめするのはこんな人です。

ネット利用時にストレスを感じたくない人

povo2.0は回線品質の良さという点が楽天モバイルよりも優れています。

エリアの広さはもちろん、信速度や安定性は優秀なので、常にストレスなく使いたい人にはおすすめです。

楽天モバイルだと都心部でも地下だと繋がらなかったり、駅前だと遅くなったりするといったことが起きますが、povo2.0ではそういったことがありません。

使いたい時に使えない、遅いというのは意外と大きいストレスなんですよね。

都心部以外に住んでいる人

楽天モバイルはちょっと郊外にいくと繋がらない場所も増えてきます。au回線と比べるとその差は顕著です。

都心部に関しては他所の我慢で使えるくらいにはなってくれましたが、郊外に関しては正直まだまだ。今後改善されていくでしょうが、現時点では不満を感じてしまうことが多いかもしれません。

LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大15,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

楽天モバイルとpovo2.0の併用はあり?メリット・デメリットをチェック

iPhoneなどを中心に、一つのスマホで2つのSIMを使えるデュアルSIM端末が広く普及してきました。

そして中には、楽天モバイルとpovo2.0の併用を検討する人も少なくないでしょう。

そこでここでは楽天モバイルpovo2.0の併用についてメリット・デメリットを紹介していきます。

楽天モバイル(3GB以内)とpovo2.0の併用

楽天モバイルを通話メイン、povo2.0をデータ通信メインとする併用パターン。

楽天モバイルの通話無料や留守電を活かしつつ、通信品質の優れたpovo2.0をデータ通信用にすることで使い勝手は良くなるというメリットがあります。

ただ料金は3,778円と高くなってしまうデメリットがあり、悩みどころ。もちろんこれでも安いですが、Y!mobile1台だけで良いかもしれません。

以下、楽天モバイルとpovo2.0を併用した場合の料金比較です。

 楽天モバイル(〜3GB)
+
povo2.0(20GB)
Y!mobile
留守電
割込通話
利用可利用可
料金3,778円【基本料金】
20GB:4,015円
30GB:5,115円
【通話定額オプション込み】
20GB:4,895円
30GB:5,995円
割引なし光回線セット割
or
家族割
割引後
料金
3,778円【基本料金】
20GB:2,178円〜
30GB:3,278円〜
【通話定額オプション込み】
20GB:3,058円〜
30GB:4,158円〜

もし家族で複数回線利用する場合、光回線とセットで使う場合はY!mobileの方がお得、わざわざ併用するのではなく、Y!mobileだけで持ったほうが良い場合もあるというのは覚えておきましょう。

楽天モバイル(20GB以上)とpovo2.0の併用

無制限に使える楽天モバイルをメインとし、楽天が繋がりにくい場合にpovo2.0を利用するという併用パターンはかなりおすすめ。

楽天の繋がりにくさをpovo2.0で補うことができるので、使い勝手はかなり良いです。

料金も3GBであれば990円でトッピングできるので、楽天を20GB以上使っても合計で4,268円ですみます。

まとめ

楽天モバイルpovo2.0も、3大キャリアに比べれば非常に安くつかうことができるので十分おすすめできます。

そしてどちらが良いかは使い方次第。もし安く使いたいなら楽天モバイル、回線品質でストレスを感じたくないならpovo2.0という具合に、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

また、povo2.0以外にもサブブランドのY!mobileUQモバイル、ドコモの格安プランであるahamoなどもあるので、気になる方は関連記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました