格安SIM

楽天モバイルには家族割や家族間通話無料がないけど家族で乗り換えるとスマホ代はどうなる?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

第4のキャリアである楽天モバイル。

当初はエリアが狭くて繋がらない、パートナー回線が5GBまでしか使うことができないなど様々なデメリットがありました。

しかし徐々に楽天回線のエリアが広くなって繋がりやすくなったとともに、2023年6月からプランの名称をRakuten最強プランと変えると同時に、パートナー回線の利用が無制限になった為、非常に使い勝手が良いスマホに変わっています。

今回解説するのはそんな楽天モバイルを家族で使う場合について。どんなメリットがあるのか、キャリアから乗り換えると料金はどれだけ安くなるのかについて詳しく解説していきます。

関連記事

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルには家族割がない、しかし家族間通話は専用アプリ利用で無料

結論から言うと、楽天モバイルには家族割がありません。しかしそれはそもそもの料金が非常に安いから。家族みんなで使わなくても、安く使うことができる携帯電話となっています。

楽天モバイルには家族割がないが、そもそもの料金が安い

楽天モバイルには「Rakuten最強プラン」という使った容量に応じて料金が上がる段階料金制のプランしかありません。

料金は以下の通りです。

  • 〜3GB:1,078円
  • 3〜20GB:2,178円
  • 20GB〜無制限:3,278円

そしてこれらの料金に対して家族割などの割引はなく、総じてみんながこの料金で使う形となります。

せっかく家族で使うのに割引がないのは損?と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

ドコモやau、ソフトバンクで家族割を適用したとしても楽天モバイルの1.5倍から2倍の料金がかかりますから、家族割なしでも安いのは楽天モバイルです。

スポンサーリンク

楽天モバイルは専用アプリ(RakutenLink)利用で通話料自体が無料

キャリアのスマホは家族のグループとして登録している人同士で通話する(家族間通話)場合は通話料が無料となるというメリットがあります。

一方で楽天モバイルの場合、標準通話アプリを利用した場合は家族であっても関係なく30秒ごとに22円の通話料がかかります。

しかし楽天モバイルは標準アプリではなくRakutenLinkという専用アプリを使って電話をかけると、家族関係なく誰にかけた場合でも通話料が無料となります。

RakutenLinkは通常の通話と違いデータ通信を利用した通話ですが、使い勝手は標準アプリと全く同じ。

相手がRakutenLinkを使っていようがいまいが関係なくかけることができるし、相手には自分の電話番号がいつも通り表示されます。

唯一のデメリットとして、通常の音声通話に比べると音質が多少悪くなる時がある点が挙げられますが、家族間での通話であれば全く気にする必要がないでしょう。

家族を紹介すると7,000ポイントプレゼント

楽天モバイルでは、家族や友人を紹介すると1人につき楽天ポイントが,7000ポイントが貰えるキャンペーン(楽天モバイル紹介キャンペーン)が行われています(記事更新時点)。

さらに紹介された人は3,000ポイントが貰えます。

もし家族4人で乗り換える場合だと、あらかじめ自分が入って他の3人を紹介すれば、7,000ポイント×3人分と、3,000ポイント×3人分、合計30,000ポイントも貰うことができるわけです。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルを家族で使うメリット

ではここからは、楽天モバイルを家族で使うメリットを確認していきましょう。

スマホ代の総額がかなり安くなる

楽天モバイルの最大のメリットはやはり安さ。3GBでまでなら1,078円、無制限に使っても3,278円しかかかりません。

さらに月額料金だけでなく、通話料無料や楽天ポイント還元など、コスパは優れています。

3大キャリアとの料金比較は後述しますが、家族で乗り換えるとスマホ代の合計はそれこそ1万円以上安くなることだってあります。

一つの名義で10回線まで契約可能

楽天モバイルは楽天IDひとつにつき10回線まで契約することが可能です。

MNPで番号を引き継いで乗り換える場合だと同名義での契約が必要となりますから、現在子供の分も自分の名義で契約している場合なんかでも問題ありません。

子供名義での契約が可能(支払いは保護者名義でOK)

親名義でまとめて契約するのも良いですが、子供名義での契約も可能です。

またその場合の支払い名義は本人である必要はなく、保護者名義のクレジットカードや銀行口座も使うことができます。

なお18歳未満の名義で契約する場合は以下の書類が必要となります。

  • 本人確認書類(「マイナンバーカード」 or 「健康保険証+住民票」 or 「パスポート+住民票」)
  • 保護者の本人確認書類
  • 法定代理人同意 兼 支払名義人同意書

フィルタリング機能があるので、子供にも安心して持たせられる(有料オプション)

楽天モバイルでは「あんしんコントロール by i-フィルター」というフィルタリングサービスが月330円で利用できるようになっています。

このサービスでは主に以下の機能が利用できます。

  • 年齢にあったフィルタリング設定(有害なWebサイトやアプリをブロック)
  • 1日1回、利用状況をメールで受け取り
  • 利用時間の制限
  • 位置情報履歴の表示(Android対象)

楽天モバイルの公式サイト

スポンサーリンク

楽天モバイルを家族で使うデメリット

一方で楽天モバイルのデメリットも確認しておきましょう。

使う容量に制限をかけることができない

楽天モバイルは使った分に応じて料金が上がる段階料金制となっていますが、料金が上がる前にデータ通信をストップする機能・設定はありません。

その為、子供は3GBまでと思っていても知らずに超えてしまって料金が一段階上がってしまう懸念があります。

どうしても容量を一定範囲内に収めたいならば、こまめな容量チェックが必要となってしまいますね。

3大キャリアに比べると、多少通信速度や繋がりやすさで不満を感じることも

楽天モバイルは以前に比べると基地局も増え、かなり繋がりやすさが改善されました。

さらにパートナー回線のエリアが広がった(東京23区・大阪市・名古屋市などの一部エリアも対象となった)り、パートナー回線の上限が5GBから無制限となったなど、使い勝手も良くなっています。

ただ3大キャリアに比べると、やはり通信速度や繋がりやすさは劣っています。

十分快適に使えるレベルだと個人的には思いますが、人によっては遅くなったなど不満を感じてしまう人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と楽天モバイルを家族4人で使った場合の料金差

ではここからは具体的に楽天モバイルと3大キャリアを家族4人で使った場合の料金差をみていきましょう。

なお前提として、4人家族で2人が無制限、もう2人が3GBまでを使うこと、特定のカード支払割は適用することとしています。

光回線のセット割を使う場合

3大キャリアは家族割に加えて特定の光回線と合わせて使うことでさらに割引を受けることができます。

まずはこの割引も適用した場合の料金です。

  楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク
1人目
(無制限)
3,278円 4,928円 4,928円 4,928円
2人目
(無制限)
3,278円 4,928円 4,928円 4,928円
3人目
(3GB)
1,078円 880円 4,378円 4,378円
4人目
(3GB)
1,078円 880円 4,378円 4,378円
 総額
料金
8,712円 11,616円 18,612円 18,612円

ドコモは新料金プランになったことで、3GBの小容量がドコモ光も使うのであれば楽天モバイルよりも安くつかうことができます。
ただ無制限プランの料金差が大きい為、総額を見ると約3,000円楽天モバイルが安くなります。

auとソフトバンクについては小容量プランが特に高く、3GB同士だと楽天モバイルより1回線で3,000円も高いです。
そして総額料金は約1万円も差がついています。年間12万円。さすがにもったいないですよね。

楽天モバイルの公式サイト

光回線のセット割を使わない場合

3大キャリアで光回線のセット割を使わない場合、当然料金が高くなる為、楽天モバイルとの差は大きくなります。

  楽天モバイル ドコモ au ソフトバンク
1人目
(無制限)
3,278円 6,028円 6,028円 6,028円
2人目
(無制限)
3,278円 6,028円 6,028円 6,028円
3人目
(3GB)
1,078円 1,980円 4,928円 5,478円
4人目
(3GB)
1,078円 1,980円 4,928円 5,478円
 総額
料金
8,712円 16,016円 21,912円 23,012円

3大キャリアの中で最も安いドコモでさえ楽天モバイルに比べると7,000円以上高く、auは約13,000円、最も高いソフトバンクは14,000円も高いです。

間にすると約80,000円〜170,000円も高くなるわけですから、多少楽天モバイルが3大キャリアよりも通信速度で劣っていたとしても、個人的には楽天モバイルを使うべきだと思ってしまいます。

特に光回線を使っていない場合は3大キャリアの料金がかなり高くついてしまいますからね。

楽天モバイルの公式サイト

スマホ代を安くしたいなら家族で楽天モバイルへの乗り換えがおすすめ

楽天モバイルは以前に比べて繋がりやすさがだいぶ改善され、さらにパートナー回線の上限5GBのも撤廃されて無制限に使えるようになり使い勝手が良くなりました。

3大キャリアに比べるとスマホ代をかなり節約することができるので、思い切ってまとめて乗り換えることをおすすめします。

関連記事

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました