光回線

auひかりの乗り換えスタートサポート・解約違約金還元キャンペーンについて詳しく解説、適用条件や申請方法、受け取り時期まとめ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

光回線を乗り換える際に気になるのが解約違約金。高いと1万円以上かかる為、それがネックで乗り換えを待っている人も少なくないでしょう。

ただauひかりの乗り換える場合であれば、他社解約時に発生した違約金が全額還元、さらにキャッシュバックが上乗せされるという特典がある為、無駄な費用がかかるどころか逆に得するのでおすすめです。

本記事はauひかりの違約金還元について詳しく解説していきます。

高額キャッシュバックのauひかり

光回線ならauひかりが特にお得

  • au・UQモバイルのスマホ1回線あたり最大1,100円割引
  • スマホ代割引は家族全員に適用
  • 高額キャッシュバック・工事費無料でかなりお得
  • 関西・東海地方を除く全国で導入可能
現在のキャンペーン

  • キャッシュバック最大72,000円(代理店経由限定)
  • キャッシュバックは最短翌月末に振込
  • 工事費無料
  • 他社光回線からの乗り換え時の違約金負担あり

\申し込みはこちら/
auひかりの正規代理店

関連記事

auひかりの乗り換えスタートサポート(解約違約金還元)特典とは?

光回線の多くは2年ないし3年の契約期間があり、その期間内で解約すると解約違約金が発生します。

また光回線開通に伴い工事費用がかかり、分割払いによる工事費残債がある場合はその分もまとめてかかる為、契約期間・タイミングによってはかなりの料金が請求されることになります。

しかしauひかりの場合は乗り換えに伴い解約違約金や工事費残債が発生した場合に、それらを還元してくれる乗り換えスタートサポートがあるので、費用の負担なく乗り換えることができます。

公式経由から申し込んだ場合は最大30,000円までの費用を還元してくれる

auひかりの乗り換えスターサポートでは、最大30,000円までの解約違約金が還元されます。

概要は以下の通りです。

  • 最大還元額は30,000円、実際に違約金としてかかった分までを還元(他社の請求書等の提出が必要)
  • 選ぶプロバイダによっては最大還元額が15,000円になる
  • まずはauPAYで還元、10,000円を超える分は月額料金の割引として還元

還元はあくまで実際にかかった分であること、キャッシュバック(auPAY)は10,000円分までで、それを超える分については月額料金から割引される点を知っておきましょう。

なくプロバイダごとの最大還元額は以下の通りです。

タイププロバイダ最大還元額内訳
キャッシュバック
(auPay)
月額料金
割引
ホームBIGLOBE
So-net
@TCOM
au one net
30,000円10,000円20,000円
(1,000円×20ヶ月)
ASAHIネット
DTI
15,000円5,000円10,000円
(1,000円×20ヶ月)
マンションBIGLOBE
So-net
au one net
30,000円10,000円20,000円
(1,000円×20ヶ月)

正規代理店経由であれば公式還元に加えて最大20,000円のキャッシュバックが貰える

auひかりを公式経由ではなく、代理店経由で申し込むと上記の公式特典に加えてホームタイプなら20,000円、マンションタイプなら10,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

  • 代理店経由ならホームタイプで20,000円、マンションタイプで10,000円のキャッシュバック
  • 解約金で実際にかかった額関係なく、解約金が発生した場合は一律で貰える
  • これとは別に契約に伴うキャッシュバックは最大72,000円貰える
  • キャッシュバックは郵便為替

「一律で貰える」というのはかなり大きなメリット。たとえば解約金が4,000円しかかからなかったとしても、24,000円(公式特典でのキャッシュバック4,000円+代理店のキャッシュバック増額20,000円)が貰えるということですからね。

また代理店経由ではこの乗り換えスタートサポートとは別に最大72,000円のキャッシュバックが貰える特典もあります。

すなわち、新規契約や更新月での乗り換えで申し込んだ場合だと最大72,000円のキャッシュバックとなるのに対し、解約違約金が発生する乗り換えで申し込むと最大92,000円のキャッシュバック+解約違約金実費分が貰えるので、むしろ解約違約金が発生する方がお得となるわけです。

公式経由だろうが代理店経由だろうが申込後のサービスは何もかわりません。ですから、お得に代理店から申し込むようにしましょう。

auひかり(正規代理店)はこちら

auひかりの乗り換えスタートサポート(違約金還元)特典の還元対象

auひかりの乗り換えスタートサポート特典で対象となる乗り換え前のサービス・料金は以下の通りです

  • 対象サービス:光回線・ホームルーター・モバイルルーター
  • 還元対象となる違約金:契約解除料、工事費残債、ルーターの割賦残債、NTTの加入電話工事費、番号ポータビリティ手数料

auひかりでは契約期間内の解約に関する違約金だけでなく、工事費の残債やルーターの割賦残債までも対象となっています。

他社の光回線を利用し始めてから2〜3年以内だとまだ工事費がかなり残っている場合もありますが、その場合でも負担なしで乗り換えることができるのはありがたい点です。

ただし、以下の場合は対象外となるので注意してください。

  • auひかり/auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービス
  • NTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイル以外が提供するモバイルルーター、ホームルーター

たとえばビッグローブ光(スマートバリュー対象)から乗り換え、モバイルWiFiのWiMAXから乗り換えといった場合は使うことができません。

auひかり(正規代理店)はこちら

auひかり乗り換えスタートサポート(違約金還元)特典の適用条件、受け取り時期

auひかり乗り換えスタートサポートの適用条件は以下の通りです。

  • キャンペーン期間中に申し込むこと
  • auひかり申込月から12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書」を送付して申請すること
  • 他社サービス請求明細に記載の氏名が申込者と同一もしくは名字が同一であること、かつ住所が同一であること
  • auひかり加入より1ヶ月以上前に他社サービス解約時は対象外
  • 電話を申し込むこと

実際にかかったことがわかる請求明細のコピーを貼り付けた申請書が必ず必要なので、必ず期間内に提出するようにしましょう。

なお申請書(スタートサポート共通申請書)はこちらからダウンロードできます。

またこの特典はオプションである光電話(月550円)も利用することが条件となっているので、特典を利用したい人はまずは申し込むようにしましょう。

また還元時期は以下の通りです。

  • キャッシュバック(公式:au Pay)・・・申請受付から約1ヶ月後
  • キャッシュバック(代理店:郵便為替)・・・申請受付から約1.5〜2ヶ月後
  • 月額料金割引・・・申請受付の翌月もしくは翌々付きから割引開始

auひかり(正規代理店)はこちら

auひかり違約金還元の申請手順

auひかり違約金還元の申請手順は以下の通りです。

  • auひかり開通、他社光回線(もしくはモバイル回線)の解約
  • 解約時に発生した料金が記載されている請求書明細などのコピーを取得(Web明細で可)
  • 申請書(スタートサポート共通申請書)を郵送(申請は必ず開通後に行う)
  • 還元開始

他社だと申請の数カ月後に振込先を入力しなければいけないなど面倒なケースもあるのですが、auひかりは一度申請書をだせばOKなので楽です。

ただ申請書は12ヶ月以内の猶予があるからと言って先延ばししていると、結局出し忘れたまま時間がたってしまうということがありうる点には注意しておきましょう。

違約金還元に関する注意点

最後に、違約金還元に関する注意点を紹介します。

月額料金割引による還元は解約すると終了

auひかりの違約金還元はキャッシュバックが10,000円分まで、残りは月額料金割引にまわされます。

もし違約金(契約解除料や工事費残債)が30,000円発生した場合、20,000円分は1,000円×20ヶ月間の割引にまわされます。

ただその割引は途中で解約すると無効。もし10ヶ月で解約すると残りの10ヶ月分の10,000円分については無効となってしまいます。

30,000円を超えた部分は還元されない

auひかりの違約金還元特典は上限が30,000円となっており、それを超えた額が発生した場合は自分で負担しなければなりません。

契約期間縛りに対する解約金だけであればそこまでかからないものの、利用開始から解約までの期間が短いと工事費残債が多くなり、30,000円を超えてしまう場合があるので注意しましょう。

とはいえ代理店経由での申し込みであればキャッシュバックが最大92,000円貰えるのでマイナスになることは考えられません。

キャンペーンは終了もしくは内容が変わる可能性あり

auひかりの違約金還元キャンペーンはかなり長い期間行われていますが、いつまで続くかはわかりません。

予告なく終了したり、上限金額が変わる、工事費残債が適用外になるといった内容の変更が行われる可能性もゼロではありません。

もし終了していたら違約金は補填されないので注意しましょう。

まとめ

違約金還元がある光回線は、他社からの乗り換えが気楽にできるのでありがたいですよね。

特にauひかりは解約違約金のみならず、工事費残債なども還元してくれますし、キャッシュバックも多いです。

違約金がかかってしまうことで乗り換えを躊躇してしまっているのであれば、ぜひauひかりへの乗り換えを検討してみてください。

auひかり(正規代理店)はこちら

関連記事

タイトルとURLをコピーしました