光回線

フレッツ光や光コラボからauひかりへの乗り換え方法やメリット・デメリットまとめ、フレッツ光からの転用や光コラボ同士の事業者変更との違いもチェック

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

auひかりは独自回線でサービスを提供している光回線であり、フレッツ光回線を使った光コラボとは異なります。

乗り換える場合も光コラボ間での乗り換える場合とだいぶ違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

高額キャッシュバックのauひかり

光回線ならauひかりが特にお得

  • au・UQモバイルのスマホ1回線あたり最大1,100円割引
  • スマホ代割引は家族全員に適用
  • 高額キャッシュバック・工事費無料でかなりお得
  • 関西・東海地方を除く全国で導入可能
現在のキャンペーン

  • キャッシュバック最大72,000円(代理店経由限定)
  • キャッシュバックは最短翌月末に振込
  • 工事費無料
  • 他社光回線からの乗り換え時の違約金負担あり

\申し込みはこちら/
auひかりの正規代理店

フレッツ光や光コラボからau光への乗り換えは転用・事業者変更と異なる

フレッツ光から光コラボ(ドコモ光など)へ乗り換える「転用」や光コラボから光コラボへ乗り換える「事業者変更」の場合は、回線自体をそのまま使うことができるので工事等は必要ありません。

しかしauひかりはフレッツ光と異なる独自の回線(ダークファイバー)を使う光回線である為、乗り換える場合にしなければいけなことは大きく異なります。

 転用
事業者変更
auひかりへの
乗り換え
回線変わらない変わる
開通工事不要必要
乗り換えにかかる期間1週間程度1〜2ヶ月程度

乗り換えが非常に簡単な転用や事業者変更と違い、auひかりへの乗り換えは回線の変更が伴う為、手間がかかり期間も長くなってしまう点はあらかじめ注意しなければいけない点です。

ただ、その分転用や事業者変更にはない大きなメリットもあるので、auひかりへの乗り換え自体はかなりおすすめできます。

フレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換える方法、手順

ではまずはフレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換える方法、手順について確認していきましょう。

auひかりが利用可能か確認する

auひかりはエリア外の地域(関西、東海など)があったり、マンションがauひかりに対応していない為、使うことができないというケースがあります。

その為、まずはauひかり自体が利用可能かどうかの確認を行いましょう。

公式のエリア確認ページで住所を入れるとすぐにわかります。

なおエリアチェックした際、マンションの場合だとどんなタイプでの申し込みになるかが表示されるのでそちらも覚えておくことをおすすめします(タイプによって月額料金が変わる為)。

auひかりをマンション・アパートで使う方法や通信速度、工事内容、料金まとめ
光回線は戸建てタイプとマンションタイプで利用の条件、料金、通信速度が異なります。 そこで本記事ではauひかりを、マンションやアパートで使う場合について詳しく解説していきます。 関連記事 auひかりの料金、キャッシュバック、セット割内容等を詳...

auひかりのプラン、プロバイダ、申し込み先を決める

auひかりの導入が可能であれば、申し込み内容、申し込み先を決めましょう。

auひかりのプラン

【戸建て】

戸建てプランは契約年数によって3つのプランから選ぶことができます。

 ずっとギガ得ギガ得プラン標準プラン
月額料金1年目 5,610円5,720円6,930円
2年目5,500円
3年目〜5,390円
契約期間3年2年なし
最大通信速度1Gbps

この中でおすすめは断然ずっとギガ得プラン。料金がかなり安いですし、万が一契約期間内で解除するとしても4,730円しかかかりません。
またキャッシュバックといった契約時の特典はずっとギガ得プランでの契約が必要というケースも多いです。

なおauひかりの戸建てタイプでは超高速通信プランとしてホーム10ギガ、ホーム5ギガもありますが、エリアが関東の一部とかなり限定的で、かつほとんどの人にとっては1ギガで十分な速度となるので明らかに必要だとわかっている人でなければおすすめしません。

【マンション】

マンションタイプは自分が住んでいる集合住宅次第で選べるタイプが異なります。

 マンションタイプ料金最大通信速度
ギガ4,455円1Gbps
ミニギガ5,500円1Gbps
タイプG4,730円(16契約以上)
5,060円(8契約以上)
664Mbps
タイプV4,180円(16契約以上)
4,510円(8契約以上)
100Mbps
都市機構
(URマンション)
4,180円100Mbps
都市機構G
(URマンション)
4,180円664Mbps
タイプE3,740円100Mbps
タイプF4,290円100Mbps

先程行ったエリア確認で、自分が契約するタイプがどれに該当するかはわかりますので、照らしあわせ料金を確認しておきましょう。

auひかりのプロバイダ

auひかりのプロバイダは複数から選択可能です。なおプロバイダ料は上で記載した月額料金に含まれています。

  • 戸建て・・・au one net、So-net、ビッグローブなど計7社
  • マンション・・・・au one net、So-net、ビッグローブなど計7社

このうちおすすめなのはSo-netもしくはビッグローブ。

そのいずれかを選ぶと、後述する代理店でのキャッシュバックが高くなる為です。

auひかりの申し込み先

auひかりは公式経由だけではなく、正規代理店経由で申し込むことも可能です。

申し込み先が違っても月額料金やサービス内容は変わりませんが、貰える特典が異なるので実はかなり重要。公式経由だとあまり良い特典を貰えないので、正規代理店経由で申し込むことをおすすめします

以下は公式経由の場合と代理店経由の場合でauひかりに申し込んだ場合の特典の違いです。

 公式正規代理店
キャッシュバックauPAYに
10,000円相当還元
最大72,000円

公式経由であれば10,000円ですが、正規代理店経由であれば最大72,000円貰うことができます。

また、プロバイダはSo-netもしくはビッグローブを選ぶようにしましょう。それ以外のプロバイダを選ぶと、キャシュバック額が20,000円から25,000円少なくなってしまいます。

auひかり(正規代理店)

auひかりに代理店経由で申し込む

auひかりを正規代理店から申し込んでいきましょう。

難しいことは特になく、必要情報を入力していけば5分程度で終わります。

Web経由で申し込むと早ければその日中、遅くても数日以内(希望した日、時間帯に合わせて)電話がかかってきます。

その電話にて申し込み内容の確認がされ、申し込みが完了となります。

工事日程の決定

フレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換える場合、新規に開通工事を行わなければなりません。

そして工事日程はこちらの希望日程と施工業者のスケジュールを調整した上で決定され、基本的には数日以内に連絡がきます。

工事日は早ければ2週間程度後になることもありますが、1ヶ月ほど先になったり、繁忙期は調整がつかずに2〜3ヶ月先となってしまうこともあります

光回線が工事不要となる場合は?無派遣工事の内容やメリットを解説
光回線を利用する為にはまず開通工事を行わなければいけません。 ただ自宅の設備状況によっては、工事が不要で比較的短期間で使えるようになる場合もあります。 今回は光回線が工事不要となる「無派遣工事」について詳しく解説していきます。 光回線を利用...

開通工事(立ち合い)、設定

開通工事には立ち合いが必要なので、必ずあけておきましょう。

工事自体は内容にもよりますが、1時間程度で終わる場合が多いです。ただ工事が始まる時間は施工業者の前の工事次第である為、3〜4時間程度の範囲は自宅で待機しておく必要があります。

開通工事が終わったら、auひかりから事前に送られてきた機器を接続、設定を書類に沿いながら行い完了です。

フレッツ光や光コラボを解約、レンタル品の返却も忘れずに

フレッツ光から光コラボへの転用や、光コラボから他社光コラボへの事業者変更によって乗り換える場合、乗り換え前の光回線は自動で解約されます。

しかしauひかりに乗り換える場合は解約手続きが必要となるので、すぐに行うようにしましょう。解約を後回しにすると、2重で料金が発生し続けるのでもったいないです。

またフレッツ光の場合は別でプロバイダの解約も忘れずに行い、レンタルしていた機器がある場合は解約後に送られてくる書類に沿ってしっかり返却するようにしましょう(期限内に返却しないと機器損害金が発生する場合があります)。

フレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換えるメリット

ではここからは、フレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換えるメリットをまとめます。

月額料金が安くなる場合が多い

auひかりは月額料金が安いという特徴を持っています。
以下はauひかり、フレッツ光、ドコモ光(光コラボ)で料金を比較した表です。

 auひかりフレッツ光(※1)ドコモ光
戸建て1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目〜:5,390円
東日本:6,170円
西日本:5,730円
5,720円
マンション4,180円
(タイプV)
東日本:4,785円
西日本:4,575円
4,400円

※1:回線料に加え、プロバイダ料として1,000円を加算した料金

マンションの場合はタイプによって料金が異なるので一概に安くなるとは言えないものの、auひかりがコスト面で優れている点は間違いありません。

au、UQモバイルユーザーはセット割でスマホ代が安くなる

スマホでauやUQモバイルを使っている人はauひかりを使うことにより、セット割でスマホ代が安くなるのでメリットはかなり大きいです。

割引額は1台あたり最大1,100円、さらに家族でauやUQモバイルを使っていたら、回線それぞれに割引を受けることができます(4回線使ってたら最大4,400円の割引)。

一方でフレッツ光を使うことでスマホ代が割引されるといった恩恵はありません。

auひかりに限らず、ドコモであればドコモ光、ソフトバンクやY!mobileであればソフトバンク光でセット割により大きな割引を受けることができるので、使っているスマホに応じて対象となる光回線を選ぶことをおすすめします。

転用・事業者変更の場合に比べて高額なキャッシュバックを貰える

フレッツ光から光コラボへの転用や、光コラボ間での事業者変更で乗り換える場合だとあまり大きなキャッシュバックを貰うことができません。

たとえばドコモ光はオプションなしだと7,000円程度、ソフトバンク光だと15,000円、ビッグローブ光だと10,000円程度です。

しかしauひかりへの乗り換えは新規契約扱いとなり、先程述べたように最大72,000円とかなり高額なキャッシュバックを貰うことができるという大きなメリットがあります。

フレッツ光や光コラボ解約に伴う違約金を負担して貰える

auひかりには「乗りかえスタートサポート」という制度があり、他社回線の解約違約金相当額を負担してくれる制度があります。

この制度によって、更新月でなくても負担なくauひかりへ乗り換えることが可能です。

通信速度が速くなる場合がある

auひかりはフレッツ光や光コラボよりも比較的速いとされています。

フレッツ光や光コラボが使うNTTが回線は利用者数が多く混雑が起きやすいのに対し、auひかりは独自回線を使っているので混雑が起きにくいというのが主な理由です。

光回線の通信速度は様々な要因が絡むので一概にどうなるかというのは言えません。マンション内で混雑して遅くなることはauひかりでもありますしね。

ただ乗り換えにより通信速度が上がる可能性は比較的高いと見て良いでしょう。

フレッツ光や光コラボからauひかりへ乗り換えるデメリット

一方でauひかりに乗り換えるデメリットは以下の通りです。

開通工事が必要で工事費がかかる(特典により実質無料)

転用や事業変更であれば不要な開通工事ですが、auひかりに乗り換える場合は必須となります。

その為、日程調整や立ち合いが必要になるなど手間が増えてしまいますし、新たに工事費用もかかることになります。

auひかりの工事費用は戸建てで41,250円、マンションで33,000円と比較的高いものの、特典により分割払いと同じ金額を割引して貰えるので実質無料で使えるので基本的には気にする必要がありません。

ただ万が一分割払いが終わる前に解約してしまうと、残債は自分で払わなければならないというリスクがあります。

開通までに時間がかかる

転用や事業者変更であれば1週間程度で新しい光回線に切り替えることができます。

しかいauひかりに乗換える場合は工事完了までに時間がかかるので、1ヶ月程度、なっがいと2ヶ月以上かかってしまう場合があります。

光電話の番号を引き継ぐことができない

フレッツ光や光コラボで光電話を使っていた場合、auひかりへ乗り換えるとその電話番号は使えなくなってしまいます。

転用や事業者変更の時のように電話番号を引き継ぐことはできず、もし光電話を使い続ける場合は新規の番号を取得することになります。

まとめ:フレッツ光や光コラボからauへの乗り換えは手間がかかるけどメリット大

フレッツ光や光コラボからauひかりへの乗り換えは、新たに工事が必要で手間も時間もかかってしまったり、解約手続きが必要だったりと、フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合や光コラボ同士で乗り換える場合に比べるとかなり面倒であるのは確かです。

ただそれを補う十分なメリットもあります。

特に大きいのは「高額キャッシュバック」。ちょっとくらい面倒でも全然いいやと思えるくらいに貰えるので、auひかりへの乗り換えはかなりおすすめです。

特にauひかりやUQモバイルユーザーはスマホ代の割引にもなるので、もしauひかりが使えるエリア、マンションに住んでいるなら乗り換えてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました