インターネット全般

500Kbpsは回線速度として遅い?できることの目安と低速無制限プランSIMの使い道を紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

一般的にスマホなどで通信する際の速度の目安は10Mbps以上となっています。

では10Mbpsより遅い速度だと通信ができないかと言われると、そういうわけでもありません。

使えないシーンさえ把握していれば、500Kbpsしか速度が出なくてもうまく使いこなすことは可能です。

今回は500Kbpsという速度でどんなことができるのか、また格安SIMの500Kbps以下低速プランについて解説していきます。

200Kbpsの通信速度はどのくらい遅い?動画や音楽鑑賞はいける?128Kbpsと違いや低速格安SIMプランを紹介
「200Kbps」は一般的な格安SIMの通信制限時の速度です。 常に快適にネットの通信を行うには、だいたい10Mbps必要と言われているので、200Kbpsではその約50分の1しか速度が出ていないということになります。 かといって何もできな...
mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

500Kbpsとは

まずはそもそも「500Kbps」が何を表しているのかから説明していきましょう。

500Kbpsってそもそも何?

500KbpsのKbps(キロビーピーエス/ビットパーセカンド)は回線速度の単位。

1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できます

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど「回線速度」が速く、少ないほど遅いということですね。

ちなみに1,000bps=1Kbps、1,000Kbps=1Mbps、1,000Mbps=1GbpsとK(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)で1000倍ずつ増えていきます。

ビット(bit)
データの量を表す最小の単位。1ビットでは2進数の1桁が1か0か、つまりオンなのかオフなのかを示すことができる。通常データ量を数えるときは8桁(8ビット)を1セットにした1バイト(Byte)という単位を用いる。

つまり500Kbpsは1秒間に500キロビット(62.5キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

また、回線の速度には上りと下りの2種類があり、それぞれ分けて計測されます。

  • 上り速度:アップロード、送信の際の速度
  • 下り速度:ダウンロード、受信の際の速度

スマホなどで使用するのはたいてい下りの速度です。動画を投稿したり、データを送信することが多い人は上りの速度も気にするといいでしょう。

全角文字1文字が2バイトなので1KB(キロバイト)では500字以上保存できますが、iPhoneで撮影した画像は1枚で約2000KB(画質にもよります)にもなります。

回線速度が500Kbpsになるのはどんな時?

速度が500Kbpsになるケースは以下の通りです。

  • 低速モードを利用しているとき
  • 格安SIMで速度制限になったとき
  • 単に速度が出ていないとき

低速モードを利用

格安SIMの中にはデータ消費をしない低速モードへの切り替えが可能なものがあります。そして低速モードは通常2〜300Kbps程度(mineoUQモバイルくりこしSIIJmio)です。

ただUQモバイルはくりこしM(15GB)もしくはくりこしL(25GB)を選ぶと低速モードでも最大1Mbps、実質500Kbps以上の速度で利用することができるようになっています。

格安SIMで速度制限になった時

多くの格安SIMでは容量を使い切ると128〜300Kbpsに速度が制限されます。

しかし一部以下の格安SIMでは速度制限後も最大1Mbps、実質500Kbps以上で通信が可能です。

単に速度がでていない(回線混雑等)

格安SIMのうちキャリアタイプ(ahamoLINEMO等)やサブブランドタイプ(Y!mobileUQモバイル)は速度が安定しています。

しかしそれ以外のMVNOタイプの格安SIMは回線が混雑する時間帯(昼や夕方)で著しく速度が低下する場合があり、実測値として500Kbps程度しかでなくなることもあります。

【2024年5月徹底比較】格安SIMのおすすめランキング、選び方や容量別のおすすめも合わせて解説
本記事では数ある格安SIMを徹底比較、通信速度も実測した上でおすすめできる格安SIMについて解説していきます。 【総合】格安SIMおすすめランキング おすすめランキング No.1 楽天モバイル ・月額料金が安く、特典も◎ ・データ容量無制限...

500Kbpsの回線速度でできること目安

それでは具体的に500Kbpsでできることを見ていきましょう。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質
ビデオ通話高画質×
Twitterテザリング
Instagramオンラインゲーム
Facebookデータダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト   

500Kbps未満でもできること|LINEや地図のナビはOK!

たとえ速度が500Kbpsしかなくても、思っているより通信はできます。

例えば以下のことは通信制限のかかった状態(128Kbps)でも可能です。

  • LINEなどのメッセージ
  • Skypeなどの音声通話
  • radikoなどのラジオアプリ
  • ニュースなどの文字の多いサイトの閲覧
  • GoogleMAPなどの地図のナビ機能

テキストや音声、位置情報はデータの中でも比較的軽い部類になります。

ただしナビを使用する前にマップを表示するのには、そこそこ容量が必要なので、128Kbpsだと数十秒の待ち時間をストレスに感じてしまうことも。使えなくはない、程度に思っておきましょう。

500Kbpsあれば待ち時間も数秒程度となるため、カーナビなどとしても有用となります。

またLINEやSkypeなどの通話も128Kbpsで可能ですが、ビデオ通話では映像に途切れやカクつきが見られます。

これは500Kbpsでも多少改善はされるものの、完全に快適に通話ができる状態にはならないので注意しましょう。

インスタグラムやTwitterなどのSNSはできる?

SNSやWEBでの検索は画像表示に時間はかかるものの、使用することは可能です。

 データ量所要時間適正
SNSTwitter1MB/
1投稿
20秒
Instagram
Facebook
5MB/
1ページ
1分30秒
WEBニュース
1MB/
1ページ
20秒
通販ページ
など
2MB/
1ページ
40秒

Twitterやニュース記事など、文字がメインのSNSやWEBサイトは案外さくさく利用できます。

一方で、1ページに何枚も高画質な画像を表示しなければならないインスタグラムなどのSNSや通販サイトなどは、読み込みに多少時間がかかりストレスがかかってしまうことも。

時間に余裕のないときは、WiFiを使うようにした方がよさそうです。

Youtube、Hulu、Netflixなどで動画は見られる?

動画はデータの中でも通信量が大きいため、画質の良いものになると500Kbpsでは見ることができません。

 データ量所要時間適正
You
tube
低画質
(144p)
120MB/
1時間
40分
標準画質
(360p)
324MB/
1時間
1時間50分
Hulu低画質
(360p)
210MB/
1時間
1時間
中画質
(540p)
630MB/
1時間
3時間30分×
Netflix低画質250MB/
1時間
1時間20分
中画質500MB/
1時間
2時間40分×
Amazon
プライム
ビデオ
中画質
ダウンロード
300MB/
1時間
1時間30分
中画質
ストリーミング
600MB/
1時間
3時間×

※Netflixはアプリ版の場合

Youtubeの標準(360p)画質での公式推奨速度は700Kbps、Netflix低画質では500Kbpsとされています。

推奨速度を少し下回る程度ではまったく見られないということはありませんが、読み込み時間が長くなったり、途中で止まってしまったり、エラーになったりという不具合はどうしても起こりうるでしょう。

Youtubeの低画質であれば問題なく視聴は可能ですが、代わりに画質はかなり粗くなってしまうためおすすめはできません。

高画質で動画を見たいときには無理に低速で使うのではなく、WiFiを利用し回線速度を確保するのが最も効率がいい方法です。

またAmazonプライムビデオの中画質推奨速度は900Kbps。そのためストリーミング再生での視聴は難しいでしょう。

ただしダウンロード再生であれば通信量が約半分となるので、ダウンロードまで時間はかかってしまうデメリットはありますが視聴が可能となります。

オンラインゲームはできる?

スマホのアプリゲームは最初の読み込みさえできてしまえば、さほど通信量の多くないものもあります。

ツムツムやパズドラ、モンストなどは通信制限中でもプレイできたという人も。

ただしPUBGなど通信のタイムラグが重要視されるゲームや、グラブルなど通信量の多いゲームのプレイは難しいです。

ゲームによくあるアプリの更新も、大量のデータを一度にダウンロードする必要があるため、通信制限中はできません。

ゲームがないと手持無沙汰という場合はあらかじめオフラインゲームをいくつかインスト―ルしておくといいでしょう。

テザリングはできる?

スマホをタブレットやPCにつなげて通信を行うテザリングも、回線速度にかかわらず、対応端末であれば行うことが可能です。

テザリングする際はBluetooth接続だとさらに速度が遅くなってしまうため、WiFi接続か、できればUSB接続するのが望ましいです。

ただしタブレットなどにテザリングをし動画や画像を見ると、スマホより画面が大きい分低画質なものだと粗さが目立ってしまいます。

そうなるとつい高画質なものを求めてしまい、結果として通信量も大きくなって500Kbpsでは速度が足りないということは考えられるでしょう。

テザリングとは?種類や設定方法(iPhone、android)、利用料金を解説
テザリングとは、パソコンやタブレットをスマホに接続してインターネットを使う通信方法の一つ。 スマホのモバイル通信を利用することで、SIMがささっていないタブレットやパソコンなどでもインターネットを利用することができるようになります。 本記事...

アプリなどのデータをダウンロードできる?

データの送受信やアプリのダウンロードや更新などは、そのデータの容量がそのまま通信量として必要となります。

500Kbpsでやりとりできるデータの目安は20~30MB程度。ダウンロードに約10分ほどかかる通信量です。

時間がかかっていいのであればもっと大きなデータも送受信できますが、通信に負荷がかかるとその分パケットロスなどがおこりやすくなる恐れもあります。

重要なデータや重たいデータのやりとりをする際は、回線速度を測定し必要な速度が確保できているか確認するのがいいでしょう。

回線速度とは?理論値と実測値の違い、調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。
光回線では最大1Gbps、2Gbpsなどとアピールされているのは見かけますが、実際それがどれくらいの速度なのか、いまいちイメージできない人は多いのではないでしょうか。 また回線速度は十分なはずなのに、実際使ってみると遅いなと感じる場合もある...

回線速度とは?調べる方法や用途別の必要回線速度の目安。

500Kbpsと128kbpsは体感でどれくらい違う?

128Kbpsは速度制限にかかったときの速度ですよね。

500Kbpsはもちろん128Kbpsよりも速いわけですが、実際のところ違いはわかるのでしょうか。

  500Kbps128Kbps  500Kbps128Kbps
LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質×
通話標準画質×
ビデオ通話×高画質××
Twitterテザリング
Instagram×オンラインゲーム×
Facebook×データダウンロード×
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト×    

LINEのメッセージ機能を使用する際にはさほど違いを感じませんが、SNSやWEBサイトが表示されるまでの待ち時間や、動画を再生するまでの読み込み時間には明確な差がありました。

500Kbpsは速度制限にかかってしまったときよりは、はるかに実用的な速度であると言っていいでしょう。

ただそうは言っても動画は見れないなど不便さは大きいのも事実。ですから、もし制限が頻繁にかかるようなら大容量のモバイルWiFiや格安データSIMを利用する良いでしょう。

【2024年5月】モバイルWiFiのおすすめランキング、通信速度・料金・データ容量を徹底比較
本記事では数あるモバイルWiFiを徹底比較、通信速度や月額料金、キャッシュバックなどを徹底比較し、おすすめのモバイルWiFiを解説していきます。 【総合】モバイルWiFiおすすめランキング おすすめランキング   モバイルWiFi  速度 ...

500Kbps以上が無制限に使えるおすすめ格安SIM

500kbpsというのは一般的な制限時速度の128kbpsに比べると使える用途は増えるもののやはり不便であることは間違い有りません。

ただ以下の格安SIMであれば、安い料金でさらに高速、かつ無制限に使うことができます。

mineo

mineo
料金【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【マイそく】
スーパーライト(最大32kbps)・・・250円
ライト(最大300kbps)・・・660円
スタンダード(最大1.5Mbps)・・・990円
プレミアム(最大3Mbps)・・・2,200円
通話オプション10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
使用回線docomo、au、softbank
タイプMVNO
特徴・キャンペーン情報
  • パケット放題Plus(月額385円もしくは無料)で容量消費後も1.5Mbpsで通信可
  • 通信速度が制限される代わりに無制限で使えるマイそくは音声専用端末にベスト
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 他社にはない便利なサービスが豊富

mineoは他社にはない使い勝手の良いサービスがあるの大きな特徴の格安SIM。

たとえばパケット放題Plus。10GB以上のプランであれば無料で利用できるオプションであり(5GB以内は月額385円)、データ容量を使い切った後も1.5Mbpsで利用できるというサービスです。

1.5Mbpsあれば、SNS、音楽ストリーミングは問題なく使えますし、Youtube等の動画も標準画質であれば視聴することができる速度。毎月そこまで容量に気を使わずに使うことができるので割と便利です。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

LINEMO

LINEMO
料金ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):2,728円
通話オプション5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
使用回線softbank
タイプキャリア
特徴・キャンペーン情報
  • 回線品質◎、混雑する時間帯も快適
  • スマホプラン契約で最大12,000円分のPayPayポイント
  • ミニプラン契約で、半年間6GBが990円
  • 通話定額オプションが7ヶ月間無料

softbankが出している格安プランであるLINEMO。softbank回線を使うので回線品質は問題なし。MVNOタイプの格安SIMに比べて、速度や安定性も高いですし、時間帯による制限もありません。

20GBプランの場合は1Mbps(3GBプランは300kbps)となっており、他の格安SIMよりも速度が速いです。

LINEMOの公式サイト

LINEMOの詳細、評判・口コミをチェック!

楽天モバイル

楽天モバイル
料金〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜無制限:3,278円
通話オプション15分以内無料:1,100円(標準アプリ)
※専用アプリ利用時はオプションなしで無料
使用回線楽天
タイプキャリア
特徴・キャンペーン情報
  • どれだけネットを使っても最大3,278円
  • 専用アプリ利用で国内通話無料
  • 端末割引あり、iPhoneの実質価格は全キャリア最安
  • MNPで最大12,000円分のポイント還元
  • 楽天市場でのポイント還元率アップ

新たなキャリアとして楽天が出している楽天モバイル。料金は段階制で、20GBを超えるとそれ以上はずっと定額で容量の制限がありません。

またキャンペーンも他社に比べて充実しており、コスパはトップクラスです。

新キャリアということで他のキャリアの回線を使っている格安SIMに比べるとエリアが狭く繋がりにくいといった悪い評判がかなり目立っていましたが、現在は大幅改善

さらにパートナー回線(au回線)の上限が5GBから無制限となったので、使い勝手はかなり良くなりました。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの詳細、評判・口コミをチェック!

結論:意外と使える500Kbps。WiFiと組み合わせた賢い運用がおすすめ

500Kbpsは128Kbpsに比べ、案外できることの幅が広がります。

LINE/
Skype
メッセージYoutube低画質
通話標準画質
ビデオ通話×高画質×
Twitterテザリング
Instagramオンラインゲーム
Facebookデータダウンロード
WEB
ページ
地図/ニュースアップロード
通販サイト   

LINEなどの通話やメッセージ、テキストメインのWEBサイトやSNSであれば多少時間はかかるものの利用することが可能です。

しかしデータのダウンロードや動画視聴などできないこともあります。

外出先でそういった使い方をする場合500Kbpsの低速の格安SIMをメイン機にするのは難しいでしょう。

そういった場合は自宅の固定回線や、モバイルWiFiをうまく使い、通信費をさげる工夫をしたいですね。

Netflixでかかる通信量、1GBで可能な視聴時間、節約方法まとめ。
オリジナルのドラマや映画で人気が高い動画配信サービスであるNetflixですが、外出先でWi-Fiを利用せずに視聴するとあっという間に速度制限にかかってしまう可能性があります。 そうならない為にも、あらかじめNetflixの通信量をおよそで...
1.5Mbpsでできることは?1Mbpsとどれだけ違う?mineoのパケット放題Plusやマイそくの速度の実際のところを紹介
mineoでは、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題となるオプション・プランがあり、格安SIMの中でもmineoの人気が高い理由となっています。 ただ1.5Mbpsという速度はどの程度で、何ができてできないのか実際に利用してみないとわか...
タイトルとURLをコピーしました