格安SIM

1.5Mbpsでできることは?1Mbpsとどれだけ違う?mineoのパケット放題Plusやマイそくの速度の実際のところを紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

mineoでは、最大1.5Mbpsの速度でデータ使い放題となるオプション・プランがあり、格安SIMの中でもmineoの人気が高い理由となっています。

ただ1.5Mbpsという速度はどの程度で、何ができてできないのか実際に利用してみないとわからず、不安を感じる人も多いでしょう。

そこで本記事では、1.5Mbpsは実際に何ができるのか、そして何ができないのかについて詳しく解説していきます。

mineoのマイそくスタンダードをレビュー、どんな人におすすめ?向いている人、向いていない人を解説
他社にはないサービスが特徴のmineo。その中でも、データ使い放題でもマイそくは評判も良く人気があるプランです。 ただマイそくは全てのスマホユーザーにおすすめできるプランではないことに注意が必要。 本記事では、mineoのマイそくプランのう...
mineoの通信速度はどれくらい?遅い?5倍改善発表後の実測データ及び他社比較を紹介
格安SIMの中でも非常に人気があるmineoですが、懸念点はやはり通信速度。 mineoのようなキャリアから回線を借りて通信サービスを提供するMVNOの格安SIMは、通信速度が遅く快適性がキャリアに劣っているとされています。 そこで本記事で...
mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

mineoの最大1.5Mbpsの使い放題プランについて

まずは、mineoで最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題となるプラン、そしてそれらの詳細について解説していきます。

1.5Mbpsのデータ使い放題が使えるプラン

mineoで1.5Mbpsのデータ通信使い放題となるプラン及び状況は以下の2つです。

  • マイピタ+パケット放題Plusオプション利用時の低速モードまたは制限時の速度
  • マイそくのスタンダードコース

マイピタ+パケット放題Plusオプション利用時の低速モードまたは制限時の速度

  1GB 5GB 10GB 20GB
マイピタ
プラン料金
1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
パケットPlus
月額料金
385円 無料
合計料金 1,683円 1,903円 1,958円 2,178円

mineoのパケット放題Plusは、低速モードやデータ容量を使い切った後に制限された場合の最大速度が、通常の200kbpsから1.5Mbpsに上がるオプションです。

10GB以上のプランは無料で利用できるオプション。「20GB+最大1.5Mbpsでデータ通信使い放題」で2,178円となるので、他の格安SIMよりもかなりお得に利用できます。

マイそくのスタンダードコース

コース プレミアム スタンダード ライト スーパーライト
最大速度 3Mbps 1.5Mbps 300kbps 32kbps
マイそく
プラン料金
2,200円 990円 660円 250円

マイそくは最大通信速度が常時制限される代わりに、安い料金でデータ通信が使い放題となるプランです。

このプランのうち、スタンダードコースが月990円で最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題となります。

ただマイそくはどのコースでも月曜〜金曜の12時〜13時に速度が最大32kbpsになるという成約があるので、この時間帯に使う人は注意が必要です。

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

使い放題プランの1.5Mbpsの解説

mineoの1.5Mbps使い放題は、いくつか注意すべき点があります。

実測値もほぼ1.5Mbpsに近い数値となるが、そこまでの速度がでない場合も

1.5Mbpsというのはあくまで「最大の速度」ですが、基本的には1.5Mbpsに近い数値、実測で1.4〜1.49Mbpsの数値がでてくれます。

ただ平日の昼12時台は1.5Mbpsを大きく下回り、0.3〜0.8Mbps程度になってしまうことがあります。

これは低速状態に限った話ではなく、マイピタの高速モードでも起こることです。

mineoに限らず、キャリアから回線を借りて通信サービスを提供しているMVNOは、回線が最も混雑する平日昼に速度が著しく低下する場合があるので注意しましょう。

もしこの速度低下に不便さを感じるなら、新キャリアの楽天モバイルやLINEMOなどのキャリアの格安ブランド利用を推奨します。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで最大12,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

3日で10GBを超えると翌日に速度が制限

パケット放題Plus、マイそくともにデータ通信無制限と言いながら、3日で10GBを超えると翌日は速度が最大200kbpsに制限されます。

ただ最大1.5Mbpsの状態であれば極端な大容量データ通信を行うことがない為、そこまで心配する必要はないでしょう。

ちなみに標準画質の動画再生であれば、10時間で約20時間程度視聴することが可能です。

スポンサーリンク

マイそくは月〜金曜日の12時台に超低速(最大32kbps)に制限

マイそくはいずれのプランでも、回線が混雑する月曜から金曜の12時台は速度が最大32kbpsに制限されます。

以前までキャリアで速度が制限された速度が128kbpsで、ネット閲覧なども含めて使えないことがほとんどだったと経験したことがある人も少なくないでしょう。

マイそくのこの時間帯はそのさらに4分の1。文字だけのメールやLINEがギリギリできる程度で、他のこと(地図やQRコード決済)もできません。

後述していますが、1.5Mbpsの速度がでているとほとんどのことができますから990円で利用できるマイそくスタンダードコースはかなり魅力があります。

ただこの時間帯が使えないという大きなデメリットには注意しなければなりません。

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

1.5Mbpsでできること、できないこと

では具体的に、1.5Mbpsでできることやできないことを見ていきましょう。

できること・できないことの一覧

用途 利用可否 
メッセージ、LINEトーク
LINE音声通話
LINEビデオ通話
音楽ストリーミング再生
SNS(X)
SNS(Instagram)
Youtube(高画質・1080p) ×
Youtube(高画質・720p)
Youtube(標準画質・480p)
Youtube(低画質・360p)
動画配信サービス(高画質) ×
動画配信サービス(標準画質)
動画配信サービス(低画質)
ビデオ会議(大人数)
ビデオ会議(少人数)
バーコード決済
オンラインゲーム
(パズルなどデータ通信が少ないもの)
オンラインゲーム
(FPSなどデータ通信が多いもの)
×
漫画アプリ
アプリダウンロード・更新 ×〜△

表を見てわかるとおり、ほとんどのことは1.5Mbpsで十分利用可能。

全く使えないことと言えば、高画質の動画視聴やデータ通信の多いオンラインゲーム、大容量のアプリダウンロードや更新程度。

Youtubeやその他動画配信サービスでの動画視聴は画質を落とせばスムーズに視聴可能、SNSも利用することができます。

実際に使ってみての使用感

上記の通り、速度が1.5Mbps近くでていれば多くのことができます。

しかし、「使えるか使えないか」と「快適かどうか」はやはり違います。

マイネオの高速モードでの速度は10〜30Mbps程度。1.5Mbpsだと6〜20分の1の速度ですから、遅いということにはかわりなく、実際に使っていても当たり前ですが違いを感じることは多々あります。

具体的に、実際に各アプリを使ってみた使用感は以下の通り。

  • LINE・・・トーク・音声通話は問題なし、ビデオ通話も基本的には問題なし
  • Youtube・・・480p以下の動画は流れ始めると途切れることなく再生できるが、サムネ表示が遅い・再生開始まで多少時間がかかる
  • 地図(Googleマップ)・・・表示に多少時間他かかる
  • X(Twitter)・・・文字の表示は速い、画像表示はワンテンポ遅れる
  • インスタ・・・表示に時間がかかる
  • TikTok・・・再生開始まで時間がかかる
  • 漫画アプリ・・・読めないわけではないが、表示に時間がかかりサクサクとはいかない

サクサク動く今のネット環境に比べると、どうしても快適性は落ちます。

ただ使えないわけではありませんし、慣れればそこまでストレスを感じずに使えるかなという感じです。

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

1.5Mbpsと1Mbpsではどれだけ違う?

キャリアの格安ブランドのLINEMOahamo、サブブランドのY!mobileUQモバイルはデータ容量を使い切った後でも1Mbpsでの通信が可能です(低速モードへの切り替えは不可)。

1Mbpsでも概ねできることは1.5Mbpsとかわりなく、1Mbpsでも動画を見たりSNSを見たりといったことはできます。

ただ使用感は意外と差あり。

Youtubeは1,5Mbpsだと720pでの再生ができたり、サムネの表示や再生開始までの速度、早送りや飛ばしながら見る場合の快適性は違います。

インスタのやXの画像表示の速さも、明らかな違いを感じて1.5Mbpsでの通信ができるmineoの方が快適です。

まとめると、できることはほとんど変わらないが、快適性には明らかな差があるという感じです。

まとめ

実際に1.5Mbpsという速度で色々と使ってみた結果、快適性が劣るとは言え十分実用に耐えうるというのが個人的な感想です。

マイピタであれば「20GB+1.5Mbpsでのデータ通信が使い放題」で2,178円。マイネオは低速モードへの切り替えができるので、状況に合わせてうまく切り替えて使えば、かなりお得であることは間違いないでしょう。

かなりおすすめできる格安SIMだと言えます。

mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

3Mbps(mineoのマイそく・irumo0.5GBプランの速度)どれくらい?遅い?できることや1.5Mbpsとの違いまとめ
mineoのマイソクスーパーライト、ドコモのirumo0.5GBなど、通信速度が最大3Mbpsに制限されるプランがいくつかあります。 ただやはり気になるのが3Mbpsってどれくらいなのか、そして何ができるのかという点ですよね。 そこで本記事...
楽天モバイルとmineoを徹底比較、料金やエリアの違いやメリット・デメリット、併用時の注意点を解説
格安SIMの中で特に人気がある楽天モバイル。mineo。3大キャリアから乗り換えればかなり安く使うことができます。 本記事では、この2つについて比較し、どちらがおすすめなのかを解説していきます。 楽天モバイルとmineo、どっちがおすすめ?...
タイトルとURLをコピーしました