モバイルWiFi

WiMAXのデータ無制限は嘘?速度制限撤廃の最新状況を詳しく解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

以前のWiMAXには3日で15GBの制限があり、正直データ無制限で使えるとは言えませんでした。

しかし現在は通信量制限・速度制限に関して大きく変更されており、実質無制限で使えるようになっています。

楽天モバイルは無制限じゃない?使い放題は嘘なの?実際にどれだけ使えるのかを解説
楽天モバイルの一つのメリットは、格安で高速データ通信が無制限に使えるという点。 ただ「無制限」という言葉には何かと条件がつくもので、実は無制限じゃない、嘘ではないかと不安を感じる人は少なくないでしょう。 少し前には「無制限で使えるモバイルW...
データ容量無制限、使い放題のおすすめ格安SIM、楽天モバイルやmineoが安くておすすめ
大容量のデータ通信を使うなら3大キャリアしかないというのは間違い。 現在は3大キャリアよりもかなり安い料金で使うことができる格安SIMでも、いくつか使い放題できるものがでています。 本記事ではそれらの格安SIMについて、おすすめを紹介してい...
WiMAXならGMOがお得

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

    • 月3,762円、高額キャッシュバックでかなりお得
    • 5Gも利用可、3日10GB制限廃止で使い放題
    • 解約違約金0円、契約期間実質縛りなし
    • 最短即日発送ですぐ使える
お得なキャンペーン

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 他社の解約違約金・端末残債の補助あり
  • 安心サポート2ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
GMOの公式サイト

【結論】WiMAXの無制限は嘘ではない

現在のWiMAXは、月間通信量に制限がなく、3日〇〇GBで翌日に速度が制限されるといった制約もなくなっており、実質無制限で使えるようになっています。

大容量を使っても速度制限なし、3日間制限も廃止

以前のWiMAXは3日で15GB(条件緩和以前は3日間で10GB)を超えると翌日の18時から翌2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限されるという条件がありました。

しかし2022年2月1日のその3日制限は廃止。現在は実質無制限で使えるように変更されています。

実際、1日100GB使った人、月500GB以上使った人でも速度を制限されることなく使えたという声があるくらい、大容量のデータ通信が利用可能です

これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

引用:UQ WiMAX

速度制限となる場合もゼロではない

3日間制限が廃止され、実質データ無制限で使えるWiMAXですが、一部の条件に該当した場合は速度が制限される場合もあります。

一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合

WiMAXでは、速度制限に関して以下の記載があります。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

引用:UQ WiMAX

大容量のデータ通信を行った場合は、混雑時のみ速度が制限される可能性があるということです。

具体的な通信量は明記されておらず、状況等も鑑みてということになるのでしょう。

ただ上述した通り、月500GBを超えて使っても問題がなかったという実績があり、相当大容量を使っていても、今のところは問題がなさそうです。

もちろん絶対ではなく、特に今後利用者が増えていくと制限される頻度が高くなる場合もあります。

なおこのような文面はスマホキャリアの無制限プランでも表記されており、WiMAX特有のものではありません。

プラスエリアモードで月30GB以上使った場合

有料オプションのプラスエリアモード利用時は月30GBまでという制限があり、それを超えると月内は速度が最大128kbpsに制限されます。

ただプラスエリアモードで30GBを超えても、通常モードに戻せば速度制限なしの状態でデータ通信を利用することができる為、常に128kbps以下になってしまうわけではありません。

プラスエリアモード・・・利用できる電波を拡張する有料するオプション、au回線のプラチナバンドが利用できるようになり、より広いエリアでの通信が可能となる
WiMAXならGMOがお得

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

    • 月3,762円、高額キャッシュバックでかなりお得
    • 5Gも利用可、3日10GB制限廃止で使い放題
    • 解約違約金0円、契約期間実質縛りなし
    • 最短即日発送ですぐ使える
お得なキャンペーン

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 他社の解約違約金・端末残債の補助あり
  • 安心サポート2ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
GMOの公式サイト

WiMAXの無制限は嘘だと言われる理由

ではなぜWiMAXの無制限は嘘だと言われてしまうのでしょうか。その理由について解説します。

旧WiMAXは(WiMAX 2+)では3日10GB・3日15GBの容量制限があった

上述した通り、以前のWiMAX(WiMAX 2+)では、3日間制限があり、3日間で10GBもしくは15GBを超えると翌日の18時から翌2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限されていました。

人によっては昼間の時間帯だけで毎日5GB以上(3日間15GB以上)使い、18時以降は常に速度が制限されていたなんてこともあります。

制限されるのは一部の時間だけであり使い放題ではないとは言えなくもないものの、ヘビーユーザーにとっては正直かなり不便で、これが原因で「WiMAXの無制限は嘘」だと言われる最大の理由にもなっていました。

しかし現在は先程述べたように3日間制限が廃止されており、夜間でも速度制限されることなく使えるようになっています。

エリアが狭い、プラスエリアモードは月7GBまでまでしか使えなかった

以前のWiMAX(WiMAX 2+)はエリアが狭く、特に地下や建物内では圏外ところも多かった為、「プラスエリアモード」の利用がほぼ必須の状態。

しかしプラスエリアモードは月7GBまでしか使うことができず、WiMAX回線が繋がらなかった時だけしか使わないモードとは言え、少なすぎました。

プラスエリアモード・・・利用できる電波を拡張する有料するオプション、au回線のプラチナバンドが利用できるようになり、より広いエリアでの通信が可能となる

スポンサーリンク

プラスエリアモード利用時に7GBを超えると、通常時も128kbpsに速度が制限されていた

プラスエリアモードは7GBしか使えないだけでなく、万が一7GBを超えると通常モード時ですら常時通信速度が最大128kbpsに制限されるという仕組みとなっていました。

モードを切り替えるのを忘れてプラスエリアモードのまま使い、あっとうい間に7GBを超えて月末までWiMAXが一切使い物にならないなんてのはよくある話で、正直かなり不便でした。

なお現在は、プラスエリアモードで使える容量は30GBまでで、かつ30GBを超えても通常モードでは速度制限がなくなるように改善されています。

最新のWiMAX(WiMAX +5G)について旧WiMAX(WiMAX 2+)からの変更点をチェック

ではここからは、以前のWiMAXは(WiMAX 2+)に比べて最新のWiMAX(WiMAX +5G)がどのように変わったか解説していきます。

  WiMAX +5G WiMAX 2+
通信量 無制限 3日間15GB
速度制限 なし データ通信量超過の翌日
18時から翌2時に
速度制限(最大1Mbps)
通信回線 1.7GHz(au 4G回線)
2.0GHz(au 4G回線)
2.5GHz (WiMAX回線)
3.7GHz (au 5G回線)
2.5GHz (WiMAX回線)
プラスエリアモード 月30GB 月7GB
プラスエリアモード
データ通信量超過時
プラスエリアモード時のみ
最大128kbpsに制限
全モードで
最大128kbpsに制限
プラン 無制限のみ 月7GB or 無制限

データ通信量制限が廃止

  WiMAX +5G WiMAX 2+
通信量 無制限 3日間15GB
速度制限 なし データ通信量超過の翌日
18時から翌2時に
速度制限(最大1Mbps)

上述している通り、通信量の制限は廃止、速度制限なしで使うことができるように変更されています。

3日間15GBの前は3日間で10GBで制限となりかなり不便でしたが、現在は通信量を気にせず使えるようになったので使い勝手は大幅に向上されています。

エリアが改善、5G回線にも対応

  WiMAX +5G WiMAX 2+
通信回線 1.7GHz(au 4G回線)
2.0GHz(au 4G回線)
2.5GHz (WiMAX回線)
3.7GHz (au 5G回線)
2.5GHz (WiMAX回線)

新しいWiMAXになり、上記の通り使える通信回線も多くなりました。WiMAX回線の基地局も増えており、繋がりやすさは改善。

苦手だった建物内や地下でも繋がりやすくなり、プラスエリアモードを使わずとも使いやすさが向上しています。

また5Gにも対応したので、通信速度も向上しています。

スポンサーリンク

プラスエリアモードが改善

  WiMAX +5G WiMAX 2+
プラスエリアモード 月30GB 月7GB
プラスエリアモード
データ通信量超過時
プラスエリアモード時のみ
最大128kbpsに制限
全モードで
最大128kbpsに制限

従来は月7GBまでしか使えなかったプラスエリアモードも月30GBへと改善。

さらにプラスエリアモードで30GBを超えても、通常モード(スタンダードモード)は速度制限なしで使えるようになっています。

プラスエリアモードのオプション料金は変わらず月1,100円です。

ただ以前は特典で無料で使えるプロバイダが多かったものの、現在は有料で使うしかなくなっているというデメリットがあります。

プラスエリアモード・・・利用できる電波を拡張する有料するオプション、au回線のプラチナバンドが利用できるようになり、より広いエリアでの通信が可能となる

スポンサーリンク

月7GBプランは廃止

WiMAX 2+では無制限プランの他に月7GBまでのプランがありましたが、現在のWiMAX(WiMAX +5G)は無制限プランのみとなっています。

選択肢が少なくなったものの、月7GBしか使わないのであればWiMAXを使う必要性があまりない為、大きなデメリットではないでしょう。

おすすめのWiMAXプロバイダ

WiMAXは複数のプロバイダがありますが、それぞれで異なる点・同じ点があります。

プロバイダよって変わる点 プロバイダで変わらない点
月額料金
キャッシュバック
端末代
契約期間(解約金)
通信量(無制限)
通信速度
利用回線
エリア

WiMAX自体の能力は変わらないが、プロバイダによってコストが大きく変わるということです。

よって、WiMAXのプロバイダを選ぶ際は月額料金やキャッシュバック等を含めてお得に使うことができるものを選ぶことが大切です。

おすすめは「GMOとくとくBB WiMAX」。月額料金が安い、高額キャッシュバックが貰えるといったメリットがあります。

GMOとくとくBB WiMAX
タイプ WiMAX
月額料金 端末発送月:1,250円
1〜35ヶ月:3,762円
36ヶ月〜:4,807円
特典 キャッシュバック
15,000円
端末代 27,720円
契約期間 なし
解約違約金 なし

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

大元のUQ WiMAXと比較すると、3年間の総額に大きな差がでることがわかります。

  GMOとくとくBB
WiMAX
UQ WiMAX
月額料金 端末発送月:1,250円
1〜35ヶ月:3,762円
36ヶ月〜:4,807円
1〜13ヶ月:4,268円
14ヶ月〜:4,950円
キャッシュバック 15,000円 なし
端末代 27,720円 27,720円
→特典で6,732円
3年総額 145,640円  176,066円

まとめ:WiMAXは以前とは全然違う、制限がなくなり使い勝手は大きく改善

以前のWiMAXのは3日で10GBもしくは15GBを超えると速度が制限されたり、そもそも繋がりにくかったりと使い勝手は正直かなり悪い部分がありました。

しかし現在は大幅に改善。使い放題かつエリアも改善されています。

モバイルWiFiとして選ぶなら、現在は楽天モバイルかWiMAXの二択。もし通信速度重視でモバイルWiFiを選ぶなら、WiMAXが最もおすすめです。

WiMAXと楽天モバイルを比較、モバイルWiFiとして使うならどっちがおすすめ?
以前までモバイルルーターと言えばWiMAXの人気が高かったですが、第4のキャリアとして楽天モバイルが登場、スマホとしてだけでなくモバイルWiFiとしてもかなり安い料金で使えることから、最近は人気を高めています。 本記事ではその2つのモバイル...

 

タイトルとURLをコピーしました