格安SIM

povo2.0は音声通話のみの専用スマホにおすすめ?知っておきたいデメリットやmineoが向いている理由

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

auがオンライン専用の格安プランとしてだしているpovo2.0。

基本料金が0円で持つことができることから、音声通話専用のスマホとして持つ場合に一番良いと考えてしまいがちです。

ただ意外と注意しなければいけないことが多いのがこのpovo2.0。

本記事ではpovo2.0を音声通話のみの専用スマホとして持つ場合のメリット・デメリット、他社格安SIMの比較を紹介していきます。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

povo2.0は音声通話のみの専用スマホとして最適とは限らない

povo2.0は基本料金が0円で、好きなタイミングで好きなデータ容量などを追加(トッピング)して使うタイプの格安SIMです。

他の格安SIMであれば最安のプランでも数百円かかってしまう為、基本料金が0円のpovo2.0は通話用として持つ格安SIMとしては一見すると最適であるように感じます。

ただ通話用としてのスマホを持つ場合、単純に基本料や通話料だけでは比較できない部分が多いです。

結論から言うと、音声通話用ならばpovo2.0よりもmineoが圧倒的におすすめです。

その理由は以下の点です。

  • mineoの音声
  • 通話定額オプションがmineoの方が安い
  • mineoは留守電・割り込み通話が利用可能

 

 povo2.0mineo
基本料金0円250円
(マイそくスーパーライト)
データ容量0GB0GB
通話料22円/30秒22円/30秒
※専用アプリ利用
時は10円/30秒
通話オプション5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
かけ放題付き
料金
5分以内無料:550円
かけ放題:1,650円
10分以内無料:800円
かけ放題:1,210円
留守電
割込通話
不可可(有料)

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

povo2.0を音声通話専用スマホとして持つメリット

まずはpovo2.0を音声通話専用のスマホとして持つ場合のメリットを確認していきましょう。

基本料金0円、通話料のみで利用可能

povo2.0は基本料金が0円です。トッピングを一切しなければ通話料しかかかりません。

かけ放題オプションを利用していない場合の通話料は30秒あたり22円となっている為、月5分しか通話しなければ220円しかかかりません。

通話時間が短ければ、最も安く利用できる格安SIMであると言えるでしょう。

かけ放題オプションが比較的安い

povo2.0のかけ放題オプションは以下の通りです。

  • 1回5分以内通話かけ放題・・・月550円
  • 通話かけ放題・・・月1,650円

大手キャリアだと5分以内かけ放題が880円、かけ放題が1,980円となっていますから、povo2.0のかけ放題オプションは比較的安いと言えます。

データ通信も好きなタイミングで利用可能

音声通話専用として持つといっても、データ通信を利用したくなるタイミングというのはたまにあるかもしれません。

たとえばデータ通信用のスマホを家に忘れてしまったりといったケースです。

ただpovo2.0では好きなタイミングで好きな容量を追加できる(料金・有効期限は以下の通り)ので、こういったいざという時にも対処できます。

  • 24時間データ使い放題・・・330円
  • 1GB・・・390円(有効期限7日)
  • 3GB・・・990円(有効期限990円)

povo2.0を音声通話専用スマホとして持つデメリット

続いて、povo2.0を音声通話用に持つ場合によく知っておかなければいけないデメリットについてです。

留守電・キャッチホン・割込通話が利用できない

povo2.0は留守電やキャッチホン、割込通話の機能がありません。

有料オプションとして追加することすらできないので、一切利用することができないのです。

仕事用で使う場合などだと、これらの機能がないとかなり不便、困るといったことがあるので注意しなければなりません。

1回5分以上の通話をする機会があるなら他社の方が安くなる

povo2.0で5分以内の通話かけ放題トッピングをつけると月額料金は550円です。

しかし5分以上の通話をする機会があると通話料が追加で発生しますし、時間制限がないかけ放題トッピングを利用するとなると月1,650円となります。

こうなると、他社の方が安くなります。

詳細は後述しますが、mineoであればマイそくプランのスーパーライトコースに10分以内通話かけ放題オプションをつけると800円、時間制限がないかけ放題をつけても1,460円です

使い方にもよりますが、意外と5分を超えることは多く、5分以内で切ることは面倒であることを考えると個人的には10分以内のかけ放題の方が圧倒的に安く、使い勝手が良いと思います。

180日以内にトッピングの追加(もしくは通話料で660円)を利用しなければならない

かけ放題トッピングを利用する場合や、多少なりとも通話をするのであれば心配不要ですが、トッピングなしで通話も受けるのが中心で自分からかけることはほぼないという場合は注意が必要です。

povo2.0では180日以内に1回のトッピングの追加、もしくは通話料・SMS送信料で合計660円の利用がないと利用停止および契約解除となる場合がある為です。

通話料で660円というのは通話時間で言うと15分間。半年間でこの程度の通話は最低限しなければならないということは覚えておきましょう。

24時間データ使い放題が330円と安くない

povo2.0の24時間のデータ使い放題は1回330円。これは決して安い料金ではありません(mineoのマイそくなら198円)。

1GBのトッピングが390円というのは比較的安いものの、有効期限が7日間(余った分は消滅)となるので、こちらも音声通話用スマホの予備としては使い勝手が良くありません。

ケース別の音声通話用おすすめ格安SIM

ではここからは具体的にケース別で音声通話用で使う為の格安SIMを紹介します。

留守電または割込通話が必要ならmineo

povo2.0では留守電や割込み通話が使えない為、必然的に選ぶのはmineoです。

1回5分以内の通話しか使わないのであればpovo2.0

1回5分以内の通話しか使わないのであれば、povo2.0がおすすめ。

月550円で利用できます。基本料金が0円な分、一番安く利用することができます。

5分以上の通話をする機会があるならmineo

1回の通話時間が5分を超える機会があるならばmineoがおすすめ。

かけ放題オプションが安く、10分以内が550円(基本料金とあわせて800円)、時間制限なしが1,210円(基本料金とあわせて1,460円)となる為、最も安く使えます。

povo2.0で5分以内かけ放題オプションを550円で利用したとしても、5分以上の通話超過分が月6分になっただけで800円超え。5分以内は比較的超えやすいので、個人的にはmineoの方がおすすめです。

まとめ

基本料金0円のpovo2.0は一見すると音声通話用には最も良い格安SIMと思いがちです。

ただ音声通話用の格安SIMを選ぶなら、機能(留守電や割込通話)、かけ放題オプションの料金、いざという時のデータ追加なども考慮しないと後々後悔することになります。

もちろん人によってはpovo2.0が最適な場合もありますから、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

mineoの公式サイト

mineoの詳細、評判・口コミをチェック!

タイトルとURLをコピーしました