格安SIM

楽天モバイルと日本通信の合理的プランを徹底比較!料金、エリア、速度を比べておすすめなのはどっち?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

楽天モバイルと日本通信SIM。今までのスマホ料金から大きく値下げされ、月2,178円で20GBも使えますが、どちらを選ぶのが良いでしょうか。

結論からいうと、総合的に見ておすすめなのは楽天モバイルですが、一定の条件下では日本通信SIMがおすすめとなる場合もあります。

そこで本記事では楽天モバイルと日本通信SIMの違いについて、様々な観点から分かりやすく比較していきます。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

楽天モバイルと日本通信SIM合理的プランの特徴とは

まずは楽天モバイルと日本通信SIMのそれぞれの特徴について、概要を見ていきましょう。

楽天モバイル最強プランの特徴

  • 無制限に通信できて3,278円(楽天回線+楽天5G回線)
  • 段階料金制で20GBでまでなら2,178円
  • 楽天回線エリア外でもau回線が無制限に使える
  • 人口カバー率99.9%
  • 通話料無料(RakutenLinkアプリ利用)

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のキャリアとして2020年に独自回線の提供をスタートしました。

サービス開始当初はエリアが狭く使い勝手が悪いという評判もありましたが、現在はかなり拡大。さらに当初は5GBがまでしか使えなかったau回線が無制限に使えるようになった為、使い勝手はかなり改善されています。

また料金が非常に安く、無制限に使うことが可能というのも大きなメリット。

データ使用量料金
〜3GB1,078円
3〜20GB2,178円
 20GB〜無制限3,278円

料金は段階性で、20GB以降はいくらつかっても月3,278円しかかかりません。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの口コミや料金プラン詳細

日本通信SIM合理的プランの特徴

合理的かけほプランロゴ

  • ドコモ回線の格安SIM
  • 合理的20GBプラン:20GBで月2,178円+月70分の通話無料
  • 3GB、10GBプランもあり

日本通信SIMは日本通信が運営する格安SIM。

docomo回線を使用しているためエリアの心配がなく、どこでも使うことができます

容量は1GB、10GB、20GBがあり、無料通話込で以下の料金となっています。

プラン料金
シンプル290プラン
1GB
290円
みんなのプラン
10GB+無料通話70分
1,390円
みんなのプラン
20GB+無料通話70分
2,178円

ただし格安SIMは、キャリアと同じ回線をレンタルし使っていますが、借りている回線の帯域幅には限界があるため、キャリアよりは速度が遅くなってしまいます。

基本的に動画を見たり、検索をしたり、SNSを使ったりといった際にほとんど問題は見られませんが、お昼などの利用者の多い時間帯は著しく速度が低下してしまうこともあるため注意が必要です。

日本通信公式サイト

日本通信SMの口コミや料金プラン詳細

楽天モバイルと日本通信SIM合理的プランを徹底比較!どっちがおすすめ?

ネクストモバイルやどんなときもWiFi・FUJI WiFi・WiMAXを徹底比較

楽天モバイルと日本通信SIM合理的プランについて、「料金」「回線」「サービス」の3つの観点から、徹底的に比較していきます。

それぞれの格安SIMの各項目に関する簡単な評価は次の通りです。

 楽天モバイル
日本通信SIM
20GBプラン10GBプラン
料金~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~:3,278円
2,178円1,390円
通信量無制限20GB10GB
通話楽天Link利用で
無制限無料
月70分まで
無料
月70分まで
無料
ポイント楽天ポイント還元等なし

どちらも20GB2,178円であることに変わりはありませんが、細かい料金プランや、使用している回線などに違いがあることがわかります。

それぞれの項目について、分かりやすく比較していきましょう。

料金(月額料金、通話料、特典)を比較

使うデータ容量によって、楽天モバイルの方が安くすむ場合と日本通信SIMが安くすむ場合があります。

基本料金の比較

楽天モバイルと日本通信SIMの料金を比較すると以下の通り。

 楽天モバイル
日本通信SIM
20GBプラン10GBプラン1GBプラン
~1GB1,078円290円
~3GB
~10GB2,178円1,390円
〜20GB2,178円
20GB~無制限
3,278円
契約
手数料
0円3,300円
通話専用アプリ利用で
かけ放題
月70分まで
無料
月70分まで
無料

※税込表記

楽天モバイルは料金が使用した通信量による段階制です

10GB以上使うのであれば、おすすめは間違いなく楽天モバイル。20GBの料金はどちらも月2,178円で変わりませんが、後述する特典・通話料の観点から考えると楽天モバイルが圧倒的にお得です。

ただ3〜10GB、1GB以内であれば日本通信SIMの方が安い為、使う容量次第といえます。

キャンペーンの比較

楽天モバイル様々な特典がありますが、日本通信SIMでは現在実施中のキャンペーンはありません。

 楽天モバイル日本通信SIM
キャンペーン
  • 楽天市場での買い物による
    ポイントが4倍アップ
  • 回線契約で2,000ポイント
  • 端末購入で最大12,000ポイント
  • 家族・友人を楽天モバイルに紹介
    すると1人につき7,000ポイント
なし

通話料金の比較|楽天モバイルはかけ放題無料。音質重視なら日本通信

楽天モバイルも日本通信SIMもそれぞれかけ放題のサービスがついています。電話をよく使うという人は意外に見落としがちな通話料金もチェックしておきましょう。

 楽天モバイル
UN-LIMIT VI

日本通信SIM
20GBプラン10GBプラン
基本
通話料金
22円/30秒11円/30秒
通話楽天Link利用で
無制限無料
月70分まで
無料
月70分まで
無料
通信方式RCS音声通話

※税込表記

楽天モバイルでは「楽天Link」という専用アプリを利用した場合、通話料が無料となります。時間による制限もなし。

日本通信SIMでは20、10GBプランが月70分まで無料です。

基本的には料金も安く、制限もない楽天モバイルがおすすめですが、注意事項が2つあります。

  • 楽天Linkに非対応のスマホがある
  • 楽天Linkの音質は日本通信SIMより少し悪くなる

楽天Linkは楽天回線対応製品で使用できるアプリです。

そのため音質重視の人はドコモの通話回線を利用できる日本通信SIMがいいでしょう。

通信回線の比較

光回線を利用するなら絶対に必要!!

楽天モバイルでは主に自社の楽天回線を、日本通信SIMではドコモからレンタルしている回線を利用しています。

それぞれの回線の速度やエリアを比べてみましょう。

速度の比較|自社回線を持つ楽天モバイルが優勢

楽天モバイルの楽天回線は自社で提供をしているため、エリア内であれば安定して使用が可能です。

一方日本通信SIMはドコモの回線を使っていますが、MVNOとして帯域を借り受けているだけなので、お昼時など利用者の多い時間帯は回線が混雑し遅くなります。

 楽天モバイル
日本通信SIM
安定性安定混雑状況によって
遅くなる

日本通信SIMは格安SIMの中でも速度が速い方なので、ストレスを感じるほど遅いといったことは今のところありません

しかし今後利用者が増えてくると、その分混雑しやすくなって遅くなることは十分考えられるため、そういった意味で将来的な安定性は楽天モバイルの方が上でしょう。

エリア

日本通信SIMの回線はドコモ回線を使うので、エリアはかなり広いです。

一方で楽天モバイルは新キャリアということもあり、エリアはドコモほど広くはありません。

ただ楽天モバイルは楽天回線が繋がらない地域ではau回線(パートナー回線)に繋がるようになっており、人口カバー率は99.9%、au回線の利用も以前までは5GBがまでという制限がありましたが、現在は無制限に使えるようになっています。

サービスの比較

WiMAX回線の電波が弱い

料金や回線以外の二つのプランの特徴について比較してみましょう。

契約期間の比較|どちらも契約期間に縛りなしなので、解約時の違約金も無し

楽天モバイルも日本通信SIMも契約期間に縛りがありません。

 楽天モバイル
日本通信SIM
契約
期間
縛りなし縛りなし
違約金なしなし

契約期間に縛りがあると、解約時思わぬ出費となってしまうことがあります。中には10,000円近い違約金がかかることも。

しかし楽天モバイルも日本通信SIMもいつ解約しても違約金がかかることがないので、「楽天モバイルの無料期間が終わったから解約したい」「日本通信SIMの速度が遅くなってきたから移りたい」などといった場合でも安心です。

特に楽天モバイルは3か月間無料のキャンペーンがありますし、月1GB未満であれば料金は掛からないので、とりあえずお試しで契約するといった使い方もできますね。

契約方法の比較|楽天モバイルはショップでの契約が可能

格安SIMやキャリアの新プランは基本的にWEBのオンライン契約のみとなっていますが、楽天モバイルでは店舗でも契約が可能です。

 楽天モバイル
日本通信SIM
契約
方法
WEB
店舗
WEBのみ

スマホの契約に慣れている人は、WEBから契約した方が簡単で便利ですが、初めての人やあまりスマホについて詳しくない人は、「WEBで申し込みって言っても、何をどうすればいいのか…」と不安になってしまいますよね。

その場合は店舗で契約できる楽天モバイルの方がおすすめ。

わからないことがあってもその場で聞けるので、初心者で少しでも不安がある人は店舗で質問ができます。

都市圏に偏りはあるものの、ある程度全国を網羅しているので、最寄りのショップを調べたい時は公式サイトから検索してみましょう。(店舗検索

楽天モバイルと日本通信合理的プランはどんな人におすすめ?

ここまで楽天モバイルと日本通信SIMを比べてきましたが、結局どっちがどんな人におすすめなのかという点についてまとめて確認しましょう。

楽天モバイルがおすすめな人

楽天モバイルは基本的にはどんな人にもおすすめできるのですが、特に恩恵が大きいのは以下のような人です。

  • 月のネット使用量が10GBが以上の人
  • 月に電話を70分以上する人
  • スマホをセットで購入したい人
  • 分からないことを直接聞きたい、店舗で契約がしたい人

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの口コミや料金プラン詳細

日本通信合理的プランがおすすめな人

日本通信合理的プランがおすすめなのは次のどれかに該当する人です。

  • 月のネット使用料が10GBが以内の人
  • docomo回線を使いたい人
  • 電話の音質を重視する人
  • 持っているスマホが楽天モバイルに対応していない人

日本通信公式サイト

日本通信SMの口コミや料金プラン詳細

まとめ

キャンペーンやサービスなどを総合的に考えると楽天モバイルの方がおすすめです。

ただ容量次第ではあるので、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限
タイトルとURLをコピーしました