光回線

フレッツ光のメリット・デメリット。光コラボを使わないともったいない理由も要チェック。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

光回線事業者最大手のフレッツ光、使っている人も多いですよね。

ただフレッツ光はメリットよりもデメリットが多いので注意が必要。もしあなたが法人ではなく個人で利用しているなら光コラボへの乗り換えをおすすめします。

本記事ではフレッツ光のメリット・デメリット、そして光コラボを使わないともったいない理由を紹介します。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大90,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大93,000円のキャッシュバック

【早速結論】フレッツ光は個人ユーザーが使うメリットなし、光コラボを使うべき

早速結論ですが、フレッツ光は以下の理由から個人ユーザーにはおすすめできません。

  • スマホとのセット割がない
  • キャッシュバックがない
  • 月額料金が高い
  • 工事費が有料

法人であれば高額キャッシュバックや法人むけサービスの充実などメリットは多々ありますが、個人ユーザーには特になし。

同じ回線を使う光コラボの方が、安くお得に使うことができます。

なおおすすめ光コラボは利用しているスマホごとで以下の通りです。

利用スマホ光コラボ
ドコモドコモ光
au
UQモバイル
ビッグローブ光
ソフトバンク
ソフトバンク光
Y!mobile
ソフトバンク光
その他のスマホビッグローブ光

フレッツ光とは?料金・光コラボとの違い

フレッツ光とは、NTT東日本・NTT西日本が提供している国内最大手の光回線サービス。

提供範囲は非常に広く、全国で利用可能となっています。

フレッツ光については以下の記事でより詳しく解説しています。

【初心者でも分かる!】フレッツ光とは?光コラボとの違いは何?フレッツ光の料金やプロバイダを丁寧に解説!
フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供する光回線サービスです。国内最大手の光回線事業者として知られています。 国内の至るところに光ファイバーを張り巡らした事業者なので、技術力や品質がとても高いことで評判です。 しかし、フレッツ光は料金...

フレッツ光の料金

フレッツ光は住んでいるエリアによって東日本と西日本いずれかを利用することになりますが、それぞれ料金体系も異なります。

ドコモ光のエリア検索

料金については以下の通りです。

東日本の場合

【戸建て(3戸以下の建物)】

 フレッツ光クロスフレッツ光ネクスト
ギガファミリー・
スマートタイプ
フレッツ光ネクスト
ファミリー・
ギガラインタイプ
フレッツ光ネクスト
ファミリー・
ハイスピードタイプ
フレッツ光
ライトプラス
フレッツ光ライト
ファミリータイプ
最大速度10Gbps1Gbps1Gbps200Mbps100Mbps100Mbps
回線料金6,050円6,270円5,940円5,720円〜6,050円〜6,380円
プロバイダ料別途発生(1,000円程度)
二年割△770円
トータル月額6,280円6,500円6,170円5950円6,280円6,610円

フレッツ光では回線代の料金と別にプロバイダ料が発生、どこのプロバイダを選ぶかによって料金は異なりますが、およそ1,000円程度かかります。

各プランの詳細は割愛しますが、基本的なプラン(使い放題、高速通信可)の場合は2年割を適用しても6,000円程度かかります。

【集合住宅(4戸以上の建物)】

 フレッツ光ネクスト
ギガマンション・
スマートタイプ
フレッツ光ネクスト
マンション・
ギガラインタイプ
フレッツ光ネクスト
マンション・
ハイスピードタイプ
フレッツ光ライト
マンションタイプ
最大速度1Gbps1Gbps200Mbps100Mbps
回線料金3,685円3,355円3,135円〜4,730円
プロバイダ料別途発生(1,000円程度)
二年割△110円
トータル月額4,575円4,245円4,025円5,620円

※:料金は同一の集合住宅で16以上の契約数が見込める場合の料金

集合住宅の場合はプロバイダ料合わせて4,245円程度(基本となるプランの場合)。ただこの料金は同じマンション・アパートでの見込める契約数が16以上となる場合で、アパート等で戸数が少ないと料金は上がります。

ちなみに見込み契約数が4以上の場合は上記料金から+1,100円、16以上の場合は+440円です。

西日本の場合

【戸建て(3戸以下の建物)】

 フレッツ光ネクスト
ファミリー・スーパー
ハイスピードタイプ隼
フレッツ光
ライト
ファミリー
最大速度1Gbps100Mbps
回線料金5,940円〜6,600円
プロバイダ料別途発生(1,000円程度)
二年割△1,210円△440円
トータル月額5,730円7,160円

フレッツ光では回線代の料金と別にプロバイダ料が発生、どこのプロバイダを選ぶかによって料金は異なりますが、およそ1,000円程度かかります。

東日本よりは多少安いですが、基本的なプラン(使い放題、高速通信可)の場合は2年割を適用しても6,000円程度かかります。

【集合住宅(4戸以上の建物)】

 フレッツ光ネクスト
マンション・スーパー
ハイスピードタイプ隼
フレッツ光ネクスト
マンション(LAN)
フレッツ光ライト
マンションタイプ
最大速度1Gbps100Mbps100Mbps
回線料金4,070円3,410円〜5,940円
プロバイダ料別途発生(1,000円程度)
二年割△495円△1,100円
トータル月額4,575円3,915円5,840円

※:料金は同一の集合住宅で8以上の契約数が見込める場合の料金

集合住宅の場合はプロバイダ料合わせて4,135円程度(基本となるプランの場合)。ただこの料金は同じマンション・アパートでの見込める契約数が8以上となる場合で、アパート等で戸数が少ないと料金は上がり、逆に大型マンションで契約数が16以上となる場合は料金が下がります。

ちなみに見込み契約数が16以上の場合は上記料金から-550円、4以下の場合は+880円です。

フレッツ光と光コラボの違い

光コラボはNTTの東日本・東日本がプロバイダ事業者や携帯電話事業者等に光回線の卸販売を行い、その事業者がフレッツ光とプロバイダをセットにして販売している光回線サービスです。

回線自体はフレッツ光そのものを提供することになるので、光コラボもフレッツ光も変わりません。

ただ料金・キャッシュバックなどで大きな違いがあります

 光コラボフレッツ光
回線フレッツ光フレッツ光
料金安い高い
キャッシュバック多いなし
スマホセット割ある
(対象光サービスの場合)
なし
プロバイダセットで契約別途契約
代表的サービスドコモ光
ソフトバンク光
ビッグローブ光
フレッツ光(東日本
フレッツ光(西日本)

光コラボは、フレッツ光に比べて料金が安く設定されていることが多く、さらにキャッシュバック等の特典も豊富です。

フレッツ光・光コラボ、共通のメリット

フレッツ光と光コラボは回線自体は同じです。よって共通のメリットとして以下のものがあげられます。

全国の広いエリアで利用可能

光回線はフレッツ光以外にもダークファイバーを利用したauひかりNURO光、電力会社が運営しているeo光(関西)、コミュファ光(東海)がありますが、いずれもエリアが限定的です。

しかしフレッツ光は光回線の最大事業者として、エリアは全国、最も広い範囲で利用可能な光回線サービスとなっています(山間部等で使えないエリアも一部ありますが)。

なお同じ回線を使っているのでフレッツ光と光コラボの提供エリアは同じです。

フレッツ光対応マンションが多い

マンションで光回線サービスを利用するには、対象の光回線サービスの設備が導入され、対応されている必要があります。

auひかりやNURO光の場合は、エリア内であってもマンション自体が対応しておらず使えないというのもよくある話です。

ただフレッツ光は多くのマンションで導入されている為、光コラボともに導入可能である可能性が最も高いです(マンションによってはauひかりにしか対応していない、電力系光回線にしか対応していない場合もありますが)。

またマンションの場合はあらかじめ光コンセントが設置されている場合も多いです。光コンセントがあれば無派遣工事で開通ができる為、面倒さがなく申し込みから開通までも早いです。

他社への乗り換えがしやすい

フレッツ光から光コラボ(転用)、光コラボから他社光コラボ(事業者変更)への乗り換えは開通工事なしで利用可能

光回線はキャッシュバック等があるので2,3おきに乗り換えるのが最もお得な使い方ですが、フレッツ光や光コラボであれば、開通工事もなく事業者側の切り替えのみで終わるので、非常に楽に乗り換えできます。

フレッツ光のメリット

では光コラボではなく、フレッツ光だけのメリットにはどういったものがあるでしょう。

最大手だから安心、サポートもしっかりしている

光回線サービス事業者の最大手であるフレッツ光。電話サポートはもちろん無料ですし、土日も問い合わせ可、質も良い評判が多いです。

最大手なだけあって、安心して使えることは間違いないでしょう。

一方で光コラボの場合は注意が必要。光コラボで光回線サービスを提供している事業者は300を超えます。

大手の光コラボであればそこまで心配する必要はありませんが、中にはサポートがかなり悪かったり、電話が全くつながらなかったりといったところもあるので注意が必要です。

法人契約なら高額キャッシュバックあり

フレッツ光では、法人契約の場合に限り高額なキャッシュバックを貰える販売代理店が多く、中には10万円近く貰えるところもあります。

光コラボでも高額キャッシュバックは展開されていますが、良くて6万円程度(ビッグローブ光が6万円)。

もし法人で契約するならフレッツ光がかなりお得に利用できます。

フレッツ光のデメリット

一方でフレッツ光のデメリットです。

個人契約の場合はキャッシュバックがほとんどない

光コラボは個人契約でも3〜6万円のキャッシュバックが貰えます。

しかしフレッツ光は法人契約ならあるにもかかわらず、個人契約の場合だとキャッシュバックがほとんどありません。

フレッツ光は実は法人向けサービスとして展開されているのです。

【2024年7月徹底比較】光回線のおすすめランキング!月額料金やキャッシュバック、工事費用からあなたに適した選び方を紹介
本記事では数ある光回線を徹底比較、月額料金だけでなくキャッシュバックや工事費用などを含めてお得に使える光回線を紹介します。 【総合】光回線おすすめランキング おすすめランキング No.1 auひかり ・ダークファイバーを使った独自回線 ・a...

工事費がかかる

フレッツ光では開通工事の際に戸建てなら19,800円、集合住宅なら16,500円かかります(光コンセントがある場合や土日工事となる場合を除く)。

そしてこの料金は分割払いで毎月上乗せされて支払っていくことになります。

光コラボではこの工事費代を割引してくれて実質無料としていることも多いですが、フレッツ光は自分で負担しなければなりません。

月額料金が光コラボより若干高い

 戸建て料金
(プロバイダ料込み)
マンション料金
(プロバイダ料込み)
フレッツ光(東日本)6,170円4,245円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
ビッグローブ光5,478円4,378円

そこまで大きな差ではないものの、月額料金もフレッツ光は若干高い傾向にあります。

キャッシュバック・工事費・そして月額料金、この3つをあわせるとフレッツ光と光コラボでの差額は大きなものになるでしょう。

スマホとのセット割が使えない

ドコモであればドコモ光、ソフトバンクやY!mobileはソフトバンク光、auやUQモバイルはビッグローブ光So-net光プラスをあわせて使うことで、セット割としてスマホ代の割引を受けることができます。

しかしフレッツ光の場合はどのスマホでもセット割を利用できません。

スマホと光回線のセット割は最大1,100円、しかも家族分の回線数適用(4回線なら最大4,400円の割割引)となりかなり大きいので、セット割があるスマホを使っている人は対象の光回線を利用するようにしましょう。

フレッツ光はどんな人におすすめ?

ではフレッツ光はどんな人・場合におすすめなのでしょうか。

それは「法人で光回線で契約する人」。それだけです。

法人で利用するならフレッツ光はかなりメリットが大きいです。

高額なキャッシュバックが貰えますし、何よりサポートが充実しているのも大きなメリット。故障等は24時間対応してくれるので、いざという時に助かります。

つながらなくなった時にすぐかけつけてくれたこともありました。

光コラボが悪いわけではありませんが、法人として使うのであればより安心して使えるフレッツ光をおすすめします。

フレッツ光は個人で契約だともったいない!おすすめ光コラボまとめ

フレッツ光はあくまで法人契約の場合におすすめです。

もしあなたが個人で契約するのであれば、正直おすすめできません。光コラボなら同じ回線でより安く利用できるわけですからね。

そこでここではおすすめの光コラボを紹介していきます。

ドコモ光

ドコモ光トップ用

ドコモ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホドコモ
月額料金
戸建5,720円
マンション4,400円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建5,500円
マンション4,180円
工事費用戸建新規(派遣工事):22,000円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
マンション新規(派遣工事):22,000円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
工事費用割引額通常工事料完全無料(※1)
最大キャッシュバック65,000円
オプション電話:550円
ひかりTV:1,100円〜
その他特典WiFiルーターレンタル0円
dポイント2,000ptプレゼント
セキュリティサービス1年間無料
対応エリア
全国
申し込み先ドコモ光

※1:土日工事や夜間工事等の追加料金がある場合は割引対象外

特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • ドコモとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • 工事費が無料、工事費の残債が残る心配もなし
  • キャッシュバック最大65,000円

光コラボであるドコモ光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

ドコモ光の最大のメリットは工事費が完全無料となる点。他の光回線のように実質無料(24〜36ヶ月間、工事費用を割り引く形)ではない為、途中解約した場合でも工事費用の残債を請求されることがありません。

キャッシュバックも高額で、ルーターレンタルも無料など特典も豊富であり、セット割が適用できるドコモユーザーにはおすすめの光回線と言えるでしょう。

ドコモ光に申し込む

ドコモ光の詳細、評判・口コミをチェック!

ソフトバンク光

ソフトバンク光トップ用

ソフトバンク光
回線種類
光コラボ
セット割スマホソフトバンク・Y!mobile
月額料金
戸建5,720円
マンション4,180円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建5,720円
マンション4,180円
工事費用戸建新規(派遣工事):31,680円
無派遣工事:4,620円
転用:0円
マンション新規(派遣工事)31,680円
無派遣工事:4,620円
転用:0円
工事費用割引額実質無料(※1)
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック37,000円
オプション電話:550円
(セット割の適用条件)
対応エリア
全国
申し込み先ソフトバンク光

※1:土日工事や夜間工事等の追加料金がある場合は割引対象外

特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • ソフトバンク・Y!mobileとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • キャッシュバック最大37,000円
  • 工事費が実質無料

光コラボであるソフトバンク光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

キャッシュバックも高額で工事費も無料とお得度は高く、セット割の対象となるソフトバンクやY!mobileを利用している人には最初におすすめしたい光回線です。

ソフトバンク光に申し込む

ソフトバンク光の詳細、評判・口コミをチェック!

ビッグローブ光

ビッグローブ光

ビッグローブ光
回線種類
光コラボ
セット割スマホau、UQモバイル
月額料金
戸建5,478円
マンション4,378円
初期費用
3,300円
契約期間
3年
中途解約金
戸建4,230円
マンション3,360円
工事費用戸建新規(派遣工事):28,680円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
マンション新規(派遣工事):28,680円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
工事費用割引額なし
最大キャッシュバック最大90,000円
オプション電話:550円
(セット割の適用条件)
その他特典WiFiルーターレンタル6ヶ月無料
対応エリア
全国
申し込み先ビッグローブ光
特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • au、UQモバイルとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • キャッシュバックが最大90,000円と高額で月額料金も安い

光コラボであるビッグローブ光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

工事費の割引はないものの、キャッシュバックがかなり高額かつ月額料金が安いというメリットがあります。光コンセントがある場合や転用の場合は高額な工事費が発生しないので特におすすめです。

ビッグローブ光に申し込む

ビッグローブ光の詳細、評判・口コミをチェック!

おてがる光

おてがる光

おてがる光
回線種類
光コラボ
セット割スマホなし
月額料金
戸建4,708円
マンション3,608円
初期費用
3,300円
契約期間
なし
中途解約金
戸建0円
マンション0円
工事費用戸建新規(派遣工事):22,000円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
マンション新規(派遣工事):22,000円
無派遣工事:3,300円
転用:0円
工事費用割引額実質無料
(12ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバックなし
オプション電話:550円
光テレビ:825円
iPv6:165円
対応エリア
全国
申し込み先おてがる光
特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 月額料金がトップクラスに安く契約期間もなし
  • 工事費実質無料

光コラボであるおてがる光の対象地域は全国。多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず全国で利用可能です。

おてがる光の大きな特徴は「月額料金が安いこと」と「契約期間がないこと」。

キャッシュバックがないもの、月額料金は他の光コラボと比べると500円から1,000円程度安くなっているので長期的に使っていく人にとっては最もコスパが良くなるかもしれません。

またおてがる光には契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金が発生しません。

おてがる光に申し込む

おてがる光の詳細、評判・口コミをチェック!

BB.excite光Fit

bb.excite光 Fit

BB.excite光Fit
回線種類
光コラボ
セット割スマホなし
月額料金
戸建〜30GB:3,520円
〜200GB:4,290円
〜500GB:5,060円
500GB〜:5,830円
マンション〜30GB:2,640円
〜200GB:3,410円
200GB〜:4,180円
初期費用
1,100円
契約期間
なし
中途解約金
戸建0円
マンション0円
工事費用戸建新規:22,000円
転用・事業者変更:0円
マンション新規:22,000円
転用・事業者変更:0円
工事費用割引額キャンペーンにより全額割引
最大キャッシュバックなし
オプション電話:550円
光テレビ:825円
対応エリア
全国
申し込み先BB.excite光Fit
特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 毎月データ利用量に応じて料金が変動
  • 工事費無料
  • 大量にネットを使わないのであれば、料金を抑えられる

BB.excit光Fitは毎月の料金が利用したデータ量に応じて変動する仕組み。たとえばデータ利用量が30GB以内だと、他社に比べて1,500円から2,000円程度も安くなります

ちなみにYoutubeをスマホで視聴する場合、標準画質(自動選択時の画質)が1GBあたり2時間程度閲覧できます。

一人暮らしかつ仕事等で家で過ごす人が少ない人だと思ったよりも容量を消費しないので、このBB.excite光Fitの方がコスト的に良いかもしれません。

ただBB.excite光Fitはキャッシュバックや工事費割引がないので、家族みんなで使う場合や一人でも30GB以上使う場合は他社から選ぶことをおすすめします。

BB.excit光Fitに申し込む

BB.excit光Fitの詳細、評判・口コミをチェック!

まとめ:フレッツ光は法人向け、個人で利用なら光コラボでOK

フレッツ光は法人で契約するなら非常におすすめの光回線サービスです。サポートは充実、さらに高額キャッシュバックもらえますからね。

しかし個人で利用なら光コラボで選びましょう。フレッツ光の高額キャッシュバックは法人のみ、個人だと非常にコスパが悪い光回線となってしまいますから。

タイトルとURLをコピーしました