格安SIM

楽天モバイルのSPUがポイント5倍に、特典変更によるメリットやデメリット、0円で使うための条件を解説

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

楽天市場のスーパーポイントアッププログラムが大幅変更となり、楽天モバイル利用者のポイント倍率も大きく変更となりました。

そこで、本記事では新たなポイント倍率、以前との変更点、楽天市場での買い物額に応じた獲得ポイント、楽天モバイルを0円で使うための条件について紹介していきます。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで13,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルの特典内容変更点

まずは現在の楽天モバイルのポイント獲得に関する特典について確認していきましょう。

楽天市場でのポイント倍率が2〜3倍→一律4倍に変更(通常ポイントと合わせて+5倍)

  変更後 変更前
ダイヤモンド会員以外 +4倍  +3倍
ダイヤモンド会員 +2倍

以前までのポイント倍率は会員ステータスごとに+2〜3倍となっていましたが、変更により会員ステータス問わず+4倍、通常ポイントの+1倍とあわせると合計で+5倍とポイント倍率が増えました。

これにより、楽天市場で1万円の買い物をした場合のポイント獲得率が100~200ポイント増えることになります。

ポイント獲得上限数が2,000までに

  変更後 変更前
ダイヤモンド会員以外 2,000 7,000
ダイヤモンド会員 6,000

ポイント倍率が多くなった反面、獲得上限ポイントが大幅に少なくなっています。

たとえばダイヤモンド会員が楽天市場で10万円の買い物をしたとしましょう。

以前までであれば楽天モバイル利用に伴うポイントアップで、通常よりも3,000ポイントが貰うことができました。

しかし現在は上限の2,000ポイント。楽天市場で多く買い物する人はポイント獲得数が少なくなってしまうことになります。

楽天モバイルのキャリア決済の特典

  変更後 変更前
ポイント倍率 +2倍 +0.5倍
獲得上限 1,000 5,000

楽天モバイルでのキャリア決済についてもポイント倍率が多くなった代わりに獲得できる上限ポイントが大きく少なくなっています。

楽天モバイルの公式サイト

楽天市場で買い物した場合のポイントアップ分

具体的に、楽天モバイルユーザーが楽天市場で買い物した場合のポイントアップ数は以下の通りとなります。

楽天市場
利用金額
現在
(全会員)
変更前
(ダイヤモンド会員)
10,000円 400 300
20,000円 800 600
30,000円 1,200 900
40,000円 1,600 1,200
50,000円 2,000(上限) 1,500
100,000円 2,000(上限)  3,000
150,000円 2,000(上限)  4,950
200,000円 2,000(上限)  6,000
233,400円 2,000(上限) 7,000(上限)

30,000円使えば楽天モバイルの3GBまでの料金(1,078円)を全てペイすることができます。

ただ変更に伴い上限が大きく少なくなったことで、現在は50,000円以上使うとそれ以上はポイント獲得なし。

楽天市場ヘビーユーザーの人にとってはこの変更により損することになってしまいます。

楽天モバイルのポイント5倍(+4倍)特典のメリット

ポイント5倍(通常ポイント+1倍と楽天モバイル利用+4倍)の合算のメリットを確認していきましょう。

より少ない買い物額でポイントを獲得しやすくなった

以前に比べてポイント獲得率が1〜2倍増えたことで、1万円あたりのポイント獲得数が100〜200ポイント増えています。

5万円使った場合の差は500〜1,000。楽天モバイル自体の安い料金を考えると、この差はそこそこ大きな差であると言えるでしょう。

楽天モバイルの料金は楽天ポイントを利用できる

楽天モバイルの料金は獲得した楽天ポイントで支払うことも可能。

すなわち、楽天モバイルで一定金額購入することで、楽天モバイルの料金をすべてまかなうことも可能となります。

楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのポイント倍率変更によるデメリット

続いてデメリット。

月間獲得上限が大幅減、楽天市場ヘビーユーザーにとってはかなり損

月間獲得上限が7,000→2,000と減ったのは大きなデメリット。

50,000円を超えて買い物してもポイント獲得は2,000だけなので、楽天市場のヘビーユーザーはもちろん、一時的に大きな買い物をした場合の獲得数への影響も大きいです。

ちなみにダイヤモンド会員が200,000万円の買い物をしたとすると、楽天モバイル利用によるポイント獲得数は以前だと6,000ポイントでしたが、現在は2,000ポイントしか貰うことができません。

楽天モバイルで20GB以上使っている場合、実質0円とすることができない

楽天モバイルの月額料金は以下の通りです。

容量 月額料金
〜3GB 1,078円
〜20GB 2,178円
20GB〜無制限 3,278円

以前までは獲得上限が7,000ポイントであった為、楽天市場での買い物額が73,000円(2,190ポイント獲得)で2段階目の料金、110,000円(3,300ポイント獲得)で3段階目の料金が全ておぎなうことができました。

しかし現在はポイント獲得上限が2,000ポイントとなっている為、2段階目以降の料金を完全に無料とすることはできません。

とは言え50,000円の買い物で2,000ポイント獲得でき、実質2段階目は178円、3段階目は1,278円ですから十分お得ではあるでしょう。

楽天モバイルを0円で利用する為には楽天市場でどれだけ買い物すれば良い?

楽天モバイルは3GB以内の利用で1,078円が最安です。

一方で楽天モバイルを利用することによるポイント倍率アップは+4倍、毎月26,950円の買い物をすれば楽天モバイルは0円で利用できることになります。

また10,000円利用するだけでも貰えるポイントが400ポイント増えるので実質678円。他の格安SIMと比べても圧倒的に安いので、楽天市場で少しでも買い物する人であれば楽天モバイルを利用するのが最もお得である言えるでしょう。

まとめ

楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)は大きく変更となり、楽天プレミアムカード利用による特典がかなり悪くなってしまいました。

しかし楽天モバイルについては獲得上限数が少なくなったというデメリットがあるものの、楽天市場で毎月50,000円を超える買い物をする人は少数ですから、倍率アップによる恩恵を受ける人が多いでしょう。

楽天モバイルの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました