光回線

月額2,000円台で使える光回線はあるの?条件付きでも一定期間お得に使えるものを集めました

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

月額4〜5,000円程度かかる光回線は思いの他家計の負担になります。比較的安いマンションタイプであっても3,000円から4,000円程度です。

しかし、一部の光回線は実質月額2,000円台から使うことができます

一方で、光回線の月額料金をできるだけ安くするためには、有料オプションの契約や数年後の月額料金など、いくつか注意すべき点もあります。

そこで今回は、マンションタイプを月額2,000円台で使える光回線や、月額料金を安く抑える際の注意点などについて詳しく見ていきましょう。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大90,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大93,000円のキャッシュバック

月額2,000円台で利用できる光回線は以外とある

数多くの種類がある光回線ですが、それぞれ月額料金は様々。加えてキャッシュバック等のお得なキャンペーンを行っているサービスもあります。

それにより、実質の月額料金はかなり安く利用することも可能です。

マンションタイプの一部光回線は月額2,000円台で利用可能

どの光回線であっても、マンションタイプは戸建てタイプの光回線に比べて安く利用できるようになっています。

それでも一般的な価格帯は3,500円から4,000円となっていますが、中には2,000円台の光回線もあり。

もちろん条件があり誰でも使うことができるわけではありませんが、費用を抑えたいという人には良いかもしれません。

戸建てタイプの光回線でも実質月額2,000円台となる光回線あり

光回線の中には高額なキャッシュバックを貰える事業者もいくつかあります。

このキャッシュバックを考慮すると、実質的な月額料金が2,000円台となる光回線がいくつかあります。

単純に月額料金が安い光回線よりも実はお得になるところもありますから、おすすめとしてはキャッシュバックや工事費等も含めて実質的なコストが安いところを利用することをおすすめします。

マンションタイプで月額2,000円台で使える光回線

ではまずは月額料金が2,000円台で使える光回線です。

BB.excite光Fit(30GB)

bb.excite光 Fit

BB.excite光Fit
回線種類
光コラボ
セット割スマホ なし
月額料金
戸建 〜30GB:3,520円
〜200GB:4,290円
〜500GB:5,060円
500GB〜:5,830円
マンション 〜30GB:2,640円
〜200GB:3,410円
200GB〜:4,180円
初期費用
1,100円
契約期間
なし
中途解約金
戸建 0円
マンション 0円
工事費用 戸建 新規:22,000円
転用・事業者変更:0円
マンション 新規:22,000円
転用・事業者変更:0円
工事費用割引額 キャンペーンにより全額割引
最大キャッシュバック なし
オプション 電話:550円
光テレビ:825円
対応エリア
全国
申し込み先 BB.excite光Fit
特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • 毎月データ利用量に応じて料金が変動
  • 工事費無料
  • 大量にネットを使わないのであれば、料金を抑えられる

BB.excit光Fitは毎月の料金が利用したデータ量に応じて変動する仕組み。たとえばデータ利用量が30GB以内だと、他社に比べて1,500円から2,000円程度も安く、マンションタイプであれば2,000円台で利用が可能となっています

一人暮らしかつ仕事等で家で過ごす人が少ない人だと思ったよりも容量を消費しないので、他社よりもずっと安い料金で使うことができるかもしれません。

BB.excit光Fitに申し込む

BB.excit光Fitの詳細、評判・口コミをチェック!

実質月額2,000円台で使える光回線(キャッシュバック等考慮)

2,000円台で利用できる光回線は上記の通り2つありますが、数が少ない上条件的にもかなり限定的です。

ただキャッシュバックも考慮し、実質月額料金で考えると数多くの光回線が2,000円台と利用可能となり選択肢が広がります(契約期間で算出)。

ここでは、その光回線を紹介します。

auひかり

auひかり

auひかり
回線種類
独自回線
セット割スマホ au、UQモバイル
月額料金
戸建 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
マンション 4,180円
初期費用
3,300円
契約期間
3年
中途解約金
戸建 4,730円
マンション 2,730円
工事費用 戸建 41,250円
マンション 33,000円
工事費用割引額 実質無料
(35ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 72,000円
オプション 電話:550円
(特典等の条件、加入を推奨)
対応エリア
全国
(関西・中部・沖縄除く)
申し込み先 auひかり
特徴・キャンペーン情報
  • au・UQモバイルでセット割による割引あり
  • 月額料金が安く、キャッシュバックは最大72,000円と高額
  • 工事費も実質無料でコスパ良し
  • 以前あった撤去費用(戸建てタイプ)も支払いの必要なしに変更

独自回線であるauひかりは、キャッシュバック等を考慮した実質月額はマンションタイプで2,000円台、戸建てタイプでも3,600円と非常にコスパが良い光回線となっています。

セット割の対象スマホはauとUQモバイル。どちらかを使っている場合は絶対に利用したい光回線です。

ただし関西や中部などはエリア外であったり、エリア内でもマンションタイプだと光コラボに比べて導入されていない割合が多いので、あらかじめチェックする必要があるでしょう。

auひかりに申し込む

auひかりの詳細、評判・口コミをチェック!

ソフトバンク光

ソフトバンク光トップ用

ソフトバンク光
回線種類
光コラボ
セット割スマホ ソフトバンク・Y!mobile
月額料金
戸建 5,720円
マンション 4,180円
初期費用
3,300円
契約期間
2年
中途解約金
戸建 5,720円
マンション 4,180円
工事費用 戸建 新規(派遣工事):31,680円
無派遣工事:4,620円
転用:0円
マンション 新規(派遣工事)31,680円
無派遣工事:4,620円
転用:0円
工事費用割引額 実質無料(※1)
(24ヶ月間工事費相当額を割引)
最大キャッシュバック 37,000円
オプション 電話:550円
(セット割の適用条件)
対応エリア
全国
申し込み先 ソフトバンク光

※1:土日工事や夜間工事等の追加料金がある場合は割引対象外

特徴・キャンペーン情報
  • フレッツ光回線なので全国で対応可
  • ソフトバンク・Y!mobileとのセット割でスマホ料金が安くなる
  • キャッシュバック最大37,000円
  • 工事費が実質無料

光コラボであるソフトバンク光はマンションタイプの実質月額料金が2,000円台。

auひかりと違って対象地域は全国で、多くのマンションでも対応しており、戸建・集合住宅問わず利用可能です。

キャッシュバックも高額で工事費も無料とお得度は高く、セット割の対象となるソフトバンクやY!mobileを利用している人には最初におすすめしたい光回線です。

ソフトバンク光に申し込む

ソフトバンク光の詳細、評判・口コミをチェック!

スマホとのセット割で安くなる光回線も

光回線には、特定のスマホとセットで利用することで適用される「セット割」があり。スマホの料金が割引されるという特徴があります。

しかも割引は1台のみではなく、家族で所有している分全てに適用。

たとえば1台あたり1,100円の割引、そして家族4人利用している場合には4,400円もの割引を受けることができるので持っているスマホ次第ではセット割が適用できるものを選ぶことをおすすめします。

格安SIMを持っている場合だとあまりセット割は使えませんが、もしキャリア・サブブランドのスマホを使っているなら該当するもので検討しましょう。

スマホごとのおすすめ光回線については以下の記事を参考にしてください。

【2024年5月徹底比較】光回線のおすすめランキング!月額料金やキャッシュバック、工事費用からあなたに適した選び方を紹介
本記事では数ある光回線を徹底比較、月額料金だけでなくキャッシュバックや工事費用などを含めてお得に使える光回線を紹介します。 【総合】光回線おすすめランキング おすすめランキング No.1 auひかり ・ダークファイバーを使った独自回線 ・a...

光回線の月額料金をとにかく安くしたい時の注意点

通信費を安く抑えるためには、月額料金ができるだけ安い光回線を選ぶ必要があります。

しかし、安い光回線を選ぶ際は次の3点に注意が必要です。

  • 長期的に使うとお得度が減る
  • 工事費の実質無料は一定期間の継続が必要
  • 特典のために有料オプションの契約が必要なことも

それぞれの重要なポイントについて、詳しく見ていきましょう。

ケース1|長期的に使うとお得度が減る

光回線は新規で契約する場合がお得(キャッシュバックを貰える)で、2年もしくは3年であれば実質2,000円台でも利用することができます。

しかし長期的に使うと4,000円から6,000円の月額料金が加算されていくので、お得度は減っていきます。

よって、光回線は契約期間ごとで乗り換えるのが最もお得です。

ただ乗り換えが面倒という人もいるでしょう。そういった人は純粋に月額料金が安いおてがる光の方がおすすめとなります。

ケース2|工事費が実質無料になる光回線は支払い完了までに解約すると損

光回線の中には工事費が「実質無料」になるキャンペーンを利用できるものが多いですが、基本的にはすぐに無料になるわけではないため注意が必要です。

工事費の実質無料キャンペーンとは、工事費の「分割払い」が毎月無料になることにより、最終的に工事費が無料になるというシステムになります。

工事費用や分割払いの期間は事業者によって様々で、主要な光回線の条件は次の通りです。

光回線 工事費 分割払い
期間
NURO光 43,000円 36ヶ月
ソフトバンク光 26,400円 24ヶ月
auひかり 41,250円 36ヶ月

たとえばNURO光を1年(12ヶ月)で解約してしまうと、残り24ヶ月分の28,600円程度が残債として請求されることになります。

関連:契約期間縛りなしの光回線6社を徹底比較!料金・工事費・スマホセット割・IPv6接続を比べておすすめできるサービスはどれ?

契約期間縛りなしの光回線6社を徹底比較!料金・工事費・スマホセット割・IPv6接続を比べておすすめできるサービスはどれ?
光回線を選ぶときに気になるのが、契約期間の縛りではないでしょうか。 縛りがある光回線だと、特定の期間以外に解約することで、高額な違約金を請求されてしまいます。 途中解約時の出費を避けるには、できるだけ縛りのない光回線を選ぶのが一つのコツです...

ケース3|特典のために付けたオプションで不要なものはすぐに解約を

キャンペーンを適用する場合は、キャッシュバックの条件だけではなく有料オプションの条件も確認して、損をすることがないようにすることが大切になります。

例えば、ひかりTVやひかり電話を同時契約すると、キャッシュバックなどを受けられるという光回線は多いです。

しかし、こういったオプションの月額料金は安くはないため、特典のためだからといって付けてしまうと、月額料金がかえって高くなることもあります。

どうしても高額キャッシュバックを狙いたい場合、不要なオプションについてはできるだけ早く解約するのがおすすめ。

ただし、オプションによっては、最低利用期間が設けられていて、短期間で解約すると違約金が発生してしまうこともあるので、契約書をよく確認しておきましょう。

まとめ|月額2,000円台で使えるのは一部!期間限定特典には要注意

光回線の中には、マンションタイプを月額2,000円台で使えるものもあり(条件付きですが)、場合によっては一定期間さらに安く使えることもあります。

お得に使える各光回線について、最後に改めてまとめました。

【月額2,000円で使える(条件付き)光回線】

【キャッシュバックにより実質2,000円台で使える光回線】

 

タイトルとURLをコピーしました