格安SIM

LINEMOはデータ繰り越しや容量シェアができない!そのデメリットや影響、データ追加の料金も紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ソフトバンクのオンライン専用プランであるLINEMOは非常に料金が安く、それでいて通信速度が速くて安定しているというかなりおすすめできる格安SIMです。

ただ、データ繰り越しや容量シェアができないことは注意しなければなりません。

LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大12,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

LINEMOはデータ繰り越しや容量シェアができない

LINEMOはデータ繰り越しができません。

たとえば20GBプランで15GBしか使わなければ5GBは消滅。毎月1日に使った容量がリセットされ、また20GBを上限に使えるようになります。

また容量のシェアも不可。容量を使い切ってしまった家族にデータを上げたり、逆にもらったりといったことはできません。

以下は他社のデータ繰り越し、容量シェアの状況。

ドコモのオンライン専用格安プランであるahamoを除くと、格安SIMはデータ繰り越しであれば基本的に翌月まで可能、MVNOタイプの格安SIMは一定の条件を満たした場合に容量のシェアも可能となっています。

格安SIMデータ
繰り越し
容量シェア
LINEMO××
ahamo××
Y!mobile翌月末までシェアプラン
のみ可
UQモバイル翌月末まで×
IIJmio翌月末まで同一ID間で
シェア可
OCNモバイルONE
(新規受付終了)
翌月末まで5回線まで
シェア可
mineo翌月末まで10回線まで
シェア可
楽天モバイル 
(段階料金制で決まった容量がない為)

データ繰り越しや容量シェアが使えないデメリット

ではデータ繰り越しや容量シェアが使えないことでどんなデメリットがあるかを確認していきましょう。

毎月のデータ使用量の変動に対応できない

データ繰り越しや容量シェアができれば、多少の毎月のデータ使用量の変動もどうってことありません。

たとえば20GBを前提に考えてみると、以下のような使い方ができます。

  • 1ヶ月目:17GB(3GB繰り越し)
  • 2ヶ月目:22GB(1GB繰り越し)
  • 3ヶ月目:13GB(8GB繰り越し)
  • 4ヶ月目:26GB(2GB繰り越し)
  • 5ヶ月目:22GB(繰り越しなし)

一方、データ繰り越しができないLINEMOの場合、同じように使うと以下の使い方しかできません。

  • 1ヶ月目:17GB(3GB消滅
  • 2ヶ月目:20GB(月末に速度制限)
  • 3ヶ月目:13GB(7GB消滅)
  • 4ヶ月目:20GB(月末に速度制限)
  • 5ヶ月目:20GB(月末に速度制限)

使い切ってしまうとデータ制限、しかし使い切れないと消滅となる為、使い勝手にはだいぶ大きなさがでてしまいます。

使い切ってしまうとデータの追加が必要になる場合も

LINEMOはデータ容量を使い切ってしまうと3GBのミニプランは最大300kbps、20GBのスマホプランは最大1Mbpsに速度が制限されます。

通常よりも遅い速度でも我慢できれば良いですが、人によっては追加をやむを得ないことになることもあるでしょう。

データ繰り越しができれば割と余裕を持つことができるし、容量シェアができれば家族等からもらってなんとかしのげますが、LINEMOではそうもいきません。

容量管理が思った以上に面倒

データ繰り越しができると、データ容量についてそこまで気を使う必要がありません(毎月使いすぎるようにならないように注意は必要ですが)。

しかしデータ繰り越しができないとなると容量の管理がとシビア。容量を超えると速度が制限されてしまうし、かと言って制限しすぎるとあまり過ぎてもったいないし使い勝手も悪くなってしまいます。

LINEMOでデータ追加する為の料金・やり方は?

LINEMOではデータを使い切り速度が制限されてしまった場合の為に、追加でデータを購入できるようになっています。

料金は1GBで550円です。追加は「LINEMOマイメニュー」からデータ追加購入を申し込むだけです。

また、LINEMOにはオートチャージ機能があり、データ容量を使い切った後に自動でデータ容量の追加購入が行われるように設定することも可能です。

オートチャージで追加する回数も好きなように設定することができる為、過剰に使いすぎることも避けることができます。

なお、オートチャージ機能の設定もLINEMOのマイページから利用することができます。

データ繰り越しや容量シェアができないLINEMOはやめるべき?

正直データ繰り越しや容量シェアができないというのは、できる場合に比べるとかなりのデメリットでしょう。

同じ容量のスマホでも使い勝手にはかなりの差がでます。

ではLINEMOはやめるべきでしょうか、あらためて考えてみましょう。

料金を考えるとできなくても仕方ないと思えるスペック・コスパの良さ

LINEMO3GBが990円、20GBが2,728円とソフトバンクとは比べ物にならない安さでサービスが提供されています。

もちろんMVNOタイプの格安SIMであればもっと安い料金のところはあります。たとえばIIJmioは5GBで990円、20GBが2,000円という安さです。

ただMVNOタイプの格安SIMは回線自体をキャリアから借りてサービスを提供している都合上、通信速度が遅い・回線が混雑する時間帯(平日の昼、夕方など)に繋がらなくなることが多いといったデメリットを持っています。

しかしLINEMOは運営しているソフトバンク自体の回線を使っているので回線品質はかなり優秀です。

スペックの高さとコスパの良さを考えれば、データ繰り越しができないことを考慮しても十分使うに値する格安SIMであると言えるでしょう。

ちなみにソフトバンクはLINEMOの他にサブブランドであるY!mobileも提供しています。こちらも回線品質が良く、ソフトバンクよりも安い料金という点で共通しています。

以下はLINEMOとY!mobileの比較表です。

 LINEMOY!mobile
回線品質
基本料金3GB:990円
20GB:2,728円
※家族割等はなし
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
割引後
料金
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※光回線セット割適用
データ繰り越し不可

Y!mobileは、家族割やソフトバンク光とセット利用すると割引が適用されるのでLINEMOと比較しても安く、それでいてデータ繰り越しもできるので割引を適用されるならY!mobileの方が圧倒的におすすめです。

しかし、割引なしの基本料金で使う場合であればLINEMOがお得。データ繰り越しできないからとLINEMOを15GBを目安に使ったとしてもLINEMOの方が安いです。

LINEMOとY!mobileの違いを徹底比較、料金・データ繰り越し・家族割・学割等から選ぶべきものを判断しよう
LINEMOとY!mobile、どちらも安いスマホでどちらにしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 両者は運営会社が同じであるものの、意外と違う点が多く、それぞれ使い方次第で選び方が異なります。 本記事ではLINEMOとY!mob...

20GBは速度制限時でも最大1Mbpsで通信可能

LINEMOの20GBプランはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信が可能。この速度は、標準画質の動画であれば視聴でき、SNSやWebページの閲覧も可能なレベルです。

通常時に比べればもちろん遅いです。全くのストレスなしというわけにはいきません。

ただ遅すぎて何も使えないなんていう状態はならないので、データを消費してしまったからと容量を購入する必要性はそこまでないのです。

LINEMOの制限時速度1Mbpsって実際どれくらい?できること、できないことまとめ。
ソフトバンクのオンライン専用格安プランであるLINEMOは、データ容量を使い切った後でも最大1Mbpsでの通信が可能となっています。 ただこの速度は具体的にどういったレベルなのか、何ができるのかというのがわからない人も多いはず。そこで本記事...

3GBプランならデータ繰り越しができる格安SIMの方が良い場合も

LINEMOで3GBプランのミニプランを契約する場合は、他の格安SIMを使うというのも検討した方が良いかもしれません。

3GBという少量でデータ繰り越しや容量シェアができないのは、やはり使い勝手が悪いです。

さらにミニプランの場合、データ消費後の制限速度は最大300kbps。動画視聴はできませんし、インスタ等の画像メインのSNSは使えません。

また少ない容量しか使わないのであれば、LINEMOが他の格安SIMよりも優れている「回線品質の良さ」が活きません。

であれば料金がさらに安く、それでいてデータ繰り越しや容量シェアができるIIJmioの方が快適に使えそうです。

もちろん3GBであっても回線品質が良いという理由でLINEMOを選ぶのもありですが。

まとめ:20GBプランならそこまで心配なし、3GBプランは要検討

LINEMOではデータ繰り越しや容量シェアができない為、他の格安SIMに比べると幾分使い勝手は悪いでしょう。

しかし料金の安さ、回線品質の良さを考えればそれでも優れた格安SIMであることに変わりません。

とくに20GBのスマホプランであれば、制限時の速度が1Mbpsと速いこともあり十分使う価値があると言えるでしょう。

ただし3GBのミニプランについては要検討。制限時速度が300kbpsと遅く、データ繰り越しや容量シェアができない重みが強い為、他の格安SIMの方が使い勝手は良いかもしれません。

LINEMOの公式サイト

LINEMOの詳細、評判・口コミをチェック!

 

タイトルとURLをコピーしました