格安SIM

LINEMOとY!mobileの違いを徹底比較、料金・データ繰り越し・家族割・学割等から選ぶべきものを判断しよう

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

LINEMOとY!mobile、どちらも安いスマホでどちらにしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

両者は運営会社が同じであるものの、意外と違う点が多く、それぞれ使い方次第で選び方が異なります。

本記事ではLINEMOとY!mobileの違い、そして選び方をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

LINEMOとY!mobileは同じソフトバンクが運営、しかし違いは多数

LINEMOY!mobileはどちらも同じソフトバンク株式会社が運営しているスマホです。

ソフトバンクも含めて、以下のように位置づけられています。

  • ソフトバンク・・・メインブランド
  • LINEMO・・・オンライン専用格安ブランド
  • Y!mobile・・・サブブランド

LINEMOもY!mobileもどちらもメインブランドと比較して料金がかなり安いという共通点を持っています。

ただ料金のみならず、サービス内容も含めて違いはかなり多く、全く違うものであり、それぞれに一長一短があります。

LINEMOとY!mobileの違い

では具体的にLINEMOとY!mobileの違いを細かく見ていきましょう。

 LINEMOY!mobile
回線品質
容量、料金3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
割引種類なし家族割
or
光回線セット割
家族割
適用後料金
(2回線目以降)
4GB:1,078円
20GB:2,728円
30GB:3,828円
光回線セット割
適用後後料金
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
かけ放題
オプション
5分以内定額:550円
完全かけ放題:1,650円
10分以内定額:880円
完全かけ放題:1,980円
学割なしなし
データ繰り越し不可可(翌月)
留守番電話
着信お知らせ
着信転送
220円無料
制限時の速度3GBプラン:300kbps
20GBプラン:1mbps
3GBプラン:300kbps
20GBプラン:1mbps
30GB:1mbps
店舗なしあり
キャリアメールなし@ymobile.ne.jp
(無料)

回線品質

回線品質はLINEMOY!mobileともに良好。30〜100mbps程度の通信速度がでます。

一般的な格安SIM(キャリアから回線を借りて通信サービスを提供しているSIM)は、通常時の通信速度が遅いだけでなく、昼休みや夕方など回線が混雑する時間帯に極端に速度が低下するというデメリットがあります。

しかしLINEMOやY!mobileはそういった心配なく、快適にインターネットを利用することができます。

容量、基本料金

LINEMOには3GBと20GBの2つのプランがあるのに対し、Y!mobileには4GB・20GB・30GBの3つのプランがあります。

基本料金はLINEMOが圧倒的に安いです。同じ3GBで見るとわかりやすいですが、両者には1,000円以上の差があります。

ただLINEMOには割引がないのでこれ以上安くなることはない反面、Y!mobileは家族割・光回線とのセット割で大幅に割引されるので、一概に基本料金だけで比較はできません

 LINEMOY!mobile
容量、料金3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円

家族割、適用後料金

LINEMOには家族割がありませんが、Y!mobileには家族割があり、2回線目以降は全プランで2回線目以降で1,100円の割引を受けることができます。

 LINEMOY!mobile
割引後料金3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:1,078円
20GB:2,728円
30GB:3,828円

家族割を適用すると、ほぼ同じ料金。サービス面(データ繰越など)を考えるとトータルではY!mobileの方がメリットが多いです。

光回線とのセット割

Y!mobileではソフトバンク光とセットで使うと最大1,1650円の割引を受けることができます。

 LINEMOY!mobile
割引後料金3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円

また割引は家族分の適用可能です。

家族割との併用はできませんが、光回線とのセット割は1回線目から適用されますし、割引額も大きいです。

一方でLINEMOには光回線とのセット割による割引がなく、Y!mobileよりも料金が高くなっています。

かけ放題オプション

 LINEMOY!mobile
かけ放題
オプション
5分以内定額:550円
完全かけ放題:1,650円
10分以内定額:880円
完全かけ放題:1,980円

完全かけ放題オプションはLINEMOの方が若干安いです。

ただ時間が決まっている準定額はLINEMOが5分、Y!mobileが10分と時間が異なるので一概にどちらが良いとは比較できません。

個人的には5分では足りず10分あると使い勝手がかなり良いので、Y!mobileの10分定額の方を好みますが、これは個人によりますね。
LINE通話メインだからそもそもかけ放題オプションがいらないという人も多いでしょうし。

学割

以前まではY!mobileに学割がありましたが、現在はLINEMO、Y!mobileともに学割は実施されていません。

データ繰り越し

LINEMOではデータの繰り越しができません。3GBプランで2GBしか使わなくても、翌月はまた3GBです。

一方でY!mobileは翌月までデータ繰り越しが可能。4GBプランで2GBしか使わなければ、翌月6GB使うことができます。

毎月容量を使い切って速度制限となることが前提とした使い方をする人には関係ないですが、節約しながら使う人には繰り越しできるか否かはかなり大きいです。

制限時の速度

制限時の速度はどちらも同じ。3GB・4GBプランは300kbps、20GB以上のプランなら1Mbpsです。

ちなみに300kbpsだとLINEはできるが動画視聴は最低画質でぎりぎりという速度です。

一方で1Mbpsあると動画が標準画質でもスムーズに見ることができます。制限されても動画を見ることができるというのは大きいです。

速度制限中でも動画を見ることができるスマホは?動画視聴に必要な通信速度や標準画質が視聴できる格安SIMまとめ
スマホは契約している容量を超えると速度が制限され、通常時よりかなり遅い速度になります。 ただスマホによっては制限時の通信速度が速いものがあり、Web閲覧やSNSどころか、標準画質で動画を見ることができるものも実はあるのです。 関連記事 1M...

店舗

LINEMOはオンラインのみに限定されたサービスの為、窓口自体がなくソフトバンクショップ等で契約・相談することができません。

一方でY!mobileは店舗がかなり多くあり、家電量販店の中にもブースが設置されています。契約自体はオンラインで行うことをおすすめしますが(オンラインの方が特典が良い為)、いざという時に窓口で相談や手助けをしてほしいという人はY!mobileの方が向いています。

キャリアメール

Y!mobileでは「@ymobile.ne.jp」というキャリアメールを利用で使うことができます。一方でLINEMOにはキャリアメールがありません。

ただY!mobile、LINEMOどちらもキャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)で使っていたキャリアメールを月330円で継続利用できるオプション(メール持ち運びオプション)があります。

LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大12,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

LINEMOとY!mobileの違いをまとめると

ここまでLINEMOとY!mobileの違いについて詳細を解説してきましたが、一旦まとめてみましょう。

サービスが充実していて使い勝手が良いのはY!mobile

データ繰り越し、留守電等の着信オプション、窓口対応、キャリアメールなどはY!mobileだけ、LINEMOにはありません(もしくは有料オプション)。

その為、サービスが充実していて使い勝手が良いのはY!mobileです。

ただ基本料金はその分高いです。家族割、光回線とのセット割、学割が適用できればLINEMOよりも安く使えますが、割引無しだとLINEMOよりも1,000円以上高くなってしまいます。

割引関係なく安く使えるのはLINEMO

LINEMOは家族割、光回線とのセット割など関係なく、基本料金がそもそも安いというのが大きな特徴です。

その為、誰でも安く使うことができます。

サービス面はY!mobileに劣ってしまうものの、安く使いたいという人には良いスマホでしょう。

LINEMOとY!mobileはどちらがおすすめ?選び方まとめ

ではここからは、具体的にどんな人がLINEMOが良いか、どんな人がY!mobileが良いかについて解説していきます。

家族割や光回線セット割が適用されるならY!mobile

家族で乗り換える場合、自宅で光回線(ソフトバンク光)を使っている場合はY!mobile

割引が適用されればLINEMOと同等、もしくは安く使えます。それでいてサービス面はY!mobileの方が優れています。

料金に差が無い(場合によっては高い)のにわざわざLINEMOを選ぶ必要は無いでしょう。

もしソフトバンク光以外の光回線を使っている場合は乗り換えがおすすめです。

セット割の恩恵は大きいですし、光コラボ同士の事業者変更であれば工事なしで乗り換えも簡単、キャッシュバックが貰えたり、解約違約金を全額負担して貰えるというメリットもあります。

光コラボ同士で事業者変更する方法や注意点、メリット・デメリットまとめ
フレッツ光の回線とプロバイダをセットで販売している光コラボは、簡単に違う光コラボに乗り換えることができるというメリットがあります。 そこで本記事では光コラボ同士の乗り換え、いわゆる事業者変更についてそのやり方や注意点、メリット・デメリットを...

サービス・使い勝手重視の場合もY!mobile

多少高くてもサービスや使い勝手を重視するという場合もY!mobileがおすすめです。

やはり充実しているのはY!mobileですからね。

ただ基本的にLINEMOでも困ることはありません。

留守電等は使わない人は使わないし、キャリアメールもフリーメールで十分、窓口がなくオンラインのみであってもそれほど不都合はありません。データ繰り越しができないことも我慢できる範疇でしょう。

料金と比較して、どちらが良いか選ぶのが良いですね。

料金重視(一人で利用かつ光回線もなし)ならLINEMO

料金重視で、かつ一人で利用するので家族割の適用もできない、光回線も使っていないという場合はLINEMOですね。

割引無しのY!mobileとの料金差は大きいですから。

まとめ

LINEMOとY!mobileは意外と異なる部分が多いです。

一人で使うのか家族で使うのか、光回線を使っているか、使い勝手を重視するかによって選ぶべきものはかわってくるので、あらためて自分はどちらが良いのか確認した上で契約しましょう。

LINEMOの公式サイト

Y!mobileの公式サイト

タイトルとURLをコピーしました