格安SIM

ソフトバンクの高いスマホ代を安くする方法、ヘビーユーザー以外はやっぱり格安SIMにしないともったいないかも

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ソフトバンクのスマホ代は割と高額。少量プランで割引を適用してもたった3GBプランで4,000円以上かかります。

人によってはそれこそ5,000円以上、1万円以上かかってしまっている人もいるでしょう。

ではどうすればこのスマホ代を安くできるでしょうか。

〈PickUp〉おすすめ格安SIM

回線速度◎

回線速度はキャリアの格安プランがおすすめ

  • LINEMO・・・990円/3GB、2,728円/20GB、お得なキャンペーン多数
  • ahamo・・・2,970円/20GB、5分以内の通話無料

料金◎

  • 楽天モバイル・・・1,078円/〜3GB、3,278円/無制限、回線品質も大幅改善
  • IIJmio・・・990円/5GB、2,000円/20GB
  • mineo・・・1,958円/10GB、最大1.5Mbpsの節約モードが無制限

ソフトバンクのスマホ代を下げるには?

ソフトバンクの高いスマホ代を下げる為に、まずソフトバンクを使い続けたいのか、それとも格安SIM等への乗り換えも可能なのかを考える必要があります。

ソフトバンクを使い続ける場合は手間等が少ないですが、そこまで大幅なスマホ代節約にはなりません(全く下がらない場合も)。

乗り換えせずにソフトバンクを使い続けたまま、格安SIM並に料金を下げることができれば一番良いのですが、それはできないのが現実です。

その為、結論から言うと料金を下げたいなら格安SIMに乗り換えが手っ取り早いです。

今はソフトバンクからLINEMOという格安プランが出ています。家族割や光回線とのセット割などは関係なく3GBが990円、20GBが2,728円とソフトバンク自体に比べると格段に安いです。

通信速度も他の格安SIMのように遅いといった問題もなく、スマホ代を下げたいと考えているなら乗り換えをおすすめします。

LINEMOがお得なキャンペーン実施中!!

格安SIMならLINEMOがおすすめ!

  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • 通信速度は速く、LINE利用時のギガ消費もなし
  • キャンペーンもお得!
現在のキャンペーン

  • 最大12,000PayPayポイント還元
  • 5分以内の通話定額オプションが7ヶ月間無料

\申し込みはこちら/
LINEMOの公式サイト

ソフトバンクを使い続けたままスマホ代を節約する方法

ではまずはソフトバンクを使い続けることを前提としてスマホ代を節約する方法を紹介します。

プランの見直し

まずはプランの確認、そして見直しをしましょう。

プランの確認はMy Softbankから、見直し時の料金シュミレーションはソフトバンクホームページからできます。

現在、ソフトバンクではミニフィットプラス(3GBまでの段階制定額)とメリハリ無制限(データ料無制限)の2つあります。

ただ長くソフトバンクを使っている人の中には、この2つ以外の旧プランのままで無駄に月額料金を支払ってしまっている場合があるので、確認し、もし安くなるならプランを変えましょう。

光回線をソフトバンク光に変える

ソフトバンクユーザーは自宅でソフトバンク光を使うと1回線あたり最大1,100円の割引を受けることができます(おうち割光セット)。

しかも割引は家族割を適用している全回線に適用。4人家族で4回線使っていれば最大4,400円の割引です。

光回線が不要であればわざわざ使う必要がありませんが、もし現在違う光回線を使っているのであればソフトバンク光に乗り換えましょう。

なおソフトバンク光にはキャッシュバックがあるので違約金が発生しても相殺できますし、ドコモ光やビッグローブ光といった光コラボからの場合は工事不要で簡単に乗り換えることができます。

不要な有料オプションを解約

初月無料、端末代割引の条件などで、契約時に特別使わない有料オプションに加入する場合がありますが、もし加入したまま放置されているものがあるならば解約しましょう。

どんなオプションに加入しているかは、My Softbankから確認できます。

以外と有料オプションに加入したままで月1,000円以上損してしまっていることがあるんですよね。

定額通話オプションを利用

ソフトバンクでは通話オプションとして以下の2つがあります。

  • 定額オプション+・・・1,980円、国内通話かけ放題
  • 準定額オプション+・・・880円、国内通話5分以内が無料

通常であれば通話料は30秒22円。月20分通話で880円、月1時間通話で2,640円かかります。

My Softbankで通話料を確認し、もし通話時間が多いのであればこれらの定額通話オプションを利用しましょう。

データ量追加オプションを使わない

ミニフィットプラン+は最大で月3GBしか使うことができず、その容量を超えると速度が128kbpsに制限されます。

128kbpsという速度は正直何もできない速度。その為、ついついデータ量追加オプションを使っている人もいますよね。

ただ1GBで1,100円もかかるデータ量追加オプションは、はっきり言ってコスパが非常に悪いです。その為、緊急時でも無い限り使うのはやめましょう。

無駄を徹底的に省いても、やっぱりソフトバンクを使い続けるのはもったいない

上記で上げたことをチェックすれば、人によって多少はソフトバンクのスマホ代を安くできることができるかもしれません。

ただできたとしてもそこまで安くはなりません。

やはり正直言って、いくら無駄を省いたとしてもソフトバンクを使い続けること自体もったいないです。

格安プラン・格安SIMとの料金差がやばい

以下はソフトバンク、LINEMO(ソフトバンクの格安プラン)、Y!mobile(ソフトバンクのサブブランド)の料金比較です。

 ソフトバンクLINEMOY!mobile
基本料金〜1GB:3,278円
〜2GB:4,378円
〜3GB:5,478円
無制限:7,238円
3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
割引家族割
光回線セット割
なし家族割
or
光回線セット割
割引後料金
(※)
〜1GB:2,178円
〜2GB:3,278円
〜3GB:4,378円
無制限:4,928円
3GB:990円
20GB:2,728円
4GB:1,078円〜
20GB:2,178円〜
30GB:3,278円〜

※:家族割3人以上、ソフトバンク光とのセット割を適用

ソフトバンクは割引をフルに利用すると基本料金よりはだいぶ安くなります。しかしそれでもLINEMOY!mobileの基本料金よりもかなり高いです。

光回線を使うならahamo、povo、LINEMOよりもY!mobile・UQモバイルが圧倒的におすすめの理由
現在はMVNOタイプの格安SIMのみならず、ahamoやLINEMOといったキャリアの格安プランでスマホを安く使うことができます。 ただもし自宅で光回線を使っているというならば、一番のおすすめはUQモバイルもしくはY!mobile。 キャリ...

回線品質の良い格安SIMもある

格安SIMは回線品質が悪い、通信速度が遅いと言った理由から避けている人もいるかもしれません。

ただ実はキャリア並に回線品質が良い格安SIMもあるのです。

そもそも通信速度が遅いと言われているのはMVNO(キャリアから回線をレンタルして通信サービスを提供)の格安SIM(IIJmiomineoなど)。

LINEMO(ソフトバンクの格安プランという位置づけ)、Y!mobile(ソフトバンクのサブブランド)は違う会社の回線を借りてるわけではないので、回線品質も良いです。
実際、回線が混雑する時間遅いと不満を感じたことはありませんし、キャリアとの差を感じたこともありません。

ようするにソフトバンクだけのメリットというものがないわけです。

ちなみにMVNOの回線品質はサブブランド等に比べて劣ってしまいますが、代わりに料金が安くなっています(IIJmioは2GBで850円、20GBで2,000円)ので、スマホ代をとにかく安く済ませたいならおすすめです。

乗り換え自体が簡単

ソフトバンクから他社に乗り換えるのは面倒と思っている人がいるかもしれませんが、実際やってみる全然たいしたことありません。

MNP番号取得もすぐできるし、そのMNP番号を使って格安SIMに申し込み、SIMが届いたら挿して使うだけです。

さらに言うと、LINEMOY!mobileであればMNP番号すら必要ありません。

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換え手順やタイミング、知っておきたいメリット・デメリット
ソフトバンクがオンライン契約のみの格安プランとして出しているLINEMO。料金がかなり安く使えるので、乗り換えを検討している人も多いでしょう。 ただ乗り換え前にはメリット・デメリット、乗り換えタイミング等をあらかじめ知っておくべき。 そこで...

店舗で申し込み手続きや相談はサブブランドでもできる

ソフトバンクであれば店舗での申し込み手続きや相談、契約後のサポートが可能というのはもちろんメリットの一つ。
格安SIMはオンラインのみで店舗自体がないというところも多く、基本的には自分一人で進めなければなりません。

ただY!mobileUQモバイルといったサブブランドに関しては店舗があり、当然申し込みや相談も可能。キャリアと変わりません。

回線品質、サポートはキャリアと大きな差はなく、ただ料金が安いのですからソフトバンクを使い続けるのはもったいないですよね。

ソフトバンクを使い続けるより、乗り換えてスマホ代節約がやっぱりベスト

上記理由から、スマホ代を安くしたいと考えているのであればやはり乗り換えがベストだと考えます。

ただ乗り換えるだけでスマホ代が下手したら毎月数千円安くなるわけです。1年間にしたら数万円。やらない理由はないでしょう。

光回線とのセット割があってお得だから、家族で使っていて家族割でお得になっているからというのは間違いなのです。割引を全て適用しても格安SIMの方が安いのです。

ここではいくつかパターン別おすすめの格安SIMを紹介しましょう。

パターンおすすめ
自宅でソフトバンク光を利利用Y!mobile(光セット割有り)
自宅で光回線を利用
(ソフトバンク光以外)
UQモバイル(光セット割有り)
家族で複数回線利用Y!mobile(家族割あり)
光回線なし・1回線のみLINEMO
大容量使いたいahamo(100GBプランあり)
とにかく安くIIJmio(基本料金が安い)

もし自宅でソフトバンク光を使っているならY!mobile乗り換えてもそのまま光回線とのセット割が適用できるので、格安SIMの中でもかなり安い料金で利用できます。

一方でソフトバンク光以外の光回線を使っているならおすすめはUQモバイルこの機会に自宅の光回線をUQモバイルとのセット割対象である auひかり(東海・関西以外のエリア)やビッグローブ光(全国)に乗り換えると良いでしょう。

家族で複数回線使っている場合もY!mobile家族割があり、割引適用後は2回線目以降3GB990円、15GB2,090円で使うことができます。

特に光回線を使っておらず、かつ1回線のみで利用するならLINEMOソフトバンクの格安プランで料金が安く、3GBと20GBがプランが選べます。

大容量使いたい人はドコモの格安プランであるahamo。格安SIMの欠点は大容量使えない点。最大でも20〜25GBまでのプランしかありません。しかしahamoであれば増量オプションを利用することで100GBまで使えるようになるのでヘビーユーザーにはおすすめです。

最後にとにかく安くという人におすすめなのはIIJmioMVNOタイプで回線品質は上3つに劣りますが変わりに料金が一番安くなっています。

どれにするにしても、ソフトバンクからの乗り換えであればかなりのスマホ代節約になるでしょう。

【例外】ソフトバンクを使い続けて良い人

ではソフトバンクは全くだめだというと決してそんなことはありません。

これはソフトバンクに限らずドコモやauと言った3大キャリア全てに言えることですが、これらには無制限で使うことができるプランがあります。

一方で格安SIMの場合はサブブランドで25GB、唯一ahamoで100GBというプランがありますが、それ以上はありません。

100GBを超える容量を使うヘビーユーザーにとってはソフトバンクなど3大キャリアを使うしかないわけです。

ソフトバンクは高いというのは事実ではありますが、無制限プランで本当に大容量使うのであれば、割引後4,928円で使うことができるのはコスパとして悪くありません。

まとめ:スマホ代を下げたいならやはり乗り換えがおすすめ

ソフトバンクを使い続けたままスマホ代を下げるのには限界があり、もし節約するならやはりもっと安いY!mobileなどに乗り換えることをおすすめします。

ただし人によってはソフトバンクの方が都合が良い場合もあるので、自分にあった形をあらためてよく検討してみるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました