光回線

引越し時は光回線乗り換えるべき理由、工事費が再度かかるので移転しての継続はおすすめしない

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

引っ越しの際にしっかり考えておくべきなのが光回線をどうするか。

何も考えずに今使っている光回線で引っ越し手続きをしてしまうのは、正直おすすめできません。

引越し時には合わせて他社の光回線に乗り換えることで、実はかなりお得に使うことができるのです。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大90,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大93,000円のキャッシュバック

引っ越し時は光回線の乗り換えがおすすめ

ではなぜ引越し時には光回線を乗り換えた方が良いのでしょうか。その理由を解説します。

再度開通工事費がかかる場合がある

光回線を利用する為には開通工事が必要で、それは新規で契約する場合も引っ越しで移転する場合も変わりありません。

工事費は光回線の種類、住居の状況、工事日や時間によっても変わりますが、大抵は15,000円以上、中には40,000円以上の工事費がかかってしまいます。

新規で光回線を導入した場合であれば特典として無料となっている場合も多いのですが、引っ越しの場合はだいたいが実費負担(※1)。

新規で契約するよりも引っ越しでの移転はかなりお金がかかってしまうのです。

※1:移転時の工事費を割引等で無料としてくれる光回線サービスもあります。

乗り換えれば工事費が無料となる光回線が多い

auひかりドコモ光ソフトバンク光NURO光So-net光プラスeo光コミュファ光といった主要な光回線は新規契約時に工事費用が実質無料となる特典がついてきます。

引っ越し時にそのまま移転手続きをするとかかってしまう工事費が、他社に乗り換えることで0円となるわけです。

これだけで15,000円から40,000円程度お得になるわけですから、継続するよりも乗り換えてしまう方が圧倒的に安く済みます。

スポンサーリンク

光回線はキャッシュバックがお得、工事費残債や違約金と相殺できる

現在の光回線を引っ越し時に乗り換えようとすると、タイミングによっては工事費の残債(分割払いの場合)や違約金(2年もしくは3年契約の場合)が発生してしまいます。

その為、場合によっては2〜3万円程度の請求をされてしまう場合もあるでしょう。

だ多くの光回線では新規契約時にキャッシュバックの特典がついており、3万円から6万円程度貰うことができるようになっています。

その為、トータルで考えれば工事費残債や違約金は相殺(むしろプラス)できるわけです。

乗り換えであれば撤去費用も負担してもらえる

光回線によっては解約や移転時に光回線の撤去費用が発生する場合があります。

たとえばauひかりだと2022年6月30日以前に戸建てタイプで契約している人は撤去が必須で31,680円の費用がかかってしまいます(2022年7月1日以降に契約した人は撤去が任意)。

しかし光回線サービスによってはこの撤去費用を負担してくれる会社もあるので、大きな負担なく乗り換えが可能です。

たとえばドコモ光は最大30,000円まで、ソフトバンク光は最大10万円までeo光は最大6万円まで撤去費用と違約金の負担をしてくれます。

乗り換えも移転も手間は変わらない

光回線の新規開通は工事に時間がかかって面倒と嫌がる人もいるかもしれませんが、それは引っ越しに伴う移転も変わりません。

移転の場合も移転手続きをしたり、工事日程を調整したりとなんだかんだ面倒です。

手間は結局一緒。であればお得に利用できる乗り換えの方が良いですよね。

※そもそも移転不可能な場合も

場合によっては移転が以下のように不可能な場合もあります。

  • 利用可能エリア外に引っ越し
  • 引っ越し先のマンションが対応していない光回線サービスを使っている

たとえばauひかりは東海エリアや関西エリアがエリア外となっています。もしそのエリアに引っ越すとなった場合は移転不可能なので乗り換えせざるを得ません。

また全国で使える光コラボであっても、マンションが光コラボに対応していない場合もあります。

マンションのような集合住宅はその光回線がエリア内であることに加えて、その光回線の設備が導入されていなければ使うことができません。

たとえば中にはauひかりしか使えないマンションもあります。光コラボを使っている人がそのマンションに引っ越す場合は現在の光回線から乗り換えなければなりません。

スポンサーリンク

引っ越し時に光回線の乗り換えをすべきではない人

上記で解説した通り、引越し時は基本的に光回線を乗り換えた方がお得です。

ただし乗り換えずに移転手続きをしてでも使い続けた方が良い場合もあるので確認しておきましょう。

光回線とスマホのセット割で大きな割引を受けている人(au、UQモバイル除く)

特定の光回線を利用することで、スマホ代の割引をうけることができるセット割があります。

auやUQモバイルは複数の光回線がセット割の対象となるのでその中(auひかり⇒ビッグローブ光など)で乗り換えれば問題ありません。

ただドコモやソフトバンク、Y!mobileを使っている人は乗り換え先に選択肢がない(※2)ので、移転した方が良い場合あるので注意が必要です。

特に家族で複数回線使っている場合は乗り換えではなく移転した方が良いでしょう。
たとえば4回線で4,400円の割引を受けているなら、2年間で10万円以上の割引。乗り換えによるキャッシュバックや工事費無料特典を貰うよりも割引を継続した方がお得でしょう。

一つおすすめなのは、このタイミングでスマホを乗り換えてしまうこと。特に光回線と一緒に使うならUQモバイルY!mobileがかなりお得に使うことができます
光回線の移転にかかる費用も安くなりますし、スマホ代も安くなりますからね。

※2:ソフトバンクはNURO光に乗り換えることも可能だが、NURO光はエリアが限定的で使えないマンションも多い

光回線を使うならahamo、povo、LINEMOよりもY!mobile・UQモバイルが圧倒的におすすめの理由
現在はMVNOタイプの格安SIMのみならず、ahamoやLINEMOといったキャリアの格安プランでスマホを安く使うことができます。 ただもし自宅で光回線を使っているというならば、一番のおすすめはUQモバイルもしくはY!mobile。 キャリ...

現在の光回線を利用し始めて1年未満の人

現在の光回線を使い始めて1年未満の人の場合、キャッシュバックがまだ受け取れていなかったり、工事費の残債がかなり残ってしまっている場合があります。

またキャッシュバックを受け取っていても一定期間で解約すると同額を請求される場合もあるので注意しなければなりません。

どこの光回線を使っているか、どこの光回線に乗り換えるかにもよりますが、中には移転時の工事費が無料なところもありますから、場合によっては移転した方が良いケースがあることは知っておきましょう。

この場合は移転した場合にどれだけお金がかかるか(今後受け取れるキャッシュバックがいくらかも含めて)、乗り換えた場合はいくらかかるかを計算した上で決めた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

引っ越しの際に乗り換えるおすすめの光回線

ではここからは乗り換え時におすすめの光回線をいくつか紹介していきます。

【2024年5月徹底比較】光回線のおすすめランキング!月額料金やキャッシュバック、工事費用からあなたに適した選び方を紹介
本記事では数ある光回線を徹底比較、月額料金だけでなくキャッシュバックや工事費用などを含めてお得に使える光回線を紹介します。 【総合】光回線おすすめランキング おすすめランキング No.1 auひかり ・ダークファイバーを使った独自回線 ・a...

スマホとのセット割を利用している場合

まず現在、スマホと光回線のセット割を利用している場合ですが、使っている携帯電話会社によって異なります。

ドコモ・Y!mobileユーザー

ドコモでドコモ光、Y!mobileでソフトバンク光を利用している場合、基本的に乗り換えせずに引っ越し手続きを行い使い続けることをおすすめします。

この2つは他にセット割対象となる光回線がない為、長期的に見るとそのまま使い続けた方がお得だからです。

ソフトバンク

ソフトバンクの場合はセット割の対象がソフトバンク光NURO光の2つあります。

その為、ソフトバンク光を使っている人はNURO光、NURO光を使っている人はソフトバンク光に乗り換えることで引き続きセット割を利用することができます。

ただNURO光はエリアが限定的、対応しているマンションもかなり少ないという点に注意しなければなりません。

引越し先のエリア・マンションによっては使えない場合があるので、乗り換えができない場合は引き続きソフトバンク光を使うのが良いでしょう。

au、UQモバイルの場合

auやUQモバイルはセット割の対象となる光回線が多数あるので、乗り換えがお得。おすすめは地域別に以下の通りです。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
関西 eo光 ビッグローブ光
東海 コミュファ光 ビッグローブ光

同じ光回線への乗り換えは当然できないので、この中から現在使っていない光回線、マンションであれば導入可能な光回線から選ぶのが良いでしょう。

スマホとのセット割を利用していない場合

スマホとのセット割を利用していない、今後も利用する予定がないというのであればキャッシュバックが高い、工事費が無料、違約金を負担してくれるといった特典でコスパの良いものを選ぶのが良いでしょう。

おすすめは以下の通り。

  おすすめ① おすすめ② おすすめ③
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり
キャッシュバック◎
工事費無料
ソフトバンク光
キャッシュバック◯
工事費無料
違約金負担◎
ビッグローブ光
キャッシュバック◎
関西 eo光
工事費無料
違約金負担◎
月額料金安
東海 コミュファ光
キャッシュバック◎
工事費無料
月額料金安

現在使っている光回線以外で引越し先にエリア・マンションで利用可能であるものを選びましょう。

まとめ:引っ越し時は基本的に乗り換えがおすすめ

引っ越し時に同じ光回線を移転して使うと工事費用などがかかってしまうのであまりおすすめできません。

スマホとのセット割の関係でどうしてもという場合をのぞき(その場合はできればスマホも乗り換えることをおすすめするが)、基本的には他社に乗り換えるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました