光回線

格安SIM・サブブランドユーザーにおすすめの光回線は?セット割が一番のおすすめとは限らない点に注意!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

ドコモやソフトバンク、auといったキャリアを使っている場合、光回線はそれらのセット割対象となるものを選ぶのが基本です(ドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光など)。

ただ格安SIMの場合も同じように選ぶのはNG。

格安SIMでも光回線とのセット割が適用できるものもありますが、割引額が少ないなどメリットがあまりない為、他の光回線を選んだ方がお得な場合が多い為です。

そこで本記事では、様々な格安SIMでおすすめの光回線について紹介していきます。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大90,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大93,000円のキャッシュバック

格安SIM×光回線の選び方

各格安SIMについてどの光回線がおすすめとなるかは、セット割の有無・セット割による割引額によって異なります。

サブブランド(Y!mobile、UQモバイル)はセット割で選んでOK

サブブランドとして展開されているUQモバイルY!mobileは以下の特徴を持っています。

  • 1台あたりの割引額が大きい
  • 家族で利用している回線全てに割引が適用

割引額が大きく、さらに家族で複数回線持っていれば全回線に割引が適用となるため、光回線とのセット割による恩恵が非常に大きいです。

その為、基本的にはセット割が適用できる光回線から選ぶのがおすすめとなります。

セット割対象の光回線はY!mobileがソフトバンク光のみですが、UQモバイルについてはauひかりビッグローブ光等から選ぶことが可能です。

その他の格安SIMはセット割で選ぶより、キャッシュバックで選んだ方が良い場合も多い

mineo、BIGLOBEモバイル、IIJmioといった月額料金の安い格安SIMでも、特定の光回線とのセット割があります。

格安SIM 対象光回線 割引内容
mineo eo光 月330円割引(1回線のみ)
BIGLOBEモバイル ビッグローブ光 月330円割引(1回線のみ)
IIJmio IIJmioひかり 月660円割引(1回線のみ)

格安SIMの場合はキャリアやサブブランドほど割引額は大きくありません。また割引適用が1回線のみとなっているところも多いです。

この程度の割引であれば、他社で高額キャッシュバックを貰った方がお得な場合もあるので注意しましょう。

キャリアの格安プランはセット割なし

ドコモの格安プランであるahamo、auの格安プランであるpovo2.0、ソフトバンクの格安プランであるLINEMO。いずれも20GBが3,000円以下と非常に安く利用できます。

ただこれらの格安プランでは光回線とのセット割が利用できません。

例えばドコモではドコモ光がセット割の対象となりますが、ahamoはドコモ光を使っていても割引されません。

その為、これらの格安プランを使っている場合はセット割を考えずにコスパ・評判の良い光回線を選ぶのが良いでしょう。

提供エリア・マンションの対応可否に注意

光回線を選ぶ大前提として、以下の点に注意が必要です。

  • 光回線の中にはエリアが限定されているものもある
  • マンションは対応している光回線しか使うことができない

たとえばauひかりは関西・東海などが提供エリア外。この地域に住んでいる人は利用できません。

またマンションに住んでいる人は特に注意が必要。マンションはそれぞれ導入可能な光回線が決まっているからです。

auひかりしか導入できないマンションではドコモ光、ソフトバンク光といった光コラボの光回線は使うことができませんし、逆に光コラボしか導入できないマンションではauひかりを使うことができません。

UQモバイルと光回線のおすすめ組み合わせ

ではそれぞれの格安SIMとおすすめ光回線の組み合わせを紹介していきましょう。

まずはUQモバイルです。UQモバイルはセット割他使用の光回線が多数あり、それぞれの地域でおすすめが異なります。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)

最もおすすめなのはauひかり、eoひかり、コミュファ光。UQモバイルとのセット割が可能で、その上でコスパが良い光回線です。

ただこれらはマンションによって導入できない場合もあり。

特に多くのマンションがフレッツ光・光コラボにしか対応していない場合も多いので、そういったマンションに住んでいる人はおすすめ②のビッグローブ光がおすすめとなります。

UQモバイルとのセット割対象となる光コラボは他にもSo-net光がありますが、コスパ面でビッグローブの方がお得に使えます。

UQモバイルユーザーにおすすめの光回線はどこ?自宅セット割の適用でかなりお得に!
光回線を選ぶ際、まず重視すべきスマホとのセット割。 UQモバイルの場合は、様々な光回線で自宅セット割の適用ができるので、選択肢は豊富です。 ただ自宅セット割適用についてはいくつか注意点もあり。 そこで今回はUQモバイルユーザーにとってお得で...

Y!mobileと光回線のおすすめ組み合わせ

Y!mobileのおすすめは「ソフトバンク光」。唯一のセット割対象光回線で、1回線あたり最大1,650円とかなり大きな割引が適用されます。

ただし、マンションによってはソフトバンク光等の光コラボが利用できないことがあります。

その場合はコスパの良いauひかり、eoひかり(関西)、コミュファ光(東海)がおすすめです。

  おすすめ① おすすめ②
関東・北海道等、
下記以外の地域
ソフトバンク光
(光コラボ)
auひかり
関西 ソフトバンク光
(光コラボ)
eo光
東海 ソフトバンク光
(光コラボ)
コミュファ光

なおキャリアのソフトバンクはNURO光もセット割対象となりますが、Y!mobileはNURO光が対象外となるので注意しましょう。

Y!mobileユーザーにおすすめの光回線はどこ?セット割(おうち割)やキャッシュバックからコスパの良いものをチェック
光回線を選ぶ際、スマホとのセット割に惹かれて選ぶ人は少なくないでしょう。 ただスマホのY!mobileについては、セット割が適用できるソフトバンク光よりも他社を選んだ方がお得である場合があります。 そこで今回はY!mobileユーザーにとっ...

キャリアの格安プラン(ahamo、povo、LINEMO)におすすめの光回線

ahamoLINEMOpovoといったキャリアの格安プランには、光回線の利用によるセット割がありません。

その為、これらを使っている人はセット割関係なくコスパ・評判が良い光回線がおすすめとなります。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)

おすすめ①はそれぞれエリアが限定されています。またマンションによって異様ができる場合・できない場合があるのでそれぞれ使えるものを選びましょう。

なおビッグローブ光は光コラボで全国で利用できます。

ちなみに、ahamoやpovo、LINEMOを使っている人は、光回線を使うのであればUQモバイルへと乗り換えることをおすすめします。

光回線を使うならahamo、povo、LINEMOよりもY!mobile・UQモバイルが圧倒的におすすめの理由
現在はMVNOタイプの格安SIMのみならず、ahamoやLINEMOといったキャリアの格安プランでスマホを安く使うことができます。 ただもし自宅で光回線を使っているというならば、一番のおすすめはUQモバイルもしくはY!mobile。 キャリ...

楽天モバイルユーザーにおすすめの光回線

楽天モバイルユーザーだからと言って、楽天ひかりを使ってもセット割がありません。さらに以下の点から、正直以下のデメリットもあります。

  • キャッシュバックがない
  • 工事費がかかる

他社であればキャッシュバック、さらに工事費が無料という特典つきなので楽天モバイルだからといってわざわざ楽天ひかりを選ぶメリットはないのです。

よって、おすすめは以下の通りとなります。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)

おすすめ①はそれぞれエリアが限定されています。またマンションによって異様ができる場合・できない場合があるのでそれぞれ使えるものを選びましょう。

IIJmioユーザーにおすすめの光回線

IIJmioIIJmio光を利用することで毎月660円(1回線のみ)の割引を受けることができます。

ただIIJmioひかりは正直コスパが良くなく、他社を使うほうがおすすめです。

そもそもおてがる光の月額料金はIIJmioひかりより660円以上安い為、セット割が適用できてもおてがる光の方が安いというのが実際のところ。

  IIJmioひかり おてがる光
種類 光コラボ 光コラボ
料金 戸建て:5,456円
マンション:4,356円
戸建て:4,708円
マンション:3,608円
キャッシュバック 無し 無し

よって、キャッシュバックがある方が良いか、それとも月額料金が安い方が良いかでおすすめは以下の通りとなります。

  高額キャッシュバックを希望 安い月額が希望
おすすめ① おすすめ② おすすめ③
関東・北海道等、
下記以外の地域
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
おてがる光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
おてがる光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)
おてがる光
(光コラボ)

mineoユーザーにおすすめの光回線

mineoeo光がセット割の対象となっており、合わせて使うことでスマホ代が330円(1回線のみ)割引されます。

割引額自体は大きくないものの、eo光は非常にコスパ・評判が良い光回線。近畿地方の光回線顧客満足度も1位をとっています。
よってmineoユーザーに一番のおすすめはeo光であると言えます。

ただeo光はエリアが関西限定。他の地域で利用することができません。また関西エリアだとしてもマンションが非対応で使えないという場合もあります。

mineoはeo光以外にセット割が対象となるので、関西以外の地域に住んでいるなどeo光が使えない場合は他の光回線から選ぶ必要があります。

そしてエリア別のおすすめは以下の通りとなります。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)

その他の格安SIMユーザーにおすすめの光回線

上記で紹介した格安SIM以外にも多くの種類がありますが、基本的に格安SIMは光回線とのセット割がない、もしくはあっても割引がごくわずかとなります。

よって、結局選ぶべきはキャッシュバック・月額料金・その他の特典を考慮したコスパの良い商品。現在のおすすめは以下の通りです。

  おすすめ① おすすめ②
下記以外の地域
(関東・北海道等)
auひかり ビッグローブ光
(光コラボ)
関西 eo光 ビッグローブ光
(光コラボ)
東海 コミュファ光 ビッグローブ光
(光コラボ)

格安SIMはセット割が適用できる光回線が一番お得であると限らない点に注意

格安SIMでも光回線とのセット割が適用できる場合がありますが、そのセット割が本当にお得なのかはしっかり検討する必要があります。

UQモバイルやY!mobileといったサブブランドの場合は光回線セット割の割引額が大きいため、対象の光回線を選んだ方がよいですが、他の格安SIMはセット割で選ぶよりもキャッシュバック等で選んだ方が実はお得なのです。

ぜひ本記事を参考に自分が使っている格安SIMにベストの光回線を選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました