格安SIM

格安SIMでも留守電・割込通話(キャッチホン)、電話転送が無料で使えるところは?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

格安SIMの中には留守電や割込電話(キャッチホン)が使えないという場合もあります。

必要ない人であれば全く問題ありませんが、もしそれらの機能が必要ならあらかじめ留守電や割込電話が利用可能か、有料オプションであればいくらかかるのかについて、あらかじめチェックしておきましょう。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで最大12,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

格安SIMの中には留守電。割込電話(キャッチホン)自体が使えないものもあるので注意が必要

スマホを仕事でも使うのであればあった方が良い、留守電や割込電話ですが、格安SIMの中には一切使えない場合があるので注意しなければいけません。

たとえばドコモのオンライン専用格安プランであるahamo、auのオンライン専用格安プランであるpovoは有料オプションで後付することも不可能で、一切使えません。

もしこれらの機能が必要ならば、あらかじめ使えるものから選ぶようにしましょう。

留守電・割込電話(キャッチホン)、電話転送が無料で使うことができる格安SIM

ではまずは留守電、割込電話(キャッチホン)、電話転送を無料で使うことができる格安SIMを紹介していきます。

Y!mobile

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、留守電と電話転送サービスが無料で使うことができます。

ただ、割込電話(キャッチホン)は月220円の有料オプションとなっています。

Y!mobileは料金が安いスマホの中では非常に回線品質が良いので、仕事用にもおすすめできるスマホです。

楽天モバイル

楽天モバイルは留守電、割込電話(キャッチホン)、電話転送の全ての着信オプションサービスを無料で使うことができます。

段階料金制で20GBをまでなら2,178円、20GB以降はどれだけ使っても3,278円と非常に安いのが大きなメリット。

また通話専用アプリ(Rakuten Link)を使えば通話料も無料なので、コスパは非常に良いです。

格安SIMで無制限使える楽天モバイル!

楽天モバイルの特徴

  • 3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、無制限で3,278円
  • 楽天市場で買い物する人は実質無料とするこも可
  • エリア・回線速度は大幅改善
  • パートナー回線(au回線)も無制限に変更(以前は5GBまで)
  • 通話料も無料
  • ワンストップMNP対応(予約番号不要でMNP可)
お得情報

  • iPhone15シリーズ20,000円割引
  • MNPで最大12,000ポイントプレゼント(実質1年無料)
  • iPhoneの実質価格が全キャリア最安、AppleStoreよりも安い
  • 楽天市場でのポイント還元率UP
  • 楽天市場で10,000円買い物すれば実質678円〜、25,000円買い物すればほぼ無料

\申し込みはこちら/
楽天モバイルの公式サイト

UQモバイル(通話定額オプション利用時)

UQモバイルは電話転送は無料ですが、留守電や割込通話(キャッチホン)は有料オプションとなります。

それぞれ個別に利用できますが、セットで利用すると月440円です(電話きほんパックV)。

【電話基本パックV:月440円(下記4つのサービスがセット)】

  • 留守番サービス(単品利用時:330円)
  • 割込通話(単品利用時:220円)
  • 三者通話サービス(単品利用時:220円)
  • 迷惑電話撃退サービス(単品利用時:110円)

ただし、通話定額オプション(完全かけ放題もしくは10分以内かけ放題)に加入しているとこの電話基本パックのオプション料金は無料となります。

UQモバイルはauのサブブランドで非常に回線品質が良く、料金が安い上に通話定額とあわせて使えば留守電や割込通話が無料で使えるので、かなりおすすめのスマホです。

mineo

mineoはソフトバンク回線(Sプラン)を利用する場合のみ、留守電と電話転送サービスが無料で使えます。ただし、割込通話(キャッチホン)は月220円の有料オプションです。

一方でドコモ回線(Dプラン)の場合は留守電が319円、割込通話が220円、電話転送は無料となっています。

そしてau回線(Aプラン)の場合は留守電が319円、割込通話・電話転送が無料となっています。

表にまとめると以下の通りです。

 留守電割込通話電話転送
ソフトバンク回線無料月220円無料
ドコモ回線月319円月220円無料
au回線月319円無料無料

最初に選ぶ回線の種類によって無料で使えるものが異なるので注意しましょう。

mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 今ならどの容量でも6ヶ月間990円で利用できる
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

留守電・割込電話オプション(有料)がある格安SIM

続いて、留守電や割込電話オプションが有料オプションとしてあるものについて紹介します。

UQモバイル(通話定額オプション利用なしの場合)

先程述べたようにUQモバイルは通話定額オプションに加入しないと留守電が月330円、割込電話が220円の有料オプションとなります。

ただし、いずれも使いたい場合は「電話きほんパックV」というオプションを利用すると月440円と安くなります。

LINEMO

ソフトバンクのオンライン専用格安プランであるLINEMOでは、留守電・電話転送サービスなど3つのサービスがセットになったオプションがあり、月330円で利用できます。

【留守電パック(月330円)】

  • 留守番電話サービス
  • 着信転送サービス
  • 着信お知らせ機能(圏外等で着信があった場合に、電波が回復したタイミングで着信があったことをお知らせ)

他のキャリアの格安プラン(ahamopovo)ではオプション自体がないので、LINEMOが唯一です。

ただ割込電話についてはオプションがなく利用できません。割込電話が必要な場合は他のスマホを選ぶようにしましょう。

IIJmio

IIJmioは留守電が319円、割込電話が220円の有料オプションで、電話転送サービスは無料で使えます。

電波がある状態なら端末によって簡易留守電の利用は可能

電波がない状態で留守電を利用する為には、各携帯電話会社でオプションに申し込む必要がありますが、電波があるものの電話にでられなかった場合に留守電として伝言メモを残す(簡易留守電)は端末によっては使うことができます。

電源ON時だけで良いというのであれば、この簡易留守電が可能な端末を探して選ぶと良いでしょう(AQUOSなどで利用可能)。

なおiPhoneではこの機能を使うことができません(自宅の固定電話に転送し、そっちで伝言メモを残すことは可能)。

まとめ

仕事で使うなら留守電や割込電話(キャッチホン)については合ったほうが便利で、仕事内容によってはなければいけないこともあるでしょう。

ただ中には有料オプションとしてもなく、一切使えない場合もあるので必ずスマホの乗り換えにチェックしておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました