光回線

プラチナ光のプラン別料金やキャンペーン、評判等の基本情報まとめ。電話勧誘が多いというのは本当?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

プラチナ光は、株式会社テレ・マーカーが運営している光回線です。

光回線やプロバイダはたくさんありすぎて、どれを選べばよいのか難しいですよね。

今回紹介するプラチナ光は、結論から言うとあまりおすすめできない光回線です。

本記事では、プラチナ光の料金やデメリット、口コミを解説します。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大63,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大94,000円のキャッシュバック

プラチナ光ってどんな光回線なの?

プラチナ光

(引用:プラチナ光公式)

プラチナ光は、株式会社テレ・マーカーが運営している光コラボです。

光コラボとは、NTT東日本とNTT西日本がプロバイダーや携帯キャリアなどの事業者に対して、光回線の卸販売を行うことを指します。

フレッツ光と同じ回線を使用しているため、インターネットの接続速度や品質はフレッツ光と同等です。

プラチナ光の基本情報を、詳しく解説していきます。

公式:プラチナ光

【料金】単独プラン、セットプラン、二段階プランなど種類が多い

プラチナ光は、単独プランやセットプラン、二段階プランなど複数のプランがあり、さらに東日本エリアと西日本エリアで分かれていたり、「プランF」「プランP」があったりと少し分かりづらいです。

ちなみに「プランF」は、プランPより月額料金が660円高くなるかわりに、契約期間の縛りがなく、途中解約しても違約金が発生しないというプランになっています。

スポンサーリンク

単独プラン

単独プランは、インターネットを利用するために必要な「プロバイダ」を自由に選んで契約する回線のみのプランです。

インターネットを利用するには、光ファイバーである「光回線」と光ファイバーの中で信号を送る「プロバイダ」が必要です。

そのため、単独プランの月額料金以外に「プロバイダ」の料金を合わせた金額が、実質の月額料金となります。

【戸建てタイプ】

エリア 契約プラン 月額料金
東日本 プランF 5,060円
プランP 4,400円
西日本 プランF 4,730円
プランP 4,070円

【マンションタイプ】

エリア 契約プラン 月額料金
東日本 プランF 3,960円
プランP 3,300円
西日本 プランF 3,630円
プランP 2,970円

単独プランのメリットは、プロバイダを自由に選べることですが、プロバイダによっては結果として月額料金が高くなってしまいます。

回線とプロバイダが別々の契約だと、支払いやサポートの窓口が違うため、手間が掛かるのが難点です。

プラチナネットプラン(光回線+プロバイダのセット)

プラチナネットプランは、光回線とプロバイダがセットとなった一体型のプラン

エリア 契約プラン 月額料金
ファミリー プランF 5,940円
プランP 5,280円
マンション プランF 4,840円
プランP 4,180円

プラチナネットプランは、契約期間が他社より長めの3年となっているので、3年以内に引っ越し予定がある人は、契約期間縛りなしのプランPがおすすめです。

二段階プラン(光回線のみ、光回線+プロバイダのセット)

プラチナ光では、普段あまりインターネットの利用が少ない方向けの2段階プランがあります。

2段階プランは戸建てタイプのみが契約でき、光回線のみ、もしくは光回線とプロバイダのセットから選べます。

【光回線のみ】

月間通信量 契約プラン 月額費用
3000MBまで プランF 3,520円
プランP 2,860円
3000MBまで プランF 4,510円
プランP 3,850円
5000M超過 100MBごとに37円の従量課金
(最大+1,958円)

【光回線+プロバイダ】

月間通信量 契約プラン 月額費用
3000MBまで プランF 4,400円
プランP 3,740円
3000MBまで プランF 5,390円
プランP 4,730円
5000M超過 100MBごとに37円の従量課金
(最大+1,958円)

毎月のインターネットの通信量を計測し、最大5GBまでであれば定額になりますが、5GBを超えてしまうと、使った分だけ料金が加算する従量課金制です。

月額料金だけ見ると安く見えますが、普通に使う分にはかなり損。

毎日インターネットを利用している人は、「プラチナネットプラン」を選んだ方がよいでしょう。

【通信速度】100Mbpsから1Gbps、ただし建物によって変わる

単独プランとプラチナネットプランの場合、最高速度が100Mbps、200Mbps、1000Mbpsから選べますが、2段階プランの場合は、最高速度100Mbpsのみです。

ちなみに、各サービスを使う場合に適した速度目安は以下の通り。

用途 速度目安
LINE・メール 200Kbps
SNS・ネット閲覧 1Mbps
動画閲覧 5Mbps

LINEやSNSの閲覧、動画視聴などは100Mbpsでもそれなりに読み込めます。

しかし、建物によっては最大通信速度が変わるので、容量の多いファイルのダウンロードやオンラインゲームでは、多少のストレスを感じてしまうでしょう。

他の光回線と料金・工事費・キャッシュバック・契約期間比較

主要光回線との料金比較は以下の通りです。

 光回線 戸建て料金
マンション料金
スマホ料金
割引
キャッシュ
バック
工事費用
(※1)
詳細
情報
プラチナ光 (戸)5,280円~
(マ4,180円~
なし なし 19,800円
ドコモ光 (戸)5,720円~
(マ)4,400円~
ドコモ 最大65,000円
+dポイント
最大2,000pt
無料 詳細
auひかり (戸)5,390円~
(マ)4,180円~
au
UQモバイル
最大
72,000円
実質
無料
詳細
ソフト
バンク光
(戸)5,720円
(マ)4,180円
ソフトバンク
Y!mobile
最大
37,000円
実質
無料
詳細
NURO光
(戸)5,200円
(マ)~5,200円
ソフトバンク 45,000円 実質
無料
詳細
ビッグローブ光 (戸)5,478
(マ)4,378円~
au
UQモバイル
27,000円 実質
無料
詳細
おてがる光 (戸)4,708円~
(マ)3,608円~
なし なし 実質
無料
詳細
【2024年版徹底比較】光回線のおすすめ・選び方は?料金・キャッシュバック・セット割からわかるおすすめランキングや初心者でもわかる失敗しない選び方をまとめて紹介
光回線サービスは現在、非常に多くの種類があります。その為、いざ光回線を契約しようと思っても、どれを選べば良いのかわからなくて困ってしまう人は少なくないでしょう。 そこで本記事では、光回線の簡単な選び方及び、選ぶべきおすすめの光回線について紹...

月額料金ならおてがる光の方が安い

月額料金を見るとキャッシュバックがない分、他の光回線に比べて安い傾向にあるものの、おてがる光よりは高いです。

おてがる光は工事費が無料であることも考えるよコスパは良いとは言えませんね。

 

おてがる光に申し込む

他社はキャッシュバック、工事費無料特典あり

他の光回線は月額料金だけ見ると多少高くなっていますが、代わりに高額なキャッシュバックや工事費が無料となる特典がついてきます。

たとえば月額料金に500円の差があっても2年間で12,000円、4年間で24,000円の差しかありません。そう考えると単純に月額料金だけで選ぶのはやめたほうがよいですね。

スポンサーリンク

光回線はスマホのセット割で選ぶべき

そもそも光回線は、使っているスマホに合わせてセット割が適用できるものが選ぶのがコスパが良くておすすめ。

唯一悩むべきなのは格安SIMやキャリアの格安プラン(ahamoやLINEMOなど)を使っていてセット割が関係ない人の場合に限られます。

プラチナ光はセット割の対象スマホがありませんから、多くの人は検討の対象とはならないでしょう。

〈PickUp〉選ぶべき光回線

使ってるスマホで選ぶ

セットで使うとスマホ代が毎月最大1,100円/1回線割引

  • ドコモユーザー・・・ドコモ光(光コラボ)
  • ソフトバンク、Y!mobile・・・ソフトバンク光(光コラボ)
  • au、UQモバイル・・・auひかり(独自回線)、ビッグローブ光(光コラボ)
  • その他・・・下記の「キャッシュバック+料金」でお得な光回線

キャッシュバック+料金で選ぶ

  • auひかり・・・最大72,000円のキャッシュバック
  • ビッグローブ光・・・最大63,000円のキャッシュバック
  • eo光(関西圏)・・・月額料金大幅割引+キャッシュバック
  • コミュファ光(東海圏)・・・最大94,000円のキャッシュバック

プラチナ光のデメリット

残念ながらプラチナ光は大きなメリットがありません。

プラチナ光をおすすめできない理由として、以下のデメリットが挙げられます。

  • キャッシュバックなどのキャンペーンが無く工事費は自己負担
  • スマホ割が無い

ひとつずつ解説していきます。

キャッシュバックなどのキャンペーンが無く工事費は自己負担

プラチナ光に申し込みをしても、キャッシュバックなどのキャンペーンは一切ありません。

光回線では、キャッシュバックと工事費無料のキャンペーンを行っている光回線が多いです。

しかしプラチナ光では、キャッシュバックもなく工事費も自己負担となるので、初期費用にかなりの金額がかかってしまいます。

そのため、プラチナ光よりもお得なキャンペーンを行っている光回線を選んだ方がよいでしょう。

携帯のセット割が無い

携帯と光回線を一緒に使うことで割引を受けられるセット割は、家族割と併用して使えるため、料金がかなりお得になります。

ただ、プラチナ光にはそういった「セット割」の制度はありません

auユーザーの人はauひかり、docomoユーザーの人はドコモ光、SoftBankユーザーの人はソフトバンク光やNURO光など、現在使っているスマホとのセット割がある光回線を選びましょう。

プラチナ光の申し込み方法と解約方法

最後に、プラチナ光の申し込み方法と解約方法を紹介します。

申し込みの際はプラチナ光の受付窓口に電話をする

プラチナ光の申し込みは、受付窓口に電話をして、新規開設を申し込みます。WEB上で手続きすることはできないので注意してください。

【プラチナ光受付窓口】
電話番号:0570−200−577
受付時間:平日9:00〜18:00(休業日:土・日・祝日・年末年始)

利用までの流れは以下のとおりです。

  1. 対応エリアの確認
  2. 電話にて申し込み
  3. 回線工事
  4. 開通

対応エリアの確認はNTT東日本またはNTT西日本のサイトより確認できます。

解約もプラチナ光のコールセンターに電話で連絡する

プラチナ光の解約は、契約時と同様プラチナ光のコールセンターに電話をしてください。

【プラチナ光コールセンター】
電話番号:0570−200−577
受付時間:平日9:00〜18:00(休業日:土・日・祝日・年末年始)

解約手続きをすると、サービス解約申込書が郵送で送られてくるので、必要事項を記入し返送します。
更新月以外に解約すると、22,000円の違約金が発生するので、解約するタイミングは十分に注意しましょう。

まとめ|プラチナ光よりもお得に使える光コラボは他にある!

プラチナ光の概要やデメリット、口コミを解説してきました。

プラチナ光はNTT回線をそのまま使って契約できるので、既にNTT回線を引いている人であれば工事不要で乗り換えることができます。

ただ、乗換えるなら他の光コラボを選んだほうが、スマホのセット割などが使えてお得です。

自分に合った光回線がなくて悩んでいる人は、「光回線の選び方」の記事を合わせて読んでみてください。

公式:プラチナ光

 

タイトルとURLをコピーしました