格安SIM

mineo(マイネオ)を徹底解説!プランや料金、キャンペーンから口コミ・評判まで紹介。通信速度が遅い噂は本当?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

格安SIMの中で、特に人気が高いのが今回紹介するmineo。

料金の安さもですが、データ無制限のオプションやプランなど、他の格安SIMにはないサービスが大きな特徴となっています。

多くの人に使い勝手が良い格安SIMとなっているので、ぜひチェックしてみてください。

【2024最新比較】人気格安SIMのおすすめまとめ、料金・通信速度・サービスから自分にあったものを選ぼう
毎月の固定費を下げる為におすすめなのが格安SIMの利用。人によっては変わらないデータ通信量で5千円以上安くすることができます。 ただ、一言で格安SIMのといっても様々なサービスがありますし、通信速度の面で不安だという人も多いでしょう。 そこ...
mineoは他にはない便利な機能が満載!!

mineoが格安SIMの中で人気がある理由

  • 10GBが1,958円、20GBでも2,178円と安い
  • 最大通信速度(32kbps〜3Mbps)で選ぶデータ無制限プランも人気
  • 月たった250円の音声通話向けプランあり(マイそくスーパーライト)
  • 通話定額も他社より安い(10分以内:550円)
  • 他社にはない豊富なサービス
mineoだからこその人気サービス

  • パケット放題Plus:最大1,5Mbpsの節約モードが使い放題(10GB以上のプランなら無料)
  • 広告フリー:広告によるパケット消費なし(無料)
  • フリータンク:全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア(無料)

\申し込みはこちら/
mineoの公式サイト

mineo(マイネオ)の主な特徴

まずは簡単にmineoの主な特徴、特に知っておいてほしいことについて紹介します。

タイプの異なる2つのプラン

mineoでは以下の2つのプランがあります。

  • マイピタ・・・容量ごと(1GB・5GB・10GB・20GB)に料金が変わるプラン
  • マイそく・・・データ無制限だが、最大通信速度により料金が変わるプラン

マイピタは他の携帯電話会社と同じく、月に使える容量が決まっており、それを超えると速度が制限(最大200kbps)されるプラン。

一方でマイそくはデータ無制限である代わりに、最大通信速度が制限されるプラン。

それぞれのプランで、料金(音声通話SIM)は以下の通りです。

マイピタ マイそく (※)
1GB:1,298円
3GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
最大32kbps:250円
最大300kbps:660円
最大1.5Mbps:990円
最大3Mbps:2,200円
(24時間データ使い放題:198円/回)
通話オプション
10分以内かけ放題:550円
時間無制限かけ放題:1,210円
10分通話パック:110円

※:月から金の12時台はどのプランでも最大32kbpsに制限、3日で10GBを超えた場合は制限の可能性あり

マイピタは大きな容量が安く使える上、後述するオプションで使い勝手も良いです。

マイそくは通信速度が制限されてしまう代わりに料金が格安で、一番安いコースは音声通話専用とし、最大1.5Mpbsのコースは動画視聴用としてなど、使い方に応じて活用できます。

豊富なオプション、無料でデータ無制限となるパケット放題Plusはかなり便利

mineoには他社にはない以下のオプションがあります。

  • パケット放題Plus(月385円、10GB以上のコースは無料):最大1.5Mbpsでデータ通信が無制限(低速モード切り替え時)
  • 広告フリー(無料):広告によるデータ消費はなし
  • 夜間フリー(月990円):毎日22時半〜7時半までの間はデータ使い放題(データ消費なし)
  • バスケット(月110円):データ容量の貯金箱、無制限に繰越が可能
  • フリータンク(無料):全国のmineoユーザー同士でパケットをシェア
  • パケットギフト(無料):余ったパケットを他のmineoユーザーに贈ることができる

この中でも特に便利なのが「パケット放題Plus」。

元々mineoにはデータ消費なしで使える低速モードがあります(専用アプリで切り替え)が、そのモードでの最大通信速度が200kbpsから1.5Mbpsに上がるオプションです。

最大1.5Mbpsという速度は動画視聴もできる速度。多くの人にとっての主要な使い方は十分こなせます。

しかも料金は10GB以上のコースなら無料で使えます。1,958円(10GBコース)で実質無制限に使えるのはmineoだからこそです。

mineoの公式サイト

mineo(マイネオ)の詳細をさらにチェック

ではここからはmineoについて、さらに詳しく確認していきましょう。

  マイピタ マイそく
料金/通信量 【音声通話SIM】
1GB:1,298円
3GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
【データ専用SIM】
1GB:880円
3GB:1,265円
10GB:1,705円
20GB:1,925円
【音声通話・データ専用共通】
最大32kbps:250円
最大300kbps:660円
最大1.5Mbps:990円
最大3Mbps:2,200円
事務手数料 3,300円
回線 docomo・au・softbank
通話定額 10分以内無料:550円
かけ放題:1,210円
通話オプション
留守電:22円
転送:無料
割込通話:220円
データ繰越 翌月まで可
セット割 eo光
(月330円割引)
公式 mineo

料金プランは容量別のマイピタと通信速度別のマイそく

mineoには、使う容量でプランを決めるマイピタと、通信速度でプランを選ぶマイそくの2つがあります。

マイピタは1GB・5GB・10GB・20GBの4つから

マイピタは、スマホとしては一般的な容量から選ぶタイプのプラン。

  音声 データ通信
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

mineoでは1GB・5GB・10GB・20GBの4つの容量から選ぶことができ、毎月この容量内であれば速度制限なく通信できますが、上限に達すると200kbpsに制限されます。

mineoの大きな特徴として、小容量はコスパが悪く、大容量はコスパが良いという点が挙げられます。見てわかるように、1GBと20GBのプランで1,000円も差がありませんからね。

他社と比較しても大容量は安いですが、小容量は割高となっています。

マイそくは使い放題だが速度制限あり

マイそくは、毎月の容量に上限がない(使い放題)だが、代わりに最大通信速度が制限されるというもの。(3日で10GBを超えると翌日のみ200kbpsに制限)

  音声 データ通信
スーパーライト
最大300bps
250円
(選択不可)
ライト
最大300bps
660円
スタンダード
最大1.5Mbps
990円
プレミアム
最大3Mbps
2,200円
共通
24時間データ使い放題:198円/回

mineoの場合、マイピタプランで速度制限がない場合だと通常(回線が混雑する時間帯は除く)は10〜20Mbpsでるので、マイそくだとかなり速度が抑えられるということになります。

とは言え、プランごとには動画視聴なども可能です(詳細は公式から確認可能)。

  スーパー
ライト
ライト スタンダード プレミアム
メッセージ
LINEトーク
LINE
音声通話
×
LINE
ビデオ通話
×
Twitter ×
Instagram ×
Youtube
(標準画質)
× ×
バーコード決済 ×
漫画アプリ × ×

ただし、平日月曜から金曜のお昼時(12時から13時)は回線が混雑する時間帯ということで、32kbpsに制限されるという点、3日で10GBを超えると翌日は最大200kbpsに制限される点には注意しなければなりません。

mineoの公式サイト

mineoの通話定額

mineoの通話定額オプションは以下の2つです。

  • 10分以内かけ放題・・・550円
  • かけ放題・・・1,210円

料金的には他社に比べてかなり安くなっていますので、通話をよくする人にとってはメリットが大きいでしょう。

またマイそくスーパーライトと10分以内かけ放題を組み合わせればわずか800円となる為、音声通話専用の携帯電話を持ちたい人にもおすすめです。

mineoの通話オプション

mineoでは留守電等も以下の料金で利用することが可能です。

  • 留守電:22円
  • 転送:無料
  • 割込通話:220円

ahamoやpovo2.0などキャリアの格安プランはこれらが使えず特にビジネスとして使う場合には不利で向いていませんが、mineoであればその点は心配不要です。

光回線とのセット割

多くの会社で行われている光回線とのセット割ですが、mineoにもあります。

  • 対象光回線サービス:eo光
  • 割引額:光回線の料金から月330円割引

eo光は関西圏のみでのサービスであり、全国対象ではありませんが、利用している人はmineoをあわせて使うのが良いかもしれませんね。

【関西】eo光のプラン・料金・キャッシュバック・口コミを徹底解説!評判が良い・料金が安いって本当?
関西圏を中心にインターネット通信サービスを展開しているeo光(イオ光)。 auやUQモバイルのスマホと同時に利用すると、スマホの料金が割引されてお得になるという特徴を持っており、さらに速度や価格における顧客満足度が高いなど、契約時も契約後も...

mineoプチ体験

mineoでは、基本プランとなるマイピタ・マイそくの他にお試しとして月200MBを以下の料金で使える「mineoプチ体験」というプランがあります。

  • 音節通話+データ通信:1,100円
  • データ通信のみ・・・330円

MVNOを初めて使う人にとって、通信速度がどの程度なのかというのはかなり不安になる点。とりあえず一度使ってみたいという人に適したプランです。

mineoで知っておくべき便利なオプション

mineoの大きな特徴として挙げられるのが、充実したサービスです。ここでは、特に使い勝手が良いおすすめのものをいくつか紹介していきます。

データ使い放題のパケット放題Plus(月385円、10GB以上のコースは無料)

パケット放題Plusは、最大1.5Mbpsのデータ通信が無制限に利用できるオプション。料金は月額385円となっていますが、10GB以上のコースでは無料で利用できます。

1.5mbpsという速度があれば、快適とは言えないまでも動画も視聴できるレベル。上手く使えば、かなり容量の節約ができます。

通常時(高速通信モード)との切り替え方法はmineoアプリでスイッチをONにするだけでOKなので、使い勝手も良いです。

3日で10GBを超える利用をすると翌日は200kbpsに制限されるという条件はありますが、最大1.5Mbpsだと10GBで動画が20時間も見ることができるレベルなので、よっぽど問題ないでしょう。

mineoの公式サイト

夜間フリー(月990円)

夜間フリーは夜間22時半〜7時半までの時間帯でデータ通信が使い放題(データ消費なし)となるオプション。

パケット放題Plusのように速度が制限されるわけでもない為、この時間帯での利用が多いのであればかなり便利なオプションです。

なお、現在はキャンペーンにより最大3ヶ月間440円割引されます。

フリータンク(無料)

フリータンクはmineoユーザー全体でパケットシェアすることができる無料のサービス。

自分の容量が余った場合はフリータンクに入れて、逆に足りない月は引き出すことが可能です。

もちろんあくまで助け合うというサービスですから、自分だけタンクに入れずに引き出しまくって使うなんてことはできません。

累計のIN量(タンクに入れた量)をOUT量(タンクから引き出した量)が上回っている場合、以下が引き出す条件となります。

  • 残容量が500MB以下
  • 1回に引き出せる容量:500MBまで
  • 1ヶ月に引き出せる容量:1,000MBまで
  • 1ヶ月の利用回数:2回まで

条件をつけなければ大量に引き出すばかりの人が多くなるので当然ですね。

パケットギフト(無料)

パケットギフトは、自分の余ったデータ容量を他のmineoユーザーにプレゼントできるもの。

家族や友人とシェアするなど、余ったパケットを無駄にせずに使うことができるサービスとなっています。

パケットシェア(無料)

パケットシェアは、使いきれなかった容量を翌月に繰り越し、そのパケットをシェアメンバーとして登録した人とシェアできるというサービス

家族間で登録しておけば、効率よく利用できるサービスです。

パケットチャージ(1回55円/100MB)

月の容量が上限に達すると、最大通信速度は200kbpsに制限されてしまうのでSNSなども含めてほとんどのことができなくなってしまいます。

そんな時に使えるのがパケットチャージです。100MBを55円で補充することができます。

MVNOの他社では1GBが550円なので容量あたりの料金としては特別変わりません。ただ、100MBという小さい容量で買えるのが大きなポイント。

月末のちょっとだけ足りないからほしいという時には、無駄に大きな容量を買わなくてすむので役立ちます。

mineoの通信速度をチェック、格安SIMは遅いって本当?

mineoなどの格安SIMを使う上で、多くの人が気になるのが通信速度です。

以下はmineoの時間帯別実測データです。

  12:30 16:00 20:00
下り 1.25Mbps 23.21Mbps 4.35Mbps
上り 8.03Mbps 9.86Mbps 10.47Mbps

正直言って、3大キャリアには比べるまでもなく、ahamoLINEMOといったキャリアの格安プランやY!mobileUQモバイルといったサブブランドに比べると通信速度は遅いです(これらは30Mbps以上でる)。

動画視聴であれば問題ない速度はでますが、回線が混雑する時間帯(平日昼など)は特に速度が低下する為、多少なりとも不便さを感じる可能性はあるので注意が必要です。

もちろんその分、他社に比べると料金が安いというメリットがあるわけですから、何を求めるかですね。

通信速度が速く安定性が高い格安おすすめ格安SIMランキング、それぞれのメリット・デメリットも解説
一般的に通信速度が遅い、時間帯によって速度が低下すると言った印象をもたれている格安SIMですが、中には通信速度が速く快適に使うことができるものもあります。 もしキャリアから格安SIMに乗り換えることができない理由に通信速度を挙げているのであ...

mineoと他社格安SIMを徹底比較

ではここからは、mineoと他の格安SIMについて比較した結果を確認してみましょう。

(横にスクロールできます)

  mineo IIJmio ahamo
LINEMO povo2.0 楽天モバイル Y!mobile UQモバイル BIGLOBEモバイル
料金 1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:990円
20GB:2,700円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
無制限:3,278円
4GB:1,078円〜
20GB:2,178円〜
30GB:3,278円〜
4GB:1,078〜円
15GB:2,178〜円
20GB:3,278円(※2)
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,470円
20GB:5,720円

使用
回線
docomo
au
softbank
docomo
au
docomo softbank au 楽天 softbank au docomo
au
タイプ MVNO MVNO キャリア キャリア キャリア キャリア サブ
ブランド
サブ
ブランド
MVNO
割引 複数回線割
(55円/台)
光回線セット割
(△660円)
光回線セット割
家族割
光回線セット割
家族割
(最大△1,100円)
光回線セット割
家族割
(△200円)
通話
定額
10分:550円 5分:500円
10分:700円
5分:0円 5分:550円 5分:550円 15分:1,100円 10分:880円 10分:880円 3分:660円
10分:913円
かけ
放題
1,210円 1,400円 1,100円 1,650円 1,650円 -(※1) 1,980円 1,980円

※1:専用アプリを利用しての通話は無料
※2:UQモバイルの20GBプラン(コミコミプラン)は10分以内の通話定額込みの料金、光回線とのセット割は適用外

5GB以下は割高

5GB以下の料金を比較した結果は以下の通り。

mineoは低容量のプランが比較的高め。同じ格安SIMのIIjmioと比較するとその差は一目瞭然です。

もちろん基本料金だけでは単純に比較できず、mineoにはパケット放題Plusなど便利なオプションがあったり、通話定額が安いというメリットがありますが、やはりmineoの強みは10GB以上のプランです。

IIJmio(みおふぉん)のプラン、料金、評判・口コミまとめ。速度は遅いって本当?どんな人におすすめ?
多数の格安SIMがある中でも特に安いのはIIJmio。 月額料金自体が安いだけではなくキャンペーンでのお得度もあり、スマホ代を安く抑えたいという人にはかなりおすすめの格安SIMとなっています。 今回はそのIIJmioについて、特徴やプラン、...

10GB以上のプランはかなりお得

mineoの強みは10GB以上のプランです。

  • mineo(10GB+パケット放題Plus):1,958円
  • mineo(20GB+パケット放題Plus):2,178円
  • IIJmio(15GB):1,800円
  • IIJmio(20GB):2,000円
  • LINEMO(20GB):2,728円

10GB以上のプランだと最大1.5Mbpsでの低速モードが無制限に使えるパケット放題Plusオプションが無料となります。

動画視聴もできる速度であることを考えると、トータルで最もお得に使うことができると言って全く遜色ないでしょう。

音声通話専用端末にも向いている

mineoは最低料金プランが250円(マイそくスーパーライト)で使えます。

さらに通話定額オプションも他社に比べてかなり安くなっている為、音声通話専用として持つ携帯電話としても最適です。

 

mineo(マイネオ)に関するちょっとした疑問点をまとめました。

Q.テザリングはできる?

A.基本的には可能ですが、端末によってできない場合があります。

mineoの格安SIMはテザリングが可能です。

事前に公式の動作確認端末で、テザリングができるかどうか確かめておくのがいいでしょう。(mineo動作確認端末

Q.エコネクトのオプションは必要?

A.基本は不要。決まった場所でWiFiを使う機会が多いならあり。

mineo WiFi byエコネクト(月額398円/2カ月無料)は、エコネクトというアプリを使うことにより、無料のフリーWiFiと有料の「Wi2」「モバイルポイント」の公衆WiFiスポットを利用できるようにします。

使用可能WiFi

街中でよく見かける「Wi2」や「mobilepoint」などのWiFiですね。カフェなどWiFiスポットのある場所にいけばWiFiが使える仕組みです。

逆にWiFiスポットがなければ利用することはできないので、行きつけのカフェや飲食店などにWiFiスポットが設置されているという場合でなければなかなか利用する機会は多くないでしょう。

このアプリは「エコネクト」の公式で契約することも可能。(エコネクト公式サイト

mineoでは2カ月無料になりますが、料金自体は公式価格と同じです。

公式には登録するだけで無料のWiFiスポットが使えるようになる無料プランもあるので、基本的にはmineoでの契約は不要でしょう。

Q.支払い方法は?クレジットカード払いや口座振替は可能?

A.支払い方法はクレジットカードに対応。eo光ネット利用の場合のみ口座振替も可能。

mineoの支払はクレジットカードに対応。デビットカード、プリペイドカードでも支払いができます。

ただし口座振替は同じ運営会社オプテージが提供する固定回線「eo光ネット」に契約し、口座振替支払にしている場合でないと利用することはできません。

口座振替が可能な格安SIMは少ないので、クレカ以外で利用したいという人は以下を参考にしてください。

口座振替可能な格安SIM
ドコモ
回線
mineo(条件付き)
BIGLOBEモバイル
au回線 mineo(条件付き)
UQモバイル
BIGLOBEモバイル
ソフバ
回線
mineo(条件付き)
Y!mobile

ただし場合によっては、口座振替できるプランが限られていたり(例:BIGLOBEモバイルはデータSIMのみ口座振替可能)、特定のカードや方法でないと口座振替できなかったりするので気を付けましょう。

口座振替・デビットカードで契約できる格安SIMと契約方法まとめ。手数料無料、ネット契約可能なのはどこ?
基本的に、クレジットカード払いでの契約を推奨している格安SIM。 格安SIMにしたいけど、クレジットカードを持っていないため断念している人も多いのではないでしょうか。 「口座振替やデビットカード払いはできないの?支払い時の注意点は?」そんな...

mineoのメリット・デメリット

ここからは、今まで説明したことを整理してメリット・デメリットを紹介していきます。

mineoのメリット

まずはmineoのメリットです。

大容量のプランが安い

mineoは大容量のプランほどお得な料金システム。

10GBを超えるプランについては、他社と比較しても十分に安いと言える料金でコスパが良いです。

さらに通話定額の料金も安く設定されており、キャリアがだした格安プラン(ahamoやLINEMO)よりもかなり安く利用することができるので、通信費を抑えたい人にはおすすめの格安SIMとなっています。

大容量使えるマイそくがある

通信速度に上限がある代わりに、月の容量の上限がなくなるマイそく。

他社にはない新しい料金プランで、容量が決まっているプランに比べれば速度は遅くて快適性は落ちるものの、動画は見ることができる通信速度です。

快適性が落ちる分、万人が活用できるサービスではありませんが。自宅の光回線やお店のWiFiと上手く組み合わせれば人によってかなり使い勝手は良くなるでしょう。

このようなプランがあるのもmineoの一つの魅力だと言えます。

※3日で10GBを超えた場合は翌日200kbpsに速度制限

便利なサービスが多数揃っていて使い勝手が良い

mineoには様々な便利なサービス・オプションがあり、格安SIMの中でも使い勝手はかなり良い方です。

  • パケット放題Plus(1.5Mbpsのデータ通信が無制限)
  • フリータンク(mineoユーザー全体でパケットシェア)
  • パケットギフト(他のmineoユーザーに容量プレゼント)
  • パケットシェア(登録したメンバーとパケットシェア)
  • パケットチャージ(55円で100MB購入)
  • パスケット(余ったデータ容量を無期限で繰り越し)

mineoのデメリット

では続いてデメリットです。

小容量のプランのコスパが悪い

mineoでは、1GB・5GB・10GB・20GBのプランがありますが、このうち1GBと5GBの小容量プランは他社に比べてかなり高く、正直言ってコスパが悪いです。

特に1GBのプランは1,298円。LINEMOの3GBプラよりも高い(990円)です。

もし小容量のプランを考えているなら、LINEMOやIIJmio、OCNモバイルONEがおすすめです。

通信速度が遅い(特に回線が混雑する時間帯)

MVNOの中で特別遅いというわけではありませんが、キャリアタイプ(ahamoなど)やサブブランド(Y!mobile)に比べるとやはり差があります。

特に利用者が増える時間帯(12時から13時、18時から19時であることが多いが他の時間帯でもある)は極端に遅くなってしまうこともあり、その点は快適性という観点でかなり大きなデメリットだと思います。

もし通信速度を重視するのであれば、違う格安SIMにした方が良いでしょう。

mineoの口コミ、評判

mineo(マイネオ)の口コミはやはり速度の評価についてが多かったです。

しかしうまく混雑する時間帯を避け、サービスを存分に使っているユーザからは高評価を受けています。

【速度の口コミ】

昼のこの時間に外に居ることがあんまりないんだけど、この時間mineo最悪に遅いな
(Twitter)

カッとなってmineo解約してきた
あまりにも遅かったしもういいやと
(Twitter)

平日の昼や夜など回線が混雑する時間帯メインで使う人は要注意。気の短い人だとかなりストレスになります。

【使い勝手の口コミ】

どうもスマホが遅いと思ったら
節約スイッチがオンだった
かれこれ1ヶ月半
残量残りまくりです#mineo (Twitter)

mineoにはさまざまな機能があるため、慣れないうちはこういったケースもあります。

自分に合ったサービスを選んで使うようにしましょう。

ちなみにスイッチのオンオフは私もよく忘れます。

【料金の口コミ】

携帯を、ソフトバンクからmineoに変えたんだけど、本当に安い…

softbank→月1万超え
mineo→月3000円くらい

ポケットWi-Fi待ってるからギガの心配もないし、SIMを変えるだけでこんなに安くなるのマジお勧めしたい…!
(Twitter)

格安SIMとポケットWiFiの組み合わせは、たくさんネットを使う人には最適。

格安SIMで20GB以上の大容量のプランを契約するより、ポケットWiFiを契約する方が月2,000円以上安くなります。

ルーターを持つ分荷物が増えてしまうことは否めませんが、通信費を節約するのにはおすすめの方法です。

まとめ:mineoは大容量ユーザーや、速度を気にしない人におすすめ

mineoの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 大容量プランのコスパは良いが小容量プランのコスパは悪い
  • 通信速度が遅くてもいいならマイそくがおすすめ
  • 便利なサービスが揃っている
  • 回線混雑時は遅くなる

大容量プランのコスパが良かったり、通信速度が遅い代わりに月の容量が上限なしで使えるマイそくがあったりと、どういった使い方をするかによって向き不向きがあるものの、向いている人にはかなりおすすめの格安SIMとなっています。

mineoの公式サイト

【2024最新比較】人気格安SIMのおすすめまとめ、料金・通信速度・サービスから自分にあったものを選ぼう
毎月の固定費を下げる為におすすめなのが格安SIMの利用。人によっては変わらないデータ通信量で5千円以上安くすることができます。 ただ、一言で格安SIMのといっても様々なサービスがありますし、通信速度の面で不安だという人も多いでしょう。 そこ...
タイトルとURLをコピーしました